吸い込まれるような瞳にするためには?《澄んだ目元》になるメイク術

好印象を与えるには《澄んだ目元》が大切

きれいな瞳は白目がキーポイント

いつまでも見つめていたくなるような澄んだ瞳の人は、それだけでの良い印象を感じられますよね。異性から「この人、素敵だな」と無意識に思ってもらうためにもきれいな目元になれるようにしておくことが大切になります。

澄んだ目元のキーポイントとなるのが白目。白目をきれいに見せることで、目元全体が澄んで見えます。

メイク術を活用して、澄んだ目元を作っていこう

目薬などで白目のケアをするのはもちろんのこと、メイクを工夫することも重要。メイクにこだわって、澄んだ目元を手に入れませんか?魅力的な瞳を演出するメイク術をチェックしていきましょう。

まぶたのくすみをカバーする

くすみを隠すことで目元全体が明るくなる

めもとをきれいに見せるためには、まぶたのくすみをカバーしておくことが大切になります。まぶたがくすんだ状態だと全体が暗くなり、白目もきれいに見えません。

また、事前にくすみを取り除いておくと、アイシャドウやアイラインなども入れやすくなります。アイメイク前のひと工夫として取り入れていきましょう。

コンシーラーとパウダーを活用

まずは、コンシーラーを使ってまぶたのくすみをオフ。まぶたの3点にコンシーラーをのせ、優しくなじませます。まぶたの周辺は皮膚がデリケートなので、こすらないようにやさしくなじませるのがポイント。

続いてルースパウダーを軽くのせます。コンシーラーだけだとアイメイクがよれやすくなるので、パウダーでサラサラの状態にしておきましょう。

アイシャドウは色をのせすぎない

色が多すぎると瞳が濁って見えやすい

白目をきれいに見せるためには、たくさんの色を使いすぎない方がおすすめ。アイシャドウなどで色を使いすぎると白目が濁って見えやすくなってしまいます。

ナチュラルに澄んだ目元を作りたい場合は、肌馴染みが良いベージュとブラウンのシンプルなアイシャドウがおすすめ。ベージュをアイホールにのせたら、ブラウンをまぶたのキワに入れてグラデーションを作るときれいな目元を作りやすくなります。

ネイビーカラーで澄んだ目元を演出

青みのあるネイビーは白目をきれいに見せやすい

白目をきれいに見せるために取り入れておきたいのがネイビーカラー。青みがかったネイビーは澄んだ白目に見せやすいと言われているので、活用してみてはいかがですか。

マスカラやアイラインで取り入れて

さきほどご紹介した通り、アイシャドウではあまり色を使いすぎない方が良いので、ネイビーカラーはマスカラやアイラインで使ってみましょう。「アイラインやマスカラでネイビーを使うと派手になるのでは?」と心配になるかもしれませんが、意外とナチュラルな仕上がりなので取り入れてみてはいかがですか。洗練されたネイビーカラーは、女性の目元を上品に見せてくれます。

微細なラメを涙袋にオン

涙袋にラメを仕込むと澄んだ目元に

アイメイクの仕上げに活用しておきたいのがラメ入りのアイシャドウ。涙袋に微細なラメを含んだアイシャドウを軽くのせることで、澄んだ目元に見せやすくなると言われています。ラメが大きいと派手になってしまうので、控えめなキラキラ感を出せるタイプがおすすめ。

ベージュ系ならナチュラルな仕上がり

涙袋にラメをのせるときは、肌に馴染みやすいベージュ系が良いのではないでしょうか。ホワイト系だと色が際立ってしまうので、ナチュラル感が薄れます。ベージュ系のアイシャドウを軽くのせて、澄んだ目元を作ってみてくださいね。

魅力的な《澄んだ目元》になろう

魅力的に見える澄んだ目元は、メイクの仕方を工夫することで作ることができます。もちろん、目薬などで瞳をケアすることも忘れないようにしてくださいね。「あの人、素敵だな」と思われる目元を目指してみましょう。