痴話喧嘩にありがちな9つの原因と喧嘩しても別れない方法

痴話喧嘩を彼氏としてしまうことがあります。どうして痴話喧嘩が起きてしまうのでしょうか。それには原因があります。こちらでは痴話喧嘩になる原因やポイント、さらに別れないための方法について教えましょう。

痴話喧嘩になるときのポイント


彼氏と痴話喧嘩になってしまうときというのは、さまざまなポイントがあります。痴話喧嘩というものについて理解を深めましょう。

理由がばかばかしい喧嘩

そもそも痴話喧嘩というのはどのようなものなのでしょうか。こちらは基本的に理由がばかばかしいものとなっています。理由は全然たいしたことではないのですが、それが喧嘩に発展してしまうのです。それはちょっとしたことが原因となっていることが多いです。たとえば、トイレをした後に蓋をしめるかどうかといった小さなことが原因となって、言い争いになってしまうことがあるのです。

周りの人は微笑ましく思っている

痴話喧嘩というのはお互いの仲が良いことが前提となっています。そのため、周りの人はその痴話喧嘩を微笑ましく見守っているケースが多いでしょう。本気の喧嘩とはまた違うのです。場合によってはただじゃれ合っているだけにしか見えないこともあるでしょう。それほど真剣味がないのです。そのため、頻繁に痴話喧嘩をしているようなカップルもいます。

嫌って喧嘩をしているのではない


痴話喧嘩というのはけっして相手を嫌って喧嘩しているわけではありません。あくまでも相手のことは好きなのです。それでも痴話喧嘩をしてしまうのが特徴となっています。相手が好きだけれども譲れないポイントというのがあるのです。お互いの性格が影響していることもあるでしょう。プライドが高かったり、負けず嫌いな性格のために痴話喧嘩になってしまうというパターンがあるのです。

大きな喧嘩に発展する可能性は少ない

痴話喧嘩というのは子供の喧嘩のようなものです。そのため、痴話喧嘩から大きな喧嘩に発展してしまう可能性は少ないでしょう。だからこそ周りにも真剣に考えることはないのです。放置しておいても自然と仲直りするだろうと期待されているのです。

直ぐに仲直りができる

基本的に痴話喧嘩をしてしまったとしても、すぐに仲直りすることができるでしょう。痴話喧嘩はその内容はくだらないものです。そのため、痴話喧嘩をしていたとしても、どこかであほらしくなってしまうものです。そんな小さなことで喧嘩をしていたのが馬鹿らしくなってしまい、自然とお互いが相手を許すようになり、仲直りすることができるのです。数日程度で仲直りできるでしょう。場合によってはその日のうちに仲を改善できることも多いです。

痴話喧嘩にありがちな9つの原因


痴話喧嘩にはさまざまな原因があります。その中にはありがちな原因が含まれています。どのような原因があるのか紹介しましょう。

デートに行く回数が減少した

デートをする回数が減ってしまったことで喧嘩になってしまうことがあります。これにはさまざまな事情が関わっていることがあるでしょう。たとえば男性の仕事が忙しくてなかなかデートへ行けないということがあります。マンネリ気味になってしまいデートへ行く気がなくなってしまうこともあるでしょう。デートが少なくなれば、どちらかが不満を抱くようになるのです。

オシャレをしても褒めてくれない

せっかく彼女がオシャレをしているのにそれを褒めてくれないと喧嘩になることがあります。たとえばせっかく新しい服を買ったり、髪を切ってきたのに、それを彼氏が気がついてくれないというケースがあるのです。これによって、彼女が怒ってしまい、そのまま痴話喧嘩になることがあるのです。

友達を優先する


彼氏が彼女よりも友達を優先するというケースがあります。たとえば彼女のデートよりも彼氏が友達との遊びを優先するということがあります。こうなると彼女は放置されていると感じてしまい、寂しいと思ってしまうのです。彼女がもっと自分に構ってほしいと感じてしまい、喧嘩してしまいます。

セックスがおざなり

セックスをしていてもおざなりになっているというケースがあります。最初の頃はもっと激しく愛し合っていたのに、だんだんマンネリ化してしまうことがあるのです。これは彼氏だけの責任ではなくて、彼女の方でも工夫をしていないということもあるでしょう。もっときちんとセックスをしてほしいと相手に感じており、そのため喧嘩になってしまうのです。

料理の好みが合わない

お互いの料理の好みが合わないというケースがあります。たとえば彼女が手料理を振る舞おうとしても、それを彼氏が気に入らないということがあるのです。味というのはそれぞれの家によって異なっているものなのです。たとえばみそ汁の味でも、それぞれの好みは違っているのです。自分が育ってきた味を好むものだからです。

記念日に時間をとってくれない

彼女の方が記念日を大事にする傾向があります。さまざまな記念日をしっかりと覚えているのです。たとえば初めて付き合った日やキスをした日、初めてセックスをした日などです。これらの記念日を大切にするべきでしょう。彼氏の方が記念日のために時間をとってくれないと彼女が不満を感じてしまいます。そのため、彼女が怒ってしまうことがあります。

洗濯物のたたみ方


もし二人が一緒に暮らしているのであれば、洗濯物を一緒にたたむというケースもあるでしょう。その際にそれぞれのたたみ方が違うというケースがあります。みんな自分のやり方で洗濯物を畳んでいるものなのです。自分のやり方をそれぞれが主張すると言い争うことになり、喧嘩に発展してしまうのです。どちらかが相手に合わせたり、もっと丁寧に洗濯物をたたまなければいけないでしょう。

他人の悪口ばかりを話す

あまり楽しくない話をしていると喧嘩になることがあります。たとえば他人の悪口ばかりを話すという方がいます。このような話を聞いている方にとっては、あまり楽しくなく、そのような話を止めてほしいと感じるものです。それを注意したことで喧嘩になることがあります。

知り合いの異性の話をする

恋人が自分以外の異性の話をするというのは楽しくないものです。少なからず嫉妬してしまうものでしょう。頻繁に異性の話をしてくるようであれば、ついには怒ってしまうかもしれません。こうしたことから痴話喧嘩になることがあります。

痴話喧嘩で別れない方法


もし痴話喧嘩をしてしまったとしても、仲直りすることができれば問題ありません。それでは上手く痴話喧嘩を解決して、別れないための方法はないのでしょうか。こちらでは喧嘩をしても別れないための方法について教えましょう。

相手に価値観を押し付けない

相手と自分で価値観が違うのは普通のことです。そのため、相手の価値観を尊重することが大切です。もし自分の価値観を相手に押し付けてしまうとそれによって喧嘩になってしまいます。堂々巡りとなってしまい、なかなか解決しなくなってしまうでしょう。価値観は人それぞれ違うということを理解するべきです。そして、自分とは異なる価値観の人をしっかりと尊重するようにしてください。

感情的にならない

痴話喧嘩をしてしまったとしても、そこで感情的になってはいけません。感情的になると、そこで喧嘩が泥沼の状態になってしまう可能性があるからです。どちらか一方でも感情的にならずに冷静でいられたならば、痴話喧嘩をしたとしても、仲直りすることはできるでしょう。両方共に感情的になってしまうと、修復することが難しくなってしまうのです。

喧嘩の理由をひとつずつ対処する

どうして喧嘩をしてしまったのか、その理由についてきちんと考えてみることは大切です。冷静になってみて、喧嘩の理由についてひとつずつ対処していきましょう。そうすれば素直に謝ることもできるでしょう。自分に非があるならば、その点は認めるべきです。相手が悪い場合もあるでしょうが、その場合は冷静に指摘をしましょう。感情的になって責めるべきではありません。

素直に好きな気持ちを伝える


自分がどう思っているのか素直に気持ちを伝えることは大切です。特に女性の場合は相手に察してほしいと考えているケースがあります。男性はそれを察することができずにイライラしてしまうことが多いです。この場合は、女性が言いたいことをきちんと伝えるべきでしょう。相手に察してほしいと考えるのは甘えです。恋人であれば彼女のことを100%理解できるはずと期待するべきではありません。そのような考え方をするとトラブルに発展してしまうのです。

過去の思い出を話す

喧嘩をしてしまったならば、過去の思い出について話をしてみましょう。そうすれば仲が良かった頃のことを思い出します。お互いの共通の思い出について話し合うことによって、頭を冷やすことができるでしょう。だんだんと喧嘩をしているのが馬鹿らしく感じられるようになるかもしれません。過去の思い出について笑い合うことができるのであれば、痴話喧嘩は自然と解消されるでしょう。思い出の力は大きいのです。

事態が大きくなる前に収束させる

痴話喧嘩が起きてしまったならば、事態が大きくなってしまう前に早めに収束させる努力をしましょう。喧嘩というのは事態が大きくなればなるほど解決するのが難しくなってしまいます。お互いが意固地になってしまい、相手のことを認めたくなくなってしまうのです。謝るきっかけを失ってしまうこともよくあります。痴話喧嘩として笑って済ませられる段階で喧嘩を終わらせるようにしましょう。そこからさらに発展してしまうと、別れ話にまでいってしまう可能性があるのです。

仲直りするためのルールを用意しておく


万が一喧嘩してしまったとしてもスムーズに仲直りできるようにあらかじめ準備をしておくことをおすすめします。たとえば仲直りのためのルールを用意しておくのです。そうすれば、喧嘩をしたとしても、そのルールにしたがうことによって仲直りのための行動に出ることができるのです。たとえばどんなに喧嘩していたとしても、寝る前にキスをする決まりを作ったり、喧嘩をしていても挨拶は必ずするというルールを作るなどです。上手いルールを作っておきましょう。

まとめ

痴話喧嘩はどのようなカップルでも起きてしまうものです。長く付き合っていたとしても、ちょっとしたことでくだらない喧嘩をするケースがあります。さまざまな原因から喧嘩をしてしまうのです。万が一喧嘩をしたとしても別れないようにするべきです。そのための方法を紹介したため、ぜひとも実践してみてください。いつまでも末永くカップルで仲良く過ごしましょう。