プロポーズの花束にふさわしい花と気持ちを伝えるメッセージ

プロポーズの時に花束を贈る男性が増えています。それは、花が持つ意味に自分の想いを乗せてプロポーズしたいと考えるからでしょう。今回はどんな花に、どんな意味があるのかなどについて紹介します。花束でプロポーズを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

プロポーズにふさわしい花言葉を持つ花


こちらでは、プロポーズにふさわしい花言葉を持つ花を紹介します。王道的な花もあれば、男性が予想していなかった花もあるので、プロポーズで失敗しないためにもどんな花言葉を持つのか覚えておきましょう。

定番!真紅のバラは「貴女を愛します」

プロポーズや愛の言葉をささやく時に王道とされているのが、真紅のバラです。真紅のバラが持つ花言葉は「貴女を愛します」というストレートでありながら、情熱的な花言葉です。実際にプロポーズされた女性はバラの花束を贈られた人も多いのではないでしょうか。

バラは高貴な花であり、女性にとっては憧れが強い花でもあります。男性としてはバラの花束を贈るのはキザで恥ずかしいと感じることもあるようです。ある意味、女性は恥ずかしさを堪えながらもバラの花束をプレゼントする、というシチュエーションに憧れを抱いています。一度きりのプロポーズなので、彼女への想いを存分に花言葉で伝えてあげましょう。

女性がプロポーズの時に花束を贈られることを考えた時に考えるのはバラです。なので、プロポーズ相手の女性が特別な花を好きではない限り、バラでプロポーズするのが一番でしょう。

ピンクのガーベラは「熱愛」の意味

プロポーズの時にピンクのガーベラを贈ることも人気です。その理由として「熱愛」の花言葉を持つからです。ピンクのガーベラは可憐で可愛らしいイメージがあるのですが、花言葉としてはかなり情熱的なものを持っています。花言葉的にも、可憐な外見もプロポーズに最適な花です。

ひまわりは「あなただけを見つめてる」

夏場にプロポーズをする人で「ひまわり」を贈る人がいます。ひまわりは太陽に向かって咲く傾向があることから、英語でサンフラワーと言います。そのため、花言葉も「あなただけを見つめてる」という情熱的なものです。彼氏が彼女だけを見つめているという証として、プロポーズにひまわりを贈るのでしょう。

ひまわりの花言葉でプロポーズをしたい時、時期が限られているのが唯一の難点です。今は花の育て方も随分進化しているので、もしかしたら時季外れのひまわりがあるかもしれません。しかし、ひまわり自体が夏の暑い日差しを受けて育つ花なので、夏に渡すのが一番いいでしょう。

プロポーズの花束の本数には深い意味がある?


プロポーズ時の花束は花の種類だけにこだわる人がいますが、実は本数も大きな意味を持っています。プロポーズ時に適さない本数もあるので、最低限の知識だけは覚えておいて損はありません。

108本のバラはストレートに「結婚してください」

108本のバラは「結婚してください」というストレートな意味を持ちます。なぜ108本だとプロポーズの言葉になるのかと言うと、108は「トワニ(永遠に)」と読めるからという説があります。他にも諸説がありますが「永遠に」という意味を持つのが濃厚ではないかと言われています。

108本のバラを贈るのは、プロポーズの時にしか出来ません。愛する相手だからこそ「喜んでほしい」「驚かせたい」という気持ちが強くなる男性は多いでしょう。そういう人はインパクト重視で108本のバラを贈ってみてはいかがでしょうか。

99本のバラは「永遠の愛」

99本のバラは「永遠の愛」という意味があります。ちなみに100本の場合は「すべてを尽くしてあなたを愛します」という意味になります。女性としては100本の花言葉の方が嬉しいと感じる人もいます。

99本で大丈夫か不安な男性は、99本で「永遠の愛」を伝えて、それとは別に1輪のバラを贈って「すべてを尽くしてあなたを愛します」という演出を加えるのもロマンチックではないでしょうか。それだけではなく、1輪のバラは「私にはあなただけ」という花言葉もあるので、99本+1本にすることで3つの意味を贈ることが出来ます。

40本のバラは「真実の愛」

40本のバラは「真実の愛」という花言葉を持ちます。結婚を申し出るのですから、男性の真実の愛を花言葉で伝えようとする人もいるでしょう。プロポーズの時は、40本のバラが人気です。

その理由として花言葉が「真実の愛」というものを気に入っている男性が多いということもありますが、花束にしてもゴージャス感がたっぷりであるだけではなく、女性に渡した後もかさばりすぎないほどよいボリュームだからです。

実は花束で一番困るのが渡された女性だったりします。渡された後、大輪のバラを持ち歩かないといけないので適度なボリュームが一番であると言われています。もちろん、女性の家に届ける場合はこれに当てはまりません。

スマートに渡せる少なめ本数のメッセージ

プロポーズをする時、大輪のバラを贈ればいいというものではありません。バラは意外と高級ですし、数を多くすればするほど男性側に金銭的な負担がかかってしまいます。こちらでは、少なめの本数でスマートに渡せて、なおかつプロポーズに適したメッセージがあるものを紹介します。

1本のバラは「私にはあなただけ」


1本のバラを贈るのもプロポーズに適していると言われています。その理由は、1本のバラが持つ意味が「私にはあなただけ」というものだからです。意外と記念日などで1輪のバラをプレゼントする男性も多いのではないでしょうか。

普段贈っている人であれば、インパクトが弱いかもしれませんが、花を滅多に贈らない彼氏の場合、女性はとても喜ぶと思います。逆に大輪の花束を贈るのは恥ずかしいという人も1輪だけなら恥ずかしさを我慢して渡せるという男性もいるのではないでしょうか。

2本のバラは「これから二人で新しい世界を築いていきたい」

2本のバラが持つ意味は「これからふたりで新しい世界を築いていきたい」とプロポーズを連想させるメッセージが込められています。少ない本数ながらも、想いをストレートに伝えられるので、2本のバラもとても人気です。

大輪のバラの花束を用意出来ない男性は、2輪のバラをリボンで結んでプロポーズする人が多いと言われています。その時、リボンは2つの色を用意しましょう。彼女を表す色と自分を表す色、この2つをしっかり絡ませて結んでおくことでより強い愛情を女性に伝えることが出来ます。

3本のバラはプロポーズにぴったり♪「愛しています」

3本のバラの場合「愛しています」というプロポーズにぴったりのメッセージが含まれています。ただ、このメッセージのみだと女性がプロポーズだと気づかない場合もあるので、花言葉だけに頼らず、自分の言葉でも「結婚してください」と伝えるようにしてください。

結婚の言葉を言わないと、男性側はプロポーズのつもりで渡しても、女性側としては単なるプレゼントと受け取ってしまう場合もあるので気をつけましょう。

プロポーズでもらった花束はその後どうしますか?


こちらは、女性側のものになりますがプロポーズで花束を貰った場合どうするのがいいと思いますか? せっかくプロポーズで貰った花束なのだから長く咲いていてほしいと考えるはずです。こちらでは、花束を貰った後にどうするのかについて紹介します。

そのまま飾ってからドライフラワーに

一般的に多いのが、そのまま飾ってからドライフラワーにするものです。ドライフラワーは自宅でも簡単に作れるだけではなく、最大2週間程度で完成するので自然な色褪せ具合を楽しめます。

ドライフラワーにした後は、いつまでも飾っておけるので花自体は色褪せてしまいますが、プロポーズの時の気持ちは色褪せずに思い出すことが可能です。

ただし、ドライフラワーは水分を抜いて作るためのもののため、花自体が水分を多く含む種類だった場合は作りにくい場合があります。ドライフラワーは何でも作れるわけではないので、きちんと作ろうとしている花が適している種類かどうかを確認しておきましょう。

バラの場合、水分が多い花なので不向きとは言われていますが、絶対にドライフラワーが出来ないわけではありません。他の花でドライフラワーを作る時以上に気をつけることで、ずっと形を残してくれる綺麗なドライフラワーに仕上がります。インターネット上ではバラのドライフラワーの作り方も丁寧に記載されているサイトもあるので、そういったところを参考にしましょう。

見頃の状態で額縁に飾る押し花加工

女性の中には、見頃の状態で形を残しておきたいと考える人もいるでしょう。そこでおすすめしたいのが、押し花加工をして額縁に飾るというものです。立体感はなくなってしまいますが、いつでも見頃の花を見ていられるという点では、一番良い保存の仕方かもしれません。

花束すべてを額縁に入れるのではなく、小さめの花で押し花レジンのアクセサリーを作るのもいいかもしれません。難点を言えばやや手間がかかってしまうことと、不器用な人には少々難易度が高く見えてしまうところでしょう。

プリザーブド加工して長く楽しむ

そのままの形で花束を残したい場合、ドライフラワーや押し花では出来ないものもあります。特にバラ、チューリップ、コスモスは水分が多い花なのでドライフラワーや押し花には向かないのです。

しかし、プリザーブドフラワーはどんな花でもすることが出来ます。ただ、押し花もそうですが花が元気なうちに行わないと綺麗なプリザーブドフラワーにはなりません。しおれてしまってからでは、しおれかけのままで姿かたちが残ってしまうので見栄えも悪くなってしまいます。

プロポーズで花束を貰った場合、プリザーブドフラワーにする時は数日花を愛でてからすぐに取りかかるといいかもしれません。基本的に花屋で販売されている花は「一番見頃なもの」がほとんどです。そのため、時期を逃してしまうと予想しているような綺麗な仕上がりにはならないので気をつけてください。

まとめ

花束を貰った後、どうやって形に残すかで女性も悩む人は多いでしょう。しかし、今回紹介した3つであれば、長く残る思い出のものに仕上げることが出来ます。インターネット上でもそれぞれの作り方は分かりやすく記載されているものが多いので参考にしてみてはいかがでしょうか。いつか自分の子供にプロポーズの時に渡された花束の話をしてあげるといいかもしれません。