プロポーズの時指輪なしはOK?NG?女性の本音を大調査!

プロポーズの時、女性としては指輪と一緒に言ってもらえるのを待っている人も多いでしょう。しかし、男性として婚約指輪で失敗しないようにプロポーズが成功してから一緒に買いに行くという方法を採る人もいます。今回は女性にとって婚約指輪なしのプロポーズがアリなのかナシなのかについて紹介します。

指輪なしのプロポーズはあり?なし?


婚約指輪なしのプロポーズについて、女性はどのような考えを持っているのでしょうか。こちらでは婚約指輪なしのプロポーズをアリだと考えている人、ナシだと考えている人、両方の意見を紹介します。

半数以上の女性はプロポーズ時に婚約指輪がほしい!

こちらでは、婚約指輪なしのプロポーズを「ナシ」と考えている人の意見です。女性の半数以上がプロポーズの時に指輪ナシなんてありえないと考えているようです。その理由は、プロポーズなのに相手の真剣さが伝わらないというものがあります。男性側が女性と一緒に婚約指輪を選ぼうと考えていても、女性側の意見としては「口約束」にしか聞こえないと感じる場合もあるようです。

婚約指輪は男性の本気を見るもの、という認識をしている女性もあります。特にクリスマスや誕生日、交際記念日などを大事にしている女性はそういった形を重要視するので婚約指輪ナシはあり得ないと考えるのでしょう。

すべての女性に当てはまるわけではありませんが、婚約や結婚に関しては強い憧れを抱く女性にいます。そういった女性たちにとって、婚約指輪は特別なものなのです。

一方で婚約指輪自体いらない!と考えている人も多い

女性の半数以上が婚約指輪を求める中、その一方で「婚約指輪自体をいらない」と考える女性もいるようです。婚約指輪は安価なものを買ったとしても、それなりにお金がかかってしまいます。婚約指輪自体、頻繁に身に着けられない場合が多いのでそういった指輪にお金をかけるより、新婚旅行費用や結婚式費用に回してほしいと考えるのでしょう。

プロポーズ時に婚約指輪が欲しいと考えている女性の意見

こちらでは、プロポーズ時に婚約指輪が欲しいと考えている女性の意見を紹介します。先述したような理由についてももう少し詳しく掘り下げてみましょう。

一生の思い出になるから


女性が婚約指輪を欲しがる理由、それは一生の思い出になるからです。最近は結婚指輪と一緒に身に着けるタイプの婚約指輪もありますが、基本的にはあまり身に着けない人の方が多いでしょう。しかし、それでも欲しいと思うのは思い出になるからです。

やっぱり婚約指輪をもらうのが憧れだから

男性にとっても結婚は特別でしょうが、女性にとっては子供の頃からの夢の人もいます。好きな人に婚約指輪を渡されてプロポーズされ、お嫁さんになるというのは女性であれば一度は夢に見たことがあるはずです。

婚約指輪ナシでも構わないという思いもありながら、それでも欲しいという気持ちが勝ってしまうのは「好きな人から婚約指輪を貰うことに憧れを抱いているから」です。男性として、好きな女性の憧れを叶えてあげるためにも婚約指輪が必要かを前もってリサーチしておくようにしてください。

プロポーズされた時は、意外と女性の心にずっと残ります。子供が親にプロポーズされた時のことを聞いてすぐに答えられるのは、それだけ印象深い思い出として心に刻まれているからです。そのため、リサーチ不足などでせっかくのプロポーズを苦い思い出にしないようにしましょう。

男性の結婚に対する本気度がわかるから

「結婚しよう」という言葉だけでは、男性の結婚に対する本気度が分からない場合もあります。普通にその場の流れで言ってしまった場合、結婚式の日取りなどの計画に移れません。しかし、婚約指輪を渡されることで「絶対に結婚式できる」という目安にもなるのです。

婚約指輪で男性の結婚に対する本気度のすべてが分かるわけではありません。しかし、婚約指輪ナシの男性よりは本気なのだと女性側も感じられるのではないでしょうか。

婚約指輪なしのプロポーズでもOKと考えている女性の意見


こちらでは、婚約指輪なしのプロポーズをアリだと考えている女性の意見を集めてみました。婚約指輪に憧れる部分はあっても、経済的な心配などをする女性も多くいるようです。

ふたりで一緒に選びたいから

プロポーズの時に婚約指輪がなくてもいいと感じる女性は、ふたりで一緒に選びたいからという理由を持つ人がいます。彼氏であっても、彼女の好みをすべて把握しているわけではありません。せっかく選んでもらっても好みに合わない場合、彼女としては嬉しい反面指輪を気に入らないという複雑な気持ちを持ってしまう可能性があります。

そうならないために、プロポーズだけしてもらい、後日ふたりで一緒に婚約指輪を選ぶという方法を望んでいるのです。男性としても、そちらの方が失敗のない指輪選びが出来るため嬉しいと考える人は少なくないようです。

自分の好みのものが欲しいから

こちらも「ふたりで一緒に選びたいから」という理由と似ていますが、彼氏とセンスが大きく異なる場合、自分で選びたいと考える女性もいます。自分で身に着けるものだからこそ、自分の好みに合わせたものを欲しいと願うのです。

そもそも婚約指輪自体いらないと考えている女性の意見

婚約指輪なしのプロポーズで良いと考えている女性の中には、婚約指輪自体をいらないと考えている人も珍しくありません。こちらでは、そういった女性の意見を紹介します。

金銭的に無理しないで欲しいから

婚約指輪は金額的に数十万円、高額になると百万円単位になります。プロポーズされて、結婚をしてそこで終わりではありません。むしろそこからが新しい始まりなので、生活を圧迫するようなことはしてほしくないと考える女性も多いのです。

無理をして高額な婚約指輪を買うより、ちょっと奮発したアクセサリーで十分だと考える女性もいるので、プロポーズをする時は女性がどのように望んでいるかを見極めることも大切です。

高額のものを買うより生活費に回したいから

先述したように、金銭的に無理をして生活費を圧迫して欲しくないと考える女性は少なくありません。婚約指輪を貰えることは女性にとって嬉しいことではありますが、その後の生活を考えると生活費に回したいと現実的に考える人も多いのです。

持っていても身につける機会がないから

結婚指輪はほぼ毎日身に着ける女性が多いでしょう。しかし、婚約指輪は身に着けたとしても、婚約期間だけで終わる場合が多いのです。近年は結婚指輪と重ねて身につけるタイプもありますが、それでもあまり身に着けない人の方が多いのです。

そのため、せっかく婚約指輪を貰っても見に着ける機会がなければ意味がありません。それより普段深い出来るネックレスなどを欲しがる女性も多いのでしょう。

婚約や結婚に対する価値観は、男女によって大きく異なります。だからこそ「女性だから指輪が欲しいだろう」という男性側の勝手な主観で決めずに、女性側の意思も尊重しましょう。逆に女性の場合は男性の負担を考えすぎて遠慮する女性もいます。

しかし、婚約というふたりにとっても大きなイベントなので遠慮のし過ぎは良くありません。金銭面的な部分で遠慮をしているのであれば、安価な指輪でもいいことを伝えてみてもいいのではないでしょうか。婚約指輪は金額で価値が決まるわけではありません。男性側の気持ちが込められていれば良いのだと考えましょう。

番外編~プロポーズの時、指輪以外に渡す意外なプレゼント

こちらでは、プロポーズの時に指輪以外に渡すプレゼントについて紹介します。花束などを渡す人もいますが、意外なプレゼントを渡す人もいるのです。こちらでは、その意外なプレゼントについて紹介します。

腕時計

プロポーズの言葉と一緒に時計を渡してくる男性もいます。なぜ時計なのかというと「これからの時間をください」というプロポーズの言葉を暗に含んでいるからです。他にも「自分の時間を捧げたい」という意味も含まれています。

これからの時間、自分の時間、つまりこの先の人生を一緒に歩んでほしいという意味でもあります。この方法を選ぶ男性は意外とキザな部分があるのかもしれません。

ティアラ

男性の中には婚約指輪を渡してプロポーズをするのではなく、ティアラを贈ってプロポーズをする人がいます。婚約指輪を渡される以上のサプライズになるため驚く女性も多いでしょう。

しかし「自分だけのお姫様」と見え隠れする男性の独占欲に、思わず表情が緩む人もいるかもしれません。まるで映画のワンシーンのような感動的なプロポーズをしたら、女性の心にずっと思い出として残るのではないでしょうか。

婚約指輪動揺に身に着ける頻度は少ないアイテムですが、婚約指輪以上に女性に喜んでもらえる可能性は高いアイテムです。

大量の花束とサプライズ

プロポーズの時、男性が考えるのはやはりサプライズでしょう。男性にとってプロポーズはとても緊張するものです。交際期間が長くても、プロポーズを受けてもらえるかどうかという不安と緊張もあるでしょう。

そういう男性はロマンチックなサプライズをする傾向があります。例えば99本のバラの花束などもそうです。108本のバラの花束などを検討している人もいるかもしれません。ロマンチックな演出を考えている男性の場合、大量の花束だけでは終わりません。

例えば、交際のキッカケになった告白の場所でプロポーズをするという男性もいます。始まりの場所だからこそ、次の新しい始まりを演出するのに最適だからです。プロポーズされた側の女性も最初の気持ちを思い出すなど新鮮さを得られます。

他には、最初に彼女の両親に了解を貰ってからサプライズプロポーズという方法もあります。ただ、この方法を実行するためにはほぼプロポーズを受けてもらえる確信があること、彼女の両親と仲が良いことが条件になるのでなかなか難しいサプライズかもしれません。

まとめ

婚約指輪は女性にとって大切なもの、確かにそうかもしれませんがすべての女性に当てはまるわけではないようです。半数以上の女性が婚約指輪を求めている中、年々生活面の心配などをする現実主義者の女性も増えてきているようです。婚約指輪はふたりのことなので、結婚を意識するようになったら彼女がどんな考えを持っているかをさり気なく調べてみるのもいいかもしれません。