婚約指輪の重ね付けとは?結婚指輪とセットで普段使いする方法

海外で人気になったのがキッカケとして、日本でも婚約指輪と結婚指輪の重ね付けが出来るタイプのリングが増えてきました。今回は婚約指輪を重ね付けするメリットやルール、マナーについて紹介します。

そもそも婚約指輪を重ね付けするメリットとは?

婚約指輪を重ね付けするメリットとは、どのようなものがあるか分かりますか? 定番のメリットから「なるほど」と思わせるようなものまで多くあるのです。こちらでは、そのメリットの一部を紹介します。

重ねづけ前提の購入で割引の可能性が

婚約指輪をふたりで買いに行く時のメリットとして、重ね付け前提のものを購入することで割引になる可能性が高くなります。ジュエリーショップとしても、婚約指輪、結婚指輪を単品で販売するより、ふたつ同時に購入してもらった方が嬉しいと考えます。

そのため、同時に購入する場合はちょっとした割引対象になることが多いのです。しかし、それぞれ単品だけで販売していると売れ行きにも影響するため、重ね付けのものが多くなったという説もあるようです。

自分の好みにあわせてコーディネートできる


重ね付けをすることで、自分の好みに合わせてコーディネートが出来るようになります。シンプルなものであれば、服装を選ばずに重ね付け出来ますし、華やかなタイプであればちょっとオシャレをする時などに使えます。

他にも、重ね付けタイプの婚約指輪はシンプルながらも上品なものが多くあるのです。そのため、結婚指輪、婚約指輪、それぞれを単品で身につけても違和感がありません。

手元が華やかになる

結婚指輪のみだと、どうしても手元がシンプルになってしまいます。結婚指輪自体、派手なものの方が珍しいのですが、重ね付けをすることで婚約指輪のダイヤモンドなどが手元を華やかにしてくれるのです。特に、重ね付けを前提にしてある婚約指輪の場合、デザインも凝ったものが多いので、手元がシンプルにならずに済みます。

ファッション感覚で身につける

重ね付けタイプの婚約指輪は、ファッション感覚で身に着けられるものが多い傾向にあります。婚約指輪=普段使い出来ないというデメリットを改良したのが、重ね付けタイプのものです。そのため、重ね付けすることで女性らしさをアップしてくれるデザインが多くなっています。

セットリングでなくてもOK

重ね付けタイプの婚約指輪は、結婚指輪とのセットリングじゃないと出来ないと考えている人もいるでしょう。しかし、別々のブランドリングだとしても重ね付けが出来るものは多くあります。

セットリングのメリットとして、重ね付け前提で作られているため、重ね付けしたことでリング自体に傷などが入らないようになっています。逆を言えば、セットリングになっていないものを重ね付けする場合はお互いのリングを傷つける可能性があるので気をつけましょう。

コーディネートを楽しめる

婚約指輪の重ね付けはコーディネートを楽しめるのもメリットのひとつです。服装とのコーディネート、他のアクセサリーとのコーディネートなど組み合わせ方も人それぞれです。

手元が華やかになる婚約指輪を選ぶには


手元が華やかになる婚約指輪を選ぶには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。こちらでは、手元を華やかに見せる婚約指輪の選び方について紹介します。

同系色で統一感を出す

手元を華やかに見せるためには、リングを同系色でまとめて統一感を出すことです。統一感を出すとシンプルになるのではないかと考える人もいるでしょうが、逆にバラバラのカラーにしてしまうと、ちぐはぐ感が出てしまい、華やかには見えなくなります。

同じデザインにする

手元を華やかに見せるためには、同じデザインのリングを選ぶのもひとつの方法です。同じデザインと言っても、リングを2つ用意するわけではありません。ジュエリーブランドには、それぞれのラインがあり、同ラインであればデザインは比較的似通ってしまいます。

同系デザインにすると地味になるかも、と考える人はいますが、上品さがアップされて華やかな雰囲気を出してくれるのでオススメです。

同じブランドにする

一番おすすめしたいのは、やはり同じ重ね付けするリングのブランドを同じにすることです。同じブランドのリング同士であれば、重ね付けも考慮したものになっている場合があり、傷つける心配がなかったり、重ね付けをしても違和感を与えないなどの工夫がされているからです。

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けにおけるルール

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする時のルールがあることは知っていますか? こちらでは、ちょっとしたルールについて紹介します。

エタニティリングと重ね付ける

ダイヤモンドが敷き詰められたエタニティリングを重ねることで、婚約指輪のゴージャス感が増します。最近はエタニティリングを結婚指輪としてつけることも可能となり、ジュエリーショップでもエタニティリングと婚約指輪の重ね付けなどをおすすめしている店舗も多いようです。

あえて違う素材のリングとあわせる


同系のもので統一感を出す、と先述しましたがあえて違う素材のリングと合わせることで婚約指輪の輝きを引き立てることが出来ます。もちろん、あまりにもちぐはぐな素材と合わせるのはNGですが、ちょっとした変化を楽しめる程度の違いであれば、オシャレコーディネートも可能なのです。

形を揃える

婚約指輪などは形を合わせると、手元が華やかになり、とても綺麗に見えます。V字ラインにはV字ライン、ストレートにはストレートタイプを合わせることでシンプルながらも上品で華やかな手元を作りだすことが出来ます。

セットで普段使いもOKな婚約指輪のデザイン例

こちらでは、セットで普段使いも出来る婚約指輪のデザイン例について紹介します。婚約指輪や結婚指輪に悩んでいる人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

セットリング「エクレア」


セットリング「エクレア」は、ふたつのリングが隙間なく重なるという特徴を持っています。そのため、ふたりの愛の強さを物語っていると言っても過言ではありません。デザイン的にはシンプルで上品なタイプなので、普段使いにするにも違和感を与えません。

ティファニーのセットリング


婚約指輪と言えば、やはりティファニーに憧れる女性も多いでしょう。誰もが知るハイジュエリーブランドであり、ティファニーで婚約指輪を買い求めたという人も少なくないのではないでしょうか。ティファニーのセットリングもシンプルながら、手元を引き立ててくれるデザインになっています。

エヴァンスブライダルのセットリング


エヴァンスブライダルのセットリングは、思わず「綺麗」と呟いてしまうほど整ったデザインです。重ね付けすることで更に女性らしさをアップしてくれますし、ダイヤモンドの輝きが引き立つマリッジリングも女性には大人気なのです。綺麗さの中に可愛さも含まれているので、婚約指輪などに悩んでいる人は候補のひとつにしてみてもいいかもしれません。

まとめ

婚約指輪は結婚したらしまいっ放しというのは勿体ないと思いませんか? ダイヤモンドの輝きはたとえ何年経っても色褪せません。それはプロポーズされた時の気持ちが色褪せないのと似ていると言っても過言ではありません。だからこそ、重ね付けをして普段使い出来るものにしましょう。結婚後は旦那さんと喧嘩をすることもあるでしょう。そういう時に、婚約指輪を見てプロポーズされた時の気持ちを思い出して心を落ち着かせてみてはいかがでしょうか。