指輪

プロポーズのプレゼントは本音をいうと指輪でなくてもOK♪

女性にプロポーズをする時、指輪ではなく別のものをプレゼントする場合があります。その理由として、女性が気に入った婚約指輪を選んでほしいという男性なりの配慮です。逆に女性側も気に入ったものを選びたいという気持ちがあるため、指輪以外を望んでいる場合があります。今回は女性がプロポーズでもらいたいプレゼントなどについて紹介します。

女性がプロポーズでもらいたいプレゼントベスト3


こちらでは、女性がプロポーズでもらいたいプレゼントについて紹介します。プロポーズ=指輪という考えが大きいのですが、実は指輪以外でもOKなのです。女性がプロポーズの時に欲しがっているもの、それは何なのでしょう。

【1位】実は指輪ではなく花束

ドラマや映画でプロポーズの時に花束を贈る男性がいます。女性は何歳になってもロマンチックなものに憧れる節があるため、実は指輪ではなく花束の方が喜ばれることが多いのです。

花束でも王道なのがバラですが、本数や色によって意味が異なってきます。有名なのが99本の「永遠の愛」「ずっと好きだった」というものです。しかし99本の薔薇を用意するのも大変でしょう。花束でプロポーズをする時には「いつも一緒にいてください」という意味を持つ9本がおすすめです。

バラの色にも花言葉があるので、プロポーズの時に贈る場合は注意しましょう。一般的に販売しているところは少ないのですがドット柄の薔薇の場合「君を忘れない」という聞きようによっては別れの言葉にも聞こえるものがあります。プロポーズの時であれば、やはり「あなたを愛しています」「愛情」などを意味する赤いバラがいいかもしれません。

【2位】プロポーズの定番婚約指輪

プロポーズと言えば、やはり指輪です。最近は女性同伴で選ぶことも少なくはありませんが、昔のように男性が頭を悩ませて女性に似合う指輪を選ぶというものを好む女性もいます。

男性としては、女性の好みを100%把握しているわけではないので女性同伴で選んだ方が気に入ってもらえる確率は高いです。しかし、女性の中には気に入る・気に入らないに関わらず、男性が自分のために悩み抜いた指輪を求めている場合があります。

高価なものを望まない女性ほどそういった傾向が強いので、普段の彼女がブランドものを好まない性格をしているのであれば、プロポーズの時は男性が選んだ指輪の方がいいかもしれません。

【3位】普段使いできるアクセサリー

指輪以外を望む女性の中で、意外と欲しがっているものが普段使い出来るアクセサリーです。婚約指輪は一時的に身につけることは出来ても、普段使い出来ない場合がほとんどです。

プロポーズを喜んでいるからこそ、普段も使えるものが欲しいと考えてしまいます。こういう気持ちを女性が持っていると分かれば、やはり男性側も嬉しいのではないでしょうか。アクセサリーをプレゼントする時は、彼女がどういうものを欲しがっているか、普段使いにして邪魔にならないものなどさまざまなポイントを押さえて選ぶようにしましょう。

プロポーズのプレゼントに花束が選ばれる理由とは

bouquet on wooden bench with bride and groom in the background, focus on the flowers.

プロポーズの時、プレゼントに選ばれるナンバーワンは花束です。花は枯れてしまうもので、結婚に対して縁起が良いとは言えません。こちらでは、なぜ花束が人気なのかについて紹介します。

大多数の女性は花が好き

すべての女性に当てはまるわけではありませんが、大多数の女性は花が好きという一面を持っています。土いじりなどのガーデニングが好きというわけではなく「花」単体で見れば、飾りたいと思う女性も多いのではないでしょうか。

特にバラなどは高貴な雰囲気もあるため、記念日に貰うことで更にテンションがあがります。花は枯れてしまうから縁起が悪いかも、と考えるのは意外と男性ばかりなのです。心配している男性がいるなら、その辺はあまり気にせずに花束をプロポーズアイテムに選んでも構いません。

プロポーズ=バラというイメージを持っている人もいますが、基本的に花の種類は問われません。夏にプロポーズをする人が、バラではなく大輪のヒマワリを贈ったという場合もあります。基本的に花の種類も女性の好みに合わせるようにしましょう。

そのため、花束でプロポーズをする場合は予め女性がどんな花を好んでいるのかをリサーチしておく必要があります。

プロポーズにぴったりでゴージャスだから

プロポーズをする時、指輪を取り出して言うのもロマンチックですが、大輪の花束を取り出すのもプロポーズにピッタリでゴージャスな演出をすることが出来ます。むしろ、ゴージャスさでは指輪よりも花束の方が大きいと言えるでしょう。

プロポーズの時、女性にインパクトを与えたい場合はやはり花束が一番です。ただ、持ち歩くとバレバレなので予め花屋に注文をしておいてデートの途中で受け取るというやり方にしないといけません。受け取った時点で女性側にも予想させてしまうので、プロポーズの言葉と同時に驚かせるという方法には向かないかもしれません。

今どき【インスタ映え】するから

女性が花束を好む理由として、今時な理由があります。それは「インスタ映え」です。最近は食事や景色、さまざまなものを写真に収めてインスタグラムにアップします。インスタ映えするものは流行るのが当たり前という風潮も出来ているほどです。

プロポーズの時、花束が好まれる理由はインスタ映えをするからという理由の女性も少なくありません。普段からインスタ映えを意識する彼女にプロポーズをする場合、ちょっと豪華な花束にしてあげるといいかもしれません。

プロポーズの定番婚約指輪が1位ではない理由


プロポーズの定番プレゼント、婚約指輪が1位ではない理由は何でしょうか。プロポーズ=指輪という認識がある人は多いのですが、なぜ1位ではないのかを紹介します。

指輪が好みに合わないとがっかりだから

男女共通の理由として、女性の好みに合わないとがっかりするからという理由もあります。男性が一生懸命選んでくれたことは分かっていても、アクセサリーや服などは好みが強く出るものです。だからこそ好みに合わないものを選んだ場合・貰った場合がっかりしてしまうのです。

がっかりしてしまうと、せっかくのプロポーズにも水を差された気分になります。そうならないために、指輪は女性同伴で選びに行く場合が多いようです。

男性は気持ちが伝わればいいと考える人が多いため

こちらは女性側の気持ちになるのですが、男性は「指輪を贈ればいい」という考えを持っている人もいます。すべての男性が同じとは言いません。女性のことをきちんと考えている場合もありますが、一部の男性がそういった気持ちを持っているのも事実です。

自分主義者との性格の人に多い傾向があるため、男性のそういったワンマンぶりを見ると結婚して上手くいくだろうかと考える女性さえもいるほどです。引っ張っていってくれる男性は頼もしく心強いものですが、プロポーズなど特別な時くらいは女性優先にしてもいいかもしれません。

プロポーズの後一緒に買いに行きたいから

難しいことは一切考えず、プロポーズの後に一緒に買いに行きたいからあえて指輪を贈らないという男性もいます。お互いの意見を言いあいながら大切な婚約指輪を選ぶのは、男性にとっても楽しい時間になるからです。

楽しい時間はやはり一緒に共有したいと考えている男性は、指輪ではなく花束や他のアクセサリーなどを贈る傾向があるようです。女性側は「彼氏が選ぶのが面倒だったからじゃないか」と考える人もいるかもしれません。実際はどうなのか分かりませんが、一緒に選びたいと思ってくれたと考えた方が楽しくなるのではないでしょうか。

プロポーズのプレゼントの相場はおいくら?


プロポーズの時に贈るプレゼントは、どの程度の費用を目安に考えていればいいのでしょう。贈るものによって費用相場があるので、いくつか紹介します。

花束は5000円から1万円が相場

花束でプロポーズをする場合、5千円~1万円が相場だと言われています。1万円以内でも十分ゴージャスな花束を作ってもらうことは出来ますし、これ以上の金額をかけてしまうと花束を持ち歩く時に大変なほど大きなものになってしまいます。

逆に高価すぎる花束は女性にとっても委縮してしまうものなので、過剰な高価さは出さないようにするのが一番です。

後で指輪を渡す場合は3万円から5万円

指輪以外のものを贈る場合、プロポーズの返事をもらってから指輪を買う人は3万円~5万円以内のものを贈るのが一番だとされています。あまりに高額なアクセサリーや服、バッグを贈ってしまうと、後から贈る指輪のありがたみや嬉しさが軽減してしまうからです。

その他にも男性側の負担が大きくなってしまうため、5万円以下にするのは暗黙の了解になっていると言っても過言ではありません。なので、高価なものを贈りたいと思っていても、後から一緒に選ぶ婚約指輪のことを考えてグッと我慢しましょう。

婚約指輪を渡さない場合は5万円から10万円

婚約指輪は普段使い出来ない場合がほとんどです。最近は結婚指輪と重ねて使うタイプも増えているため、以前に比べると使用頻度は増えている方です。しかし、それでもなかなか使う機会がないというのが事実です。

そのため、女性側があえて婚約指輪を断る場合があります。プロポーズは受けるけど、後から婚約指輪を買う場合、指輪以外のものが欲しいという女性が増えているのです。これはプロポーズされた思い出を身に着けておきたいという理由から、普段使い出来るネックレスやブレスレット、もしくはバッグなどを望む人が増えています。

そういった場合、費用相場は5万円~10万円となっています。婚約指輪の費用は結構高いため、それと同じ金額を求めると考える人もいますが、男性側にとっても負担が大きいので10万円以内が相場となっています。

婚約指輪を渡さない場合、10万円以内でプレゼントを抑えて、残った分の費用は結婚指輪費用に充てることもあるようです。そのため日常的に身につける結婚指輪を少し豪華にしようという考えを持っているようです。

まとめ

プロポーズは女性にとっても、男性にとっても緊張するものです。ふたりの一生を決めるものなので慎重になる人も多いでしょう。だからこそ、相手が最大限に喜ぶものを贈りたいと考える男性がほとんどです。どのような方法を選ぶにしても、男性側は女性の気持ちを、女性は一生懸命考えてくれた男性の気持ちを汲んだ言動を取りましょう。