【夢占い】 血の夢が暗示するものとは?

夢には見る人の深層心理が働いて無意識の願望が表れると言われています。好きな人に巡り合う夢や豪華な食事をしている夢、お金を儲ける夢など、さまざまな夢がありますがそれがそのまま正夢であるという可能性は低いものです。その一方で、おぞましく気持ちの悪い夢をみてしまうこともあるでしょう。血まみれになったり、血を吐いたりする夢を見たらどんなにショックを受けることでしょう。しかし、血の夢は夢占いではどちらかというとプラスのイメージでとらえられることが多いものです。そこで、血の夢が暗示するものについて解説しましょう。

夢占いで血が暗示するものとは

血の夢は、ケガや病気、事故など不幸をイメージすることから見ると悪いことが起こるようなイメージが強いものです。しかし、夢占いでは血液が体内を循環して栄養や酸素を行き渡らせ生命維持に大きく貢献していることから、目には見えない運気の流れとしてとらえています。血が噴き出して止まらないなどの夢は、実は運気上昇のサインである可能性が高いのです。また、血の巡りという言葉からさまざまな巡りあわせとも関連が深いとされています。

血はお金の象徴で金運アップ

夢占いでは、血の夢は運気の流れを表すものと考えられており、広い意味ではお金やエネルギーの象徴としてとらえられています。鮮血がドクドクと勢いよく噴き出る夢を見れば目覚めはとても悪いものかもしれませんが、実は、運気が好転し金運が大幅にアップする暗示である可能性があります。特に湧水のようにこんこんと流れて止まることがないような血の夢は金運上昇の吉夢であるととらえていいでしょう。宝くじやギャンブルにチャレンジするにはいい機会と言えるかもしれません。

血の色によって解釈が変わる


血液は人間が生命を維持するために不可欠なものです。夢占いでは、血の夢は体の健康や気力、お金や財産などの象徴として考えられており、そのほとんどは吉夢としてとらえられています。現実の世界で下血する際には、鮮血であるかどす黒い血であるかによって肛門近くの病気なのか、内臓の疾患なのかを判断します。夢占いでも、血の色によって解釈が異なり、どちらかというと鮮血の方が情熱や激しい感情などを表す吉夢、どす黒い血は人間関係や金銭上のトラブル、健康状態の悪化などを示唆するものととらえられています。

夢占いで血が暗示するもの:出血した場合

血の夢、それも出血する夢は衝撃的なものでしょう。何か不吉なことが起こる前兆と考えるのが普通でしょうが、夢占いでは血の夢は一般的に吉夢と考えられているので心配する必要はありません。血は生命力や健康、気力のほか、エネルギーやお金、財産、情熱などさまざまなものを表します。また、同じ血の夢でも血の色や出血の仕方によっても解釈が異なります。出血する夢の代表的なものが夢占いではどのようにとらえられるのかについて説明しましょう。

鮮血が出る:問題が解決し運気が上昇することを暗示

真っ赤な鮮血が噴き出す夢は、ケガや病気を暗示しているように考えられますが、実は激しい感情や罪悪感などの複雑な感情が入り混じっているものの、抱えている問題が解決の方向に向かうという運気の上昇を示すものです。ケガをして傷口から出血する、鼻血が出るなど、体の部位に関係なく鮮血が出るものであれば、問題解決とともに仕事運や金運が上昇しているととらえます。また、巡りあわせの運気も上昇していると考えられるため、片想いの人は積極的にアタックしてもいいでしょう。

黒ずんだ血・悪臭を伴う血が出る:トラブルに遭遇、気力喪失の暗示

同じ血の夢でも鮮血ではなく黒ずんだ血が出る場合は、夢占いでは吉夢とは考えません。血液は生命力やエネルギー、お金などを表すものであるため、それが黒ずんで澱んでいるという状況であれば、なんらかのマイナスのことが起こる前兆と考えていいでしょう。仕事やお金、友人関係などのトラブルに遭遇することも考えられます。また、悪臭をともなうような血も黒ずんだ血と同様に気力や生命力が低下していることを暗示するものであり、健康を害するサインかもしれません。

失血死する:一次的な経済的損失を被る可能性を示唆

女性 浪費 お金

出血多量によって死に至る失血死の夢は、考えただけでも身震いするようなおぞましく怖ろしいものでしょう。夢占いでは鮮血による出血はプラスのイメージでとらえられることが多いものの、やはり失血死は詐欺や罠にかかったり、陥れられたりすることによって悪いことが起きるとされています。一時的な経済的損失を被る可能性を示唆しているものととらえられることが多く、人生の節目であれば新しいことへの挑戦にも慎重に取り組まなければならないことを表しています。

出血が止まらない:大きな経済的損失によるダメージを受けることを示唆

鮮血、どす黒い血などの血の色には関係なく、噴き出る血の量が多く止まる見込みがない大量出血の夢は、マイナスのことが起こる前兆ととらえられています。知らないうちに誰かが犠牲にしている可能性や自分の意志で誰かの犠牲になろうとしていることの暗示とされており、そのために大きな経済的損失によるダメージを受けることを示唆しています。また、金銭関係だけでなく精神的なダメージを受けることも暗示しているので、心理的な不安状態があることを教えてくれる夢としてとらえることもできるでしょう。

血を吐く:健康運が悪化している

女性 疲労

吐血する夢は、夢占いでは吉凶2通りの解釈ができます。吉夢としては、これまでの負担や行き詰まっていた事態が好転することを暗示するとされています。しかし、体調を崩していたり過度のストレスを抱えていたりする健康へ警告としてとらえられることの方が多いようです。血を吐くことがストレスを吐き出すことの代償行動となって表れることもあり、自分で気づいていなくてもかなりのストレスが溜まっていることが考えられます。

血尿が出る:スッキリするなら問題解決、不安ならばトラブル遭遇の暗示

女性

血尿が出る夢も吉凶2通りの解釈があります。血尿が出たあとにスッキリとするのであれば、憎悪や罪悪感などの悪い感情を吐き出して精神的に安定した状態になっていることを暗示します。また、健康や仕事、金銭などの問題が好転して解決に向かう暗示ととらえることもできるでしょう。一方、血尿が出ることで不安が増す場合は、さまざまなトラブルに遭遇することや健康を害することへの警告と考えられます。夢を見るときの体や心の状態によって吉凶が分かれることが多いようです。

生理で出血する:人間関係・恋愛関係の悪化やトラブル発生の暗示


生理で出血する夢は女性に限定してみられるものです。急な出血に驚いたり、出血量が多かったりして印象に残るような夢であれば、食生活や生活習慣の乱れにより心身に何らかの問題を抱えていると判断することもできます。また、人間関係や恋愛関係が悪化したり、何らかのトラブルに巻き込まれたりするまえの警告としてとらえることもできます。いずれにしろあまりよくない暗示なので、心身の健康に留意することが大切です。

夢占いで血が暗示するもの:出血ではない場合

血の夢の多くは体のどこかの部位から出血するものが多く、健康や仕事、お金や人間関係などさまざまな暗示をもたらしてくれます。特に鮮血があふれ出す夢は金運や仕事運の上昇を暗示するものであるため、歓迎すべき夢と言えるでしょう。その一方で、出血ではないものの血が登場するさまざまな夢があります。血を舐めたり飲んだりする夢、衣服や下着、寝具に血液が付着する夢、血液を抜かれたり吸われたりする夢など、どれも気持ちのいい夢ではありません。夢占いではどのようなことを暗示するとされているのでしょうか。

血を舐める:疲労やストレスで自身のコントロールが出来ない

血を舐めたこともないのに夢に見ることがあり、気持ち悪くて思わず起きてしまうことがないでしょうか。夢占いでは、疲労やストレスが蓄積して心身ともに疲労している状態であり、自分で自己コントロールできない状態であると解釈します。精神的な疲労や頭の使いすぎでなかなか寝付けないときに見てしまうことも多いでしょう。そのままでは状態が悪化することも考えられるため、十分な休養をとって疲労回復やストレス発散に努めることが大切です。

血を飲む:体力は低下しているが近いうちに回復することを示唆

血を舐めるという程度ではなく、ゴクゴクと血を飲み干す夢をみることがあるかもしれません。出血した自分の血を飲むのではなくほかの生命体の血を飲む夢なので、その時点では体力が低下していたり、何らかの疾病にかかっていたりすることが考えられますが、その後回復することを暗示していると考えられます。血を飲む場合、血は健康や生命力を意味しており、血を飲むことで生命力が高まるととらえることができます。その一方で、あまりにも血を飲み過ぎたり飲んだ血がまずく感じたりする場合は、健康が悪化することも考えられるので注意が必要です。

血が付着した寝具:配偶者や恋人の浮気・トラブルに巻き込まれているなどを示唆

寝室や寝具を夢で見ることもあるでしょう。寝室はプライベートな空間であり、誰の目も気にせずに休息できる場所です。寝室を夢で見るということ自体、プライベートを侵害する何らかの問題が生じていることを暗示していると言えるでしょう。寝具に血液が付着している夢は、配偶者や特定のパートナーが浮気や不倫をしていたり、何らかの愛情関係のトラブルに見舞われたりすることへの警告ととることができます。さりげなくパートナーを見守りながら気をつけておくようにしましょう。

血が付着した服や下着がでてくる:セックスへの興味が異常なほど高いことに罪悪感を抱いている

血が付着した服や下着がそのまま夢に登場したり、自分が血で汚れた衣服を身にまとっている夢をみたりする際は、夢占いではケガや病気の警告ではなく異性やセックスに関する暗示であると考えられています。それもただ、異性やセックスへの関心や欲望が高まっているだけでなく、性欲の塊のようになっている自分に対する罪悪感を抱いている暗示となります。衝動的にセックスにふけったり、不倫をしたりするリスクもはらんでいるため、慎重に行動することが大切です。

飲み物が血に変わる:憎悪や罪悪感などの葛藤からストレスを抱え込んでいる

ビールやワイン、ジュースなどをおいしく飲んでいたら、途中で急に飲み物が血に変わるという夢もあります。この場合の血は、自分のなかにある憎悪や罪悪感などの葛藤を意味するものであり、精神的にも大きなストレスを抱え込んでいる暗示となります。自分では大丈夫だと思っていても、体が警告を発しているので少し休んで体や心をリフレッシュさせるようにしましょう。慢性的な疲れやストレスが溜まっている人は、繰り返し同じ夢をみることがあるため、早めに対応することが大切です。

病院で献血をされる:体力や気力の低下を示唆している

病院で献血をされる夢は、そのまま健康不安があるとしてとらえていいでしょう。病院を夢で見ること、そこに自分がいることだけでも、無意識に健康に何らかの問題があることを暗示しています。そのうえ、採血や献血によって血を抜かれる夢であれば、体力や気力が低下していることを示唆していると言えるでしょう。大病を患う前のサインと受け取って、実際に血液検査を受けるなど健康を維持するための何らかの対策を講じることをおすすめします。

まとめ

楽しい夢ですっきり目覚めたいのに、気持ち悪い夢で目覚めが悪いということもあります。なかでも真っ赤な血やどす黒い血が流れる血の夢は、イメージするだけでも気持ち悪いものです。しかし、血液は生命を維持するため体内を隅々まで巡るものであることから、夢占いでは健康や生命力、お金、エネルギー、情熱などととらえ吉夢と解釈されることが多いものです。しかし、なかには健康や金銭、人間関係や愛情関係で警告を暗示するものもあるため、どんな場面で血が登場するかによって対応を考えた方がいいでしょう。

関連記事

手術する
手術の夢はどんな意味?手術箇所や状態で夢占い診断!

事故にあう
夢占いで診断!事故の夢があなたに告げることとは