夢で火事が起きたときってどんな意味?再生や繁栄・健康へのサイン

家屋が大きく燃えてしまう火事は大きな事故も引き起こしてしまうことがあり、火事が夢の中で出てきた場合には誰もが不吉なことが起きる前触れではないかと思ってしまうことでしょう。この火事が夢の中で起こってしまうことは結構あるものなのです。またその際には何かを暗示していることが多いともいえます。ここで火事に関する夢が教えてくれることについて説明をしていきたいと思います。実際に火事の夢を見た方は参考にしてみてください。

火事の夢の基本的な意味


家やビルが大きく燃え、人身事故を引き起こしてしまうほど怖いのが火事です。そんな火事ですが、夢の中で見た場合には何らかの暗示をしていることが多く、その意味をあらかじめ知っておくことが大切です。ただ火事の夢はどんなパターンであっても凶夢ではなく、中には吉夢の場合もあります。そこで火事の夢が伝えている基本的な意味について説明したいと思います。

繁栄を表す大吉夢

家が全焼をしてしまうような不吉な夢を見た方もいるのではないでしょうか。こんな時には縁起が悪いと思われがちですが、実は火事で家が全焼することは一家繁栄を暗示しているのです。新たにいいことが起こったり、また一家が団結して生活を送っていけることを意味しています。火事で燃える火の大きさにより、将来的な幸運が大きくなっていきます。

再生を暗示する吉夢

家が燃えるという夢は、実は再生を意味しており、これから新たな気持ちで物事に取り組んでいける、一度落ち込んでしまっても生まれ変わるということを暗示しています。現状に満足していない、どん底にある方がもう一度這い上がりたいと思った時に火事の夢を見ると、これから確実に運が開けてくることを意味しています。実は吉夢であって、不吉な夢ではないのです。

健康に関するトラブル

火事を夢の中で見ることは、吉夢だけではなく凶夢を暗示していることもあります。暗示していることについて幅が広いといえます。火事で家が燃えることは健康に関するトラブルが起こることを暗示していることもあります。そのため、今後の健康状態を良好にしていくためにも、日々健康的な生活を送っていくように努めることが大切です。そうすれば体調を崩してしまうことを避けることができます。

健康・恋愛に関係するネガティブなもの

火事の夢はトラブルが起こることを暗示していることが多いのですが、そのトラブルも健康や恋愛など、様々な事柄に関して起こる可能性があるものです。特に健康では体調を崩してしまうことが予想されます。恋愛では関係がうまくいかなくなる恐れがあるといったことが可能性として考えられます。しかし家事の夢はトラブルが起こることを知らせてくれているため、慎重に行動をしてトラブルの発生を避けるように努力していくといいでしょう。

火事の良い夢


不吉なことを予言しているかのような家事の夢ですが、必ずしもそうとは言い切れないものです。中には吉夢を予言していることもあります。そのため、家事の夢については吉夢についての解釈も知っておく必要があります。実際に夢の中で火事が起きた時にはどういったことを暗示しているのでしょうか。この点について説明をしてみたいと思います。

勢いよく燃える大きな火事の夢:あふれる欲望や感情をコントロールできる

火事によって家が勢いよく燃えることがありますが、この状況が夢の中でも見られた場合、吉夢を暗示している可能性があります。家が勢いよく燃えている風景は自分自身の溢れる欲望や感情を示しており、これらを冷静に見つめることができているのです。自分の内部からわき起こる欲求を上手にコントロールすることができ、何事に対しても冷静に対処できます。そのため落ち着いて仕事などを行っていくことができます。

火事を鎮火する夢:自制心を持ってあらゆる問題に対処ができる

火事は自分自身の湧き上がるような感情を示していることがあります。その火事を鎮火している風景が夢の中に出てきた場合、自制心を持って様々な困難な問題に対して対処していけることを示しています。困難な問題は人生の中でよく出てくるものですが、そういったことに対して冷静に対処しなければなりません。火事を鎮火する夢を見た場合、今後困難なことも乗り越えていけることでしょう。この夢は吉夢といえます。

消防士が火を消す夢:欲望・情熱を上手にコントロールできる

火事で消防士が火を消す場合、確実にその火を消すことができます。こういった夢を見た場合には、火事が象徴している自分自身の溢れるような欲求や情熱をコントロールすることができるということを意味しています。何事に対しても取り乱すことなく、落ち着いて対処していくことができます。特に仕事での運気アップが期待できます。

火事を冷静に見ている夢:問題解決への糸口が見つかる

夢の中で火事が起こっており、それを冷静に見つめている風景になっている場合、これは火事が象徴している様々な問題に対して、冷静に対処し、その糸口が見つかることを示唆しています。仕事や日常生活での問題を解決することができることの暗示であり吉夢といっていいでしょう。

火事から人を救う夢:努力が実り才能が開花する


火事が起こり、その際に人を救助するといった場面を夢の中で見ることがあります。これはこれまでの努力が実り、才能が開花することを意味しています。困難なことを乗り越える、またそれによって才能が花開くことが火事から人を救う場面から示唆されます。この夢も吉夢といえます。

火事から鳥を助ける夢:自由な行動力・積極性を持ち合わせている

火事に関する少し不思議な夢として、火事から鳥を助けるというものがあります。この夢を見た場合、自由な行動力や積極性を持っていることを意味しています。鳥は自由の象徴であり、その鳥を助ける積極性を持っていることを夢が伝えています。仕事での運気アップが特に期待できます。

火事で火傷をする夢:仕事や勉強の成功を暗示

火事でやけどをしてしまう夢を見ることがありますが、これは一見凶夢のように思われるのですが、実は反対で吉夢と言っていいでしょう。困難なことに対してトラブルがあっても乗り越えていく姿が夢の中で火事の形で出てきているのです。そのため仕事や勉強で成功することを暗示しています。受験合格や出世といったことで何かいいことが起こる可能性があります。

宝くじが燃える夢:金運アップ

夢の中で宝くじが燃えてしまう夢を見た方もいることでしょう。せっかく買った宝くじが燃えてしまうのですが、これは実は凶夢ではなく金運アップの夢なのです。宝くじに当たる、臨時収入を得るなど、何かしらお金に関していいことが起こる可能性が期待できます。

火に囲まれて身動きが取れない夢:恋愛運がアップ

夢の中で見る火事に関して、火に囲まれて身動きが取れないシーンが浮かぶことがあります。これは恋愛運のアップを暗示しているものなのです。凶夢のように見えるのですが、実は吉夢なのです。未婚の方は新しい出会いがある、既婚の方は妊娠の可能性があるなど、いいことが起こりそうな予感が夢から見られます。

他人の家や建物が火事になる夢:運気がアップしている

他人の家が夢の中で燃えてしまうことがあります。他人の家は周囲で起こっている問題を象徴しており、それが燃えることは問題解決に向かっていることを暗示しています。そのため、周辺で起こっている問題が片付き、運気がアップしていくことが予想されます。

放火される夢:運気がアップする

火事の火は自分の感情を表していることがありますが、他人によって家に火をつけられるという一見凶夢にも思われる夢は、積極性が起こり、自主的に物事に取り組んでいくことを示唆しています。今後は仕事や恋愛で積極的に取り組み、運気が上昇することが期待できます。

服が燃える夢:自分の運気が上昇している

着ている衣類が燃えてしまうといった事故を夢の中で見てしまう方もいることでしょう。これは自分の感情が高まり、やる気に満ち溢れてくることを暗示しています。何事に対してもパワーを持って取り組むことが期待でき、運気も上昇して来ることでしょう。

火事の悪い夢

夢の中で火事が起こってしまうことがありますが、これは吉夢だけではなく凶夢を表していることがあります。凶夢の場合には、事前にトラブルの発生を知ることができるため、実はいい夢でもあったりするのです。そこで火事の悪い夢の例について説明をしたいと思います。

ボヤ火事の夢:精神的に不安定で弱気になっている

家が大きく燃えるのではなく、ボヤで終わるような火事の夢を見た場合、精神背的に不安定になっていることを示唆しています。弱気になっており、物事に積極的に取り組めていないことが多いものです。そのため、できるだけ積極性を出して行動していくようにすることが大切です。

火事により爆発する夢:怒りのエネルギーがあふれ出ている

火事によって家やビルが爆破している夢を見ることがありますが、これについては爆発は自分の怒りのエネルギーを象徴しています。何かに対して怒りを燃やしていることが夢で示唆されています。怒りは負のエネルギーですから、心を落ち着かせ、冷静に対処するように夢が警告してくれています。

焦って火を消している夢:緊急事態が起こる暗示

火事が起こり、焦って火を消している場面が夢の中で出てくることがあります。これは冷静さを失っており、何らかの緊急事態が起こることを暗示しています。そのため、急に起こる出来事に対して落ち着いて行動することが大切です。

火事から逃げられない夢:納得いかない答えを出して後悔している

夢の中で火事から逃れられない場面が出てきた場合、自分が納得していないことがあり、それに対して後悔をしていることが示唆されています。火事という何らかの出来事を忘れることが出来ていないことがこの夢が表しているものですが、自分なりに納得をして忘れるように伝えてくれているといえます。

火事から非難する夢:精神的に不安定になっている

夢の中で火事が起こり、急いで避難している場面が出てくることがあります。これは落ち着きを失ており、冷静さを欠いていることを示唆しています。精神的に不安定になっている恐れもあります。そのため、何事に対しても冷静に行動するように夢がメッセージを送っています。

お寺が火事になる夢:今は動くべきでないと警告している

説教をしてくれるお寺が火事になっている風景が夢の中に出てきた場合、今は動かずにじっと待つように夢が警告しているといえます。問題解決に対して応えが見つからない場合でも、動かずに待っていることが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。不謹慎に思われる火事の夢ですが、そこには悪いことだけではなくいいことを示唆していることもあるのです。そのため、火事の夢が何をメッセージとして伝えているのか理解することが大切です。