恋人と別れる夢を見た!夢占いと深層心理

あまりいい夢とは言えませんが、恋人と別れる夢を見るというのは、いろいろな意味がこもっています。別れる夢を見るというのは、その前に何が起きていたのかも考えていかなければいけません。単純に悪い夢として考えるのではなく、自分の現在の心理状況も考えていくことによって、大きな意味に気が付かされることが出てくるでしょう。

夢占いで見てみよう!彼氏と別れる夢の意味とは?

前に進みたい気持ちがある

彼氏と別れたいという夢は、いろいろな意味がありますが、現在の彼氏の状況に別れを告げて、さらにもう一歩先へと行きたいと思っていることがあります。もう一皮むけてほしいと思っていることもありますし、今よりもずっと大きくなって欲しいと思うこともあるでしょう。ワンステップ先に進むために、別れてしまう夢を見ることがあります。現実的に分かれるといったことではないため、心配する必要もないでしょう。ですが、現実的に嫌気がさしてきているとしたら危険な兆候ともいえます。

罪の意識がある


どこかに罪の意識を持っているときにも、別れる夢を見ることがあるでしょう。はっきりとこれが問題とわかっているときにはあまり問題はありませんが、どこかで申し訳ないことをしたなと思っているようなときには、それが夢として強く表れてきてしまうことも出てきます。罪の意識といっても、なにも強いものだったから別れる夢になったとは限りません。もっと単純に小さな約束を守ってあげられなかったというときでも見ることはあるでしょう。その思いがあるのですから、あとでリカバリーしてあげることが必要です。

強い想いがある

もっと強い思いを持っていることが、別れる夢につながってしまうことも出てくるでしょう。振られてしまったらどうしようと思うようなことが続けば、夢の中でも出てくるようになります。振られてしまったから夢を見るというよりも、不安感が見せる部分が強いといえるでしょう。間違っても、振られてしまう予知をしたといったことは存在しません。強い思いが夢に現れるとしても、夢が未来を予言するようなことはないからです。夢にそんな力はありませんし、だれも未来は予見できるものではありません。

孤独になる恐怖


強い思いに近い部分がありますが、振られてしまったら一人になってしまうという恐怖感が夢に出てきてしまうことも出てきます。孤独になるということになれてしまう人はいません。言葉にする人はいますが、実際に恐怖感しか浮かんでこないでしょう。だれも想像がつかないことなのですから、そこにあるのは恐怖でしかないからです。そうなると、夢に出てきてしまうことになりますが、わかられるというかたちになって孤独を恐怖として表現しているといえるでしょう。実際に分かれてしまうといったこととは異なる意味を持っているといえます。

相手への関心が高い

あまりに強い意識を持つと、別れる夢を見ることがあります。逆の意味でもありますが、あまりに関心が強くなりすぎたことによって、自分の中で警鐘を鳴らしている状態ともいえるでしょう。別れてしまうといったかたちの夢にはなってきていますが、わかれるというよりもあまりに思いが強すぎるということになってくるでしょう。一度冷静になってみることができれば、その思いの強さの意味も見えてくるはずです。疲れてしまうようなことになる前に、冷静になれと自分自身が教えている夢ともいえます。

彼氏と別れる夢の内容

喧嘩して別れる夢:これから関係性が良好になる!

喧嘩してしまうというのは、いろいろな意味があります。本当に喧嘩をしたことが夢になって表れることもありますが、どこかで後悔しているからこそ、夢になっても出てくることになるでしょう。喧嘩するほど仲がいいといったこともありますが、それだけいろいろなことが起きるようになり、お互いに関心も出てきているといえるのです。喧嘩した夢だからといって難しく考えずに、もっと大人の対応を考えてみる方がいいでしょう。

恋人を振った夢:関係の発展を望んでいる!


恋人を振るとといったところが重要なポイントであり、自分ではもっと大きな関係を望み始めているといえる瞬間だからです。これまでの関係性では物足りなくなってきていることもあるはずですし、結婚ということを考えているのにもかかわらず、そこに行動してくれないようなジレンマもあるかもしれません。どちらにしても、幸せだからこそ見る夢なのであって、悲観して考えることはないでしょう。関係性の発展にもいろいろな意味がありますが、どれも悪いことではないからです。

恋人に振られる夢:不安や執着をあらわしている!

振られるというのは、どこか不安定になってきているからです。自分では幸せと思っていても、どこか不安があったりすると、振られてしまうのではないかという恐怖心が突然わいてくるものです。相手に対して強い執着があるようなときでも、同じように不安がよぎることもあるでしょう。幸せだからこその不安定感を感じる瞬間であり、これが降られるといったかたちで夢に出てきている状態です、現実に分かれるといったことではないのですから、関係性を見なおしてみる必要もあるでしょう。

恋人と別れる夢を見る心理は?あなたの心の状態

恋人を好きすぎる


別れる夢のほとんどが、ネガティブな要因によって引き起こされていないことがわかってくると、その裏にあるのは恋人が好きだからです。本当に好きだからこそ、不安になってしまうようなことも起きるでしょう。幸せだからこそ、不安になることも出てきます。それが夢になって表れてくるという意味では、警鐘を鳴らしてくれている部分でもあるはずです。好きだからこそ、考えるべきポイントはいくらでも出てくるでしょう。

あわせて読みたい

彼氏が好きすぎる!そんな時にチェックしておきたいNG行動と対処法

続きを読む

恋人に対して気持ちが冷めている

夢の通りに冷めてしまっている状況もあるはずです。自分自身で気が付いているはずですが、なにかを変えなければいけないと感じているでしょう。関係性を解消するという選択肢も含めて、気持ちが盛り上がるようなきっかけを欲している状態です。何か新しいことを始めてみるなどの対応も必要ですが、もう戻せないと思うのであれば、夢に出てきている通りに分かれてしまうという選択も必要になってくるでしょう。どちらにせよ決めるのは自分であり、夢ではないということです。

別れの予感をしている

不安感の表れともいえますが、本当に分かれてしまうのではないのかという予感がしているときもあるでしょう。幸せだからこそ、別れてしまうことが恐怖な時もあります。それだけではなく、もう続かないのではないのかという不安もどこかにあれば、夢に見てしまう可能性は高まります。未来を写すようなことはありませんが、不安はどこかで解消もしていかなければいけません。

恋人の関係を終わりにしたい


恋人としての関係にいい加減疲れてきてしまったときには、夢でも別れるということにつながってくるでしょう。別れたいと思っているからこそ夢に見た典型例ですが、自分自身で気が付いていることもたくさんあるはずです。もう戻すことができない関係なのであれば、決断しなければいけない瞬間も見えてきていることでしょう。その瞬間はそう遠くはないと自分でも思っているはずです。

まとめ

夢に見るということは、未来を予言するようなことはありません。現実に自分の中で何が起きているのか、消化できていないことは何かを考え直してみるべきです。その次に決断をするかどうかということになってくるのですから、自分でどう決断するべきなのかを考えるチャンスでしょう。夢は正直なものであり、嘘をついたりするものではないからです。

別れるといった夢であっても、実際に分かれるわけではありません。そこには、必ず何か要因があり、それが引き金になって夢というかたちをとっただけだからです。もっと冷静に考え、対処を考えていくことが、夢を見せてくれた自分に対する答えになってくるでしょう。