冷え性によい飲み物、避けたい飲み物

健康維持のために体を温めることが大切だと言われています。体が温まることで血流が促進されたり、新陳代謝が高まるなど、確かに健康のためには良いことが多くあるものです。スムーズに体を温めるために役立つのが飲み物を利用する方法です。美味しい飲み物を活用することで、リラックス効果も同時に得られます。

健康のために役立つ温かい飲み物は様々ありますが、その中でもどういったドリンクが効果的なのでしょうか。また冷え性などの方にはどういった飲み物は避けたほうがいいのでしょうか。こういった点について説明をしてみたいと思います。

体をあたためる飲み物にはどんなものがあるの?


健康のために役立つ飲み物は体を効果的に温める効果のあるドリンクです。体温が上がることで免疫力もアップしますし、新陳代謝も高まります。そのため、季節に関係なく温かい飲み物は積極的に飲んでいきたいものです。ただいろんなドリンクがあり、どういったものが特に効果的なのでしょうか。ここで体を温める効果のある飲み物について、日常的に気軽に飲めるものに絞って説明をしてみたいと思います。

【生姜湯】血流をよくして体を温める

生姜の香りと刺激が心地よい気分にしてくれる生姜湯ですが、メインとして含まれているのが生姜です。生姜に含まれているジンゲロールが体を温め、血流を促進する効果があると言われています。しょうが湯を飲んでみると体がすぐに温まり、体温も上昇した感覚が得られるものです。

生姜湯を飲むと血流が促進されるため、新陳代謝が高まります。日常的に冷え性で新陳代謝が悪い方は健康や美容に関して何らかの不調を抱きやすいものです。冷え性の方、また体を温めたい時には生姜湯は即効性もあって有効です。

【紅茶】製造過程で発酵していて、体温を上げる効果がある

製造過程で発酵している紅茶は香りも良く、リラックス効果に優れています。この紅茶にはカフェインが含まれており、体温を上昇させる効果に優れています。そのため冷え性の方や体温を上昇させたい方にはぴったりの飲料です。カフェインを含む飲料の中でも飲みやすいため、年齢や性別に関係なくお勧めできます。また紅茶に生姜を入れることでより体温の上昇をスムーズにしてくれます。

【ココア】テオブロミンが血流を上げる


リッチな味わいと甘い香りが魅力的なココアですが、ココアは温めて飲むことで体温を上昇させることができます。またココアにはテオブロミンと呼ばれる成分が含まれており、この成分には血管拡張作用が期待できます。そのため、体温の下降が緩やかになり、体温の維持がしやすくなります。長時間体温を高くできるため、他の飲料以上に血流を促進したり、免疫力のアップを図ることができます。ココアを飲む時には体温を下げる砂糖をできるだけ少なめにすることがコツです。

【甘酒】代謝をUPして体を温める

砂糖が入っておらず、ダイエット効果も期待できる甘酒ですが、甘酒には糖質や脂質の代謝に関わる栄養素が多く含まれており、新陳代謝を高めることができます。この甘酒を温めて飲むことで同時に体温を効果的にアップさせることができます。甘酒は甘味が十分にあるため、リラックス効果も期待できます。健康にも役立たせながら、おいしく体温をアップさせる効果がある甘酒はトータルで健康維持を行っていくことができます。

【白湯】内臓温度が上がり血流がUP

水を温めることで理想的な飲料出る白湯が出来上がります。白湯は熱すぎないために、体に優しく、体温を上昇させることができます。内臓の温度をアップさせ、また血流を促す効果にも優れています。白湯はカフェインを摂取することで睡眠障害を引き起こしてしまう方などにとって、安心して毎日飲むことができる理想的な飲料といえます。またダイエット中の方にとっては、ノーカロリーな点は魅力的に感じられることでしょう。

【チャイ】シナモンが手足の冷えを改善


インドの飲料としておなじみのチャイですが、ミルクティにシナモンが入った独特の味が特徴的です。このチャイは温めて飲むことで体温を上昇させることができます。ただこれだけではなく、チャイに含まれているシナモンには血管を拡張して血流を促す効果を持っています。そのため他の飲料に比べてより体温を上昇させる効果がチャイにはあるといえます。ただチャイを飲むときには、体温を下げる働きがある砂糖を少し控えめにすることを心がけてください。

冷え性の人でも飲んでもOKなお酒♪

日々の生活をより豊かにしていくために飲み物は役立ちます。その中でもアルコールはリラックスしたり楽しい気分にさせてくれる効果も持っており、人によっては毎日欠かせないものになっていることでしょう。ただ冷え性の方にとっては、アルコールはあまり飲まない方がいいのではないかと思われているものです。

冷え性の方は健康と美容のために体を冷やさないことが大切です。ただアルコールはすべて体を冷やすのではなく、飲んでも問題ないものもあります。ここで冷え性の方でも大丈夫なアルコールについて説明してみたいと思います。

【日本酒】製造過程で発酵されている

日本酒はクセがなく、優しい口当たりな点が魅力的ですが、製造過程で発酵されています。この日本酒には体温を上昇させ、また血流を促進する効果があります。そのため適度に飲めば冷え性の方にとっても有効なアルコールといえます。ただ冷酒で飲むのではなく、熱燗など温めた状態で飲むようにしたいものです。また常温で飲んでもいいでしょう。日本酒はこのようないい効果があるのですが、あまり急いで飲んだりすると肝臓に負担をかけてしまうため、急いで飲んだり多く飲むことはくれぐれも避けるようにしてください。

【赤ワイン】ポリフェノールに血管拡張作用がある


赤ワインの独特の鮮やかな色はポリフェノールが影響しています。ポリフェノールはフィトケミカルであり、抗酸化作用を持っています。美容と健康に役立つ成分ですが、この成分には血管拡張作用があります。そのため、体温を上昇させ、血流を促進するといった効果が期待できます。アルコールが苦手な方にとっては、赤ワインを温めて調理する料理に活用することで、赤ワインのいい効果を得ることができます。

赤ワインは通常一気に飲んだりするタイプのアルコールではないため、肝臓に負担をかける心配がありません。赤ワインを飲む時にはゆっくりと味わうように心掛けましょう。

冷え性の人は避けたほうがよい飲み物とは?

冷え性になると血流が悪くなり、必要な栄養を体の様々な部位にある細胞に届けることが難しくなります。また老廃物の運搬がスムーズに行われなくなり、健康や美容に対して悪い影響を与えてしまうようになります。そのため、冷え性を悪化させるような食生活を送らないことが大切です。冷え性の人にとって避けたほうがいい飲み物があります。ここで冷え性の方が避けるべき飲み物の特長について説明をしたいと思います。

冷たい飲み物

飲み物の中で最も冷え性に悪影響なのが冷たい飲み物です。冷たい飲み物はできるだけ避けるようにし、温かいもの、また常温のものを選んで飲むようにしたいものです。ただ夏の暑い時期には冷たい飲み物をたくさん飲みたいと思うことでしょう。こんな時にはエアコンが効いた空間で体温を適度に下げて飲み物の多飲を避ける、また冷たい飲み物を飲む時には少量に留めるような工夫が必要です。

カフェインの入った飲み物


コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれています。このカフェインは新陳代謝を高め、体温の上昇に役立たせることができます。そのため適度にカフェインを含む飲料を飲むことは冷え性対策にいいものです。しかしあまり多くカフェインを摂取すると体温を下げるようになってしまうため、注意が必要になります。カフェインの効果を実感するためには、カフェインを多く含む飲み物だけではなく、カフェインが含まれていない飲み物も一緒に飲むような工夫が必要です。

体を冷やす材料で作られた飲み物

飲み物の中には体を冷やしてしまうものもあるので注意が必要です。不発酵茶である緑茶や抹茶は体を冷やす効果があります。そのため、冷え性の方はあまり飲みすぎないようにしましょう。飲む時には温かくして飲むことが大切です。また牛乳も体温を下げる効果があるため、牛乳が多く含まれている飲み物は飲みすぎないように気を付けましょう。

白砂糖が多く含まれる清涼飲料水は体を冷やす

飲み物に多く含まれている白砂糖ですが、白砂糖も体を冷やす効果があるので注意が必要です。冷え性の方はできるだけノンシュガーの飲み物を飲むようにしましょう。ただ甘い飲み物が飲みたいときもあることでしょう。そんな時にははちみつなどを代用するといいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。冷え性の方にとっては、体を冷やす飲み物は避けるようにし、反対に代謝を促進したり、血流を促進するような効果に優れた飲み物を選んで飲むようにしたいものです。血流を促進し、体温をアップさせてくれる飲み物はダイエットや美容の点でも効果が期待できる点も魅力的です。