前髪にメッシュを入れて印象的なオシャレを楽しもう♡

自分をよりよく見せるためにヘアスタイルにこだわる女性はたくさんいますが、ヘアスタイルにこだわりを持つ際に特に力を入れたいと言われるのが前髪です。ヘアスタイルの中でも人目に最も触れる場所でもありますし、切り過ぎたりすると見た目の印象が変わってしまします。なので、この前髪に対してこだわることによって印象を左右することができるのです。

そして、前髪を変化させる方法には様々な手法やテクニックがありますが、ひとつの方法として覚えておきたいのが前髪にメッシュを入れるというオシャレです。実際にすでに実践している女性も多いです。メッシュといえば奇抜なカラーを想像してしまう人も多いのですが、今は様々なケースが存在しており、自然な仕上がりも期待できる便利な手法になっています。

セルフでチャレンジ♪メッシュの入れ方


ヘアカラーによって髪色を変化させたいと考える場合、その作業を美容師さんに依頼することが多いです。美容師さんはこの道のプロですし、どのようなカラーでも対応してくれるのでお手軽ですし、作業も確実です。

しかし、前髪の一部のみにメッシュを入れるという作業だけに絞って考えた場合、コストのことなども考えて自分で染めたいと考える人も多いものです。実際、全体を染める際にはプロに依頼するのが常という女性であっても、前髪のみのメッシュとなるとセルフで挑戦している女性は多いものです。そのため、これから前髪をメッシュで変化させる際には、このパターンも覚えておきたいものです。

メッシュにしたい部分にカラー剤を塗る

前髪へのメッシュを自分自身の手で入れていきたい場合、まずは自分がメッシュにしたい部分にカラーを塗ることから始めましょう。髪全体を染める場合には一部分のみにカラー剤を塗るという行為はないのですが、あくまでもここでおこないたいのはヘアカラーではなくメッシュという作業です。

そのため、一部の髪の毛だけに注意深く塗っていきましょう。少量の髪の毛をある程度の束で手にとって、その束にカラー剤を塗っていくのです。当たり前の話ですが塗った部分だけが色が変化していきますので、その仕上がりをある程度想像しながら作業していくようにしましょう。さらに、染めたくない箇所にカラー剤をつけないように気を付けましょう。前髪なので鏡を見れば自分でも気軽に作業できるはずです。

カラー剤が馴染むようにラップで巻く

ヘアカラーはカラー剤を塗ったあと希望のカラーになるまで放置することも大切ですが、その際にはラップを巻いておくことがオススメできます。ラップを巻くことでカラー剤が馴染む、より染まりやすいなどのメリットがあると言われています。

同時にメッシュしたい部分だけにカラー剤の影響が及ぶために綺麗な仕上がりを期待する意味でもありがたいものです。ラップがカラー剤を包み込み、そのほかの場所に付着してしまうことを避けることもできます。そのため、しっかりとメッシュをしたいという思いがある際にもラップというアイテムは重要です。特別なラップではなく、家庭のキッチンなどに置いてある一般的なラップで問題ありません。

一定時間待って洗い流せばメッシュ完成

メッシュにしたい部分にカラー剤を塗ってラップで包んだあと、一定時間放置する工程が必要になります。この際、どのくらいの時間放置するのかによって仕上がりのカラーは大きく左右されます。この点はほかのカラーと同様なのですが、あまり放置時間を長くしてしまうと明るいカラーになってしまいます。

逆に放置時間をしっかり確保しないと明るい印象にならずにメッシュが意味のないものになってしまいます。そのため、自分の理想に合わせて最適な放置をしましょう。そして、そのあとはしっかり洗い流してください。いつも以上に丁寧なシャンプーをおこなっておくことも大切です。

前髪メッシュのハイライトとローライトについて

前髪のイメージを大きく変えるためにメッシュを入れる女性は多く存在します。しかし、メッシュにはハイライトからローライトまで様々なカラーがあり、どのカラーを選ぶのかによって仕上がりは変わります。そのため、メッシュを入れるにあたってはハイライトのメッシュとローライトのメッシュそれぞれの特徴を覚えておきましょう。

ハイライトは奇抜さが出る

前髪へのメッシュを検討する際、どのようなトーンのカラーに染め上げるのかは重要なポイントです。そして、この際にハイライトカラーを選ばれる方もいます。放置時間やそもそもの髪色などによって仕上がりは変わってきますが、やはり基本的にはハイライトカラーでメッシュをしようと考えると少々奇抜な印象になってしまう可能性があります。

一部のみのメッシュなので、できれば他の髪の毛との差を大きくしたいと考える女性もいるのですが、あまりにも差を設けてしまうと違和感がある上、奇抜な人間というイメージを周囲に与えてしまうため、それをよしとするのかどうか自分で考えておきたいものです。

ローライトは自然な印象に

メッシュによって前髪に動きをつけようと考える女性の多くが選ぶカラーがローライトなカラーです。こちらのカラーによるメッシュの場合、違和感のない自然な仕上がりを期待することができます。

ローライトなカラーの場合、本来の髪の毛とのカラーがあまり変わらないと感じてしまう人もいます。しかし、ワントーン明るいカラーになるだけでも印象が大きく変わります。さらに、ナチュラルに仕上がるため、今の髪を最大限生かしつつ理想的な前髪を手に入れることができるといわれています。

前髪メッシュで立体感を出そう

前髪にメッシュが入ることによって得られるメリットはいくつかありますが、そのひとつが立体感のある前髪に仕上げられるということです。カラーの異なる髪の毛がそこに存在することによって立体的な前髪に見えますので、その効果を手に入れることも考えてみましょう。

重ための前髪を軽くみせる内側メッシュ

前髪にメッシュを入れることで得られるメリットは様々なものがありますが、重たい前髪を軽く魅せられる効果もあるといわれています。そして、こうしたメリットを得るために前髪にメッシュを入れるのであれば、内側の髪にメッシュを入れることを考えてみましょう。

自分の髪全体のカラーよりも明るめのカラーなどをメッシュで入れる際に最も表面にくる髪というよりも頭皮側に近い髪の毛にメッシュを入れることで、前髪の軽さを演出できるといわれています。

自然な動きが出るマッシュウルフの前髪メッシュ

ヘアセットによって髪の毛の動きをつける方法もありますが、前髪にメッシュを入れることによって自然な動きのあるような前髪をキープすることもできると言われています。その方法のひとつがマッシュウルフの前髪メッシュです。マッシュウルフに前髪のメッシュをプラスすることで、より動きのある髪になりますので、試してみましょう。

個性を強調する毛先に大胆なカラーメッシュ

立体感を目指して前髪メッシュを検討しつつ、大胆なイメージチェンジも模索しているのであれば、個性的な前髪メッシュにも興味を持ってみましょう。表面に出ている前髪にメッシュを入れると奇抜すぎるものになってしまいますが、インナーと呼ばれる内側にある前髪に明るいメッシュを入れることで、その外側に全体の髪色と同じカラーの前髪がかぶさりますので、程よいレベルの前髪となり、個性的な状態を維持できるのです。

カラーのトーンによって印象が変わる前髪メッシュ

メッシュの入った前髪といっても、どのようなカラーのメッシュを入れるのかによって仕上がりは大きく変わってきます。髪の毛を染めるためのアイテムにはハイトーンからローライトまで様々なものがありますので、自分がほしいイメージに合わせて最適なカラーを選んでください。

ローライトメッシュで自然な印象に

前髪メッシュで最も大切なポイントと言えるのがメッシュのカラーですが、あまりカラーに差を作りたくないという場合にはローライトメッシュに挑戦しましょう。全体の髪色とさほど変わらないカラーをメッシュすることで、自然な印象に仕上がります。見た目はとても自然であるにもかかわらず、立体感のある前髪を作り出すことも可能です。

複数のハイライトメッシュで明るく上品な印象に

ハイライトカラーで前髪メッシュをする際、暗めのカラーとハイライトカラーのみの前髪となると、その差が目立ちます。しかし、前髪メッシュは何色ものカラーを同時に使用するという手法もあるのです。その場合、複数の明るさの髪色が存在することとなり、差が目立ちません。そのため、明るい髪色ながらも上品な印象をキープできる手法として多くの方に注目されています。

ハイライトとローライトのメッシュで動きを

複数のカラーを前髪にメッシュで持ってくることで、より動きのある前髪を作り上げることが可能と言われています。そのひとつにはハイライトとローライトのメッシュを両立させる方法もあります。これによって髪の毛が自然な状態であっても動きのある状態となります。さらに、細かくメッシュを複数個所に入れていくことで、それぞれのカラーが馴染みます。

まとめ

ヘアスタイルは人の人の印象を左右する可能性がある重要な存在です。だからこそ、ヘアスタイルにはしっかりこだわり、自分をより魅力的な人間として打ち出していきたいものです。その中でも特に前髪は重要ですし、前髪メッシュによってそれを実現している女性がたくさんいますので、その事実も含めて覚えておきたいものです。

ほかにも前髪をいじって印象をよくする方法は様々なパターンがあるのですが、その中でもメッシュという方法ならばナチュラルで印象的な前髪に仕上がるケースや個性的な前髪に仕上げられるケースが多いと言われていますので、ぜひ試してください。