40代におすすめの髪型は5歳若みせヘアスタイル

いくつになっても女性は美しくみられたいと思っていますよね。特に年齢を重ねるごとに気を配っていきたいのがお肌の手入れと合わせて髪の毛の手入れがあります。

年齢を感じさせるもっとも重要な部分が髪の毛とお肌なんです。実際にお肌と髪の毛がきれいに手入れされていると見た目年齢がかなり変わってくるものなんです!そこで、40代女性の見た目年齢を低くするための髪型についてご紹介します。

40代にありがちな髪型のお悩み


今まで全く気にしてこなかったのに、40代の声が聞こえてきた頃から、何となく髪の毛のトラブルを感じるようになってきたという話も良く耳にしますよね。実際に、女性ホルモンの変化など体調面ももちろんお肌や髪の毛に関しても40代になると一気にトラブルを抱えやすくなってきます。きれいの曲がり角ともいえる40代を上手に乗り越える事で美しさを保てるかどうかの分かれ道となるのです。

髪の毛のお手入れも意識しつつ、まずは髪型で見た目年齢マイナス5才若くする事ができるんです。

面長の場合年齢より上に見られやすい

見た目年齢を若くするためにも重要なのは顔型にあった髪型にする事です。特に面長の場合見た目年齢よりも上に見られがちなため、面長を上手にカバーする髪型を意識するようにしましょう。面長の場合、顔周りを覆うような髪型にするとふっくらとした印象を与える事ができます。どうしても縦長の印象を与えてしまう面長さんは、顔の縦の面積を少なく見せるような工夫が必要です。特に40代を超えてくると頬のたるみやしわなどが気になるという人もいます。顔周りにボリュームを出す事で、面長の縦長のイメージを緩和して、年齢によるトラブルもカバーする事ができるのでおすすめです。

丸顔だと太って見られやすい

ふっくらして愛らしい印象を与える事ができる丸顔さんは、実際の体重よりも太って見られるのが悩みという人も多いのではないでしょうか。20代や30代の頃は見た目が若く見られて逆に嫌な思いをした人もいるほど童顔の人が多いのも特徴です、しかし40代になったからと言って今まで通り若く見られるかどうかというとそれは大きな間違いで、剃れなりに努力を加えて行く事はどんな顔型の人にも共通している事と言えます。

特に40代になってくると体重の増加などで今まで以上に気を使っている人も多い事を考えると、丸顔をカバーする髪型も重要となります。

丸顔を上手にカバーするためには、トップにある程度ボリュームを出すなど、顔まわりに視線がいかないように工夫する事が大切です。髪の毛が長い場合はレイヤーを入れてみるなど、顔周りをすっきり見せる事で丸顔を強調しなくてすむため、若々しい雰囲気に近づける事ができます。

コシが無くなり髪の量が少なく見える


自分の顔型に合ったヘアスタイルを意識する事も大切ですが、40代になると髪の毛のコシが無くなる事で悩んでいる方も多くなります。髪の毛事態が細くなってしまい量が減っているわけではないのに少なくなったと感じたり、抜け毛が増えたように感じるのも40代の髪の毛のトラブルの一つです。この場合、髪の毛の量が減っている訳ではないのに、コシが無くなる事で髪の量が減っているイメージになってしまうため一気に老けて見られてしまいます。

髪の毛のコシが無くなってきたと感じたら、シャンプーなどヘアケア剤を変えてみるなどの工夫も必要です。特に髪の毛や肌は年齢が出やすい部分でもあります。30代までは大丈夫でも40代になった瞬間に肌や髪の毛のトラブルで悩まされる人も多く、それがきっかけでスキンケアやシャンプーなどのヘアケアを見直す人も多くなっています。今まで大丈夫だったから同じでいいではなく、なんとなくトラブルを感じ始めたら早めに対処していく事が大切です。

お手入れがしやすいセミロング

髪の毛のコシが無くなってきてボリューム不足を感じるなど、40代の女性にとって髪の毛のトラブルはつきものといえます。その場合重要となるのが、髪型です。コシがなくなりボリュームが減ってきているのに、ペタンとしたストレートヘアのままにしていたり、パサついたように見えるカラーリングをしていると見た目年齢が一気に上昇する危険性があります。それを防ぐためにも髪型には十分に気を使う事が大切です。

40代の忙しい女性でもお手入れが簡単で見た目にも若く見られやすい髪型がセミロングです。ロングにするとお手入れが大変ですが、セミロングの場合は女性らしさをのこしつつ見た目年齢も若くする事ができる髪型も多いので自分の髪の毛の質や悩みを知って相談する事が必要です。

また、セミロングと一言で言っても、たくさんの髪型があるので自分の顔型等を考慮して髪型を選択するようにしましょう。

ミセスに人気のウルフヘア

ウルフカットは、髪の毛の上部はマッシュルームカットのように重めに残して、毛先はレイヤーを入れる髪型の事を言います。特に髪の毛のコシが無くなってくる40代の女性にとって、ボリュームを出すのに最適な髪型のひとつ。ショートヘアなど短めの場合はトップを短くする事でボリュームを出す事ができます。

特にミセスに人気の髪型ですが、トップにボリュームを出す事ができるだけでなく、髪型も整えやすいので、朝の忙しい時間や自分に時間をあまりかけられない育児中のママにも人気の髪型です。
自分の顔型に合わせて、長さを調節する事でどんな顔型の人にも似合う髪型でもあるので、上手にセットがしやすいという点も含めておしゃれに見せる事ができます。

ボリュームを抑えたセミロング

髪の毛のトラブルを抱えていてもある程度の長さが欲しいと思っている人も多いですよね。その場合は、ボリュームを押さえたセミロングがおすすめです。髪の毛にコシがないのに、なぜボリュームを抑えるの?と不思議に思う人も多いと思いますが、ボリュームといっても、単純にまっすぐにカットした状態のままだと重たくなってしまい、逆にコシの無い髪の毛や傷んだ髪の毛が目立ってしまうというデメリットがあります。セミロングにする場合は、レイヤーを入れてボリュームを抑えるなど、髪の毛の重みを感じさせないように軽やかな雰囲気を出す事が大切です。

特に、コシの無い髪の毛ほど長くなるほどぺたっとした雰囲気になってしまいます。そうなると、一気に老けて見られてしまうため、髪の毛を伸ばす場合は軽やかに見せる事を意識して髪型の相談をするようにしましょう。

甘くなりすぎない大人のショート

40代女性におすすめの髪型がショートヘアです。特に、髪の毛のコシがなくなった、痛みが気になるという人も扱いやすく、スタイルを整えやすいというメリットがあるため人気となっています。

40代の髪型で特に意識したいのがかわいらしくなりすぎないようにする事。年齢に関係ななく今まで通りの髪型にしていると、逆に老けて見られたり若作りしすぎているおばさんと陰口をたたかれたりする事も。大切なのは年相応で、さらにそれ以上に若く洗練された女性らしさを見せる事です。老けて見られないようにするためにも、40代の素敵な女性を目指して甘くなりすぎないショートヘアにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

可愛くなりすぎないショートヘア

40代の大人の女性にとって可愛くなりすぎない事が髪型を決めるうえでも大切な要素となります。ショートヘア手入れもしやすくスタイルも決めやすいので人気の髪型ですが、ショートヘアを甘辛ミックスにする事で、ボーイッシュになりすぎず、大人の女性の色気を出す事ができます。

甘くなりすぎないショートヘアのポイントは、前髪を長めに伸ばしたり、トップを長めにする事で、ボーイッシュな雰囲気を防ぐ事ができます。女性らしさをのこしつつ、シルエットを少しひし形にしてみたり、マッシュベースで前下がりにカットするなど少し工夫をする事で大人の女性の洗練されたショートヘアになります。

ボブも表情を出して大人可愛く

単純にまっすぐにカットしてしまうと重くなりこどもっぽくなってしまいがちなボブも、少しだけ動きを出してあげるだけで大人可愛いボブに変身します。重要なのは少し軽さや動きを出す事、そしてセットが簡単という点です。

特に40代の女性にとっての髪の毛の最大の悩みであるコシや白髪などを上手にカバーする事ができるのもうれしい点です。トップにボリュームを出すスタイリングをする事で髪の毛のボリュームもカバーしつつ、全体的に軽くしすぎるとアレンジやセットが難しくなる事を考えると、ショートカット同様に少し重さを残してところどころに軽さを出す事が重要なポイントとなっています。

ツンツン跳ねが小顔効果

トップに重さを残しながら毛先を遊ばせると女らしくさらに小顔効果も期待できるスタイルになります。特に、丸顔の方で長くても丸顔を強調されないヘアスタイルを目指している人にもおすすめです。トップにボリュームを残していても顔周りはすっきりとして印象に仕上がるスタイルにすると、丸顔をカバーしながら女らしさを残したこなれた感じのスタイルが出来上がります。

面長におすすめのボブスタイル

髪型を選ぶ時に特に重要なのは顔型を意識して髪型を選ぶ事です。丸顔の場合は丸さを強調しない髪型にする事、面長の場合は顔周りにボリュームを出すようにすると、面長をカバーする事ができ、40代からのヘアスタイルに最適な髪型を選ぶ事ができます。

縦長の印象は前髪を厚めにするのがポイント

面長の人が一番気にしているのが、どうしても縦に顔が長い印象を与えててしまう事に、特に年齢を重ねてくると頬の肉が落ちてきて顔が長く見られてしまうとそれだけで老けたような印象を与える事になってしまいます。そうならないためにも、少しの工夫を加える事が大切です。

特に面長の場合は、前髪を厚めにカットすると縦のラインを隠す事ができるのでおすすめです。上手に顔の面積を少なくする事ですっきりとした印象に仕上げる事ができます。

オン眉より目にかかる長さで面長をカバー

前髪を厚く降ろすと言われると眉毛が見えるほど短くする、オンザ眉毛のイメージがありますが、眉毛をみせるよりも眉毛ぎりぎりにカットするほうが面長の顔の長さをカバーする事ができます。正面から見える面積を少なくする事が目的でもありますが、眉毛ぎりぎりでカットする事で目力をアップさせる事もできます。そうすると自然に目に視線が行きやすくなり子顔効果をアップさせる事ができます。

耳の横にボリュームを出すと縦長を緩和

面長の人の特徴はどうしても正面から見た時に縦の面積が長くなってしまうため、見た目よりも顔が大きく見られてしまう事があります。その印象を緩和するためには、顔の横にボリュームを出すと、ふっくらとして印象に仕上がり、見た目も若く見えるようになります。

面長の人は40代前から見た目年齢が上に見られる人が多く、印象としては大人っぽく見られてきた人も多いのではないでしょうか。特に、40代になると大人っぽく見られるイコール老けて見えるという事につながってしまうので、頬がたるんできたり小じわが気になりだす時だからこそ、顔周りがふっくらと見えるように髪型を工夫する事が大切です。

丸顔におすすめのボブスタイル

丸顔さんは若い頃から実年齢よりも若く見られている人も多いため、40代になってもあまり気にしていないという人も多いと思います。

しかし、それは間違い。実年齢よりも確かに若く見られますが、年齢とともに小じわや頬のたるみは出てきているのです。また、丸顔さんの場合はどうしても顔にボリュームがあるように見えてしまうため、太って見られてしまうというマイナスポイントも…。

上手に丸顔をカバーする事で実年齢よりも若く見せる事ができるので丸顔さんでも髪型で顔型をカバーする事は必須です。

縦長に見えるようにおでこは出す

丸顔さんは頬もぽっちゃりして見えてしまうので、実際の体重よりも太って見えてしまうのがネックと言えます。それをカバーするためにも、顔の丸さをカバーする事が重要です。特に縦を強調する事が必要なため、丸顔さんは顔を縦長に見せるためにもおでこを見せると効果的です。

しかし、単純に全部のおでこを出してフェイスラインも出してしまうと、効果はありません。上手にフェイスラインも隠しながらおでこを出す事が大切です。

顔の輪郭をカバーするためにフェイスラインを隠す

丸顔さんにとって、顔の輪郭をカバーするための髪型対策は必須といえます。特におでこを出してフェイスラインも隠す髪型をするなら、ワンレングスのボブなどもおすすめです。適度におでこをだし、顔周りを髪の毛で覆うようにする事で横の輪郭を隠しつつ縦のラインを強調する事ができます。

しかし邪魔だからといって髪の毛を耳にかけてしまうと逆効果。特に仕事中や家事をしている時に髪の毛が邪魔になってしまうようなら、髪の毛を留める時はトップにボリュームを持たせるようにしたり、耳にかける時も前髪は残しておくなど、簡単に処理するのではなく計算したまとめ髪を心がける事が大切です。

シルエットはひし形がポイント

丸顔さんにとって最重要と言えるのが、丸さを強調しない事です。髪の毛を束ねる時もそうですが、髪の毛をひっつめて顔全体を見せてしまうと丸さを強調した髪型になってしまいます。束ねるときも、後れ毛などで上手に顔型をカバーするように心掛けると、垢抜けた印象に仕上げる事ができます。

また、カットするときも重要です。髪型のシルエットがひし形になるようの工夫すると、上手にボリュームをだしつつ顔型カバーにもつながります。

若作りだと言われないマイナス5歳の髪型


もうすぐ40代だからとにかく若く見せたいと思って髪型をチョイスしても年相応になっていないと、実年齢と髪型がマッチしておらず逆効果となってしまいます。

「あの人若作りしているな」と思われないためにも、上手に大人可愛い髪型を目指すようにしましょう。

後ろ下がりのアンダーに前下りのウェイトでひし形に

ベースの髪型は長めでもスタイル次第で上手に髪の毛に動きをプラスする事ができます。特に後ろ下がりにカットしていてもレイヤーを上手に活用したり、ウルフカットなどにする事で、トップを重めに残しながら前下がりに持ってくる事もできます。

大切なのはショートでもロングでも髪型にくびれをつくる事。そこを意識すると動きのある女性らしい髪型になり、尚且つ面長や丸顔を上手にカバーできる髪型に仕上がります。髪型にくびれをつくるイコールひし形のシルエットに持って行く事ができるというわけです。

前上がりのレイヤーボブでふんわり

若い頃からの感覚で考えているとボリュームを押さえた髪型にしがちですが、実はそこが実年齢よりも老けて見られてしまう理由のひとつに。ボリュームを押さえた髪型にしてしまうと一気に老け顔になってしまいます。特に40代からの髪型は、ボリュームを意識した髪型を選んで行く事が大切です。

特に、髪の毛が多くで悩んでいる人意外は、適度にボリュームを持たせた髪型を意識する事で一気にマイナス5才は若く見せる事ができます。

ボブにする場合も、単純にまっすぐに切りそろえてしまうと一気におばさんの仲間入り。すっきりとしたシンプルな髪型もステキですが、その場合は特に意識してメイクや髪の手入れをしていない限り若く見せるにはハードルの高い髪型でもあるのです。

あまり自分に時間をかける事ができない場合は、思い切ってレイヤーボブなどでふんわり感を出す事も大切です。髪の毛を束ねなくてもスタイルを作りやすい髪型なら朝の忙しい時間も簡単にクリアする事ができます。自分の髪質や顔型を考慮して髪型を決めるようにしましょう。

ナチュラルセミディのルーズボブ

ナチュラルな雰囲気に仕上げたいという人にはボブがおすすめです。特にルーズな感じに仕上げる事で、自然な大人の女性の色気を出す事もできます。しかし、ルーズな印象にするための髪型で注意したいのが、ばさばさとだらしない印象にしないようにする事。ナチュラルと何もしないは全く違います。40代を過ぎてナチュラルな雰囲気に仕上げたい場合は、すっぴんではなくしっかりとナチュラルメイクをする事はもちろん、髪型もルーズにみせつつもしっかりとセットするという事を心がけておくことが大切です。

40代若く見せるひとつ結びの髪型の方法


40代の女性がより若く見せるためには髪型が重要とわかっていても、何かと忙しい日々を送る女性たちにとって、朝の時間は戦争そのもの。

その時間を乗り切り、さらに日常で邪魔にならない髪型を探すとどうしても髪を束ねるという方法は必須となります。40代女性にとって避けては通れないまとめ髪問題、どのようにアレンジするとより素敵になれるのでしょうか。

前髪と顔の周りの毛を落とす

忙しいときほど髪の毛がバサバサと揺れてしまうと邪魔で仕方がないものです。そうなると、どうしても髪の毛をまとめたくなります。その時単純に髪の毛をざっと束ねてしまうのか、それともこなれたテクニックを加えるかでは大きな差が生まれます。

こなれたテクニックといっても簡単なアレンジで一気に垢抜けた雰囲気に仕上げる事ができます。まずは前髪と顔周りの髪の毛。気持ち的には一気になでつけてまとめてしまいたいところですが、そこをグッと我慢して、前髪と顔周りの髪の毛だけ残してみましょう。そうするとひっつめ感がなくなり、少しこなれた感じに仕上がります。肝心の邪魔さ加減も緩和されるのでおすすめです。

残った毛を後ろで結ぶ

前髪と顔周りの髪の毛を残して結ぶだけでもこなれ感はでますが、後ろに束ねる時もテクニックが必要です。

前髪と顔周りの髪の毛を適度に残して後ろに持って行くときに高かさなどを意識して結ぶ事が大切です。また、きっちりとタイトになりすぎないようにラフさ加減を残すようにしましょう。

後ろの毛はまっすぐ方向にまとめる

この時注意したいのが後ろの髪の毛です。上に持ち上げるというよりもまっすぐな方向にしぜんな感じでまとめる事がよりこなれ感が出て素敵にまとめる事ができます。横から持ってきた髪の毛は横に流すようにして髪の毛wの流れを意識してまとめるようにしましょう。

手ぐしでざっくりまとめる


大人のまとめ髪で最重要ポイントといえるのがこれです。あくまでも大ぐしでざっくりとまとめるという点。コームやブラシでまとめてしまうと単純にひっつめている状態になってしまうため、一気に老け顔になってしまいます。手ぐしでざっくりとラフに仕上げる事で一気に今風になり、きちっとした中にも大人の女性の色気を残しておける自然な髪型に仕上げる事ができます。

前髪を調節しこなれ感をだす

まとめ髪を大人かっこよく決めるには後れ毛が重要です。前髪全体をまとめてしまう事もできますが、顔型をカバーしたい場合は前髪や顔まわりの髪の毛を残す事は必須項目となります。しかし、ここで前髪を多めに残してしまうとどうしても重たさが残ってしまうため、まとめ髪の最大の目的である髪の毛をすっきりさせるという事につながらなくなってしまいます。

自分もすっきりとして、周りの人にもナチュラルな雰囲気に見せたい場合は、前髪を適度に調節してまとめる事が大切です。特に顔型によって残しておいたほうがいい量などが変わってくるので鏡を見ながら、自分の顔型にはどれくらいの量が適切なのかを自分なりに研究してみる事が大切です。

まとめ

40代になると、一気に肌の悩みや髪の毛の悩みなどが増えて、おしゃれや美容に関する関心が大きくなる時期でもあります。自分でも悩みのタネとして色々と意識している人もいますが、実際に周りの同年代の人なども自分と他人を比べ始めるのも事実。なぜあの人はいつも輝いているのか、そんな悩みがでてくるのもこの年代です。

いつもキラキラ輝いた自分でいるためにも、上手におしゃれを楽しんで若々しく過ごしていきましょう。