子供っぽい男性の特徴・心理・付き合い方のコツ

気になる男性がいるものの何だか子供っぽい、と感じたことってありませんか?子供っぽい男性とお付き合いして大丈夫なのか、うまくやっていけるのかと心配になっている方もいるかもしれません。ここでは子供ぽい男性の特徴や付き合い方のコツなどについてお伝えしたいと思います。ぜひ今後の参考にしてください。

子供っぽい男性の特徴


まずは子どもっぽい男性の特徴について見ていきましょう。多少の個人差はあると思いますが、だいたいここで挙げたような特徴があると思います。

感情の起伏が激しく気持ちをストレートに言う

感情の起伏が激しいのは子供っぽい男性の特徴です。子供は感情の起伏が激しいものですし、すぐに喜怒哀楽が表に出ますよね。大人になると時と場所をわきまえて感情をそのまま出すようなことはなくなりますが、子供のうちはどうしても感情をストレートに表現してしまいます。子供っぽい男性はまさに子供がそのまま大人になったようなものですから、感情の起伏がとても激しいのです。気持ちもストレートに伝えてしまいますし、それが原因でトラブルになってしまうことも少なくありません。

お腹が空くと機嫌が悪くなる

お腹が空くと機嫌が悪くなるのは子供っぽい男性の大きな特徴です。これも子供をイメージするとよく分かると思いますが、子供はお腹が空くとやたらと機嫌が悪くなります。赤ちゃんだとお腹が空くと泣き始めますし、もう少し大きくなるとお腹が空いたと怒り出すこともありますよね。子供ぽい男性もそれと同じで、空腹になってしまうと途端に機嫌が悪くなってしまうことがあります。

遊んでいるときのテンションがすごく高い


子供っぽい男性は遊んでいるときのテンションがやたらと高いです。心から楽しいと思ってのめり込んでいますし、感情もストレートに表に出しています。遊んでいるときにテンションが高くなってしまうのは子供も大人も一緒ですが、子供のテンションはかなり高いですよね。子供っぽい男性も普通の大人とは思えないほどのテンションで遊んでいることが多いです。

寝起きが悪く出かけるギリギリまで寝ている

子供っぽい男性の特徴として寝起きが悪いことが挙げられます。出かけるギリギリまで寝てしまうということもありますし、無理に起こそうとすると怒り始めることもあります。これも子供っぽい男性にありがちな特徴ですね。自分で起きてくるのを待つか、怒り始めるのを覚悟して起こさなくてはいけません。

怒られるとすぐにすねる

子供は怒られて拗ねることもありますが、子供っぽい男性も同様に怒られるとすぐに拗ねてしまいます。こちらから話しかけても無視したり、むすっとした顔をしてしまうこともあります。これも子供っぽい男性によくみられる特徴ではないでしょうか。

子供っぽい男性の心理状態


子供っぽい男性の心理状態とはいったいどのような感じなのでしょうか。それを理解することができれば子供っぽい男性とも素敵な関係を築けるかもしれませんね。

素直なため自分の感情を抑えることができない

子供っぽい男性は良くも悪くも素直です。とてもピュアな心の持ち主ですし、素直だからこそ自分の感情を抑えることができません。感情のコントロールが上手でなく、思ったことをそのまま口に出したり、すぐ行動で示そうとすることもあります。

自分の欲求を通したい

自分の欲求に対しても素直ですし、それを押し通そうとします。食べたいときは食べたい、寝たい時は寝たいといった具合ですね。自分の欲求を通せないときには不機嫌になってしまいますし、あからさまに機嫌が悪くなってしまうこともあります。

冒険心が強くドキドキ、ワクワクしたいと思っている

いつもドキドキワクワクしたいと思っているのが子供っぽい男性の心理状態です。常にそのような状況を待ち望んでいますし、冒険心が強いため非日常を好む一面もあります。

好きなことであれば難しいことでもチャレンジする精神を持っている

たとえそれが難しいことであっても楽しいこと、好きなことならチャレンジするような気持ちを持っています。失敗したら、間違ったらといった気持ちはあまりありませんし、とりあえずやってみようと思えるのは子供っぽい男性の強みなのかもしれませんね。

子供っぽい男性と上手く付き合う方法

子供っぽい男性とお付き合いしている方もおられるでしょうが、今現在気になっている男性が子供っぽい性格だ、という方もおられるでしょう。そこで、ここでは今後子供っぽい男性とお付き合いしようとしている方のために上手に付き合う方法をアドバイスしたいと思います。

できる限り相手のわがままを受け止めるようにする

基本的に子供っぽい男性はワガママです。自分の欲求は押し通したいと考えていますし、自分の思い通りにならないと途端に不機嫌にもなってしまうでしょう。正直一緒にいて疲れてしまうこともあるでしょうが、できるだけ相手のワガママは受け止めてあげるようにしましょう。もちろん、毎回すべてのワガママを受け止めてあげるのはしんどいですから、代わりに何か条件を設けるなどそのあたりは上手くやる必要があります。わがままを真正面から否定したり、叱ったりしてしまうと十中八九不機嫌になるでしょうから、できる限り受け止めてあげるようにしてください。

素直で単純な性格を活かすようたくさん褒めて伸ばしてあげる

褒めて伸ばしてあげるのが基本です。こう書いてしまうとまるで子育てのような感じだと思えてしまいますが、子供っぽい男性とのお付き合いは正直子育てみたいなものです。見た目は大人でも中身は子供なわけですから、子育てしているような気持ちになってしまう女性もおられるでしょう。子供っぽい男性は素直な性格で単純ですから、それを活かすようにたくさん褒めて伸ばしてあげることです。この基本的な性質を理解していれば扱いも上手になるのではないでしょうか。9褒めて1叱る、くらいの割合でちょうどいいのかもしれません。

女性側も感情豊かになり「好き」という言葉を伝える


子供っぽい男性は感情豊かですし、大人とは思えないような感情表現をしてくることもあります。それに対して女性がいかにもオトナな対応をしてしまうと男性としては面白くありません。そのため、女性も感情豊かに好きという気持ちを言葉にして伝えてあげるようにしましょう。それだけでも男性としては嬉しいものですし、気持ちが通じ合ったと思えるものです。思ったことはきちんと言葉にして伝えてあげましょう。

無茶なところを認めて趣味を一緒に楽しんでみる

無茶なところも認めてあげることです。大人から見ると無茶なことでも子供からするとそう思えないこともたくさんあります。子供っぽい男性は性質が子供なのですからそれに合わせてあげましょう。無茶なところを認め、趣味も一緒に楽しんでみるとなお良いでしょう。あまり興味のない趣味だとしても一緒に楽しんであげることで男性もきっと喜ぶはずです。また、実際にやってみたらかなり楽しいということも考えられますし、自分の趣味が増える可能性もありますからなるべく積極的に男性の趣味にも興味を持ってほしいですね。

まとめ

子供っぽい男性の特徴や心理状態、上手に付き合う方法などについてお伝えしました。子供っぽい男性とのお付き合いは正直疲れてしまうこともあると思います。お伝えしたように子育てしているような気持ちで接したほうが結果的にうまくいくこともあるでしょう。疲れることはありますが中身は割とシンプルですし、うまく転がすこともできますからぜひここでお伝えした内容を参考にうまくお付き合いしてくださいね。