婚約期間中はどう過ごす?婚約期間の過ごし方と理想の期間の長さ

愛する人と結婚の約束、取り決めをするのが婚約です。かつては婚約をしてから結婚という流れが一般的でしたが、最近では婚約せずに結婚してしまうというカップルも増えていますね。また、婚約するにしても婚約期間の平均的な期間やその間の過ごし方などが今一つよく分からないという方もいると思います。そこで、ここでは婚約期間中の過ごし方や気を付けるべきポイントなどについてお話したいと思います。

婚約期間は平均でどれくらいが多いの?


婚約期間が平均でどれくらいなのか、というのは気になるところでしょう。婚約してから結婚という流れにしたい方だと婚約期間がどれくらいの長さなのかは気になると思いますし、それによって後々のプランも立てなくてはなりません。ただ、婚約期間はカップルによってまちまちですし、地域やその時々の状況などによっても変わってきます。

プロポーズされてから半年間くらいが平均

平均ではプロポーズされてから半年くらいだと言われています。多くのカップルがこれくらいの期間で次のステップに進んでいますから、とりあえずはこれくらいの期間を目安にしておけば問題ないでしょう。

1年くらいじっくり時間をかけるカップルもいる

1年くらい婚約期間を設けるカップルもいます。じっくりと時間をかけるカップルは実際いますが、これは結婚というものをより重いもの、大切なものと考えているからでしょう。結婚すれば生涯一緒に暮らすことになるわけですし、失敗は許されません。そのため、これくらい長めの婚約期間を設け、本当に結婚して一緒にやっていけるかどうかを判断する期間としているのです。このようなケースがあることも覚えておきましょう。

婚約期間中の過ごし方の重要なポイント


婚約期間中にどのように過ごせばいいのか、ということを気にしている方は多いでしょう。誰もが初めての婚約となるでしょうし、経験したことがないため分かりませんよね。ここでは婚約期間中の過ごし方における重要なポイントをお伝えしたいと思います。

周りの人に婚約している事を伝える

婚約したらそれを周りの人に伝えなくてはなりません。いきなり結婚しました、と伝えるのではなく、既に婚約している事実があるのならその期間中に周りの人に伝えなくてはなりません。婚約したことを伝えるのは口頭でも問題ありませんが、手紙や最近だとメールで報告するケースもあります。

お互いの両親への挨拶

お互いの両親へ挨拶もしなくてはなりません。婚約から結婚を考えているケースだとすでにお互いの両親とも顔見知りになっていると思いますが、婚約したら正式にその報告を兼ねて挨拶をする必要があります。婚約の挨拶に行くときには手土産なども必要になりますから、事前にリサーチしてください。

結納の有無を決める


結納をするかどうかも決めなくてはなりません。かつては結納をするのが当たり前でしたが、最近では結納をせずに結婚というケースも増えています。婚姻届を書いて役所に提出して終わり、というケースもありますし、今の時代そこまで重視されてはいません。旧家や名家だと結納もきちんと行うのでしょうが、別に無理して行う必要もないでしょう。そのあたりは両家のご両親も交えて話し合ってください。

結納をするなら正式結納か略式結納かを選ぶ

結納をするのなら正式結納か略式結納かを決めます。結納には二つの方法があり、それが先ほど挙げた正式と略式です。簡単なのは略式ですが、いずれにせよ手間と時間はそれなりにかかります。

婚約指輪の選定、購入

婚約指輪を2人で選んで購入します。婚約指輪は婚約していることを示す指輪で、あくまで婚約期間中だけ身につけます。

入籍のタイミングを話し合う

入籍をいつするかも話し合っておく必要があります。行き当たりばったりにならないようじっくりと検討してください。

結婚式場を探す


挙式するのなら式場探しもしなくてはなりません。ブライダル専門のポータルサイトなどもありますから、ネットも駆使しながら探してください。

新婚旅行先を探す

ハネムーンに行くのなら旅行先を探します。ハネムーンに人気の行き先もたくさんありますが、まずは海外か国内かで選び、次にどこに行くかを具体的に詰めていきましょう。

より良い新婚生活になるように相手を思いやる

新婚生活をより良いものにするためには相手のことを思いやってあげる必要があります。婚約期間中もきちんと相手の方を思いやってあげてください。

同性の友達との旅行

結婚してしまうと自由に友だちと旅行に行くということもできなくなるでしょうから、婚約期間中に同性の友だちと旅行に行くという方もいます。間違っても異性の友だちとはいかないでくださいね。

貯金をする

新婚生活に備えて貯金もしましょう。新婚生活を始めるとなるとそれなりにまとまったお金も必要になります。今から貯めておくのはおススメです。

同棲を開始する


同棲を開始するカップルもいます。同棲は新婚生活のシミュレーションでもあります。同棲期間中に「これは結婚してもうまくいかない」と思ったら婚約破棄ということもあり得ます。

婚約期間の長さの違いによるメリット

ここでは婚約期間の長さによるそれぞれのメリットについて見ていきましょう。

婚約期間が短いと勢いがあるまま新婚生活を送る事ができる

短い婚約期間だと勢いで新婚生活をスタートできます。とても新鮮な気持ちで新婚生活を始めることができますし、これは大きなメリットと言えるでしょう。短い婚約期間だとだいたい3ヶ月くらいが目安でしょうか。もっと短いケースもありますが、だいたいこれくらいの期間になることが多いです。

婚約期間が短いと浮気のリスクを減らす事ができる

浮気のリスクを減らすことができます。男性は浮気をしてしまうものですし、婚約してしまうと安心しきってほかの女性と浮気をしてしまうこともあります。結婚したら不倫になってしまいますから、独身である今のうちに浮気をしておこうと考える不埒な男性がいるのも事実です。婚約期間が短いとこうした浮気のリスクを減らすことができます。

婚約期間が長いと結婚が決まってからも独身生活を楽しめる

婚約期間が長いケースのメリットとして、結婚が決まってからもしばらくは独身生活を楽しむことができます。その間にやっておきたかったこともやれますし、最後の独身生活を満喫できるというメリットがあります。長い婚約期間だとだいたい1年くらいが目安でしょうか。約1年ものあいだ独身生活を延長できるのはメリットですよね。

婚約期間が長いと結婚の準備をしっかりとできる

結婚の準備がしっかりできるというのもメリットでしょう。婚約期間が短いとなるとどうしても結婚の準備に追われてしまいますし、バタバタしてしまうこともあります。行き当たりばったりな部分も出てきてしまうでしょうし、大切なことが抜けてしまうということも考えられます。婚約期間が長い場合だとそのようなことはありませんし、しっかりと準備を整えてから結婚できます。じっくりと考えることもできますから、落ち着いて結婚後のことを考えたい場合だと婚約期間を長く設定することがあります。

まとめ

婚約期間の長さや過ごし方などについてお話しましたが、いかがだったでしょうか。誰もが初めての経験となりますし、どのように過ごしたらいいのかということを知っている方は意外に少ないです。とりあえずここでご紹介した内容を覚えておけば婚約期間をどれくらいの長さにするかも判断しやすいと思います。長くする場合と短くするケースにおけるメリットについてもご説明していますし、選びやすいのではないでしょうか。付き合う期間が長かった場合だと婚約期間をかなり短くするようなケースが多いですから、付き合って浅いカップルだと逆に婚約期間を長くしてしまうのもイイかもしれませんね。自分たちだけで決めずに両家のご両親と相談してみるのもイイと思います。頑張ってくださいね。