美人の定義とは?男性と女性が持つの美人の定義の違い

キレイな女性を指す言葉が美人です。読んで字のごとく美しい人のことを示しているわけですし、女性にとっては嬉しい褒め言葉ですよね。美人と言われて嫌な気持ちになる方はまずいないでしょうし、男女関係なく美人と言われたら嬉しい気持ちになってしまいます。普段から美人という言葉を使うシーンは多々ありますが、そもそも美人の定義とは何なのでしょうか。ここでは美人の定義や男性と女性での美人の定義の違いなどについてお話したいと思います。

美人の定義とは?


当たり前のように美人という言葉を使っていると思いますが、美人の定義とは何なのでしょう。正直、これは明確な定義があるわけではありませんし、人によって女性の顔の好みなどもあるでしょうから一概には言えません。とりあえずここでは一般的に言われる美人の顔立ちを定義づけしてみたのでぜひ目を通してください。

整った顔立ち

顔立ちが整っているのは紛れもなく美人でしょう。全体的なバランスが整い、それぞれのパーツも主張しすぎないような顔立ちです。顎もシャープで目はパッチリ、鼻筋がすっきりと通っているような女性を美人と呼ぶことが多いですね。

均整のとれたスタイル

均整のとれたスタイルの持ち主を美人の定義とすることもあります。顔がいくら整っていてもだらしない身体だと完全な美人とは言えません。美しい顔立ちに相応しいバランスのとれたスタイルの持ち主が美人と呼ばれます。

自分にあったファッション

美人な人は自分に合ったファッションを理解しています。自分のスタイルや顔立ちなどにマッチするファッションを理解していますから、その範疇でオシャレを楽しんでいます。また、あまり個性的なファッションを採用することは少ないですし、悪目立ちしないような恰好を選ぶことが多いです。

目が綺麗

目が綺麗なのも美人と言えます。切れ長で男を惑わすような目ですね。瞳が大きいながらも白目とのバランスも良いといった具合です。

姿勢が良い


美人は姿勢もイイものです。猫背になるようなことはありませんし、いつもピシッとしています。姿勢が美しい人はそれだけで美人に見えてしまいますよね。

美しいヘアスタイル

美人と言われる人はヘアスタイルも美しいです。自分に合ったヘアスタイルを採用していますし、奇抜な髪型にすることもありません。

肌が綺麗でメイクが薄い

肌がきめ細かくてとても綺麗です。そのため、基本的にはナチュラルメイクで十分美しさを際立てることができます。

ハリのある美肌

誰もが羨むような美肌の持ち主というのも美人の定義ではないでしょうか。透き通るような白い肌、ハリと弾力のある肌は美人と評価するに相応しいです。

美人の定義の違い-女性の場合-


美人の定義は男性と女性で大きく異なります。女友達から「Aさんはとても美人で~」といった話を聞いていたのに、実際に会った男性からはまったく美人じゃなかったという声が聴かれることもあります。これはすなわち男性と女性で美人の定義が異なるからです。こうしたことは実際によくあります。ここでは男性と女性とでの美人の定義の違い、まずは女性からお伝えします。

女性は内面も含めて美人だと思う

女性の場合だと顔やボディラインだけを見て美人と判断することは少ない傾向にあります。いくらルックスが良くても中身が伴っていないと女性にとって本当の意味で美人ではないのです。人によっては外見よりも中身に重点を置くような方もいますから、それゆえに先ほどお話したようなスレ違いが起きてしまいます。女性はその人のトータルな部分を見て美人かどうかを判断していますし、見た目だけで決めるようなことはありません。

女性が自分磨きで内面を磨こうとするのはこうした理由からではないでしょうか。一般的に自分磨きというと外見を綺麗にしようとするものだと考えがちですし、実際男性だとメンズエステに通ったり脱毛したりして見た目を磨こうとします。しかし、女性だと料理教室やヨガなどに通ったり、習い事や資格取得のための勉強を始めたりと内面を磨こうとするのです。これこそ女性がトータルで美人かどうかを判断している理由だと思います。

女性はメイク後の美しさを求める


女性にとってメイクは顔の一部ともいわれています。メイクして完全に作り上げた顔が自分の顔だと考えていますし、ここが男性との考え方における大きな違いの一つと言えるでしょう。女性はメイクしたあとの美しさを追求していますし、だからこそメイクにはたっぷり時間もかけています。さまざまなコスメアイテムを駆使して顔を綺麗に仕上げていますし、いかにメイクで元の顔を美しくできるかという部分に力を入れているのです。

男性と女性の美人の定義の違い-男性の場合-

次に男性の場合を見てみましょう。男性が考える美人の定義は女性とはやはり異なります。

男性はルックスさえ整っていれば美人だと認識する

男性の場合だと見た目が美人ならそれで美人という考え方です。つまり、顔立ちが整っていてスタイルが良ければ男性にとっての美人な女性ということになります。基本的に中身のことは考えていませんし、ルックスですべてを判断してしまう傾向にあるのです。あくまでこれは美人の定義であり、中身がどうでもいいということではありません。お付き合いする女性に対しては中身も伴っていてほしいと考えていますが、美人かどうかを判断するときには内面を気にすることなく外見だけで決めてしまうことが大半です。

ルックスが整っていればそれで美人と判断してしまいますから、それゆえに女性との会話が噛みあわないこともあります。先ほどお話しましたが、女友達からAさんが美人だと聞いて実際に見たらまったく美人だとは思えなかった、という経験をしたことのある男性はかなり多いと思います。女性がAさんにお世辞のつもり、もしくは気を遣って言っているのだと男性は判断してしまいますが、実は美人の定義が違うからこのようなことが起きてしまいます。女性は中身も美人の判断基準にしていますが、男性は外見だけで判断してしまうためこうしたことが起こるのです。

男性はノーメイクでの美しさを求める


女性はメイクをした後の顔の美しさを求めていますが、男性はノーメイクでの美しさを求めています。よく男性が女性のすっぴんが好きと言っていますが、それもこうした理由からです。男性にとってメイクはあくまでおまけなのです。ノーメイク、すっぴんの時にどれだけキレイか、可愛いかという部分が男性にとって重要なのです。彼氏にスッピンを見せてほしい、すっぴんがイイと言われた経験のある女性も多いと思いますが、あれはふざけて言っているのではなくこうした理由があるからです。

ナチュラルメイクは男性からも人気がありますが、ここまで読んだ方だとそれも納得できたのではないでしょうか。ノーメイク状態の美しさを求めているからこそ女性のすっぴんやナチュラルメイクに惹かれてしまいます。ここが女性との大きな違いと言えるでしょう。女性からするとすっぴんはとても見せられるようなものではない、できることなら見せたくないでしょうし、男性は敢えてそのすっぴんが好きで見たいといいます。男女でこのように考え方や価値観が異なるのは面白いですね。

まとめ

美人の定義についてお話しましたが、いかがだったでしょうか。男性と女性とでここまで大きな違いがあることに驚いた方もおられると思います。男性と女性の容姿について話しているときに微妙に会話が噛みあわないと感じるのはこうした理由があったからなのですね。彼氏や仲の良い男友達からすっぴんが見たいと言われて腹立たしい想いをしたことがある女性もおられるでしょうが、あれは決して冗談や冷やかしで言っていたわけではありません。すでに先ほどお話しましたが、男性としてはかなり本気で言っています。すっぴん状態がどんな顔なのか、というのが男性にとって重要な部分なのです。そのため、メイクしたあとの美しさよりもすっぴんのほうを評価されることが多いのですね。