清楚にも個性的にもなれるアジアンビューティーな黒髪!

流行りのアッシュ系やグラデーションカラーもふんわりと柔らかい雰囲気やクールな印象にもなれますが、あえて黒髪で清楚系や個性派にするという方法もあります。日本人ならどんな方にも似合う黒髪について、人気のスタイルや効果、注意点など、ご紹介していきます。

アジアンビューティ黒髪のすすめ

アジアンビューティーという単語を聞くと、黒髪で艶のある綺麗な髪を想像するという人は多くいらっしゃるはずです。日本人の髪というのは、色の明るさに個人差はあるものの元は黒髪であるという人がほとんどです。カラーリングも良いですが、元の黒髪の魅力を活かすのも1つの手です。

もしも、黒髪の魅力を活かすのであれば黒髪の魅力をまず理解しておくことが大切です。黒髪の持つ魅力をしっかり活かした上で黒髪の素敵なヘアアレンジを楽しんでみるのもおすすめです。

黒髪には小顔効果がある

実は、黒髪には小顔効果があります。例えば、服を選ぶときに服の色によって体型の見え方に違いがあります。白い服の場合は膨張して見えやすいのに対し、黒い服というのは白い服と比べると身体が細く見えます。髪の色も、服と同じことが言えます。非常に明るい金髪と比較してみると、黒髪の方が顔が小さく見えます。小顔に見せたい場合は、黒髪の小顔効果を利用してみましょう。

コントラストで肌が白く&清楚に見える

女性の場合は、肌をより白く見せたいと思っている人も多いはずです。肌が白く、綺麗な人というのはより魅力的に見えます。肌をより白く見せたいときにも黒髪というのは非常に有効的です。黒髪というのは、非常に色味が暗い色です。そのため、髪と肌の色の明暗の差によってより肌が白く見えます。肌を白くするために、高い化粧品などを使用してケアをするのも良いのですが、こういった髪色の効果を利用して、より肌を白く見せるというのも1つの手です。

カラーリングにお金がかからない

髪の毛を一度染めてしまうと、髪が伸びてきてしまうと根本の部分だけ黒くて染めてある部分だけが明るいという状態になってしまいます。目立たない程度しか根本が伸びていない状態ならばよいのですが、いわゆるプリンと呼ばれる状態になってしまうと、見た目もあまりよくありません。

そのため、プリンにならないように一度髪を染めてしまうと根本が気になってきたら定期的に染めなければいけません。美容室で定期的に染めるとなると、それだけお金がかかってしまいます。黒髪の状態であれば、髪の毛を定期的に染めに行くという必要もないので美容院にかかる費用の節約にもなります。

黒髪を好印象にするコツ

魅力がたくさんある黒髪ですが、より印象をよく見せるには黒髪をより魅力的に見せるポイントをしっておくことが大切です。そのコツというのを髪型に取り入れていけば、黒髪のヘアスタイルで失敗してしまうということも防げます。より素敵な黒髪の髪型を楽しむために必見のポイントをご紹介します。

パッツン前髪はやめてレイヤーを入れて軽く仕上げる


黒髪というのは、前髪をパッツンにするとパッツン前髪自体が重たい前髪のスタイルなのでどうしても全体的に重く見えたり少し暗い印象を与えてしまいます。なので、黒髪の前髪の場合は重ためのパッツンにするのではなく、レイヤーを入れることによって軽く仕上げるのがポイントです。そうすることによって、重たくなるのを防げるのでレイヤーを活用して適度な軽さを出していきましょう。

インナーカラーで内側だけをハイトーンにして明るめに


黒髪だけだと全体的に、印象が暗くなりすぎて少し明るい雰囲気も出したいという時には、インナーカラーとして内側だけを明るくするという方法がおすすめです。全体を黒髪のままにするよりも、明るい印象を出すことができるので黒が強くなりすぎて髪全体が重く見えたり、暗くなりすぎてしまうということも防げます。

ロングは無造作なお団子やくるりんぱで顔周りをすっきりと


ロングの黒髪というのは、綺麗で魅力的な印象を与える反面、おろしたままだとどうしてももっさりとした印象を与えてしまいます。なので、おろしたままよりは、結んだり団子にするなどして、顔周りをすっきりとさせることによって黒髪によって全体を重たく見せてしまうこともありません。

お団子は高さによっても仕上がりが異なりますし、くるりんぱもアレンジ方法がたくさんあるので飽きることなく豊富なアレンジを楽しむことができるので、色んなアレンジを試して自分のお気に入りを見つけてみるのも良いでしょう。

黒髪で印象が悪いと感じるポイント

黒髪は、魅力的なメリットを含む髪色ではありますが場合によっては印象を悪く見せてしまうこともあります。そんなことが起こらないように、印象を悪く見せるような点は避けていきましょう。ではここで、黒髪が印象を悪くみせてしまうポイントをご紹介します。現在黒髪の人も、これから黒髪を楽しもうとしている人も、自分がこれからご紹介する点に当てはまるかを確認し、直した方が良いと思った時には直して印象良い黒髪にしていきましょう。

黒髪は重たい印象になりがち


黒髪というのは、色が濃い色な上に暗い色のため髪型や髪の毛の量によっても他の髪色と比べてみるとどうしても重たい印象になってしまいます。重たい印象といえば、どうしても暗そうに見えてしまうこともあるので、そう見えないようにするためにも黒髪をチョイスする際には気を付けていかなければいけません。

特に前髪パッツンは暗い印象に


先ほど、黒髪は場合によっては重たく見え暗く見えてしまうこともあるとあることはご紹介しましたが、特に注意すべきは前髪をパッツンにするということです。前髪パッツンといえば、長さが揃えられているのでどうしても重たい仕上がりになることが多くあります。それに加えて黒髪となってしまうと、暗く見えるヘアスタイルに暗く見える髪色を合わせてしまうということになるので、より暗い印象を強くさせてしまいます。

なので、そう見えないようにするためには黒髪にパッツン前髪を組み合わせないという点です。前髪は少し梳くなどして、前髪の重さを少し調整する必要もあります。黒髪の場合は、全体のヘアスタイルだけではなく前髪のスタイルも重視しなければいけません。

童顔の人は幼く見られがち


黒髪というのは、清楚さを感じさせてくれる反面若く見える髪色でもあります。そのため、元々実年齢より若く見える童顔の人の場合は、黒髪によってより見た目が幼くなってしまいます。なので、大人っぽさを出したいときには幼さを感じさせる場合があるので気を付けなければいけません。

もし、童顔の人で黒髪の髪型を楽しみたい場合には大人っぽさを感じさせる髪型をチョイスしなければ幼い雰囲気しか出せないので気を付けてヘアスタイルを選ぶようにしていきましょう。

まとめ

黒髪でヘアスタイルを楽しみたい人向けにも、黒髪の魅力や黒髪を選ぶ上での注意点などもご紹介しています。ご紹介した内容をしっかりと知っておけば、黒髪のヘアスタイルもマイナスなイメージを持たれることなく良い印象を与えることにも繋がっていきます。基本的に黒髪というのは真面目っぽさや清楚さが強くでる髪色なので、元の髪色を活かすオシャレに挑戦してみるのも良いでしょう。