シャイな男性と付き合いたい!特徴と脈アリサインの見分け方

ガンガン押しが強い男性が好きな女性もいますが、控えめで静かな男性が好きな女性もたくさんいます。しかし、シャイな男性へのアプローチはなかなか難しいところもあります。こちらが押せば、激しく引いてしまうのがシャイな男性の特徴。かといって、何もアクションを起こさずにいれば、何も始まりません。

また、シャイな男性の中には、自分に自信がないタイプも多いので、アプローチ方法を一つ間違うと、相手を思いがけず傷付けてしまうこともあります。シャイな男性を好きになってしまった場合は、相手を尊重しつつ長い目で見ながら、少しずつ距離を縮めていくのがポイントです。ゆっくりと恋愛していきましょう。

シャイな男性の特徴


シャイな男性は、基本優しい人が多いのですが、上手く自己表現することができなかったり、言葉が足りなくて勘違いさせてしまったりすることもよくあります。また、追えば激しく逃げるのもこういったタイプの男性の特徴でもあります。

恥ずかしがり屋で照れ屋

極度に恥ずかしがり屋なので、あまり話さない特徴があります。その為、感情を読むのが難しかったり何を考えているのか分からなかったりすることも多く、好きになっても相手の心が分からずに悩むことも少なくありません。また、照れ屋であることも多く、最初は上手くコミュニケーションが取れないと感じることもあるかもしれません。

仲良くなるまでの道のりが長い

人を信じることが苦手なタイプも少なくありません。相手のことをよく知るまで、絶対に自分の内側を見せないと言った傾向もあります。その為、アプローチしても避けられたりあまり話さなかったりと、嫌われているのではないかと不安になることも多くなります。付き合う為には、根気と本気がとても大切になります。仲良くなれるまでに、長い時間がかかりますので、めげずに頑張ってください。

同性の友人とは結構ノリノリで話している

同性とは楽しそうに話しているのに、異性を相手にしたとたんだまってしまうシャイな男性。女性を嫌っているわけでも苦手なわけでもないのですが、どのように接したら良いか分からないのです。何を言ったら良いか、何を言ってはいけないのか分からないので、結局黙ってしまったり、女性から距離をとってしまったりします。そうやって自分を守っているのかもしれません。

争いは苦手


争いごとは嫌いです。言い合いの場面などは、直接関係なくてもできれば見たくないのが本音です。穏やかで静かな関係を好むので、激しい場面は苦手なのです。また、理不尽なことで責められても、言い返さずにだまって受け入れてしまったり謝罪してしまったりすることもあります。

感情表現が得意ではない

喜怒哀楽が分かりにくいのもシャイな男性の特徴です。その為、何を考えているのか分からないとか、いつも怒っているといったイメージを与えることも少なくありません。でも、本当はちゃんと嬉しいと思っていますし、悲しいと感じています。ただ、表現が下手なのです。

真面目

シャイな男性は、真面目な人が多いです。仕事でも友達関係でも、大切に丁寧に対応するのが特徴です。しかしながら、何でも真面目にこなそうとするので、その分労力も時間もかかります。その為、必要以上に交友関係などを広げない傾向がある人もいます。つまり、親しくなった人や愛着があるものに対してだけ徹底的に愛情を注ぐということです。

心根は優しい


シャイな人は優しい人が多い傾向があります。あまり自己アピールをしたり、他人を押しのけて自分を上げたりするといったことも好みません。むしろ手柄は目立ちたい方や上にあがりたい人に譲ってしまうタイプが少なくないのです。

仲良くなった後のギャップが激しい

一旦打ち解けて仲良くなると、驚くほどフレンドリーになります。心を許しても大丈夫であると認識すると、更に親切にしてくれたり笑わせてくれたりもします。ここまでくるのにかなり時間を要しますが、めげずに頑張ってください。

謙虚で誠実

自慢したり、過度に自分をアピールしたりすることがないシャイな男性。どちらかと言えば、人の後ろに隠れて縁の下の力持ちを好む傾向があります。また、自分の能力を低く見積もる傾向がある為、必要以上に謙虚である場合もあります。他人に対して誠実な行動をする為、信頼されることが多いようです。

女性に慣れていない

自分からガンガン女性に行くタイプではないので、恋愛経験が乏しい人も少なくありません。その為、女性に慣れていないことも多く、これが理由で女性と距離を置きたがる人も多いようです。でも、女性に興味がないわけではありません。

シャイな男性の脈ありサイン

なかなか感情が分かりにくいシャイな男性。でも、気になる女性ができると、それが垣間見られる場面を目にするようになります。

よく目が合う


好きな女性のことを見ていたい。これは、どんな男性も同じでしょう。シャイな男性も同じです。その為、なぜか目が合うことが多くなります。いつも見られているような気がする方は、もしかしたらその男性から好意を持たれているのかもしれません。目が合う場合、必ずしも好意を持たれているとは言えませんが、その確率が高いとは言えそうです。

細かい会話を覚えている

どうでも良い人との会話は、時間と共にすぐに忘れてしまうのが普通です。しかしながら、好きな人の話となれば別です。細かいことまでよく覚えていて、後で覚えていることを知って驚くといったこともよくあります。シャイな男性は、自分の口から積極的に言葉を発する方ではないので、いつも聞く側にいることが少なくありません。その為、そうではない男性と比べて覚えていることが多い傾向があるのですが、特に好きな女性のことはよく覚えています。

もし、自分でも忘れていたような内容をちゃんと覚えているなら、それはあなたに好意を寄せている可能性が高いと言えるでしょう。人の話をちゃんと聞くことができる。ここからも、彼の誠実さが伝わってくるのではないでしょうか。

一緒に行動しようとする

あまりよく知らない女性や好きではない女性とは、できるだけ距離を置きたいと考えるのですが、好意を寄せている場合は一緒に行動しようとする傾向があります。さりげなく物を持ってくれたり、気を使ってくれたりすることもありますし、率先して一緒に付いて行こうとすることもあります。また、好きな女性が出席する飲み会や食事感なども、積極的に参加しようとすることが少なくありません。

好きだから避ける

避けられると誰でも不快に感じるものですが、シャイな男性は、好きだからこそ恥ずかしくなって逃げるといった行動を起こすことがあります。自分の気持ちを知られてしまうことを、恥ずかしく思うのです。しかしながら、こういった行動をされると、女性は不安になるでしょう。でも、よく見てください。目が合うことが多いとか、自分が出席する会にいつもいるなど、あなたから完璧に距離を置いていないようなら、むしろあなたが好きだから避けている可能性が高いと言えます。

まとめ


感情が分かりやすい男性は、こちらも付き合いやすいですし悩むことも少ないかもしれませんが、シャイの男性は感情が分かりにくい特徴があります。その為、嫌われているのではないかと不安になることもあります。また、打ち解けるまで長い時間を要するのも特徴で、ここで断念してしまう女性も少なくありません。しかしながら、一旦仲良くなってしまうと、とてもフレンドリーになるのがシャイな男性。一気に、距離を縮めていける可能性もあります。

シャイな男性は、真面目で優しい人が多いので、付き合うのにオススメのタイプであるとも言えます。