【クイズ!】外国人から見た日本の文化―”アレ”が出来る日本人ってやっぱりすごい!

日本人の”繊細さ”や”正確さ”は、世界でも知られ賞賛されています。多くの日本人が学校で学び、当たり前にできている《アレ》もその中の一つです。

それは今や、海外では『日本の文化だ』と言われています。さて、それは一体何でしょうか。外国人がイメージする3つのヒントを元に答えを考えてみてください。

やっぱり、忍者の子孫だからすごいんだね

日本といえば忍者。忍者といえば日本。アレをしている日本人はまさに、『忍者の子孫』だと見られます。

もしかしたら、本当に忍者が代々受け継いできた技術が、日本人全員に広まったのかもしれないと思ってしまうほど、外国人はアレをしている日本人を《忍者》と呼びます。

通常、使う道具は一つだけですが、日本人なら二つ使いも可能なのではと思われています。

プロはもう芸術家!

プロがアレをしている姿は、忍者を通り越して芸術家そのもの。

外国人はプロの発想に感嘆するとともに、完成度の高い作品をいつまでも眺めていたくなるようです。アレで作り上げたものは本来の用途よりまず、”目で楽しむものだ”という日本人の心を、少し理解できたような気になるようです。

道具の種類が多すぎ!なんでそんなにこだわる!?

アレをするには道具選びが大切。素材に合ったものを選ばないと、上手にアレをすることができません。

日本人の家にはたくさんの道具があり、手伝いをする時に素材に合っていない道具を使うと注意されます。日本人にとってはこれらの道具はとても大切ということなのでしょう。

これらの道具は品質、技術力の面で日本製がいいと評判です。さすが、刀の文化があった日本ですね。

単なる動作が日本の文化

答えは《包丁さばき》

日本人はリズミカルよくアレをします。日本人が集ってアレをすると、音楽を演奏しているような雰囲気になります。

スピードが速いだけでなく、全てが均等なので、外国人は驚きを隠せません。ただ切るだけの動作が日本の文化として認識されるのは日本人にとっては嬉しい半面とても不思議ですね。

答えはそう、「包丁さばき」でした。ごく一般の主婦が台所で野菜を切っているような姿でも、外国人には文化的で美しい姿だと映るようです。