上唇薄い・厚いで性格や特徴がわかるってほんと?

唇の形や薄い、厚いによっても人の特徴は変わってくると言われています。もちろん全ての人がそうとは限りませんが、唇の特徴を知ることで、自分がどのようなタイプなのかを知れば、努力することで欠点を改善することも可能です。唇自体を変えてしまうことも可能なのですが、まずは主な特徴と改善方法を知ることから始めてみましょう。

上唇が薄い人の特徴

上唇だけが薄い人は自分からは愛情を注がない傾向

上唇だけが薄くなっており、下唇は普通か分厚くなっている人の特徴としては、他人からたくさんの愛情を注がれる傾向にあります。その反面、自分から積極的に他人に対して愛情を注ぐことはないタイプだと言われています。性格としては自己中心的な面と、わがままな面があると言われているのですが、通常であればこのような人は嫌われてしまうでしょう。しかし、愛嬌があることからある程度わがままや自己中心的な面があったとしても、多くの人に好かれるという便利でお得なタイプだと言えます。注意するべき点は、あまり自己主張を強くし過ぎないことです。

両方とも薄い人は淡泊な傾向

上唇が薄いけれど、下唇も薄くなっているというタイプもいます。このような人の場合には、愛着や愛情が比較的薄くて淡白な性格の持ち主だと言えます。あまり感情的になることもなく、冷静沈着で理性的なのも特徴だと言えるでしょう。いざというときでもクールに対処できる性格の持ち主です。人間関係も淡泊になってしまうことが多く、あまり人と深く付き合うという気持ちが少なくなっています。積極的に人に合わせるようなタイプではなく、単独でも自分の思った通りに行動する一匹狼のような人が多いでしょう。淡泊だけれども、人に対して冷たいというわけではありません。

上唇が厚い人の特徴

上唇だけが厚い人は相手に与える愛情が多い傾向

上唇が厚くて、下唇が薄くなっている人の場合には、相手に与える愛情が多いタイプだと言えるでしょう。上唇の厚さは相手に対して愛情を与える量とも言われています。逆に下唇は自我の強さを表していると言われているため、下唇が薄いということは、それほど自我が強くないことを表しているのです。このようなタイプの人は、面倒見のよい性格だと言われているため、会社などでも上司になるのにふさわしい人材だと言えるでしょう。ただし、甘やかし過ぎには注意しないといけません。愛情の注ぎ過ぎも異性に行うとストーカー気味になってしまうので、ほどほどにしておくべきです。

両方とも厚い人は愛情豊かで性的アピールも強い傾向

上唇も下唇も厚くなっている人の場合には、とても感情が豊かなタイプの人だと言えるでしょう。心も広くて他人に優しくできる人が多いので、よい人間関係を築きやすくなっています。これは職場や学校だけではなく、家庭でも同じです。自己主張が強すぎることもなく、相手の話をよく聞けるタイプや、相手の気持ちになって接することができるタイプなので、多くの人から好かれます。

異性に対するアピール力も強くなっているので、恋多き人生を送る可能性もあるでしょう。ただし、あまりしつこくアピールしすぎるのはよくありませんので、ある程度アピールしても手ごたえがないと感じたら、諦めるという決断をすることも必要です。諦めたとしても、自己主張をしっかりと行えますし、自分の気持ちを相手に伝えることに関して恥ずかしいという思いも少ないので、すぐに新しい彼氏や彼女ができやすいと言えるでしょう。

上唇以外の口の形でわかる特徴

口先がとがっているのは目立ちたがりの傾向

上唇以外の口の形でよく知られているのは、口先がとがっている人は目立ちたがりという点です。常に自己アピールをするタイプが多いと言われており、よく話したがるという特徴もあります。話し上手な性格の人が多い反面、あまり聞き上手ではない傾向だと言えるでしょう。自己主張を積極的に行うのですが、自分に目が向いていないことを嫌うタイプで、あまり注目されないことなどでストレスが溜まりやすくなります。少し人の話にも耳を傾けるように努力して、聞き上手にもなりましょう。そうすればすぐに相手と打ち解けることもできるようになります。

口が大きい人は積極的なタイプ

口が大きい人というのは、何事にも積極的で情熱的なタイプが多いと言えるでしょう。普段から話し声も大きくなる傾向にありますし、積極的に自分から相手に話しかけるので、友達もできやすくなっています。行動力もあるので、会社でも出世をして多くの人を引っ張っていける性格です。交渉事にも強いので、営業マンとしてもやっていけるでしょうし、接客関連の仕事にも向いているでしょう。ただお金遣いも荒く、趣味につぎ込んでしまうこともあるので、しっかりと計画を立ててお金を使う必要があります。出費が多いため、貯金が苦手なタイプになっています。

口角が下がっているのは不平不満が多いかも!

口角が下がっている人の特徴は、不平や不満が溜まっており、面白くない気持ちを常に抱えていることが多いでしょう。このような人は常に苦労をしている傾向にあるのですが、自分だけが大変な思いをしていると考えている傾向にあります。そのため、人と話をしても不平や不満をぶつけることが多いと言えるでしょう。初対面の人と楽しく話をするのが苦手で、最初は相手を疑ってしまうことが多いのも特徴です。疑いのまなざしで話をするのではなく、笑顔で話せるように意識をしておくとよいでしょう。

上唇が薄い人が厚くする方法

グロスなどでぷっくりと厚く見せる

グロス チップ式 コスメ

上唇が薄い人が厚く改善するための方法としては、グロスを塗るというやり方があります。グロスは口を若干大きく見せる効果もあるので、有効的な方法だと言えるでしょう。ただし、実際に分厚くなるわけではなく、見た目が改善されるというだけになります。簡単に言えば化粧で顔をきれいに見せているのと同じなのです。あまり塗りすぎるとテカテカ光ってしまうので、上下と中央部分だけにしておくのがおすすめできます。男性がグロスを塗ることはないので、完全に女性限定の方法になってしまうでしょう。

勇気を持ってヒアルロン注射

上唇を厚く見せるには、グロスを塗るという方法で化粧のように見た目を変える方法が一般的ですが、実際に分厚くなっているわけではありません。本当に上唇を厚くするためには、ヒアルロン酸注射という手法がよいでしょう。ただし、グロスを塗る方法に比べてかなりお金がかかってしまいますし、3ヵ月から半年程度で元の状態に戻ってしまうというデメリットもあります。注射後には一時的ではあるものの、腫れてしまうというのも欠点です。ある程度のリスクを伴っても改善したい場合にのみ利用する方法だと言えるでしょう。

上唇が厚い人が薄くする方法

歯並びが問題なら歯科矯正も

上唇が厚い人が薄くする方法を知る前に、まずは原因を特定する必要があります。上唇が厚い場合には、歯並びの悪さや出っ歯が原因になっていることがあるのです。この場合には歯科矯正を行うことで改善できることもあるでしょう。ただし、歯科矯正は健康保険が利かないのが一般的です。全額負担になってしまうので、よく検討をしてから決めないといけません。現在歯科医院はたくさん存在しており、医師の技術や知識なども異なっているため、信頼できて技術力の高い矯正歯科を探しましょう。歯並びの改善にはかなり長い時間が必要になります。

口まわりの筋肉をマッサージ

上唇が厚い人が薄くする方法の1つに、筋肉の衰えも関係している可能性があります。この場合には、筋肉を引き締めるのと同時に、血行をよくしてやる必要も出てくるのです。その方法としてはマッサージが最適でしょう。マッサージの方法としては、人差し指と親指で上唇をつまみます。このときに同じ箇所だけをつまむのではなく、いろいろな箇所を全体的に行っていくのがポイントです。上唇に適度な刺激を何度か与えることによって、唇に筋肉を付けることができるのです。筋肉が付いてくると、口呼吸を改善できるとも言われているので、試してみる価値はあるでしょう。

まとめ


唇の特徴によってその人の性格などがわかる人相学もありますが、全てあてはまるわけではありません。あくまでこのような性格の人が多いというだけなので、あまり深く気にする必要はないでしょう。どうしても気になるというのであれば、唇を改善する方法もいくつか存在しているので、調べて実行してみるのもよいでしょう。中にはあまりおすすめできない方法もあるので、情報収集は念入りに行わなければいけません。まずは自分の唇の特徴をよく観察し、当たっているのかを確かめてみるのもよいでしょう。