左利きでAB型の男性と付き合いたい!彼らの性格と恋愛傾向は?

日本人の血液型の中でも、かなり希少なのがAB型であるのは周知の事実でしょう。その中でも左利きの男性となると、わずか1%程度しかいないといわれています。非常に数少ない人になってきますが、非常に個性的な存在としても考えられています。実際に芸術肌で個性的な人が多いともされており、クリエイティブな人が多いとも言われているのです。そうなると、そんな男性を見つけたいと思う人も言えるでしょう。独創的な性格の持ち主でもあることから、恋愛傾向にも違いが出てくるのですから、よく知らなければいけない存在ともいえるはずです。

左利きでAB型の性格は?

直感的

左利きの特徴でもありますが、とても天才的な部分を持っています。それも直感的であり、なぜそうなるのかといったことよりも感性やインスピレーションで行動ができるようになるのです。マルチタスクの人が多いのも特徴ですが、複雑に考えるのではなく、できることをできるだけやるといった直感的な行動です。天才肌といわれることもあるのは、理論などが整っているわけではないところがあげられるでしょう。恋愛的な部分でも駆け引きはあまり考えておらず、ストレートで行動的なのも直感的な思考のなせる業でしょう。

明るい


左利きの人に表れやすい部分ですが、とにかく明るい性格の持ち主が多くいます。ムードメーカーにもなっていきますが、意外と友達は多くありません。というのも、AB型の特徴ですが、一人でいることも好きなため、明るいだけで終わってしまうことも少なくありません。お調子者として捉えられることもありますが、実はあまり暢気に構えているわけでもなく、感情的な部分を持っているため、明るく場を作ってしまい終わりにしてしまうといったこともしてしまいます。心が広いとは言えないところも、明るさとのギャップといえるでしょう。

ボーッしていると言われる


なにも考えていないように見られるのも特徴のひとつです。ボーっとしているように見られますが、実は全く異なります。ひたすらさまざまな思考を切り替えしており、他の血液型の人には理解できないような回転をしていることがあるのです。それが集中力を欠いていると判断されることがあり、ボーっとしていると評価されることにつながるのでしょう。本来はそれどころかなにも考えていないといった時間は極端に少なく、思考が停止する時間はないといっても過言ではありません。びっくりするほど多くのことを考え思考が回転しているのです。

一人でいることが多い

基本的に多くのことを考え、他人から理解されないこともあり、友達も多く作りたいとは思ってもいません。それどころか少数でいいと思っているため、深入りするようなこと自体を避けていきます。一人でいることが好きで、人付き合いを面倒だと感じ、理解してもらうために時間をかけたくないと思っている人も多いです。

計算が得意

思考が高速で回転しているタイプですし、論理的な思考にもたけていることから、計算することが得意です。芸術肌の部分を持っているため、理系とは縁がないと考えられがちですが、全く異なります。大局的な視野も持ちますが、もっと局地的な視野も嫌いではないため、さまざまな思考の中で計算を進めていくことになるでしょう。単なる数字を超えた計算をするめていけるようになるのは、AB型で左利きの特徴的な部分ともいえます。ですが、本人的には細かい計算は苦手で嫌いと思っているのですから、本人の行動とは違いがあるでしょう。

大器晩成型と自分で感じている

自分が大器晩成であると信じ込んでしまっているのは、とにかく珍しい存在であることを自分で自覚しているからです。天才肌と呼ばれることも多くありますが、実際にはそんなことはないと考えています。毎日の生活も平凡と思っていますが、他の人から見ればかなり異質なことを理解していません。大器晩成と思うことによって、自分の心の支えとしているところが多くあるため、否定されると非常に困ってしまいます。天才肌と呼ばれること自体も嫌いだからです。

感情表現が豊か

感情がはっきりしていることからも、感動するようなことがあればすぐに泣いてしまうでしょう。映画でもドラマでも、論理的な解釈が働いているときには冷静に判断をくだしますが、ひとつスイッチが入れば涙が止まらないことも珍しいことではありません。ここで泣くのかといったところでも、自分の感情が揺り動かされればいくらでも泣いてしまうでしょう。それも自分では止められなくなるのですから、感情的な部分といえます。

左利きでAB型の男性の恋愛傾向は?

言葉にはしないが情熱的な恋愛をする


自分から行動することもあまりしないところがありますが、本気になるととにかく情熱的な恋愛をするようになっていきます。遠まわしにするのも面倒になってくるのは、その時の気分にもよるでしょう。しかし、スイッチが入れば、言葉に出したりすることもなく、どんどんと情熱的で積極的な恋愛になっていくのです。ただし、スイッチが切れてしまえば、表面的にはボーっとしているように見えてしまうようになるでしょう。この時に必死に考えているだけであり、とにかく回転させていたりするのです。

まったく違う視点で話をしていることが多い

まったく違う視点でなんだか的外れと思っていると、実は見逃してしまうことが出てきます。AB型で左利きの人は、ガンガンと押しまくるのは得意ではありません。スイッチが入らないとできないところがあるのは、かなりシャイなところを持っているからです。どうしても行動できないことが出てきますが、もともと行動力を強く発揮するタイプでもないため、違う視点で話をしながらごまかそうとしていることもあるからです。もっとストレートに話せばいいのにと思っていても、シャイな性格が邪魔をしてできないことを理解してあげるといいでしょう。

冷静沈着だが実はさみしがり屋


AB型の左利き男性が沈着冷静に物事を考えているのは、とにかく頭を回転させていくからです。ですが、オンオフの入れ替えが激しく、突然行動をし始めたりするでしょう。実は寂しいことは大嫌いであり、一人でいたいと思っている時間とは別のものと考えています。都合のいい行動と思うかもしれませんが、これが理解できないとAB型で左利きの男性を理解することはできないポイントです。マイペースに行動している裏では、孤独は嫌いという思考と闘っていることを理解してあげるべきでしょう。人付き合いにも距離を取りたがるのは、寂しがりな性格の裏返しと考えてあげれば理解できるはずです。

まとめ

左利きの男性は、独特な視点を持っていることは間違いありません。自分のペースも大切にしています。友達の中にいながらでも、実はいろいろなことを考え、独自の視点で行動することも厭いません。オリジナルの感性を強く持っており、自分の立ち位置は自分で作ると考えているのです。他の人とは違いがあり、気分で動くことも多くみられますが、決断するのがあまり得意ではないことも理解するべきでしょう。それだけにスイッチが入り始めた時には、脈があると考えることもできます。実にわかりやすい性格ともいえるのです。