運命の相手ってどんな人?運命の相手の特徴と見分け方10個

赤い糸なんて信じられない、と言いつつも、女性は運命の人に憧れているものです。白馬の王子様を待っているとは恥ずかしくて言えないとしても、運命の人というのはいるもの、と考えたいものです。実際、結婚する人は運命の人と言われます。今付き合っている人が運命の人なのか、知りたいものです。運命の人の特徴や見分け方を解説しますので、チェックしてみましょう。

運命の人に出会う前兆とは?

大きな失敗があった

失敗はつらく苦しいことですが、それを乗り越えたあと、運命の人が待っていることがあります。失敗がきっかけで、新しいことを始めたりすることもあるでしょう。生活に変化が出ることで、それが運命の人に出会うきっかけとなることがあるのです。大きな失敗は、何か新しいことや違ったことが待っているということです。あまり落ち込まず、新しい変化を求めて前向きになりましょう。

やる気が出ない時期

特に何も変わったことはないのに、何をするにもやる気が出ない、ということがありませんか?それは運命の人に出会う前兆かもしれません。運命の人に出会うためには、パワーが必要です。そのため、出会う前にパワーを溜めておく必要があります。やる気が出なくなるのは、パワーを無駄遣いしないため。運命の人の出会う準備をしているためです。パワーがなくなるとパワースポットに行きたくなるものです。そこで運命の人と出会う可能性もあります。やる気が出ないのは、嵐の前の静けさ、なのです。

恋愛以外に興味が出ているタイミング

恋愛をしていて彼に夢中だったのに、恋愛に興味がわかなくなったとき、運命の人に出会う前兆と言えます。お付き合いをしていた人は、運命の人ではなかった、ということです。これから本当の運命の人に会うことになるので、その人への興味が失われていくのです。さらに恋愛以外のことに興味を持ったら、それが運命の人に導いているということです。恋愛そのものに興味がなくなったとき、運命の人が現れるかもしれません。

生活環境が変わったとき


引っ越しや転職など、生活が大きく変わったとき、運命の人が現れるかもしれません。生活環境や生活スタイルが変わることで、新しい出会いや付き合いが生まれます。新たな人間関係を築くことになりますので、その中で新しい出会いがあるかもしれません。今までは縁のなかった世界や場所などに行ったり、まったく関連のなかった人と話す機会ができたり、かつてとは違った世界になることは、運命の人との出会いの前兆なのです。

宝物が壊れる

宝物が壊れるのは、残念に感じることでしょう。しかし、それが運命の人が現れる前兆であることも。運命の人と出会うためには、大切なものを手放さなければならないのです。何かを失うことで、新しいものを手に入れることができるからです。宝物がなくなっても、その代わりに運命の人を手に入れることができるでしょう。大事にしていたものが壊れたり、なくなってしまったりしたとき、それを再度手に入れようと動いたときに、新しい出会いがあるかもしれません。宝物が運命の人に引き合わせてくれることがあるのです。

昔の夢を見る

夢は不思議なもので、予知夢を見たり、意識していない心の中を知ったりすることもあります。昔の夢を見たり、夢の中に昔の知人が出てきたりする夢は、運命は好転していることを意味します。目覚めたとき、夢を鮮明に覚えていたら、かなり濃厚です。はっきり覚えている夢は、その中で何かを伝えようとしている可能性があるのです。運命の人に出会えるかもしれません。また、夢の後、昔の知人から連絡がきた場合は、そのつながりで運命の人と出会う可能性もあります。

運命の相手の特徴10個

初対面から意気投合

初対面でお互いのことをあまり知らないのに、意気投合してしまいます。あうんの呼吸で会話ができ、盛り上がったり、興味をもつところが一緒だったりするのです。会話が途絶えても息詰まることがなく、自然と会話を楽しめます。どんな話題をもちだしても、同じように興味をもって楽しみながら会話ができます。趣味や興味のあることも同じだったり、趣味などが違っても、賛同できたりするのです。

過去の話題に共通点が多い


過去の話題の中で、同じところに興味を持っていたり、同じようなことをしていたり、共通の話題や行動が多いのは、運命の人である可能性があります。運命の人とは、感動する点が一緒だったり、笑いのツボが同じだったりするものです。そのせいもあり、会話をしていても楽しいのでしょう。いつまで一緒にいても楽しく、ずっと一緒にいたいと思う、そんな人が運命の人なのです。

二人の空間が心地よい

なぜだかわからないけれど、そばにいると快適。そう思えるのは運命の人だからです。二人でいる空間が心地よくて、自然と心がほぐれていくような気持ちになります。自分がこの人のそばにいてもいいんだ、という気持ちになり、安心感が漂います。二人を包む空気がやわらかく、二人でいることが当然、といった気持ちになれるのであれば、それは運命の二人なのでしょう。

無理をせず等身大で恋愛できる

恋愛をすると自分をよりいい人に見せたくなったり、できる人に見せたくなったりします。その人のそばにいる美人さんと自分を比べて、負けない、と頑張り過ぎたり、大人びて見せたり、無理をしてしまうこともあるでしょう。どうしても彼を振り向かせるために、つなぎとめておくために、いろいろな努力をすることもあるでしょう。しかし、それは運命の人に出会うためのステップにすぎません。運命の人との恋愛は、無理をする必要がないのです。等身大の自分でいられるのが、運命の人との恋愛なのです。

セックスの相性がよい


運命の人とのセックスは気持ちがよく、自然です。無理に感じたフリをしたりする必要もありません。肌の感触もよく、体がフィットします。気持ちよく、いつまでも一緒にいたいと思うセックスができます。

結婚まで歩むスピードが同じ

好きな人ができて交際が始まり、ある程度つき合うと、結婚について考えます。早く結婚したいと思う女性と、まだこのままでいいと思う男性、また逆の場合もあります。結婚はタイミングです。同じタイミングで結婚したいと思ったときに結婚できるもの。無理に結婚をしても、うまくいかないことがあります。運命の人は、結婚まで歩むスピードが同じです。そのため、自然と結婚することになります。周囲からも祝福されるので、スムーズに結婚できるのです。

色々な所で偶然会う

約束もしていない、家も近所ではないのに、偶然いろいろな場所で出会います。こんなとことで会うなんてびっくり、という経験はあるでしょうか?それが一度ではなく、何度もあるようであれば、それは運命の人なのかもしれません。偶然同じ場所で会うということは、行動パターンが同じ、とも言えます。運命の人とは行動パターンも同じなのです。縁があるということなのです。

食の趣向が同じ


共通点が多く、価値観なども同じである運命の人とは、食の趣向も一緒です。食べたいものが一緒なのでおいしいと思うものも一緒です。味の好みや好きなものが一緒なので、結婚してもスムーズです。食の趣向が違うと、食事に行くのもどちらかが我慢しなければならなかったり、味つけが難しかったりしますが、同じであれば問題ありません。ストレスを感じることもありません。それが運命の人の特徴もあるのです。

会いたいと思うタイミングが同じ

今ちょうど連絡をしようと思っていたときに、相手から連絡が来る、ということがありませんか?会いたいと思ったときに、メールや電話が来るのです。まるでこちらの気持ちが伝わったかのように、連絡がきて会いたいと言われたなら、それは運命の人です。運命の人とは、会いたいと思うタイミングが一緒なのです。こちらが忙しいときには、あちらも忙しいので、片方だけが会いたいのに会えないと寂しい思いをしなくてすみます。

映画や音楽の趣味が似ている

好きなものや、興味のあることが一緒なので、映画や音楽の趣味が似ているのも、運命の人の特徴です。聞いたことがなかった音楽でも、聞いてみると相手の好きな音楽が好きになったりすることもあります。

運命の相手の見分ける10個のポイント

なぜか近づきたくなる

何となく一緒にいたくなる人、それは運命の人かもしれません。大人数でいても、自然とその人の近くにいってしまう、そばにいると落ち着く、隣にいても違和感がない、などといった感じであれば、運命の人の可能性があります。近くにいると、ホッとするので近づきたくなるのです。それは相手も同じなので、自然と二人でいることが多くなります。

同じ空間にいると安心できる


恋をすると、好きな人の前では緊張してうまくしゃべれなかったり、ドキドキしてしまったりするものです。一緒にいられればこんなにうれしいことはありません。少し会えるだけでも、ときめいたりします。しかし、それが運命の人とは限りません。運命の人とは一緒にいて胸が焦がれるような思いはないのですが、同じ空間にいるだけでホッとする感じです。緊張して不安になるのではなく、心から安心していられるのが、運命の人です。

お互いの発言に遠慮がいらない

人は誰かと会話をするとき、多かれ少なかれ、相手に気を遣って話をします。こんなことを言わない方がいいかな、こんな言い方は失礼かな、と考えながらしゃべることが多いでしょう。しかし、運命の人と話すときには、気を遣わずしゃべることができます。相手も特別遠慮をしながらしゃべっているとは感じられないのですが、だからといって傷ついたことがある、ということはないです。お互いの発言に遠慮がいらないのが運命の人です。

つらい出来事の後に出会う

つらいことがあったときは、何かが起こるサインかもしれません。つらい気持ちをなぐさめるために、パワースポットに行ったり、本屋さんや映画館など、気分が紛れる場所に出かけたり、新しい自分になれることを始めたりするものです。その場所で、運命の人に出会えるかもしれません。つらいことは、運命の人に出会えるきっかけとなることがあるのです。

好きな理由が思い当たらない

恋愛中は、顔が好き、背中が好き、笑顔が好きなど、好きな理由があるものです。それが運命の人となると、好きな理由は浮かばないのです。好きなところがないわけではなく、むしろ全体が好きなのに、好きな理由は?と聞かれても言葉にできないのです。

長く一緒にいても飽きることがない

恋をしている人と一緒にいても、うれしいのに飽きてしまうことがあります。また楽しく会話ができる人でも、長く一緒にいると飽きてしまうこともあります。運命の人とは、どんなに長く一緒にいても飽きることがありません。何をしていなくても、退屈さを感じないのです。

お互いの弱みをカバーし合える


自分の弱点はできるだけ隠したいものです。好きな人にはあまり見せなくない、と思ってしまうでしょう。運命の人には、そういった強がりや見栄が必要ありません。自分の弱いところも見てほしいと思うのです。また相手の弱いところも見たい、それを受け止めてあげたい、と思います。そう思える相手がいれば、それは運命の人かもしれません。

パートナーの体臭が好き

動物がフェロモンを出すのは、子孫繁栄のためです。人間も同じで、好きになってもらうためにニオイを発しますが、人によって体臭は異なります。イヤなニオイと感じる人にはあまり近寄りたくないものです。しかし、運命の人の体臭は落ち着くものです。彼がいないと、彼のニオイがついた服などを抱きしめたくなりませんか?この人のニオイ、好きかもと思ったら、運命の人の可能性ありです。

沈黙の時間に癒される

通常、沈黙があると何か話をしなければ、と話題を考えたり、何かを見ているフリをしたりします。運命の人と一緒にいるときは、沈黙の時間があってもまったく気になりません。会話をしなくても不安にならないのです。沈黙の時間も心地よいと感じられるのであれば運命の人の可能性があります。

手を繋いだときに安心する

不安なとき、手を握っていてほしいと感じることがありませんか?道を歩くとき、手をつないでいると安心するものです。手を繋いでいたいと思う気持ちがあったり、手を繋ぐと心が落ち着く、安心する、という気持ちになるのはそれが運命の人だからです。

まとめ

一緒にいて楽に息ができ、楽しい、そんな人は周りにいませんか?気が付くとそばにいる、考えてみると音楽や食べ物のこのみが一緒、そんなことがあれば、もしかしたらすでに運命の人と一緒にいるのかもしれません。そのような人はいない、というのであれば、前兆を見逃さないようにして、期待をして待ちましょう。