【夢占い】葬式の夢は吉夢?凶夢?葬式の夢が意味するものとは

お葬式の夢を見たら、ほとんどの人が不吉だなと思うのではないでしょうか。しかし夢占いにおいてお葬式の夢は、長い間苦しめられていた悩みから解放されたり、新しい出発を暗示する吉夢であることが多いです。

夢占いでの死は再生と回復、過去との決別と新しい始まりの象徴です。そのため、お葬式の夢は基本的に新しい人生への転換期、思いもしなかったような幸運、そして清算してしまいたい過去の3つを意味します。

具体的な意味を見ていきましょう。

夢占いにおける葬式の夢の基本的な意味

新たな人生への転機や再出発の象徴

お葬式の夢は、新たなる人生への転機や再出発を象徴しています。人生において何らかの壁に突き当たっていた人や、それまでの自分に納得ができず苦しんでいた人。そんな悩める人々が新しい人生を切り開くチャンスを得たり、新しい視界を得たりすることの予兆であることが多いです。予想もしていなかった幸運が舞い込んでくる前触れである場合もあります。

清算したい過去があることの現れ

また、過去を清算したいという強い思いを象徴していることもあります。お葬式をするということは、以前に存在していたものが消えることであるという解釈もできます。そのことから、過去を清算したいという強い気持ちがお葬式の夢として表れていると考えられるのです。自分の強い希望をまっすぐに見つめることができれば、その希望は必ずや達成されることでしょう。

葬式の夢が持つ意味:吉夢の場合

 

知人の葬式に参列する夢:思わぬ幸福を示す暗示

知人のお葬式に参列する夢を見た場合、思ってもみなかった幸運が舞い込んでくる予兆です。あなたの人生に、大きな幸せをもたらすような変化が近いうちに起きる可能性があります。

また、知人のお葬式に参列する夢は、人間関係でぎくしゃくした面や悩みが解消することを暗示している場合もあります。その知人と関係を立て直したいという思いを表れから、この夢を見ることもあるでしょう。

恋人の葬式に参列する夢:恋人との新たな関係を築けることの暗示

恋人のお葬式に参列する夢は、恋人との関係がステップアップできることや、2人の関係が深まる予兆です。例えば、今お付き合いをしている恋人から結婚を申し込まれたり、さらに深い関係に進むことができるかもしれません。

また、お葬式で悲しく感じたかによっても意味が変わってきます。悲しんでいた場合は、愛する恋人が死んでしまったらどうしようという不安を抱いている証拠です。恋人との関係が進展することを暗示しています。もしあまり悲しく感じなかったようであれば、恋人への愛情は冷めており、別れの後に新しい出会いがあることを示唆しています。

亡くなった人の葬式の夢:その人からの精神的な自立

既に亡くなった人のお葬式の夢を見た場合。あなたは今まであなたの人生に少なからぬ影響を与えてきた故人に対して、精神的に依存しているのかもしれません。しかし、そのままでは新たなる出発を行うことができません。故人も、あなたが少しでも早く悲しみから立ち直ってくれることを望んでいるのではないでしょうか。

亡くなった人の葬式の夢は、故人への精神的依存から脱却し、自立できることを暗示しています。深かった悲しみが癒え、前向きにスタートする時が来たことを意味する夢なのです。

葬式で泣く夢:心配事が消えて運気が上昇することを暗示


夢占いにおいて、泣くことは浄化を意味します。お葬式で泣く夢は悲しみが浄化され、新たなる一歩を踏み出すことができること、そして気持ちが切り替わることによって運気が上昇し、事態が好転していくことを示唆する吉夢です。

人は無意識の中で、日常生活における様々な苦しみや悲しみ、後悔、受け入れがたい現実などを夢の中で受け止め、涙を流すことで軽減しようとします。そして、お葬式で泣く夢を見ることは、それらの苦しみや悲しみに折り合いをつけ、新しい一歩を踏み出す準備ができたということを暗示しているのです。お葬式で泣く夢を見たら、いよいよ立ち上がる時が来たと考え、勇気を持って事に臨んでください。

葬式で香典を受け取る夢:手を差し伸べてくれる人が現れる

夢の中のお葬式で香典を受け取っていた場合、対人運が上昇して、手を差し伸べてくれる人が現れるという暗示です。この夢は、何か悩みを抱えてしまっていることを示唆する夢でもあります。しかし、その悩みを相談できるような協力者が現れるので、素直に頼ると吉でしょう。

ただし、香典を渡している夢は運気低下を示す凶夢なので注意が必要です。この夢を見たら近いうちに変化が起こり、金銭やエネルギーを消費してしまうことを暗示しています。また、健康運が低下する凶兆でもあるでしょう。

大きな棺桶がある葬式の夢:自分が自分をとても大事にしていることを示す

大きな棺桶があるお葬式の夢を見た場合。その夢は自己顕示欲や自己愛が強まっており、自分が自分をとても大切な存在であると認識していることを示唆しています。

また、大きな棺桶が自分のお葬式のために用意されたものであり、そのお葬式たくさんの人が参列していたならば、多くの人から慕われたいという願望を持っていることを表しています。もし、そのお葬式に参列してくれている人があなたを称賛する言葉を口にしていたら、その称賛の内容はあなたがこうでありたい、こう皆に思われたい、と願っている自分の理想像なのです。

自分をとても大切に思うことは素晴らしいことです。しかし、それが強すぎるがゆえに他人を傷つけるような言動を取ってしまったりすると、周囲の人に嫌われてしまう上に、自分自身も傷つくことになってしまいます。大きな棺桶の夢を見た時は、周囲の人の気持ちを考えた言動を取ればあなたの評価はますます高まり、あなた自身もさらに自分自身が大切だと思えるようになるでしょう。

葬式中に故人が生き返る夢:再挑戦のチャンスが得られる

葬式中に亡くなった人が生き返る夢は、やり残したことや失敗したことに再挑戦できるチャンスが得られる暗示です。生き返った人と親しい間柄なら諦めていた事態が好転したり、終わったと思っていた恋愛が再び動き出す可能性があります。

ただし、生き返った人物が知らない人や苦手な人だった場合は、解決したと思っていたトラブルが再発することを暗示する凶夢です。うやむやにしたり、目を背けている問題はありませんか?これを機にしっかりと解決するのも一つの手でしょう。

葬式の夢が持つ意味:凶夢の場合

子どもの葬式の夢:人間関係が悪化することを暗示

子どものお葬式の夢を見た時は、周囲の人たちとの人間関係に細心の注意を払う必要があります。わが子と死に別れてしまう夢は、人間関係の悪化を暗示する凶夢です。

特に、大切な人との関係の悪化やトラブルを暗示している可能性が高いでしょう。普段から身近にいる家族、友人、恋人などとのトラブルには注意。親しき仲にも礼儀ありという言葉を思い出し、言動に気を付けるようにしましょう。

葬式の準備をしている夢:人生において困難を伴うことになる暗示

誰かのお葬式の準備をしている夢は、今後の人生おいて困難を伴う可能性があることの暗示です。特に、お葬式を準備している最中にトラブルが起きたり、うまく進めることができない夢を見た場合は、困難を克服するのにかなりの時間と労力を必要とする可能性があります。

お葬式の準備をする夢を見た人は、間もなく新しい人生のチャレンジをすることになるでしょう。しかし、次々と襲い掛かってくる困難に対峙しているうちに、チャレンジしたことを後悔してしまうことがあるかもしれません。しかし、このお葬式を準備する夢は困難は最終的に克服できることも暗示しています。決してあきらめないようにしましょう。

霊柩車の夢:危険が迫っていることを暗示

霊柩車がやってきて目の前で止まる夢を見たら、注意が必要です。この夢は霊柩車が問題を運んできたことを示しており、今後何らかの危険や苦しみ、悩みが訪れる可能性があります。何か問題が発生した時でも冷静に対処できるよう、心の準備をしておきましょう。

ただし、霊柩車が自分の前を通り過ぎたり、遠くから霊柩車を見たりする夢は、現在抱えている問題や悩み、苦しみが解決することを暗示する吉夢となります。やってくる夢とは反対に、霊柩車がそれらの問題を運び去ってくれることを表しているのです。夢に霊柩車が出てきたら、細かなシチュエーションを思い出してみましょう。

火葬場の夢:心身共にストレスが最大に溜まっていることを暗示

火葬場の夢を見た時は、心身に深刻なレベルのストレスを抱えていることを示唆しています。このままそのストレスを放置し続ければ、いずれ健康を害して体を壊してしまうという警告夢であると考えてよいでしょう。もしこの夢を見た時は思い切って長期の休暇を取ったり、職場を変えるなどして少しでも心身を休ませ、ストレスを軽減する対策を取る必要があります。

また、火葬場の夢は心境が大きな変化を迎えようとしていることも暗示しています。ストレスが限界に達しつつあり、心が変化を求めて叫び声をあげているのです。夢占いで炎は「再生」を意味しています。つまり火葬場の夢は、心身が「再生」を求めて、重要なターニングポイントを迎えつつあることを暗示しているのです。

まとめ

夢占いにおいて「死」は終わりであると同時に、新たなるスタートを意味することが多く、「死」や「お葬式」は吉夢であると診断されることがほとんどです。夢の中に出てくるお葬式は、人生に一区切りつけるべき時期が到来しつつあることや、新しいスタートを切るべき時が来ていること、そして総決算すべき時が来ていることなどを暗示してくれています。

もちろん、全てが夢占いの通りになるわけではありません。あまり気にし過ぎることなく、一つの天の啓示としてポジティブに捉えて、人生の新しいステージにチャレンジをすれば良いのではないでしょうか。新しい自分に生まれ変わったつもりで積極的に生きることで、人生の運気がさらに良くなっていくでしょう。