【夢占い】旅行の夢を見たときの心理状態とは?あなたの運命を導く

大きな目標を立てて、その実現に邁進したい人、安定感抜群の安心の人生を送りたい人、何か楽しいことを探すため、流れに任せるように人生を生きたい人…希望の生き方は人それぞれです。旅行の夢は、人が自分の人生をどのように生きたいと考えているか、それを暗示してくれます。人生をどう生きるべきか、迷っている人にとっても、旅行の夢のメッセージは自分の心の声として大いに参考になるのではないでしょうか。様々な夢のパターンを紹介させていただきます。

旅行の夢が象徴するものとは

これからの人生への期待や希望

旅行の夢はこれからの人生への期待や希望を暗示しています。特に、行ったことのない場所へ旅行する夢は、未来への期待や希望を暗示しています。実際の旅行の前には、どこへ行こう、何で遊ぼう、何を見よう、そして美味しいものを食べようと、わくわくしながら計画を立てますが、思わぬハプニングがあったり、道に迷って困ったり、計画通りに進まないのが旅行というものです。人生も同じです。思った通りには行きませんが、それが人生の楽しさです。旅行の夢は、その楽しい人生への期待、素晴らしい未来への期待を暗示しているのです。

旅の行き先が求めているもの・目指しているものを象徴

夢の中での旅の行き先は、あなたが人生において目指しているものや、人生に求めているものを象徴しています。例えば、海外など遠くに行く夢を見たならば、あなたが人生における大きな目標を持っていて、未来に対し希望を持っていることを示唆しています。行き慣れている場所に行く夢は、あなたが人生に安定感を求めている気持ちを暗示しています。夢の中であなたが目的地を決めずに旅に出たならば、それはあなたがどこかに楽しいことがあるだろうと考えていることが表されています。旅に求めるものが人それぞれであるのと同じように、人生に求めるものも人それぞれです。

旅行の夢が暗示するもの:ラッキー編

海外旅行を楽しむ夢:物事は順調に進むことを暗示

海外旅行に行く夢を見たならば、あなたは人生に大きな目標を掲げ、未知なるものに対してわくわくしていることを暗示しています。もし、この夢の海外旅行が楽しければ楽しいほど、あなたの未来は明るいものであり、また旅行先が遠ければ遠いほど、物事が順調に進んでいくことを示唆しています。しかし、もし夢の中で何かのハプニングに見舞われていたら、人生においてもハプニング発生の可能性がありますから、慎重さも忘れないようにしましょう。海外旅行に行く夢を見たことを胸に、自信を持って人生の旅路を踏み出してください。

バス旅行をする夢:自身の安定志向を暗示

バス旅行をする夢は、見た人の安定志向を暗示しています。この分析は、バスとは決められた路線を毎日ほぼ同じ時間に行き来することからきています。電車と比較し、その時の交通状態により発着時刻に多少の誤差が出るのがバスですが、バス旅行をする夢を見る人の、他人に対しての寛容さや理解力を示唆しています。バス旅行をする夢を見る人は優しい人であり、他人との人間関係を構築できる人です。

歩いて旅行をする夢:強い自立心を表している

電車や車などの交通機関を使うことなく、自分の足でしっかり歩いて旅行をする夢は、強い自立心を暗示しています。この夢を見た人は、他に頼ることなく、自分の意志に基き、自分の力で人生という旅へと歩み始めようとしています。しっかりとした強い人なので、問題が発生したとしてもそれを乗り越えていくことができるでしょう。ただ、あまり頑なにならず、時には人を頼ることも必要であると知っておくことは大切です。

大都会へ旅行する夢:仕事で大成功を収められることを暗示


大都会は夢においては仕事を意味します。国内外を問わず、大都会へ旅行をする夢は、それを見た人の仕事に関する運勢の高さを表しており、仕事で大成功を収めることができることを暗示しています。積極的な姿勢や行動が評価されますので、持っているアイデアは遠慮することなくどんどん発表するように心掛けましょう。あなたの仕事の上での将来の大成功は保証済みとも言えますが、この夢を見たからと言って、プレッシャーを感じる必要はありません。楽しみながら仕事を続けてください。

好きな人と旅行をする夢:恋人との結婚を意識している

好きな人と旅行をする夢は、その好きな人とずっと一緒にいたいこと、結婚をしたいと意識し始めたことを暗示しています。たとえ夢の中のことであったとしても、好きな人と行く旅行は何よりも楽しいものとなるでしょう。その楽しいイメージを胸に抱いて、好きな人に対しさらに一歩踏み出してみるのはいかがでしょうか。ほんの少しの勇気が、この夢を正夢に変えてくれるかもしれません。

社員旅行の夢:自身の人間関係の変化を暗示

楽しい仲間とわいわい言いながら行く社員旅行の夢は、これから起きるであろう人間関係の変化を暗示しています。今まであなたを取り巻いてきた人間関係が大きく変わる可能性があります。例えば勤め先で大掛かりな人事異動があり、入社以来ずっと面倒を見てくれた優しい先輩が遠い支店に転勤になってしまう、頼りになった上司が別部署に異動になる、はじめての後輩が入ってくるなどです。人間関係の環境の激変は、大きなショックとなるかもしれませんが、つらい別れと同時に、新しい素晴らしい出会いもあるとプラス思考で乗り切ることができるよう、心の準備をしておきましょう。

家族旅行の夢:人間関係がスムーズに進む

愛する家族と共に行く旅行の夢は、それを見る人が心から家族を大切にしようと考えていることを暗示しています。家族を大切にしようとする人は、他の人との人間関係も大切にしますから、人間関係の運気が上がり、様々な人間関係がとてもスムーズに進んで行きます。人間関係がうまくいくと、気分が良く、精神状態も安定しますので、毎日を幸せに過ごすことができるでしょう。夢で見た家族旅行を実行に移せば、幸せのサイクルがさらにパワーアップするかもしれません。

癒しを求めて旅をする夢:のんびりしたい気持ちの表れ

リゾート地や温泉など、癒しを求めて旅をする夢は、夢を見た人の持つ、のんびりしたいなあ、という本当の気持ちを暗示しています。最近、随分と頑張って勉強やお仕事に集中してきたのではないでしょうか。よく頑張ってついてきてくれた自分の心と体にご褒美を上げたいという気持ちの表れでもあるかもしれません。もしこの夢を見たら、早速心の声に従い、のんびりできる休みを取りましょう。休んでリフレッシュしたら、また頑張ればいいのです。

行先のない旅行に行く夢:気ままな人生を送りたいと思っている

はっきりとした行先や目的地を決めずに旅行に出る夢は、見た人が気ままな人生を送りたいという希望を持っていることを暗示しています。気ままな人生を送りたい、と聞くと何となく我儘な印象を与えがちですが、ゴールを決めなくても、どこかに楽しいことがあるだろうと、人生を前向きに考えている人である、という言い方もできるのです。人生で出会う様々な苦労も、こういうこともあるのが人生だ、と明るい気分で乗り越えてしまう強さを持っています。あまり周りの評価を気にせず、夢のメッセージに従って生きるのもいいのではないでしょうか。

ワクワクと旅行の準備をする夢:幸運が待っているという暗示


わくわくとした明るい気持ちで旅行の準備をする夢は、行先に幸運が待っていることを暗示しています。夢の中で楽しみながら旅行を計画し、準備していたならば、待ち受ける困難に負けることなく、人生の目標の達成に向かって未来を切り開いて行くパワー、すなわち幸運を掴むパワーが備わっていることを示唆しているのです。この夢を見る人は、何事も明るい気持ちで取り組むことが幸運を呼び寄せるコツであるということを知っているのです。この夢を見た人は、ほぼ確実に幸せを掴むことができますので、何事にも積極的にチャレンジしていってください。

旅行の夢が暗示するもの:アンラッキー編

海外旅行先でトラブルが起こっている夢:トラブル発生の暗示

海外旅行先でトラブルが起きる夢は、実生活で何らかのトラブルが発生する危険性を暗示しています。海外旅行先でトラブルに巻き込まれると、旅行を楽しむこともできませんし、費用もかかってしまいます。この夢を見る人は、将来を悲観していたり、現状に不満があったりします。これらは主にストレスが原因であったり、健康状態が悪いことからきています。将来を悲観していたり、現状に不満があるので、トラブルに巻き込まれてしまうのです。この夢を見た人は、まずゆっくり体を休め、健康状態を整え、ストレスを発散させましょう。そうすれば、不満は減り、トラブル発生の危険性も減るでしょう。

ルートが決まった旅行をする夢:時間に追われて余裕がないことを暗示

ルートが予め決められている旅行をする夢は、見る人が勉強や仕事に追われ心に余裕がなくなっている状況を暗示しています。この夢を見たら、まず余裕がなくなっている現状をしっかりと認識し、一時的にせよ、勉強量や仕事量を減らし、余裕を取り戻すようにしましょう。余裕がないといい勉強や仕事はできませんし、アクシデントやトラブルに巻き込まれるリスクも高くなります。夢のメッセージに素直に従うようにしましょう。

無人島へ旅行に行く:人間関係で疲れていることを暗示


無人島に1人で旅行に行く夢は、見る人が普段の人間関係において疲れてしまっていることを暗示しています。この夢を見た時は、少しの間でもいいですから1人っきりになる時間を作り、スポーツをしたり、何か集中できることを行って、いやな人間関係を完全に忘れてしまいましょう。不思議なもので、ひと時でも忘れることができたなら、また明日会社に行ってにこっと笑いかけてみようと思えるものです。

旅行先にたどり着けない夢:自分の理想になかなか近づけないことを暗示

旅行先になかなかたどり着けず、途方に暮れる夢は、自分の理想とする状況になかなか近付くことができていない焦りを暗示しています。この夢を見たら、まず自分の理想とする状況を見直してみましょう。そして、焦らず一歩一歩段階的にその理想に近付いて行くための作戦を立ててみるのです。千里の道も一歩より、という名言を忘れないようにしましょう。ゆっくりとではあるが、少しずつ理想とする状況に近付いて行っていると実感することができたら、焦りは消え、この夢を見ることもなくなるでしょう。

旅先で病気になる夢:体調を崩しかけているということを暗示

旅行先で病気になってしまう夢は、夢を見る人が実際に健康を害し、体調を崩しかけていることを暗示しています。もし、この夢を見たら、警告夢であると理解し、健康診断を受けたり、休みを取ったりして体調管理に十分に注意するようにしましょう。もしすでに何らかの不調が発生しているのなら、速やかに病院に行き、治療を受けるようにしましょう。病気は、早期発見早期治療が最も大切です。夢のメッセージを深刻に受け止めるようにしましょう。

まとめ

人生は、長い旅だと考えることができます。あなたは、人生をどんな旅にしたいでしょうか。人それぞれ、思った通りに、しかし、人生の終わりに、ああ、素晴らしい、楽しい旅だった、と心の底から言えるようにしたいものです。旅の夢は、様々な形で私たちにメッセージを送ってくれます。このメッセージに真摯に耳を傾け、時に立ち止まったり、時に軌道修正したりしながら、人生という旅をよりよいものにしていただけたらと思います。