左利きの性格は複雑?天才肌な彼と付き合う恋愛術

世界中で研究されてきたことのひとつに、利き手の違いがあります。日本では少数派ではありますが、もともと左利きが圧倒的に多いのです。ですが、文化的な問題などからも、自然と右利きが優勢になっていくことになりますが、生涯を見てみると、さまざまな天才も生まれてくることは、研究のポイントともいえるでしょう。恋愛対象として考えた時にも、左利きが持っている特性を理解してあげると、うまくいくようにもなっていきます。

少数派な左利きは個性的?

左利きのほうが数が少ないとすれば個性的になっていきます。ですが、左利きが多い世の中からすれば、別段個性的というわけではありません。問題点としては、理解できる範囲にあるかどうかというところになるでしょう。天才肌といわれる由縁も、多数派の右利きに比べて行動が理解しにくいといったところがあるからです。研究が進んでいき、分母が多くなってくると、もっと多くのことが見えてきますが、左利きだからといって、すべての人が個性的で天才というわけではありません。少数派だというそんなに単純な構造ではないからです。

左利きの性格って?

左利きは、特殊な性格をしているというわけではありません。科学的な根拠は何もないからです。良くある右脳派や左脳派といった分類分けは根拠がなにもありません。つまり、利き手で性格は変わることがないといってもいいでしょう。ですが、いろいろなこともわかってきており、空間認識能力が高いという研究結果も出てきています。さらに、右利きの人に比べて斬新なアイデアを思いつきやすいという研究もあり、創造性に優れた部分を発揮しやすいといえるでしょう。ここから天才的な脳力を持っていると評価もされるようになりました。

感情の起伏が激しい


感情という部分は、脳にも大きな影響を与えます。左利きの場合、芸術的な思考に優れている可能性が高く、だれもが思いつかないようなものを発揮すると考えられています。これが感情の起伏につながるとは言い切れませんが、脳梁が発達しやすいという研究からも、コミュニケーション能力が優れており、天才肌とも言われる直感的な認識が、感情の起伏が激しいといわれたりするところにつながるでしょう。これが評価の高さにつながることもありますが、行動につなげるのも早くなってしまうことがマイナスの評価になることも出てきます。

深く狭い人間関係を好む

人間関係というところでは、お互いを理解していく必要が出てくるでしょう。左利きの場合には、直管的な判断に頼りやすいとも考えられており、内容を理解しなければ先に進むことができない部分を持っています。これが大きな障害となってしまうこともあって、話がかみ合わないようなことも出てくるため、深く狭い人間関係を好むということにつながっていくのです。ですが、これも個人的な性格が絡んでくることから、すべての人に当てはまるわけではなく、傾向があるといった程度になるでしょう。

リーダーになりやすいタイプ


創造性に優れていることは確かであり、多くの人を惹きつける能力を発揮しやすいのが左利きといえるでしょう。才能も豊かな人が多く、これを否定する材料もありません。これがリーダーに押し上げられやすい部分になっているのは確かです。コミュニケーション能力といったところでも、脳梁が大きくなりやすいために、リーダーとしての力も発揮しやすくなると考えられます。まだ研究の途上でもあり、はっきりしていないところも多くありますが、少数派である左利きだからこそ目立つということもリーダーになると存在が目立つ要因といえるでしょう。なりやすいというよりもなってしまえば目立つということです。

クリエイティブな芸術肌


斬新なアイデアを生み出しやすい左利きは、通常では出てこないような思考をおこなうことができるとされています。左利きは天才であるといったところに結びつけられたポイントですが、独創的だからこそ天才というわけではありません。芸術肌であることは研究からわかってきており、クリエイティブな発想も強く持てることも確かです。だからといって、突然左利きになっても芸術肌が発揮されるわけではありません。トレーニングをすれば脳も別のところを使いはじめたりはしますが、好きであり、苦にならないと思っているからこそ、芸術肌として認識されるようにもなるでしょう。利き手だけではどうにもならない部分です。

理系が多い

創造性に優れた部分を持っているのは確かですが、そこにあるのは数学的思考と考えられています。それも単純な思考であれば、右利きのほうが優位であることもわかっており、とにかく難度の高い数学で強い力を発揮すると考えられているのです。これが理系が多いといわれるポイントにもなってくるでしょう。ですが、あまり気にする必要がないのは、芸術肌であるという点にもあります。空間認識力に優れ、直管的な行動がとれるというのは、数学をはじめとする理系とは相反する部分を持っているからです。すべては利き手だけが決めることではないといえるでしょう。

物事を考えるときは直感


直管的に物事をとらえるといったことは、左利きが開花させる能力のひとつとして考えられています。スポーツ選手を見るとわかりますが、左利きが圧倒的に多く、有利なスポーツも多数あるでしょう。いろいろなことを考えていますが、反射的な脳力を求められることが多く、物事を考えていても直感的な思考が生かされることが多いはずです。対応時間が非常に短いことからも、スポーツで大成する選手が多いといえるでしょう。これも研究の途上であり、はっきりとした答えは見つかっていませんが、実際の結果を見ればそうであるといえるはずです。

ストレートに物事を発言する

感情的な起伏が激しくなりやすいところでもわかりますが、ストレートに物事をとらえやすく、それをそのまま発言してしまうことが見られます。利き手とあまり関係がないといえるところもありますが、すべてそうだとも言い切れないところもあるのは確かです。あまりにストレートなことは、普段からおこなわれるような計算があまり得意ではないという点にもあるでしょう。高度な計算は得意としていますが、通常使われるような計算の思考は右利きのほうが高いといわれているのですから、ストレートな発言という部分も理解できるでしょう。

左利きの男性と付き合うときの恋愛術

なるべくわかりやすく説明する


コミュニケーション能力が発達すると考えられている左利きの人は、人の話もよく聞くことは確かでしょう。ですが、そこで理解度が高いといったこととは思考領域がまったく別です。ストレートに話しをすることによって、理解のスピードも高まることを考えると、恋愛としてもできるだけわかりやすく判断しやすい言葉で伝えることが必要になります。回りくどい表現は、かえって遠回りになるでしょう。

情緒不安定な点は理解してあげよう

情緒不安定になりやすいとも言われていますが、これはいまだに解明されていない部分です。ですが、実際にそういった人が多いのは、芸術肌といわれてしまうからでしょう。逆にいえば、実際にそういった人が目立つ以上、理解してあげることは悪いことではありません。理解度を高めることによって、いろいろな話もできるのですから、恋愛という点では大切なことになってくるでしょう。

一緒に座るときは彼の右側に

右側に座ってあげるといわれるのは、脳の領域の違いといわれることがありますが、これは異なることです。単純に考えるとわかりますが、何かをしてあげたいと考えれば、動き出すのは必ず利き手になってきます。ところが、利き手側に座られると、実に窮屈でしょう。右利きの人なら、右側に座られると、とにかく窮屈なはずです。左利きを理解してあげると、右側に座ってあげることが、いかに気持ちが楽なのかがわかるようになるでしょう。

まとめ

左利きだからといって、区別されることはあまりないといってもいいでしょう。実際に育ってきた環境などが大きく影響するため、すべて左利きだからといって解釈するようなことはできません。右脳派や左脳派といったことも解明されていないこともあるのですから、左利きの特性を理解してあげることが恋愛にも大切になってきます。右利きでは不都合があることなど、ちょっとしたことを理解してあげると、大きく進展していくことになるでしょう。