巨乳女性のお悩み48選!巨乳がつらいと感じる瞬間は?

巨乳の女性ってスタイル抜群!女性から憧れられることもきっと多いのではないでしょうか。

女性らしいボディラインは、男性も女性もついつい見てしまいますね。

セクシーで女性らしく羨ましく思われる巨乳。でも、実は巨乳の女性って意外とお悩みが多いのです!

しかも、巨乳じゃないとわからないお悩みがたくさんあるのです!

今回は、実際に巨乳女性に聞いた「巨乳のお悩み48選」をまとめました。

巨乳のお悩み【下着編】

まずは、女性なら誰もがつけてる下着編です。

日本人のバストサイズは、C〜Dカップが多め。それよりも大きいバストになると、下着選びにも苦労するようですね。

ここでは、巨乳女子の下着の悩みを見ていきましょう。

1.可愛いブラがない

ブラジャーなどサイズがないので今時の可愛いデザインがない。あるのはオバさんがつけるようなベージュなど。

友だちと温泉に行った時は脱衣所で恥ずかしい思いをする。

1番多いお悩みは、可愛いくてつけたいと思えるブラが販売されてないこと。あっても、種類も在庫も少ないのでなかなか手に入りません。

地味なベージュや、セクシーすぎる下着などはあっても、普通の可愛いものがなく、旅行やデートの時には苦労するようです。

2.特注サイズは値段が高い

かわいいなと思うブラジャーがあってもサイズがないか、あっても同じデザインなのに値段が高くなる。

巨乳サイズのブラは、生地の都合か作り方問題なのか、同じデザインでも価格が上がります。BカップとFカップを比べると、1,000円弱変わるものもあります。

毎日使う下着なので、やっぱり消耗品。微妙な価格の差でも、お財布には大打撃ですね。

3.ネットにしか売っていない

店頭にはなく、インターネットで買うしかないためサイズが合うか心配だった。

大きいサイズで、満足のいくデザインを探すには、ネット通販がおすすめ。可愛いデザインもあり、大きいサイズの在庫も豊富なのでお気に入りが見つかりやすい。

ただ、配送に時間はかかるので、時間に余裕を持って注文するのがおすすめです。他にも、自分のサイズをしっかり把握しておきましょう!

4.サイズが大きいと可愛く見えない

せっかく凝ったデザインや可愛いデザインの下着でも、胸のサイズが大きすぎるとあまり可愛く見えないこと。

「これ可愛い!」

そう思ったブラも、自分のサイズを手に取ると・・・「あれ?可愛く見えない。」巨乳サイズのブラは、しっかりとバストをホールドするためどうしても見た目が大きくなりますね。

思ったデザインと違う!と思うこともしばしばあるようです。

5.妊娠中のマタニティブラに困る

妊娠して更に大きくなるとマタニティブラも合わないし、ノンワイヤーも小さいのでノーブラで過ごしていたら肉割れができてしまった

妊娠中の女性は、バストが大きくなる方が多いです。中には、ブラの締め付けで、気分が悪くなる方もいますね。マタニティブラは、そんな時にぜひ購入したいアイテム。

ただ巨乳の方は、そのマタニティブラのサイズに困るそうです。大きいバストが、もっと大きくなることでどのマタニティブラが合わない!という方がたくさんいます。ネットで特注を探す方もいるようです。

6.ブラがずれてバストがはみ出る

ブラがずれてカップの上から胸がはみ出る。

ハーフカップなどはほぼ乳首が出てしまうため、2/3カップ以上の深みのあるブラを意識して購入しないといけない。

サイズにあったブラをしているつもりでも、バストが大きくバストがはみ出しやすいというお悩みも。

ブラだけでなく、ビキニも油断するとはみ出しやすいので、自分にあった形を探して気をつけているようです。

巨乳の悩み【服装編】

バストが大きい方の悩みで、こちらも多いのが服装。どうしても太って見えやすく、服のサイズにも色々な苦労があるようです。

では、詳しくみていきましょう。

1.太って見える

走ると揺れるし、太って見えるので、バストが大きいと損します

バストが大きいと、服によってはどうしても太って見えがち。実際は細いのに、バストの大きさの印象が強くいようですね。勝手に、ぽっちゃりと勘違いされることがよくありようです。

服選びは、特に慎重になっている方がとても多いですね。

2.服が伸びる

服を借りると服が伸びます。なので返す時に嫌な顔をされます。こっちも申し訳ない気持ちになる。

あと胸の下に汗疹が出来ます。言い出すとキリがないぐらい胸が大きいって大変で嫌なことです。

服のバストのところが伸びてしまうというお悩みも。友達から借りた服は気を使ってしまいますね。

逆に、伸縮性のないものは、バストが締め付けられて苦しくなってしまいます。

3.ロゴTやイラストTがキマらない

イラスト入りTシャツを着ると、胸部分のイラストが伸びて可笑しなイラストになる。

友達とお揃いで、イラストTを買っても一人だけイラストが伸びて、違うデザインのようになってしまうそう。キャラが横に伸びてしまって、もはやイラストがなんなのかわからないという方も。

ロゴTでも、同じことが言えます。バストにデザインがあるTシャツは、避けた方がいいかもしれません。

4.着物のが着にくい

友人の結婚式に、着物で参列したのですが、着付けてもらう際、さらしを硬く硬く巻かれて、ご飯が食べられずに困ったことがありました。

胸がない方が着物は綺麗だと言われて、少し傷ついたということもあります。

着物は、あまり凹凸がない方が良しとされています。大きいバストは、着物を着る時は、どうしても邪魔になります。補正されすぎても、苦しかったり太く見えたりしがち。

着物が似合う体系のひとつとして「鳩胸」があります。大きいバストを、鳩胸のように前より上に持ち上げる「和装ブラ」というのもあるので、気になる方は利用してみるのもおすすめです。

5.シャツのボタンが閉まりにくい

ブラウスのボタンが胸の部分だけパツパツで、インナーを着ないとボタンの隙間からブラや胸がチラ見えしてしまうのが悩みです。

シャツは、巨乳の女性が困るトップスのひとつ。袖の長さや肩幅を合わすと、胸のボタンがきつくなってしまいます。

ボタンがきついと、ボタンとボタンの間に隙間があいてしまい、バストが見えてしまいます。

バストに合わすと、袖や丈が長くなりだらしない印象になるし困っているそうです。

6.夏の服装に困る

冬は上からカーデガンを着ればどうにかごまかせますが、夏は暑くてカーデガンが着れず困っています

冬服は生地も分厚く、バストが目立ちにくい服を選びやすいそう。問題は夏服です!

薄手のTシャツ、シャツ、タンクトップ、どれもバストが目立ちやすいですよね。普通のTシャツのつもりが、巨乳の女性が着るとセクシーになりすぎてしまったり、薄手の服は特に困るようです。

ぴったりしたTシャツや、首元が開きすぎているものは避けた方がいいかもしれませんね。

7.トップスのサイズに困る

服を買いにいっても、いいと思ったものはバストが入らないためほとんど着れません。

バストサイズに合わせると太って見えてしまいます。さらに、この時にショップの店員さんには太って見えているため、伸びる素材を提案されたりします。

巨乳の女性は、トップスに頭を悩ませています。バストに合わすと、肩が大きすぎたり、袖や丈が長すぎる・・。でも、他のサイズを合わすと、バストがパツンパツンになり、大きい胸を強調してしまします。

太ってなくても、太って見えがちなので、「なかなか好きな服を着ることができない。」という声が多数ありました。

8.胸を隠した服を着るとマタニティっぽくなる

ワンピースを着ると、デザインによっては妊娠していると思われる事がありました

バストが大きいので、それを隠すためにゆるっとした服を選んでしまいます。そうすると、どうしてもマタニティっぽくなってしまいます。

特に、バストからストンと落ちたワンピースは、ウエストの細さもわかりにくいのでマタニティに見えやすいようです。

9.スラっとした着こなしが難しい

シュッとした着こなしをしたいのに胸のせいでそう見えない

Dカップはまだマシな方ですが、あるあるだと思います。

ピタッとしたタンクトップにスキニージーンズ。そんなスタイリッシュで、かっこいい着こなしをしたいけど、なかなか難しいのが巨乳の女性の悩みです。

どうしても、女性らしさやセクシーさが前面に出てしまいます。

ただ、ドレスや水着などは、バストが大きい方の着こなしが素敵に見えやすいですね。

10.ワンピースの丈が前側だけ短くなる

ニットワンピやTシャツワンピを着ると、バストのせいで前の丈が短くなるのが悩みです。

トップスの丈やワンピースの丈、前後同じ丈のデザインでも、前側だけ短くなるというお悩みが!

ワンピースの着こなしも難しいですね。

巨乳の悩み【対人編】

巨乳で困るのは、服装だけではありません。

巨乳というだけで、女性方も男性からも嫌な扱いをされることがあります。しかも、相手は悪く思っていないことも多いので、それが巨乳女性をより悩ませることに。

では、詳しくみていきましょう。

1.軽いセクハラをされる

仕事で忙しいと小走りになることもあるため、先輩から「意外と大きいんだね」と言われたり周囲から見られているような気がして、大きいことがコンプレックスな私は悩みの1つです。

男性からすると、何気ない一言なのかもしれません。でも、女性からすると嫌な思いをしますよね。このように、不快に感じるような内容のことを、よく言われるようそうです。

「大きいバストだね」「シャツのボタン飛びそうだね」「何カップ?」

全部、言われて喜ぶ女性はいませんよね。男性も、少しデリカシーを持って欲しいものです。

2.男性にジロジロ見られる

思春期だから、やっぱり体育の時とかは見られました

大学生になってからも細身の服って着れないし、薄い素材だとブラが写ってしまっまたり。ロゴものはロゴが伸びたりして結構大変でした。

若い女性に多かったのが、男性の目線がきになるという意見。特に、思春期は気になることが多かったようです。

大人になるにつれて、慣れて来る方も多いようですが、男性の視線を感じることはよくあるそう。

電車などで、見知らぬ男性から見られるのは、やっぱり怖いですよね。

3.同性によく揉まれる

急いで走っている時に、胸が揺れて邪魔です。

女性に揉まれたり、触られたりします。

大きいバストの、ふかふかの柔らかい触り心地。それは、AカップやBカップにはない感触。どうしても、触ってみたくなります。

きっと触る女性は、羨ましかったり褒めてるつもりかもしれません。でも、毎回触られるのは困りますよね。

4.カップ数を聞かれる

初対面の男性に何カップ?など普通の会話の中に胸の質問があって軽くセクハラされている気分になるのがいやです。

男性にも女性にも、何カップと聞かれることが多いようです。初対面で聞く男性もいるなんて、デリカシーがないように思いますね。

女性にもよく聞かれるようで、アルファベット数を数えられたり、びっくりされたり。相手に悪気がなくても、嫌な思いをすることが多いようです。

5.バカっぽいと言われる

胸が大きいというだけで、バカっぽく見られたりしました。

「セクシーっぽいだけが取り柄だよな。」「あまり成績良くないんだよな。」といつもはチヤホヤしてた男たちに言われたことがあります。でも、こう見えて学歴は高い方です。

なぜかバストが大きい女性に対する偏見を持つ方がいるようです。そんな人は、きっとバストが気になってしょうがないのかもしれませんね。

他にも、軽そうと言われたり、浮気を疑われたりと巨乳の女性に対する、変なイメージがある方がいるようです。

6.女性から嫉妬される

胸が大きいせいで肩がとても凝ったり、胸元の見える服を着ていたら見せつけているなどということを言われたりします。

普通にしていても、バストを強調していると言われてしまうことがあるようです。やはり、大きいバストが好きな男性は多いので、女性の中にはそれを嫉妬して悪口を言う人も。

そう思われない服を選んだり、目立たないようにするのが大変です。

7.誘惑してると言われる

客業をしていた時、胸が大きい事で同性の同僚から、胸が大きい事をアピールお客さんを誘惑していている、と陰で言われてとても嫌な思いをしました。

巨乳女性は、自分が意識していなくても「誘っている」と思われてしまうことがあります。バストを寄せて見せつけてきたとか、強調する服を着て誘惑しているなど、変な誤解をされることがあるようです。

なんと街中で知らない男性に、突然声をかけられたという方も!誘惑しているつもりはないのに、そう誤解してしまう人がいるようです。

8.母乳が出そうと言われる

年配の女性、とくに親戚のおばちゃん達から、母乳がよく出そうだと思われ、いいおっぱいだと言われる。

大きさは関係ないのに。

年配の女性に、よく言われるのが母乳のこと。ちなみに、大きさと母乳の量は全く関係ありません。でも、巨乳は母乳が出ると言うイメージがあるようです。

母乳が出ずな悩んでいた時に「大きいから母乳がよく出ていいね」と言われてショックを受けた方もいるようです。

9.ナンパが多い

男性からの目線は多く受けます。

異性の対象として見られやすく、恋愛に発展しやすい気がします。

バストが大きいと、魅力的で男性の目を惹きますね。アンケートの中でも、「バストが大きいと男性に喜ばれる。」と答えた方が多かったです。

ただそれは、目当ての男性ではありません。知らない男性でも同じこと。バスト目当てのような、下心丸出しのナンパされて、不快な思いをする方も多いそうです。

10.バスト目的かと疑ってしまう

好きな男性とうまく行きそうになっても、バスト目的ではないかと昔はよく悩んでいました。

バストが大きいがために、色々な男性に声をかけられたり、からかわれたり。そんな嫌な思いをしたことがある方が多い巨乳の女性。

その記憶からか、彼氏ができても変に疑ってしまうことがあるようです。男性側も、バスト目当てじゃないからこそ、そう思われたくなくて変に意識してしまう方も。

11,同性に羨ましがられた時の対応に困る

同姓に胸が大きいと羨ましがられても、嬉しいと思えない。

しかし、だからといって胸が小さいと言われた人のように怒ることも出来ない。

この気持ちを解ってもらえないことが辛い。気持ちを伝えると無い物ねだりだと言われた。

羨ましいと言われることが多い巨乳。巨乳の悩みを相談したら「無い物ねだり」とか「小さいよりいい!」と言われて、それ以上何も言えなくなります。

羨ましいと言われても、嬉しくないことが多いそうです。

巨乳の悩み【運動編】

ジョギング初心者は楽な有酸素運動程度がおすすめ

巨乳は、なんせ重くて、動きにくい。そして、肩が凝りやすいと言うお悩みがあります。運動の時は、それを特に感じるようです。

なんとFカップは、両胸で1,180gの重さが!重さは、生後3ヶ月のペルシャ猫くらいだそうです。

では、詳しく見ていきましょう。

1.走ると揺れてしまう

少し肩がこりやすくなっているし、走ったりするときになんとなく、めっちゃ邪魔やなあと思ってしまうことがある

仕事のちょっとした小走りでも、バストが揺れてしまいます。重さもあるので、どうしても邪魔になるようです。

2.垂れるのが怖い

走るとき痛い。

揺れるのがわかるから垂れる恐怖も加わる。走るときは胸の下側に腕を回して揺れないようにする。

運動して揺れると、バストに負担がかかるので、できるだけ激しい揺れは避けたい!バストが激しく揺れると、クーパー靭帯が損傷してしまい、将来垂れやすくなってしまいます。

将来垂れないように、早くから気をつけている女性が多いですね。

3.谷間に汗をかく

夏場には谷間に汗が溜まって蒸れるけど、とてもじゃないけど人前で拭こうに拭けない
放っておくと胸元に汗シミができる。
とても困ってます

巨乳で谷間がないと、経験しないお悩みですね。特に暑い夏は、谷間やバストの下に汗をかきやすいそうです。下着もつけているし、重みもあるし、かなりの暑いそう。

みんなの前で、谷間の汗を拭くのは恥ずかしい。でも、拭かないとTシャツなどに汗ジミができてしまい、これもは恥ずかしいそうです。

4.ランニングは揺れて痛くなる

ランニングなどの運動をするとき、ブラをしていても揺れて動いてしまい、運動中・運動後に痛くなることがある。

ランニングなどの激しいスポーツの時、ブラでしっかり支えていても揺れてしまうそうですね。運動中にも痛くなるし、運動後にまで、痛みを感じる方もいます。

5,スポーツブラの意味がない

ランニング際にスポーツブラを着けていても揺れるので、痛いのと垂れそうで怖くてランニングする事に抵抗があります。

スポーツブラは、運動の時につけるブラ。運動中のハードの動きでも、バストが揺れないようにしっかりホールドしてくれて、ストラップやアンダーのホックが外れる心配もありません。

ただ、巨乳の方はスポーツブラをつけても揺れてしまうそう。どうしてもバストが気になってしまい、なかなか運動に集中できないそうです。

6.脇を閉めにくい

ゴルフをする際脇を締めて胸をギュッと寄せる形になるが、非常に邪魔で脇が締めにくい

自然と胸を寄せるポーズになってしまうので、ゴルフをする際は服装に気をつけるようにしている。

脇の下をしっかりホールドしてくれるブラでないと、脇を締めるのにバストが邪魔になるようです。手を動かすスポーツの時は、特に邪魔に感じるそうで可動域が狭くなるそう。

巨乳の悩み【体編】

重たいバストを、毎日抱えている巨乳女性。重みがある分、体にも色々なお悩みを感じるようです。

よくいわれる肩こり以外にも、巨乳にしかわからない体のお悩みはたくさんありました。

1.将来垂れそう

胸が垂れてしまう。

産後母乳をあげているときにIカップになったけど母乳終わりに縮み一気に垂れました

巨乳の方は、垂れることに敏感です。先ほどもありましたが、運動する時に揺れを気にしたり、ナイトブラをつけたりと垂れない努力をしている方が多いですね。

それほど、垂れやすい大きいバスト。早くから気をつけて、しっかりケアしていきましょう。

2.バストに汗疹やニキビができる

夏が特にそうなるんですが、胸の下側に汗をよくかくので、お腹と胸の皮膚が密着する部分にあせもが出来てしまうこと。

谷間が深いため、かなりムレやすいそうです。風通しも悪いので、ニキビや汗疹になりやすく痒くて困るそうです。

3.生理前と後のバストサイズで困る

生理の前と後で胸の張り具合にかなり差があり、ブラの種類を変えないとカパカパと隙間があいたりブラからはみ出たりする。

生理前にブラを合わすと、生理のあとはブカブカになってしまう方も。大きいぶん、バストが張った時と、通常の差が大きいのかもしれませんね。

4.肩が凝る、腰や背中が痛い

肩が凝りやすいこと。

出産して授乳するようになったら更に大きくなってしまい、ますますひどくなった。

バストはFカップで1180g。なんと約1kg強です。これは、生後3ヶ月のペルシャ猫1匹分の重さだそうです。

そんな重たいバストを常に抱えている巨乳女性。やっぱり肩や腰には、かなりの負担がかかりますよね。

さらに、バストが重さで前のめりになり、猫背になってしまっている方も。猫背は、肩こりがより悪化する原因となります。

5.寝るときに邪魔

うつ伏せになったときに胸と肋骨が圧迫される。

寝る時に、うつ伏せに寝たら苦しい。でも、上向きで寝ても重くて苦しいそうです。ナイトブラで、バストを優しくホールドすると入眠がしやすくなります。

6.カップ数より小さく見えてびっくりされる

見た目はC程度。ブラのサイズはトップとアンダーの差で決まるため友達と温泉に行ったりした際に、ブラのカップ数と実際の胸の格差があり、自分自身を含めびっくりされる

カップサイズは、アンダーサイズとトップサイズの差で出すことができます。

ということは、アンダーサイズが小さい場合、どうしてもカップ数より小さく見えてしまいいます。

細めの方は、思ったより小さいと言われてしまうことも。

巨乳の悩み【その他】

他にも、たくさんの「巨乳の悩み」が出ました。

巨乳の方は、「あるある!」と感じるかもしれませんね。

1.下が見えにくい

文房具やお菓子などを床に落としてしまって拾いたいと思った時に、しゃがみ方によっては拾いたい物が見えない時があります。

回しゃがんだだけで拾えなくて体勢を変えないといけないので大変です。

これは、巨乳あるあるではないでしょうか。バストが邪魔で下が見にくいと答えた方が、意外に多くいました。

落ちたものが拾いにくいことや、ズボンのベルトをつける時に見えずらく、ベルトは勘でつけるという方も。

2.机にバストを乗せてしまう

机の上に胸が乗るんですけど、これ気付かないんです。

気付かないうちに乗ってる近付いて前屈みになると乗ってる、これ普通に恥ずかしいんですよね。

座って前のめりになると、思わず机にバストが乗ってしまうそうです。人の目線で気づくことが多いそう。

重いので、あえて載せると言う方もいました。

3.対面の時は谷間に気をつける

テーブル等で肘をついて少し前のめりの体勢になるだけで谷間ができてしまうため、向かい合わせで座るときは胸元に気を使わないといけない。

日常のふとした時に、バスト谷間を気をつけている方が多いようです。本人はそんなつもりなくても、手を少し交差するだけで、谷間を見せつけてしまうそう。

女性相手でも、男性相手でも対面で座る時は、特に気をつけているそうです。

4.人にぶつかる、気づきにくい

自分の厚みがわからないので、いろんなところによくぶつかる。意外に感覚が鈍いので、胸が当たったいても気づかない。

狭い通り道でをすれ違うとき、いつも物に当たって落としてしまうという方も。意識していても、急いでいる時は、ついつい忘れてしまうそうです。

でも、意外にぶつかっても、気づいていないと言う方もいました。

5.車のクラクションをよくならす

胸が大きいことで腕を前に伸ばしたときの可動域が減ってしまう。
車の運転席に乗っているときにダッシュボードの上のものを取ろうと手を伸ばしたらクラクションが鳴ってしまったことが2回ほどあった。

運転している時に、何かを取ろうと手を伸ばすと、先にバストがクラクション当たってしまうそうです。

突然クラクションがなり、自分も周りの方もびっくりすることがあるようです。

6.うつ伏せになると息苦しい

体調悪いときにうつ伏せで寝たいときに、胸が押しつぶされ、痛いし、苦しい。体育座りするときに地味に押しつぶされて苦しい。

気分が悪い時や、マッサージされる時にうつ伏せになりたいのに、バストが邪魔で苦しいようです。圧迫されると、どうしても呼吸がしにくいですね。

仰向けで寝るのも、バストがずっしりとのしかかってきて、なかなか苦しいようです。横向きじゃないと寝られないと言う方が多いようです。

7.ショルダーバッグでバストを強調してしまう

ショルダーバッグをさげていると、胸に紐が食い込んで、そこを男性から見られることが多い。

トレンドのサコッシュや、ショルダーバッグ斜めがけバッグを持つと、バストが強調されて困っているようです。

バストの中央に、ショルダーバッグの紐が下がることで、かなり大き胸が強調されてしまいます。男性はどうしてもそこを見てしまうのでしょうね。中には、嫌なセクハラ発言をされた方もいます。

気をつけようと、鎖骨のあたりに紐が来るようにすると、今度は苦しくなってしまうそうです。

8.授乳中赤ちゃんが窒息しそうで心配

赤ちゃんにお乳をあげる際に、赤ちゃんの鼻がお乳で塞がってしまい飲みにくいので、手でお乳を押さえてあげています。

とても面倒で困っています。

ただでさえ、バストアップする授乳期。生まれたてのふにゃふにゃの赤ちゃん。

小さいお鼻を大きいバストで塞いでしまっていないか心配になりますね。

特に、添い乳をしている場合は、鼻が塞がって窒息するのではないか、とても心配とい声もありました。

9.食べカスが谷間に入り込む

谷間の上に物が乗ることが悩みです。

パンやクッキーの食べかすが下に落ちず胸元に残るため、取るときに胸をさわっているように見られたり、アピールしてるように思われたりするのが嫌です。

巨乳の女性は、バストの上に色々なものが乗りやすそうです。

普通なら床や椅子の上に落ちるはずの食べカスが、バストの上や谷間に落ちてしまいます。

人前じゃ取りにくいし、自慢していると勘違いされても困るでこっそりとっているそうです。

まとめ

セクシーさや女性らしさが、とても羨ましい巨乳女性。

ですが、調べてみると、たくさんの悩みがあるようです。しかも、深刻なお悩みもたくさんあります。

巨乳女性は、「あるある!」と感じたことも多いかもしれませんね。

悩みも多い巨乳ですが、人から見て魅力的なのは間違いありません。

女性らしく、とても素敵なボディライン!ぜひ。自信を持ってくださいね。