女性 仲間

可愛くなるためにはこれをする!今日から始められる18の方法

可愛い人と言ったら、どのようなイメージがあるでしょうか?顔が可愛いのはもちろんですが、しぐさや服装などにも可愛さはにじみ出るものです。この記事ではファッションからメイクの方法、常日頃の考え方まで、可愛くなるために必要なアドバイスを集めました。
  • 顔が可愛くなるメイク
  • 可愛くなれる肌作り
  • 可愛くなれる髪型
  • 内面から可愛くなるための方法

を紹介します。大人可愛い女性になりたい人は、参考にしてみてください。

顔が可愛くなるメイク

顔の中で一番目立つパーツは、目もとです。少女マンガではありませんが、現実でも瞳がキラキラしている女の子は可愛いもの。また、ツヤのある唇やツルツルのお肌というのも、可愛くなるためにはずせない要素でしょう。ここでは顔が可愛くなるメイク方法について紹介します。

基本はナチュラルメイク

可愛くなるために基本となるメイクは、ナチュラルメイクです。カバー力の高い薄づきのファンデーションなどを使って、素肌に近い仕上がりになるようにメイクしましょう。ファンデーションを塗りすぎて厚塗りにならないように気をつけてください。質の良いものを選ぶことで、毛穴のデコボコなどがカバーされて肌がなめらかに見えます。

また、ファンデーションを選ぶ際は、首と顔の色が違ってしまわないように気をつけるのがポイントです。その上で、できるだけ肌質に合ったものを利用するようにしましょう。

あわせて読みたい

ナチュラルメイクは美しい!パーツ別ナチュラルメイクの方法

続きを読む

リップの色はパステルカラー

パステルカラーのリップを塗ると、顔色が明るくなります。色白の人には、淡いピンクやレモンイエローのリップがおすすめです。また、小麦色の肌の人はオレンジ色のリップを塗ることで、より健康的に見せることができます。

リップの色で悩んだら、その日着て行く洋服の色に合わせてみるのも良いでしょう。服装によっては、ブルーやパープルなどのリップをつけると大きく印象が変わります。

チークはほんのり


チークはほんのりと入れることによって、肌の血色がよく健康的に見えます。また、チークの入れ方を工夫することで小顔に見せることも可能です。ただし、顔色が悪いからといって、くれぐれもチークを塗り過ぎないようにしましょう。厚化粧に見える原因となってしまいます。

眉毛の形・バランスを調整

眉毛は顔の印象を大きく変える重要なパーツです。眉毛の形・バランスを調整することで、よりナチュラルで可愛い印象にすることができます。バランスを上手く調整するコツは、黄金比率を守ること。

下記の3つのポイントを意識して、眉毛の形を整えてみましょう。

①眉頭と眉尻は同じ高さにする
②眉山は目尻の位置に合わせる
③小鼻と目尻を繋ぐライン上に眉尻が来るようにする

今までなんとなくで眉の形を作っていたなら、この黄金比率を試すことでナチュラルで可愛い顔に近づくはずです。ぜひ実践してみましょう。

アイプチで目元の印象をチェンジ♡

目が一重の人の場合、二重にすることで顔の印象が大きく変わります。目がぱっちりと大きくなり、ほぼ確実に可愛くなれるでしょう。

整形しなくても、アイプチを使うことで二重にすることができます。もし気軽に試したいなら、アイプチ代わりに絆創膏を使うのもおすすめです。

絆創膏を使うメリットは、コスパが良くて目立ちにくいということ。何より、アイプチに比べて気軽に試せるのが嬉しいポイントでしょう。下記の記事で絆創膏を使ったアイプチについて詳しく紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい

アイプチ代わりに絆創膏!?自然な二重を作る方法とは?【写真あり】

続きを読む

可愛くなれる肌作り

肌がなめらかでなければ化粧ノリが悪くなってしまうので、日頃からスキンケアにも力を入れましょう。詳しく紹介します。

しっかり洗顔する

メイクをする前はしっかり洗顔することが大切です。

肌をゴシゴシこすらないように、洗顔料を十分に泡立ててから顔を洗ってください。皮脂の残りやすいTゾーンを洗うだけで、他の部分の汚れも落とすことができます。

保湿を忘れない


スキンケアを行う際には、保湿を忘れないことが重要です。顔を洗ったら化粧水を塗った後、乳液やクリームですぐにフタをしましょう。洗いっぱなしにしていると顔の水分が蒸発して、余計に肌が乾燥してしまいます。

特に乾燥肌や敏感肌の人は、各肌質専用のできるだけ保湿力の高い化粧品を使ってください。化粧ノリが悪い場合は、保湿が十分ではないといった理由も考えられます

日焼け厳禁、日焼け止めを使う

肌が日焼けするのは軽いヤケドをするようなもので、対策をしないと炎症を起こしています。日焼けするとシミやしわができる原因になってしまうこともあるので、注意が必要です。

日焼けを防ぐためには、軽く外出する際にも日焼け止めを塗るようにしましょう。長時間外出する場合は、2~3時間おきにこまめに塗り直す必要があります。なお、顔に日焼け止めを塗る際には、首にも塗るのを忘れないようにしてください。

可愛くなれる髪型♡

ナチュラルメイクをマスターしたなら、次はヘアスタイルを見直してみましょう。髪型を変えることで可愛くなれるだけでなく、顔の形の悩みをカバーすることも可能です。また、ヘアケアをしてサラサラの髪になれればより印象が良くなります。ここでは、可愛くなるための髪型について紹介します。

自分の顔の形と似合う髪型を知る

髪型を決める時に参考にしたいのが、自分の顔の形についてです。顔の形によって、似合う髪型が変わってきます。例えば丸顔や面長を気にしている人の場合、ひし形のシルエットを作ることでバランスをとることが可能です。また、四角顔や三角顔なら輪郭のラインが出ないようにし、パーマをかけることで柔らかい雰囲気になります。

前髪をアレンジしてみる

自分の顔の形に合う髪型を決めたら、今度は前髪をアレンジしてみましょう。前髪ありならどんな髪型にも合いやすく、可愛い印象になっておすすめです。流して少しおでこを見せてもまた印象が変わります。

また、ベース顔やおでこが広いのが気になる人は、前髪なしにすると悩みをカバーしやすくなるでしょう。下記の記事で詳しく紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい

前髪あり?なし?顔の形ごとの髪型診断とアレンジ6選

続きを読む

ヘアケアをしっかりする

せっかく可愛い髪型にしても、髪自体がパサパサで傷んでいるとマイナスイメージになってしまいます。サラサラの髪は女性を魅力的に見せてくれる重要パーツ。ヘアスタイルにこだわるだけでなく、ヘアケアもしっかり行うのが大切です。

具体的にはトリートメントを使用したり、髪は優しく洗って早めに乾かしたり、ヘアアイロンを使い過ぎないように気を付けるようにするといいでしょう。外出する際は、肌と同じくUVケアをすることで傷みにくくなります。

内面から可愛くなるために

可愛い人を観察する

電車の中などで可愛い人を見かけたら、観察してみましょう。可愛い人は素顔が可愛いだけでなく、ヘアスタイルやァッションなど色々な面で努力しているのがわかります。持っているバッグや靴など、持ち物から足のつま先に至るまでセンスの良さで溢れているので、ぜひそのセンスを見習いましょう。

自分に足りないものを洗い出す


暇な時にでも、自分に足りないものをノートに書き出してみるといいかもしれません。そうすることで「背がもう少し高ければ」とか「鼻の形が良ければ」といった、何かコンプレックスになっているものに気付くことができそうです。

書き出したら、そのコンプレックスをカバーする方法について考えてみましょう。例えば鼻の形が気になるなら、メイクを工夫して目立たないようにすることができます。背の低さはヒールの高い靴を履いたり、ハイウエストの洋服を着ることなどでカバー可能でしょう。

自分は可愛いと言い聞かせる


自分はブスだと思っていると、表情も暗くなってしまいがちです。自分に自信が無いなら、鏡を見る時に「自分は可愛い」と言い聞かせるようにしましょう。思いこみでかまわないので、自分は可愛いと自信を持つことが大切です。自分を大切に思っていなければ、他人にも大切にしてもらえないでしょう。

いつも笑顔を心がける

笑顔

いつも笑顔を心がけることで、どんな女性でも不思議と可愛く見えてくるもの。人は楽しいから笑うのではなく、笑っているうちに楽しくなってくるものです。

「病は気から」というように、笑うことで健やかに過ごせますし、笑っている人に釣り込まれてまわりの人も笑顔になっていきます。微笑むのが苦手なら、少し口角を上げるだけで笑っているように見えるので、ぜひ実践してみましょう。

人に優しくする

可愛い人は共通して、人に優しくできるような人が多いです。人に優しくすることは、それほど難しいことではありません。日常で困っていそうな人を見かけたら、そっと手を貸してあげるだけ良いのです。

日本はお年寄りの数が増えているので、よく周囲を見ていれば親切にする機会も多いでしょう。人に優しくすることでその日一日を心豊かに過ごすことができ、表情も自然と明るくなります。

あわせて読みたい

本当に優しい人の特徴と優しい人になるための方法とは?

続きを読む

表情豊かな人は可愛い

表情豊かな人は可愛く、他人が見ていて飽きません。何が起こっても顔色ひとつ変えない人は、クールには見えても可愛い印象は持たれづらいです。顔には表情筋という筋肉があり、笑わないと表情筋が硬くなって動きにくくなります。表情筋を鍛えることで表情が豊かになり、可愛い人になれるでしょう。

ダイエットや身体を引き締める努力をする

体系が気になっても、忙しくて運動する時間が取れない人もいるかと思います。しかし、電車を待つ時間や道を歩いている時など、何かをしながらでも運動をすることが可能です。横断歩道を渡らずに歩道橋を使ったり、エレベーターを利用せずに階段を上がるだけでも、ちょっとした運動になります。そのような隙間時間を利用して身体を引き締める努力をするのも、可愛くなるための習慣の一つといえるでしょう。

まとめ

可愛い雰囲気はメイクで作ることもできますが、それ以上にその人が身につけているファッションだったり、持ち物なども関係してくるようです。また、全身から可愛いオーラが出ている人は、人柄や考え方まで可愛いものです。トータルで大人可愛いを目指しましょう。