彼女への手紙、感動させるおススメの書き方を紹介

普段彼女とのやり取りで多いのは、メールやLINEではないでしょうか?手紙を出す機会などめっきり減っていると思います。家に便箋や封筒はありますか?彼女のお誕生日などの記念日に手紙を出すと、新鮮な感動を与えることができそうです。手紙には、受け取ってから開封されるまでのワクワク感があります。メールやLINEの短文を書くことに慣れていて、手紙を書きなれていない方のために、彼女に手紙を出す場合の書き方についてご紹介します。

彼女への手紙を書く前にここに注意!


手紙に書きたいことが多すぎて、何を言いたいのかがわからなくなるのはよくありません。彼女に手紙を書く前に、下書きをしましょう。思いついたことを書いてから内容を整理すると、わかりやすくなります。手紙を出す目的をハッキリさせて、テーマをしぼりましょう。最後に、その下書きをキレイに清書したものを送ってください。

丁寧な文字で書く

文字には、書いた人の個性があらわれています。字の上手・下手はともかく、できるだけ丁寧に書くようにしてください。乱雑に書くと、それだけで読んでもらえない恐れがあります。人によっては、字が汚くて読めないこともありそうです。手紙をパッと見た感じ内容がわかりやすくかかれていて、大きめの文字で書くと読みやすいかもしれません。

彼女好みの便せんと封筒を選ぶ

彼女は、どんな便せんと封筒が好きでしょうか?可愛いものの好きな彼女なら、イラストなどが入った便せんと封筒がいいかもしれません。ただ、手紙によっては、その内容に合った便せんと封筒を選びましょう。たとえば、ケンカの後に謝ろうと思っている場合などは、ポップなものより真面目さが伝わりそうな、シンプルな便せんと封筒のほうが良さそうです。

最初に彼女の名前を書く

普段彼女のことは、なんと呼んでいますか?手紙の書き出しとして、普段「○○ちゃん」と呼んでいる場合は、手紙の出だしに「○○ちゃんへ」と書けばいいと思います。ニックネームなどで呼んでいる場合は、そのニックネームで呼びかけたほうが親しみやすいかもしれません。日記のような手紙を淡々と綴るのではなく、彼女に語りかけるように書きましょう。そのほうが、彼女に気持ちが伝わりやすくなります。

彼女への手紙おススメの書き方


なんのために手紙を出すのか、書く目的があると思います。彼女とケンカして、仲直りしたいから手紙を出そうと思う場合もありそうです。その場合は、メールを出すより改まった手紙のほうが、真剣さが伝わるかもしれません。手紙を書く目的がないと、何が言いたいのか伝わらないことがあります。目的をハッキリさせて手紙を出すと、より内容が伝わりやすくなります。

彼女の全てを肯定する

ケンカの後で仲直りが目的で手紙を出す場合などは、彼女の悪いところを指摘すると火に油を注ぐことになってしまいますから、肯定的に書いたほうが良さそうです。手紙には、感情があらわれますから、気持ちが落ち着いてから書きましょう。怒った気持ちで書くと、なんとなく怒ったような手紙になってしまうからです。穏やかな気持ちになってから、手紙を書きましょう。

ふたりの思い出を振り返る


これまでに彼女とともに過ごした、楽しい思い出がたくさんありますよね。彼女と過ごした日々を振り返ってみてください。過去のデートの思い出やふたりだけの秘密のエピソードなどがあれば、より彼女の心に届きやすくなるでしょう。そのときの様子が目に浮かんで思い出せるように、細かい内容を手紙に書きましょう。彼女自身がすっかり忘れているような懐かしい思い出があれば、それを書いてください。

謝罪すべきことはしっかり謝罪

彼女とケンカをして謝りたいことがあれば、手紙で謝罪しましょう。その際、素直に謝るのはいいと思いますけど、言い訳になってしまわないように気をつけてください。謝罪ではなく、自分が正しいみたいな内容に読めてしまうと逆効果です。怒りがおさまってから、彼女と心から仲直りしたいと思っている気持ちを中心に書いていきましょう。

ふたりの未来について触れる

これから彼女とどのような付き合い方をしていきたいのか、手紙に書くと良いでしょう。彼女があなたのことを心配している場合などは、自分の将来にふれるのもいいと思います。自分はこういう未来を考えている、そこには彼女がいてほしいことを伝えましょう。中途半端な気持ちで書ける内容ではないので、ふたりの未来に対して決意が固まったときに書いてください。

最後に大切に思っていることを伝える

手紙の最後に、どれだけ自分が彼女のことを大切に思っているかを付け加えておきましょう。気持ちをこめて「キミと出逢えて本当に良かった」と書くことで、彼女にもこの人と付き合っていて良かったと思ってもらえそうです。普段口ベタで彼女に対していろいろ伝えてこなかった人ほど、手紙に言えなかったことを書くと効果がありそうです。

女性がもらってうれしい手紙


心のこもった手紙をもらうと、女性はとてもうれしく感じます。普段彼女に対して言葉で気持ちを表現することの少ない男性は、手紙を書くと考えていることがよくわかります。「この人は、こんなことを思っていたんだ」と、あなたに対する見方が変わる場合もあります。普段口に出して言えないことは、手紙を通して伝えてみましょう。

愛の言葉が書かれた手紙

「愛している」などというくさいセリフは、普段は照れくさくてなかなか口に出して言えないものです。手紙でなら、そのようなセリフも言いやすいのではないでしょうか。手紙を書いているうちに、自分の中に彼女に対する気持ちがあふれてくることもありますから、ふと気づくと熱烈なラブレターとなっていることがあるでしょう。

感謝が綴られている手紙

デートのたびに送り迎えしてくれたり、病気のときに看病してもらった思い出など、思い返すと彼女に感謝したいことがたくさんありそうです。改めて手紙に感謝の言葉を綴りましょう。ちょっとした感謝の言葉でも、手紙に書かれていると心に響きやすくなります。手紙はずっと残りますから繰り返し読むことができ、大切に保管しておいてもらえるでしょう。

今後のことが書かれている手紙

付き合いが長くなると、なんのために付き合っているのかわからなくなってくることがあります。彼女との関係を今後どうしたいと思っているのか、そのあたりの気持ちについてしっかり書いておいたほうが良さそうです。手紙からあなたの真剣さが伝わってくれば、彼女も今後のことを真面目に考えるようになるでしょう。

記念日でなくても嬉しい!

お誕生日などの記念日は、手紙が出しやすいかもしれません。しかし、出したいと思ったときが、手紙を出すタイミングです。彼女に手紙を書きたいと思う気持ちが大きければ大きいほど、熱い内容になるような気がします。文章がうまいとか技術的な問題ではなく、気持ちの問題です。あなたの気持ちさえこもっていれば、その想いは必ず彼女に届けられるでしょう。

まとめ


彼女に手紙を送る前に、書いたものをよく読み返してみてください。書いた手紙はすぐに出すのではなく、一晩ぐらい寝かせておいたほうがいいかもしれません。書いている最中に気づかなかった誤字・脱字に気がつくかもしれませんし、一晩明けると出すのが恥ずかしくなることもあるようです。ケンカした後で怒りに任せて書いた手紙を出して、あとで後悔するようなこともあります。手紙は自分の気持ちが落ち着いているときに書かないと、不安定な感情が相手に伝わってしまいます。彼女がもらってうれしい手紙、読み返したときに感動的な内容を書くと良いでしょう。