LINEが彼氏から返ってこない原因は?男性心理と3つの対処法

LINEを送ったのに、いつまで経っても返信が来ないと言う経験はおありでしょうか。そういう場合、何か自分が悪いことをしてしまったのではないかと不安に思うことでしょう。実際のところは直接本人に聞いてみないとわかりませんが、ほとんどの場合、相手の都合で返信しないことが多いようです。面倒臭い、今手が離せない、中には完全に返信することを忘れている人もいます。急ぎの用件でなければ気長に待ってみる、もしくは相手が興味あることを送ってみるのも良いでしょう。

LINEを返さない男の心理とは?

 

忙しくて余裕がない

LINEを返さない理由の一つに、仕事などに没頭していて余裕がないと言う場合があります。ほとんどの男性は当然のように仕事をしており、毎日多忙な日々を送っています。仕事をしている時は仕事に集中したいと言う男性も多いことでしょう。また、仕事以外でも趣味や付き合いなどで疲れていて余裕がない場合もあります。そんな時は時間があれば少しでも休みたい、リフレッシュしたいと思っており、LINEどころではありません。決してあなたのことが嫌になったわけではないので、そっとしておいてあげましょう。

面倒になっている

単純に面倒臭くて返信したくないと言う人もいるでしょう。面倒だと感じる理由として、返信相手に興味がない、返信する行為そのものが面倒など、様々な理由があります。返信がない場合、非常に残念ではありますが、こう言った可能性があると言うことも心に留めておきましょう。返信したことによって勘違いされたら面倒、時間がもったいないと考える人は多いです。あなたに興味があれば、必ず返信はあるはずです。いくら待っても返信が無い場合は、潔く諦めることも大切です。

どう返信したらよいか考えている

返信したいけど、どう返せばよいかわからない、良い印象を持ってもらうにはどう返せばよいのか悩んでいる場合、返信が遅くなってしまうことがあります。逆に、LINEのやり取りを今後控えたいと考えている場合もあります。そう思っている場合は、期待させないように注意を払っているため、LINEの返信が遅くなったり返さないのかもしれません。また、返信内容をじっくりと考えてから返信するタイプなのかもしれません。いずれにせよ催促することは逆効果になってしまう可能性もありますので、辛抱強く待ってみましょう。

返信したと思い込んでいる


信じがたいかもしれませんが、中にはもう返信したものだと勝手に思い込んでいる場合があります。同時に複数の人からLINEが来た場合、違う人に送ったものをあなたに送ったものだと思い込んでいる場合が考えられます。また、文章を打っている途中で電話がかかってきたり、他のことを始めたがために勝手にもう送ったと勘違いしているのかもしれません。信じがたいかもしれませんが、起こり得ることです。相手から返信したつもりだったと言われた場合は、あまり責めずに聞いてあげましょう。

トークが終了したと思っている

LINEのやり取りをしていると、いつ終わりにしたら良いのかわからないと思っている人も少なくないのではないでしょうか。気になる相手やまだそこまで仲良くない場合は、尚更そのタイミングに気を使うことでしょう。しかし、いつまでもやり取りをしているわけにはいかないので、タイミングを見計らって終わりにしなければなりません。そのタイミングは個人によって多少異なります。相手はトークが終了したのだと感じていたら、あなたがそう思っていなくても終了されています。

返信内容に困っている

もともと自分の考えを文章にするのが苦手な男性は、ただでさえ返信するのに時間が掛かってしまいます。ですから、LINEする時は相手が返信に困らないように気を付けなければいけません。まだ仲良くなって間もない時期やこれから恋愛に発展するかもしれないと言う時期は、尚更です。相手が返信しやすいような内容にすることを心掛けましょう。この場合、具体的な内容にした方が相手がわかりやすく、返信しやすいと言えます。

返信を忘れている


丁度忙しい時だった、違うことをしながらLINEを読んでいたなどの場合、返信を忘れることがあります。だからと言って返信を忘れることは相手にとって失礼ですし、放置状態は傷つきます。このようなことが考えられる場合、しばらく返事を待っても来ないのであれば、再度同じ内容のものを返信してみましょう。基本的にはあまりよくないですが、この場合に限っては返信を催促してみるのもよいでしょう。

他にも彼女がいて忙しい

非常に悲しいことですが、返信が来ない理由の一つに、他にも彼女や好きな人がいる場合があります。相手の気持ちの中であなたが一番である場合や一番であるうちは、あなたに一生懸命連絡をしてきてくれるかもしれませんが、相手の中で順番が入れ替わってしまった場合、連絡頻度は極端に減るでしょう。他の女性とのLINEのやり取りが忙しかったり、もしくはうっかり送信ミスをしないよう、あなたに連絡するのを控えているのかもしれません。

こういうLINEには返事を返しにくい

長すぎる文章

ほとんどの人は、簡潔でわかりやすく短い文章を好みます。長い文章は読むのに時間が掛かりますし、何を言いたいのかわからない場合もあります。また、長い文章に対して短い文章で返した場合、そっけないなどと言われてしまうこともあります。ですから、自分も同じくらいの量を送らなければいけないと言う意識になる人もいます。この場合。なんて返信したら悩む、文章を考えるのが面倒など、ストレスを感じてしまい、返信しにくくなります。

短すぎる文章

ほぼ一言で終わってしまう短すぎる文章の男性も、案外多くいます。素っ気ない、嫌がられているのかな、などと思いがちですが、基本的に女性と違い男性は文章が短いです。簡潔に、用件だけ済ませたいと言うのが本音なのでしょう。もちろん中には長文を送って来る男性もいますが、こういった男性に対して冷たいなどと思わずに、そういう人なんだと受け止めましょう。ほとんどの場合、長文よりも短文の方が男性には喜ばれます。

日記みたいなLINEで返信しにくい

女性は用が無くてもその日あった出来事などを話したい、聞いて欲しいという願望がありますが、男性はそうではありません。まるで日記のような長文をダラダラ送られてきても、正直困惑してしまいます。せいぜい、そうだね、良かったねなどしか言えません。まだ返信をくれるのなら良いですが、面倒臭くて返信しない、中には読むこともしないという男性もいるかもしれません。このようなコメントしづらい、面倒臭いと思われるような文章は避けましょう。

LINEが返ってこないときの対処方法

催促はやめよう

LINEが返ってこない場合、基本的に催促するようなことはしない方が賢明です。緊急事態、相手がすっかり忘れているなど、場合によっては催促が必要な時もありますが、それ以外でしたら催促するようなことはせず、辛抱強く待ちましょう。なぜなら、送ってこないのではなく、送れない理由があるからです。そんな時に返事を急かされると、相手は迷惑と感じます。ですから、急用でなければ待つ、また、少し時間を空けてから連絡するようにしましょう。

返信の頻度は人によって違うことを理解する

返信のペースは人によって異なります。また、返信の頻度についても同じことが言えます。自分はすぐ返信するタイプであっても、相手がどうかはわかりません。最低限、自分の伝えたいことが伝えられれば、それ以上の返信はしないと言う人もいますし、ダラダラとLINEを続けることには意味がない、時間がもったいないと感じている人もいるでしょう。返信の頻度は人によって様々ですし、理由もあります。そこはきちんと理解を示しましょう。

しばらくして、全然関係ない話題を振る

もし既読になっているのにも関わらず返信が来ない、あるいは既読にもならないと言った場合は、焦らずにまずは待ちましょう。それでも返信が無ければ、もしかしたら返信内容に悩んでいると言う場合が考えられます。ですから、返信しやすいように、こちらからアクションを取ってみるのも一つの手です。まずは、一度送った内容と全く関係のない内容のLINEをしてみましょう。そうすることで相手も先程送られてきた内容に囚われることなく、気軽に返信できます。

まとめ

なかなかLINEの返信が来ないと、焦ったり不安になったりするものです。しかし、だからと言って返信を催促したり、怒ってしまってはいけません。どうして返信してこないのだろうかと、相手の立場に立って考えてみましょう。また、相手のペースもありますし、もともと文章を作成するのが苦手だったり、返信内容に悩んでいることも考えられます。ですから、自分本位にならず、まずは相手の立場に立って辛抱強く待ちましょう。