コスパ最高&高評価!ちふれの《ウォッシャブルコールドクリーム》をご紹介!

コスメの口コミサイトやSNSでも話題の《ちふれのウォッシャブルコールドクリーム》についてご紹介。低コストで高評価なプチプラクレンジングとして大人気です。

ちふれの「ウォッシャブルコールドクリーム」とは

高品質で低価格なプチプラコスメアイテムを数多く販売しているちふれのコールドクリームです。クレンジング用としてだけではなく、マッサージ用としても使えます。

無香料無着色、ノンアルコールなのもポイントが高く、詰替え用もあるのでコスパが良いと口コミサイトやSNSで話題。300g 650円、詰替え用は560円(いずれも税抜き)です。

ウォッシャブルコールドクリームの特徴

コールドクリームとは

コールドクリームは油分(オイルやワセリン等)を主成分とした基礎化粧品であり、コールドというのは油分が多くて肌に乗せたときに冷たく感じることから名付けられています。

マッサージや保湿用として元々使用されていましたが、油分によってメイクを浮き上がらせて使うクレンジング用途として多くの方に使われています。

クレンジングとしての用途

肌の潤いをキープしながらメイククレンジングできるのが特徴でありますが、オイルクレンジングの様な強力な洗浄性能は無いので、アイメイクなどを別のクレンジングで落としてから使うのがおすすめです。

使い方は、まず手を濡らさずにさくらんぼ大を手に取り、優しく顔全体になじませ、しっかりとオイル化させます。しっかりと溶かしたら、水かぬるま湯でよく洗い流し、洗顔料で洗顔してください。

マッサージクリームとしての用途

コールドクリームをマッサージとして使ったり、パックとして使うと肌の乾燥を防ぎ、保湿効果が期待できます。

使い方は、さくらんぼ大を手に取り、頬や額、鼻や顎にのせてなじませます。螺旋を描くようにくるくると伸ばしていき、顔の中心から外側へと向かってマッサージしていくのがポイントです。

ウォッシャブルコールドクリームを使うポイント

クリームクレンジングは、しっかりと油をオイル化させないとメイククレンジングの効果はありません。ちふれのウォッシャブルコールドクリームは、柔らかいテクスチャなので使いやすいのですが、少し固くなった後にクリームの色が透明になるまでしっかりとなじませる必要があります。

また、オイル化させた後に水を手にとって肌の上で馴染ませると白くなって乳化します。この乳化させるとより肌の保湿効果が向上が期待できるので、おすすめの使い方です。

正しく使って潤い肌を手に入れよう!

ウォッシャブルコールドクリームは、オイル化の作業が必要なので少し時間がかかるクレンジング方法ではありますが、他のコールドクリームよりもなめらかで使いやすくコスパも良い点からも人気を集めています。

手間がかかりますが、肌をしっかりと保湿しながら毛穴の汚れまでしっかりクレンジングできますので、まだ試していない方は是非使ってみてください。