婚約指輪はいつつける?結婚前のマナーと結婚後のタイミング

愛する彼からのプロポーズで贈られる婚約指輪は、女性にとって一生の思い出に残る大切な物です。結婚指輪をするまでの間つけておくのが一般的であるとされています。しかし、幸せの象徴であるとともに高価な品でもあるため、いつどのタイミングでつけるのがいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、婚約指輪はどのタイミングでつけるべきなのか、結婚前と結婚後に分けて考えてみましょう。

一般的に婚約指輪をつける時期


婚約指輪は、正式なプロポーズを受けて2人が最終的に結婚の意思確認を行ったことを証明するものです。男性から指につけてもらったときが人生の最高のピークといえるでしょう。しかし、問題となるのはそのあとで、高価なものであるためいつ、どのタイミングでつければいいのか悩んでしまうということがあります。タンスの肥やしにはしたくないけど気軽につけられるものでもありません。また、結納や結婚式の時期との兼ね合いもあります。一般的にはどの時期に婚約指輪をつけるものなのでしょうか。

結納が済んでからつける

正式な結納を執り行う場合は、婚約指輪が婚約記念品に含まれることも少なくありません。結納は2人だけでなく両家が縁を結ぶことを互いに許可するという儀式でもあります。結納が終わっていない段階で婚約指輪をつけていると、格式や慣習にこだわる人からは非常識であるととられることもあります。結納の婚約記念品を受け、結納返しなどの一連の流れが終わった後につけると問題はないでしょう。古い慣習かもしれませんが、周りの大人を安心させるためにも従った方が賢明です。

結婚式で指輪交換するまでつける


結婚式で結婚指輪を交換してつけるまでが婚約期間となるため、一般的にはそれまでの期間に婚約指輪をつけることになります。高価な指輪であるため普段使いするには抵抗があるかもしれませんが、婚約中で間もなく結婚するということをアピールするためのアイテムでもあることから、結婚式までは極力つけ続けるようにしましょう。結婚指輪と婚約指輪を重ね付けすることもありますが、特別なときのために婚約指輪は保管しておくという人も多いようです。

婚約指輪をつけるべきタイミング

婚約指輪を贈られた喜びは大きいものですが、いつ、どのタイミングでつければいいのか迷ってしまうこともあります。結婚指輪とは違って儀式を終えてからなどといった明確なルールはないので、基本的には結婚の約束をしたその日からつけても構いません。一般的には贈られた日から結婚式を挙げるまでの婚約期間中につけるものとされています。ただ高価な品物であるだけに、日常生活の中でつけるのに抵抗を感じることもあるでしょう。具体的にはどんなタイミングで婚約指輪をつければいいのでしょうか。

彼と会うときはつける

彼に婚約指輪を贈られてから、結婚までの期間はそれほど長くならないのが普通でしょう。婚約指輪を大切に保管して特別なときだけつけたいと思っているのであれば、結婚指輪を交換するまでの短い時間が指輪をつけて披露する大切なタイミングとなります。彼への感謝の思いをこめて彼とのデートや結婚式の打ち合わせなどの際には、必ずつけるようにすると苦労して選んだ彼も喜んでくれることでしょう。彼と会うときはできればほかのリングとの併用はせず、婚約指輪だけをつけるようにしましょう。

彼のご両親と会うときはつける


婚約指輪は結納の記念品のなかに含まれる場合とそれ以前に贈られる場合があります。正式な結納の記念品として贈られる場合は、それ以前に指輪をつけることはできませんが、そうでなければ両家の顔合わせや彼の実家への挨拶を済ませていれば、いつでもつけていて構わないでしょう。彼から贈られた指輪をいつもつけていれば、彼の両親からも大切にしてくれていることを感謝されるとともに結婚への実感を強くするものとなるでしょう。

結婚式の準備中はつける

男性からのプロポーズとともに婚約指輪を贈られるのが一般的ですが、余韻に浸る暇もあまりなくすぐに結婚式や披露宴の準備に取り掛からなければならなくなります。式場選び、招待客リストや座席表、衣装選びや引き出物選びなど、数ヵ月内にやらなければならないことが盛りだくさんです。準備は大変ですが、その間ずっと婚約指輪をつけていることで結婚することの実感や期待を強くすることができるでしょう。式場スタッフなどにも指輪で2人の愛をアピールすることができます。

女友達と会うときはつける

婚約指輪は結婚前につけるのであれば婚約中であることを示すものであり、結婚後につけるのであれば2人の愛が順調にはぐくまれていることをアピールするものでもあります。普段使いする方も少なくないので、婚約指輪であることを意識せずにつけていることもあるでしょう。同性の友人と会う際は、指輪のデザインや2人の愛について話が盛り上がるのでつけておくといいでしょう。ただ、未婚の女性で嫌みにとられそうなときは外しておく気遣いも必要です。

フォーマルなシーンはつける

結婚式 レストラン
ダイヤモンドの輝きはラグジュアリーでワンランク上のおしゃれをしたいときや結婚式、パーティなどのフォーマルなシーンにもぴったり合います。カラーストーンではなく無色透明な輝きは、さまざまなシーンの邪魔になることもありません。歌舞伎や能などの伝統芸能の観劇、美術館の鑑賞、などアカデミックなシーンでも活躍してくれます。婚約指輪のデザインや輝きがスペシャル感を演出してくれるため、どんなかしこまったシーンでも引けを取ることがありません。

婚約指輪を外したほうがいいタイミング

 

結婚することの証として男性の愛情が込められた婚約指輪。嬉しくていつも肌身離さずつけていたいと思う女性も多いことでしょう。一般的なアクセサリーとは違っておしゃれを第一の目的としてつけるものではないため、基本的にはつける場所やシーンを選ばないものです。しかし、大切な婚約指輪であっても特別なTPOによって、外したほうがいいこともあります。婚約指輪はどんなタイミングで外さなければならないのでしょうか。

葬儀やお通夜では外す

婚約指輪はダイヤモンドをあしらったデザインリングが定番となっています。カッティングによって光が当たるたびにキラキラと輝きを放つため、多くの人の視線が集まります。幸せのシンボルでもありつける場所やシーンは選びません。しかし、気を付けなければならないのが葬儀やお通夜への弔問、会葬のときです。葬儀では光るアクセサリーはタブーとされているため、身につけるのはパールぐらいとされています。常識がないと思われないためにも、葬儀やお通夜では婚約指輪はしないようにしましょう。

アクセサリーが好まれない職場では外す

仕事とプライベートでは、ヘアやメイク、ファッションに気を遣うのが社会人の常識とされています。婚約指輪は普通のアクセサリーとは違って、婚約していることを証明するアイテムでもあります。しかし、職場にそぐわない場合は、面と向かって言われなくても陰で常識がないと噂されることになりかねません。デスクワークが主となる内勤であればそれほど気にしなくてもいいでしょうが、直接顧客やクライアントと接する職種である場合、不快な思いをさせたり、仕事とプライベートを区別していないように思われたりするので注意が必要です。

結婚後に婚約指輪をつけるタイミング

婚約指輪は婚約中であり、間もなく結婚するということを周知する意味を持つものでもあります。婚約指輪の起源は古代ローマとされており、当時は未来の夫となる人のために貞操を守るという意味もあったようです。結婚式では永遠の愛を誓って結婚指輪を2人で交換します。その後は結婚指輪をずっとつけることになるため、婚約指輪をいつつけていいのか、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。結婚後に婚約指輪をつけるタイミングについて考えてみました。

旦那とのデート


婚約指輪は幸せの証であり、いつもつけて2人が幸せであることをアピールしたいという気持ちにもなるものです。ダイヤモンドは硬くて傷つきにくいものですが、プラチナなどのリング部分はずっとつけ続けていることとで汚れたり破損したりすることもあります。日頃は結婚指輪をつけていて、旦那とのデートの時に婚約指輪をつけるとスペシャル感も出て、ムードも高まるのではないでしょうか。婚約指輪を選んだりプロポーズしたりしたプロセスを思い出しながらデートができるでしょう。

旦那の実家へ行くとき

結婚は2人だけの結びつきだけではなく、家と家との新しい絆が結ばれるときでもあります。結婚後旦那の実家との関係をよくするためにも、定期的に実家を訪れるようにするといいでしょう。その際に、婚約指輪をつけていると「息子が贈った指輪を大切にいつもつけてくれている」という印象を与えることになります。また、指輪は夫婦円満の印でもあるため、2人の間に不安が何もなく幸せな家庭が築けているというアピールにもなるでしょう。

結婚式やお正月

婚約指輪は以前までは男性の給料の3ヵ月分などといわれて、とても高価なものとして認知されているものでした。現在では給料3ヵ月分にはこだわらない方も多くなりましたが、それでも一生のうちにそう何度もない高い買い物であることには違いありません。高価で大切なものであるために普段使いするのはもったいないと思うのも当然でしょう。婚約指輪の披露もかねて、友人や親族の結婚式、親戚一同が集まるお正月などでつけるといいでしょう。

記念日やパーティ


婚約指輪を特別なものとして普段はタンスの奥か金庫の中に大切に保管しておきたいという方もいるでしょう。しかし、せっかく贈られた婚約指輪なので、たまには指にはめてあげないともったいないともいえます。つけるタイミングとしては、初めてのデート、プロポーズなど、誕生日、結婚記念日を含めた2人のアニバーサリーが考えられるのではないでしょうか。また、お呼ばれしたパーティなどでワンランク上のおしゃれを楽しみたいときにもおすすめです。

普段から結婚指輪と重ね付け

婚約指輪を2人の愛の証としていつもつけていたいという人もいるでしょう。しかし、ペアでつける結婚指輪も外すことはできません。はじめから婚約指輪を普段からもつける予定がある場合は、婚約指輪と結婚指輪を選ぶ際に、同じブランドで揃えて重ね付けしたときのデザインまで考えておくといいでしょう。二連リングのようなおしゃれなデザインをいつも楽しむことができるとともに、おしゃれとして周りからも受け入れられやすくなります。

友人とのランチ

親しい友人とランチや映画などに出かける際に、婚約指輪をつけてもいいでしょう。女性はアクセサリーに興味・関心が高いので、指輪をきっかけに会話が盛り上がることもあります。また、結婚後も夫婦生活が円満であることをのろけ話をしなくてもアピールすることができます。ただ、グループに未婚の女性がいる場合や気軽なレジャーに出かける際など、場にそぐわないと判断される場合は空気を読んで外しておくことも必要です。

まとめ


男性の愛情がたっぷりと詰まった婚約指輪は、2人の愛の証でもあり結婚を約束した者だけに許される特別なアイテムです。婚約指輪は、正式な結納の婚約記念品に含まれる場合と、それとは別に彼からプロポーズのときに贈られる場合があり、それぞれでつけるタイミングにも違いがあります。高価であるとともに一粒ダイヤの独特なデザインであるため、普段使いでつけるのには抵抗があるかもしれませんが、タンスの肥やしにならないように折に触れて身につけるようにしましょう。