女の子のハロウィン仮装にピッタリ!安価で簡単に作れる《手作りチュチュ》

今年のハロウィン仮装は、もう決まっていますか?

特に女の子の場合は可愛い仮装が主ですが、その中でもチュチュは、手持ちの服に合わせるだけで簡単に可愛い仮装ができると人気です。この記事では、そんなチュチュを安価で簡単に作れる方法をご紹介します。

チュチュとは

チュチュに使われる生地は、ウエディングドレスのヴェールなどでも使われる「チュール」と呼ばれるもの。多角形の細かい網目に編まれ、透けて見える程薄い生地となっています。

主にナイロン製が多く、デニールでの表記が一般的で、15Dが柔らかく70Dは硬いと表現されます。

チュチュはその生地を使用して、バレリーナが履いている様なふわふわで可愛いスカート。1枚でスケ感をだしたスカートから、ふわふわとボリューム感があるものまで様々デザインがあります。

簡単手作りチュチュの作り方

材料

必要な材料は、柔らかいチュール生地とウエスト用ゴム又はリボン、ハサミとなります。チュール生地は、スーパーソフトチュールである15D~20D程がおすすめ。長さはチュチュにしたい丈の2倍程で揃えて購入します。

例えば25cmの長さで作りたい場合には、50cmカットで購入すると作業がしやすいです。ラメ入りやドット入りなどあり、単色~複色など合わせて選びます。

やりたいボリューム感で異なりますが、ふわっとさせたい場合には、150cm幅の場合2mなどある程度の布長さが必要です。

100円ショップの材料で作る場合

また、より安価に作りたい方は、100円ショップで売られている水切りネットを利用して作る方法もあります。色の展開がある場合には、組み合わせて作ることも可能。

袋状になっているのをハサミでカットして広げて使いましょう。ゴムも100円ショップで購入可能です。

作り方

ウエストよりも5cmほど短いところでゴムをカットします。ゴムを結んだら、チュール生地をチュチュ丈幅の2倍の長さにそろえて、15cmの幅で切りそろえます。例えば25cmチュチュ丈で作りたい場合には50cm×15cmの布を作っていく感じ。

その布をゴムにくくりつけます。生地の半分のところを持ち、レースの端を輪っかにしてゴムベルトにくくりつけていく感じです。1周繰り返して完成ですよ。

アレンジ例

出来上がったチュチュに星型に切った布やフェルトをグルーガンで取り付けたり、ウエスト部分にリボンをとりつけたりすると可愛くなります。また、チュール生地以外の布を混ぜて付けても可愛いですよ。

手作りチュチュでハロウィン仮装を楽しもう!

手持ちの服に合う色合いなど希望に沿ったチュチュが見つからない場合、手作りも簡単にできるのでおすすめです。

黒や橙色を組み合わせてハロウィンぽくしてみたり、ピンクや水色などパステルカラーで可愛いチュチュも作ることが可能。是非参考にしてみてください。