女性 脚 ソックス

むくみは体重に影響!もうむくまないための生活習慣

ダイエットしていてもなかなか体重が減らないという経験をされている方は少なくないでしょう。単純に脂肪がなかなか取れないということは考えられますが、それ以外にむくみが原因となっている可能性も少なくありません。そこでむくみと体重の関係しっかりと理解することによって効果的に体重を落としていくことが可能となります。

むくみと体重の関係

 

むくみで体重は約1.5キロ増える

むくみは簡単に言うと体の中に余分な水分が蓄積された状態のことを指します。本来であればこの水分が体外に出ていますのでそのぶん体重は軽くなるはずです。実際のところむくみによって増えてしまう体重は約1.5キロほどにもなるとされています。もしもダイエットをしているのになぜか体重が減らないっていう場合には、水分を摂りすぎてしまって代謝が間に合っていない可能性があります。

体内の余分な水分が体重増加に影響

むくみによって体内に水分が蓄積されてしまうと体重増加に当然のことながら影響を与えます。ダイエットをするにはたくさん水を飲んだ方が良いという意見もあります。もちろんカロリーを抑えるという意味ではそれは効果的と言えるかもしれません。しかしながら急激に水分を体に入れることによって水分代謝が間に合わなくなり、むくみの原因ともなってしまうのです。そうなるとカロリーを控えたとしても体重としてはそれほど軽くはなりません。何事もバランスよくダイエットを行うほうが良いでしょう。

むくみ解消=体重が減る

逆にむくみさえ解消できれば最大で1.5キロほども痩せることができるということです。ですからむくみを解消することは体重を効果的に減らしていく点でも非常に重要です。やはり頑張ってダイエットを行うのですから水分で体重がなかなか減らないという残念な状態はなるべく避けた方が良いでしょう。その方がダイエットのモチベーションが上がり結果的に成功する可能性が高くなるでしょう。

むくみと肥満の見分け方

 

女性 脚 ソックス

すねを押してみて跡が付くのは「むくみ」・付かないのは「肥満」

しかしながら自分の太っているのかそれともただのむくみなのかどのように判断すれば良いのでしょうか。簡単な判断の方法はすねを押してみてくぼみがつく場合はむくみ、もしもくぼみがつかないならそれは脂肪、つまり肥満と判断できます。

短期間で一気に体重が増えやすいのは「むくみ」

水分が蓄積されることによって引き起こされるむくみは、短期間でも一気に体重が増える原因となります。そのためそれほど食生活を変えていないのにいきなり体重が増えている場合むくみが原因となっている可能性があります。食事の量を減らしたりする前に、体内の水分量が適切かどうかをまずは考えると良いでしょう。血流の改善や軽い運動による基礎代謝の向上といった点に力を入れると良いかもしれません。一気に体重が増えると言っても水分による体重の増加は1.5kmほどですので、その範囲内での体重増加となることも踏まえておきましょう。

暴飲暴食がたたっているなら「肥満」

もしも暴飲暴食をした記憶があって体重が増加しているなら、それはもちろんむくみというよりも単なる肥満と言えるでしょう。この前には食生活全般を含む生活スタイルを吟味する必要があります。適切な運動や睡眠、入浴などで基礎代謝を上げることを意識しながら、適切な水分をとることも心がけましょう。しかしながら無理なダイエットなどをしてしまうとかえってむくみの原因となってしまいなかなか体重が減っていかないというジレンマに陥る可能性も高いです。ダイエットとむくみ対策を効果的に組み合わせることによってモチベーションの下がらないダイエットを行うようにしましょう。

むくみを解消する生活習慣とは

 

塩分の多い食べ物を控える

塩分は水分を蓄積する働きがあるため、むくみを抑えるためには塩分の少ない食事をとることがおすすめです。例えば減塩と書いてある食品を中心に選ぶなど毎日のちょっとした心がけから変えていくことができるかもしれません。またどうしても暴飲暴食をしてしまうと塩分過多になってしまいがちなのでこの点も注意しましょう。特に男性の場合はつい深夜のラーメンなどを食べてしまうことも多いでしょう。ラーメンを食べてはいけないとまでは言いませんが最後までラーメンのスープを飲みきらないようにするなど塩分を過剰に摂取しないよう心がけましょう。

カリウムの多い食べ物を摂取する

カリウムは体内の水分量を適切に調整する上で有効な働きを行う成分です。そのためカリウムの多い食べ物を摂取することも心がけましょう。カリウムの一日の摂取量として理想とされるのは成人女性の場合は2600mg以上とされています。カリウムが多く含まれる食べ物としてはこんぶやひじきなどの海藻類が代表的と言えるでしょう。これらの海藻類は100gも設置すれば理想とされる摂取量を賄えることも少なくありません。そのため何か料理する際には意識して海藻類を含めていくことで改善されていくでしょう。

お風呂にゆっくり浸かる

むくみの原因は体が冷えてしまうことにもあります。そのためゆっくりと毎日お風呂に浸かることを目標にしましょう。つい時間のない方はシャワーで済ませてしまうということもあるかもしれません。どうしても時間がなければもちろんそれもしょうがないことですか、それでも週に何回かはしっかり湯船に浸かることを習慣にしていきましょう。

入浴後にマッサージする

むくみの原因は血流が悪くなってしまうことも含まれます。そのため体が温かくなっておりストレッチも適している入浴後にしっかりとマッサージをすると高い効果が得られます。血流やリンパの流れを良くすることを意識して優しくマッサージするだけでも大きな変化が見られ、見た目もすっきりとしてくることも少なくありません。まずは自分にできそうなマッサージから覚えて少しずつレパートリーを増やしていくことがおすすめです。たった一回ではなく毎日の習慣が非常に大切になりますので根気強く続けていきましょう。

眠るときに足を高くする

また足がむくみやすい方は、足の静脈の血液が心臓に向かって流れます。そのため重力に逆らうことになり血流が滞ってしまうと結婚が家血液中の水分が染み出てしまうのです。これがむくみの原因となります。そのため同じ姿勢で長時間座っていたりすると一時的に足がむくんでしまうのです。こうしたことを改善するために眠る時には足を高くして心臓に血液が行きやすい姿勢を作ってあげましょう。そうすることによって朝起きた時にはすっきりとむくみが改善されているはずです。

自分の首の高さに合った枕を選ぶ

また顔のむくみの原因となりかねないのが低すぎる枕です。寝ている時には体重の約8%ものの負荷が頭にかかっているとも言われています。そのため高すぎたり低すぎたりして頭に過度の負担がかからないようにすることが必要です。そうすることによって血流を良くしむくみを改善することができるでしょう。

むくみ解消におすすめのツボとは?

三陰交(さんいんこう)

むくみに効くツボはいくつかありますがその中でも内側のくるぶしの一番高い所から指4本ぶんほど上に上がったところの骨と筋肉の境目に位置する三陰交というツボはむくみ解消に効果のあるツボとして有名です。試しにここを押してみると痛みを感じる方がほとんどでしょう。この壺は骨盤の中の子宮の血行良くする効果があるとされており、女性にとっては冷えやむくみさらには便秘といった様々な症状を改善するのに効果があるとされています。

失眠(しつみん)

さらにかかとの肉付きが丸くて膨らんでいる部分にあるツボを失眠と呼びます。この部分も自分で簡単にマッサージが行えるツボ手むくみの解消に効果があるとされています。血液やリンパの流れを良くするツボとして知られており仕事中に刺激してあげることでもむくみが緩和されて行くことでしょう。気が付いたときにはこのツボを押してあげることを意識しましょう。

井穴(せいけつ)

さらにむくみの改善に効果的なツボとして足の指の爪の付け根の両側にある井穴とよばれるツボもおすすめです。ここも寝る前のストレッチなどのついでに刺激してあげることによってむくみの改善に効果を発揮するでしょう。

まとめ

このようにむくみの改善は食生活やツボを刺激することまた生活習慣を改善することによって行うことができます。特にダイエットをしている方にとっては体重の増加の原因ともなりかねないことですので、しっかりとむくみ対策もおこなっていきましょう。