姓名判断は運命の相手を探すヒント?結婚相手の候補とのさまざまな相性がわかります!

姓名判断で人の名前について調べてみると、性格や相性がわかります。結婚する相手ともなれば長い人生を共に過ごすことになるため、相手の運勢に巻き込まれることもあるかもしれません。

最高の相性の結婚相手を見つけるために、姓名判断を利用してみませんか?この記事では姓名判断や相性診断について詳しく紹介していくので、ぜひ参考にして下さい。

姓名判断で相性診断できる!


姓名判断は、名前の字画数から人格・人間関係・仕事運・恋愛運など幅広い運勢がわかる占いです。占いといっても長い歴史の中での統計も加味されているため、その判断結果は侮れません。

姓名判断では、相性診断もできます。まずは、姓名判断で何ができるのかと、その必要性についても紹介します。

相手との相性はある程度姓名判断で決まる

人との相性は、姓名判断である程度決まっているもの。通常はつきあってみないと相手がどんな人かはわかりません。そこでおすすめしたいのが、姓名判断で相性を見ることです

出会った人がどんな性格か、相性が良いか悪いかがあらかじめわかっていれば、なるべく良い相性の人との人間関係に集中することができます。

結婚相手候補の深層心理が予想できる

結婚相手候補の深層心理は、姓名判断で予測しておくことが可能です。自分でも無意識のうちに心の奥底から表層に影響を与える心理が、深層心理です。深層心理は、過去の体験から形成されるといいます。

普段は眠ったように影を潜めていますが、関連する局面に直面したとき、表面に現れやすいのが特徴です。

結婚した相手とは、様々な局面を共に過ごすことになります。そのため、相手の隠れた深層心理に遭遇して驚くこともあるかもしれません。いざとなったときに適切な対処をとれるよう、結婚相手候補の深層心理は姓名判断で予測しておくと安心でしょう。

二人のパワーバランスが予想できる

姓名判断であらかじめパワーバランスを予測しておけば、関係が上手くいくかがわかります。2人以上の人が集まったときには、パワーバランスが人間関係を支配しやすくなります。

パワーバランスは途中で転換することもありますが、出会った当初から決まっていることがほとんどです。相手とのパワーバランスを知ることにより、どのようにつきあっていけばよいかも心得ておけるでしょう。

性的な相性まで予測できる

姓名判断で相性を知って工夫することで、もっと相手との性的関係を楽しむこともできるでしょう。男女が交際するとなれば、性的な相性は重要です。結婚した夫婦の離婚原因に、性的相性が合わなかったという問題も珍しくありません。

姓名判断で相手との性的相性や性的嗜好などがわかれば、つきあい始めてから失望するようなこともないでしょう。

お互いの家柄を考えると重要なのは天運

姓名判断の中で、苗字の画数を合算したのが天運です。天運は一族に代々受け継がれる苗字なので、その一族の運勢が現れます。どんな家系なのか、職業は、先祖の影響は、といったことが天運からわかるのです。

ただ、天運は吉凶を判断する指標ではありません。人が生まれる前から天運は決まっているのです。肝心なのは名前とのバランスなので、良いか悪いかではなくどのような家柄の人なのかを判断するのに利用するとよいでしょう。

結婚後に相性がよいカップルの特徴

価値観や好みは、1つでも多く一致しているほうが人間関係がスムーズになります。結婚後に相性がよいカップルの特徴について、見てみましょう。

価値観や金銭感覚の一致

仲の良さが続いている夫婦は、価値観や金銭感覚が一致しているのが特徴です相手の価値観に共感できなければ、それだけ反発しあうことが増えてしまうためです。

また、夫婦は生計を共にすることが多いため、金銭感覚が異なるともめごとになる恐れがあります。片方が倹約家なのにもう片方が浪費家だったり、大きな買い物をするときに意見がぶつかったりすることもあるでしょう。

日常的な食料品の買い物一つでも、価値観の不一致が重なって離婚の原因となる可能性もあります。

食事の好みが合う

食事の好みが合うほうが、楽しい時間を過ごせます。逆に、食事の好みが合わないと一緒に過ごす時間がつらくなり、もう二度と一緒に食事したくないということにもなりかねません。

気を遣わずに過ごせる

気を遣わずに過ごせることは、夫婦にとって必須のポイントです。お見合いして結婚した夫婦であれば、最初のうちはお互いに緊張することもあるかもしれませんが、恋愛結婚であれば、気心が知れたところで結婚したほうが、一緒に生活するうえで楽です。

相手を空気のように感じるとよくいいますが、一人でいるときのようにリラックスできれば長く一緒にいられるでしょう。

ケンカしても仲直りできる


ひどい夫婦ゲンカをしても、すぐに仲直りできる夫婦は長続きしています。ケンカして初めてお互いについてわかることも多く、ケンカはより仲良くなるきっかけともいえます。

ケンカを恐れる必要はなく、ケンカした後に仲直りできるかどうかこそ大切です。気を遣わずにいられるようになるかどうかも、ケンカできる関係か、ケンカした後に仲直りできるかに係っています。

ピンチのときほど団結できる

人間関係では、ピンチを共に乗り越えた間柄ほど、絆が深まりやすいといいます。夫婦で乗り越える物事は多く、大きなピンチも訪れるでしょう。そのとき団結できる夫婦であれば、その先も仲良くやっていけています。

あのピンチを2人で乗り越えることができたと思えば、お互いに相手が頼りになるはずです。さらなるピンチが訪れる可能性のある未来にも、立ち向かうことができます。

結婚後に相性が悪いカップルの特徴

結婚は、通常はお互いに求め合ってするものです。相性が良いだろうと思ったから結婚するのですが、結婚してから実は相性が悪かったと判明することもあります。

相手との関係だけに限らず、相手の家族や仕事、人間関係と相性の悪さを感じることも出てくるかもしれません。結婚後に相性が悪いカップルの特徴について、見ていきましょう。

相手の家族と折り合いが悪い

相手はともかく、相手の家族と折り合いが悪いというケースは少なくありません。特に多いのが、相手の親と上手くいかないケースです。そんな家族と一緒に暮らしてきた結婚相手に対して、疑心暗鬼になる可能性もあります。

相手が自分より親きょうだいをかばうようなことがあれば、決定的です。夫婦となった自分も家族なのに、親きょうだいのほうを優先するばかりの相手とつきあっていくのは苦痛でしょう。相手の家族と上手くやっていけるかどうかは、結婚において重要です。

相手のことを尊敬できない


軽蔑するような相手と長く一緒に過ごすのは、パワーバランスの乱れにつながります。師匠と弟子の関係のように相手を尊敬する必要はありませんが、何らかの面で尊敬できる部分がないと相手に対する不満ばかりが湧いてきます。

相手に不満があっても、ケンカして仲直りができるなら問題ありません。しかし不満が残り続ければ、いつまでも相手を尊敬できないでしょう。何かと相手を見下してしまう関係は、一般的に上手くいきません。

セックスの相性が悪い

セックスの相性が悪い問題は、浮気や不倫につながりかねません。結婚して、子供が欲しいと思っている人もいます。結婚相手とのセックスの相性が悪くてなかなか子供ができなければ、他の人と結婚すればよかったと思うこともあるかもしれません。

気持ちだけでは結びつかないときに、セックスが解消してくれることもあります。そんなきっかけを一つ失ってしまう夫婦は、よほど他のことで結びつきが深くない限り関係を続けていくのが難しいでしょう。

価値観がまったく合わない

結婚してから、価値観がまったく合わないと気付くこともあります。お互いに相手との恋愛だけに夢中になりすぎて、冷静に価値観の一致不一致に注目することがなかったのかもしれません。

結婚してみてわかることは多くても、価値観の不一致の多さに気付くことで結婚生活に希望を見いだせなくなる恐れがあります。結婚前に気付いていればと後悔してからでは、遅いこともあるのです。

結婚相手との姓名判断の相性は目安に使おう

結婚相手の姓名判断からわかる相性は、多岐に渡ります。だからといって、姓名判断の結果を信じすぎると発展がありません。どんな人でも、完璧に相性がいいということはありません。

必ずどこかしらで不一致があり、それでも上手くいっている夫婦は妥協点を見出すのが上手なのです。名判断はあくまでも相性の目安として利用して、人間関係は努力して作っていく部分も多いことを認識しておきましょう。