姓名判断で性格がわかる!あなたに強く影響を与える要因

姓名判断は、人の性格を判断する占いの一種です。人の性格は奥深く、自分自身のことはもちろん、周囲の人の性格を知ることで人間関係や生き方を良くするために役立ちます。ここでは、姓名判断でわかる性格について、何が影響を与えているのかを紹介します。

姓名判断で真の性格がわかる


人の性格は、自分自身ですらわからないことがあります。他人に指摘されて、初めて気付く性格もあるでしょう。自分の性格について把握していれば、他人との人間関係に役立てることができます。気付かないうちに、周囲に迷惑をかけてしまうことも減らせます。姓名判断では、自分や他人の真の性格について知ることができるのがメリットです。姓名判断でどのように性格を判断するのかについて、お話します。

姓名判断における吉凶数

姓名判断では、文字の画数によって吉凶が決まっています。例えば、画数1は大吉、画数2は凶といった具合です。画数の吉凶は細かく決められており、単純に吉凶だけでなく画数が持つ意味も決まっています。ただし、吉の画数にもデメリットがあったり、凶の画数にもメリットがあります。画数の吉凶分類については、流派によって異なる点にも注目してみるとよいでしょう。こうしたことから単純に判断できるわけではありませんが、画数が姓名判断の根幹を成すことから字画数の意味はチェックしてみる価値があります。

吉数はよい意味で原則的に奇数の字画

姓名判断では、原則として奇数の字画が吉数とされています。吉数は良い意味を表し、奇数の画数でまとまっている名前には全般的に運の良さがイメージされます。ただし、偶数の画数の中にも吉の意味を持つものもあり、逆に奇数にもかかわらず要注意しておいたほうがよい画数もあります。注意すべき画数の中には非常に強い運勢を示す画数があり、波乱万丈の人生を送ることになるかもしれません。

凶数は悪い意味で原則的に偶数の字画

偶数の画数は、姓名判断では原則として凶を示します。とはいえ画数ごとに吉凶が異なり、全ての偶数が凶を示すとは限りません。例えば「8」や「18」「24」などは吉数の画数ですが、「12」「24」「20」などは凶を示します。半吉を示す画数もあり、条件次第で吉凶が変わるケースもあるのです。画数の良し悪しで名前に使う文字を決めることはよくありますが、名前から1文字だけをとってきて画数が吉だから良い運勢とは言い切れません。苗字に対して画数がどうなっているかが、重要です。

姓名判断で主に性格に影響する人格とは


姓名判断は、五格と呼ばれる5つの格を用いて判断をしていきます。天格・人格・地格・外格・総格という5つの格のうち、人格はどのような影響をおよぼすのか、どのような意味を持っているのかについて見ていきましょう。

姓の最後と名前の一字目を足したもの

人格は、苗字の最後の一文字と名前の最初の一文字を合算した画数です。結婚すると苗字が変わることがありますが、人格が持つ運気は結婚して苗字が変わっても多少引き継がれます。人格は幼年期からの性格にも影響するため、結婚などで苗字が変わってもそのまま影響が変わらずに続くともいわれています。

人間の内面に関係

人格は主に内面的な性格を判断する部分です。幼年期からの性格に影響し、意思や決断力などについてもわかります。姓名でいうと、苗字の最後の一文字と名前の最初の一文字を合算した画数です。36~55歳の運勢も示し、外格から入ってきた情報の対処の仕方も人格からわかります。その人の意思は外格を通して外に発信されますから、外部との情報の橋渡し的な役割を果たすのも人格の特徴です。

吉数ならポジティブ・アクティブ・自信家の傾向

人格は内面の性格を表しますから、吉数なら性格面で良い影響が出てきます。物事を前向きに考えたり積極的な行動が目立つため、他人からもポジティブでアクティブな人というイメージにとられがちです。明るく行動的なところが、自信家のように映るかもしれません。人格は性格を表すのが本来ですが、人と触れ合うときには性格が関係するため人格の影響が仕事運や家庭運にも出てきます。

凶数ならネガティブ・嫉妬しがちな傾向

人格が凶数の場合、性格に悪い影響が出がちです。物事を悪い方向にとらえやすく、他人に嫉妬する傾向も出てきます。ついついネガティブな傾向が出てしまい、ストレスを抱えやすいこともあるかもしれません。他人にも暗い人というイメージに映り、疎まれやすい点に注意したほうがよいでしょう。このような悪い影響を受けてしまうため、自信を失いやすい面もあります。

姓名判断で主に性格に影響する地格とは

地格は、姓名判断では生涯に渡って影響がおよぶと考えられています。名前部分の画数を合算して見る運勢で、一文字の名前なら一文字の画数で運勢を見ます。厳密には0~35歳までの幼年期から青年期の性格を示すのですが、この時期は人生の成長期や最盛期でもあることから生涯に影響があると考えられているのです。地格について、どのような意味を持つのか見ていきましょう。

名前の画数の合計

地格は、名前部分の画数を合計して運勢を判断します。姓名の半分を示す運勢ですから、非常に重要です。2文字の名前であれば2文字の画数を合計し、3文字の名前であれば3文字の画数を合計します。1文字の名前の場合は、1文字だけで画数を出して地格とします。結婚して姓は変わっても名前が変わることは基本的にないため、一生を通じて影響するのも特徴です。人格も性格を表しますが、地格とは意味が異なります。人格は人の内面の性格を示し、地格は他人に対する自分の印象を示すのです。

人格形成の軸となる幼年期の運勢に影響

人の人格の多くは、幼年期に培われます。地格は幼年期から青年期までの人格を示すため、非常の大きな影響を与えると考えてよいでしょう。地格がどのような画数かによって、成長過程における運勢が左右されるのです。長期間の運勢に影響することからも、子供が生まれたときの命名は責任重大です。好ましくない影響を受けていると感じた場合は、他人から呼んでもらう名前を変えてみるのも一つの方法です。

性格や才能に関係

地格は、性格をはじめ、才能や金運、適職、性的傾向にまで関係してきます。家族との関係にも影響が出て、地格の良し悪しが子供時代に幸せに過ごせるかどうかを決定するようなところがあります。性格が金運や適職は無関係にも思えますが、地格は他人から見た印象のため、これが良ければ金運もアップし、良い職が見つかるといった影響に期待できます。性的傾向は青年期の恋愛や結婚にまで関係してきますから、性の悩みを抱えている方は地格をチェックしてみるとよいでしょう。

吉数なら社交性に富み他人からの印象がよい

地格の画数が吉数であれば、他人からの印象が良くなります。本人も社交性に富み、豊かな人間関係を育むことができるでしょう。人間関係は、一生を通じて人の運に色濃く影響します。他人と良い関係を保つことができれば、人生は楽しく過ごしやすいものとなるはずです。他人からの印象を良くしようと苦労する人もいるくらいですから、生まれながらに他人から受けが良いのは得です。

凶数なら他人からの印象が悪くなりやすい

地格の画数が凶数の場合、他人からの印象が悪くなりやすいのが特徴です。吉数の場合は良い印象を持たれて得することも多いのですが、凶数の場合は他人から疎まれがちで損をしやすくなります。周囲からもたらされるような幸運が減り、金運や家庭運、職業運も悪くなってしまう恐れがあります。だからといって、人生の終わりのように考える必要はありません。悪いことがどのような原因が起こっているのかわかれば、打開策をとることも可能です。

まとめ

名前によって性格に影響が出て、人生の幸運や不運が決まってしまうのは大問題です。ただ、自分の運勢が悪いと感じたとき、何が原因しているのかがわかれば対策を立てることも可能ですから、その意味でも姓名判断は役立ちます。姓名判断の結果が悪いからとあきらめず、便利に活用することを考えてみてください。