頭皮マッサージで期待できる効果は?やり方とツボがわかる画像・動画

人間の頭皮は、非常に薄い部分です。マッサージをしていくと、いろいろな効果を発揮できるようになります。実際に美容室などで洗髪するときにマッサージされると、驚くほど気持ちがいいでしょう。ヘッドスパなどがあるのも、それだけ気持ちがいいからです。すっきりとしていきますが、それだけではない恩恵を受けられるからこそ、やり方を考えていかなければいけません。

頭皮マッサージで期待できる効果

リフトアップ

頭皮を考えてみると、顔とつながっている部分となります。血行の改善ができるようになるため、リンパも流れやすくなるでしょう。これが、顔全体のリフトアップにもつながっていきます。しわの予防にもなってきますし、クマなどの解消もできることを考えると、おこなっていくべきマッサージです。血行促進という意味でも、リフトアップがもたらされていくのですから、健康的な美容方法になるでしょう。

むくみ解消

血行の改善が期待できることを考えると、むくみを取ることにもつながるでしょう。血行が悪くなると、どうしても細胞間に水分がたまりやすくなります。これがむくみにつながってくることになりますが、普段から悩んでいる人は一度試してみるだけでも違いを感じることができるはずです。血行の悪化はさまざまなデメリットを生じますが、むくんでいる状態は、その典型例といってもいいでしょう。水分を排出することがむくみのポイントになりますが、老廃物も同時に排出していくことになるのですから、頭皮マッサージによるむくみの解消は重要なポイントです。

育毛効果と抜け毛防止


血行の改善にもつながっていく部分ですが、育毛効果と抜け毛防止に役立ちます。どちらの問題も、血液によって栄養が運ばれてくることで改善してくることになるでしょう。髪の毛も人間の体の一部であり、頭皮の中で髪の毛が作られることによって解消していく問題です。血行を改善するために頭皮マッサージが有効ですが、なにも強くする必要はありません。軽くマッサージをするだけでも、効果を感じることができるようになるしょう。ストレス発散にもつながってくるため、血管が収縮しにくくなることで、栄養が運ばれやすくなるのも髪の毛にメリットを及ぼします。

肩こりの解消

頭皮だから肩は遠いと思うかもしれません。ですが、少しでも改善ができるようになると、血液は流れやすくなり、肩こりの解消にもつながっていきます。どんなところでも、血流を改善できることは、こりの防止に役立っていくため、頭皮は重要なポイントになってキルでしょう。多くのツボが集まっていることで、刺激も与えていきますし、頭部と肩で血管がつながっていることを考えれば、有効性も感じることができるはずです。

リフレッシュ効果


リフレッシュ効果は、血流の改善からももたらされます。気持ちが良くなるという部分でも、ストレスを発散できるようになるでしょう。頭皮のマッサージを繰り返していくことによって、ストレス改善につながっていることも実感できるようになります。血行という部分では、温まっているときにやると効果が高まっていくため、お風呂に入っているときに試してみると、リフレッシュ感が強まるでしょう。湯船につかりながら、ゆっくりとやってみると、気分もかなり良くなるはずです。そのためにはできるだけ優しく、柔らかくもみあげるのがポイントになるでしょう。

リフトアップできるかも!正しい頭皮マッサージ


頭皮にはさまざまなツボもありますし、血行の改善にもつながっていきます。正しいマッサージ方法といっても、なかなか理解しにくいところもあるはずです。動画を見てみると、どんな方法でいくことが正しいのか、その流れもわかりやすくなるでしょう。自分を鏡で見ているような感覚で動画を見てみれば、正しい方法がわかってきます。リフトアップを考えている場合にも、動画とともにやってみるといいでしょう。

症状別!頭皮のツボ押しマッサージ

翳風:むくみ解消

人間の体にはさまざまなツボがありますが、頭皮マッサージとしても利用されているのが、耳の後ろにある翳風です。えいふうと読みますが、顔全体の血行促進やストレス解消に使われています。首や肩こりにも効くとされていますが、耳たぶのすぐ後ろにあるくぼみですので、ゆっくりと触っていくとツボの位置がわかるでしょう。むくみ解消にも役立つツボで、首から上がってくる血行を変えていくことができるため、しっかりと抑えていきたい場所のひとつとなっています。抜け毛の予防にも役立つとされているため、気になる人には欠かすことができないツボです。

風池:血行促進

頭部といっても、後頭部の筋肉に作用すると考えられているのが風池です。血流を改善できるツボであり、肩こりや首のこりも解決できるとされています。首の後ろには骨のくぼみがあることがわかりますが、その左右に大きな筋肉があり、そのうえが天柱と呼ばれるツボです。ここから指1本分外側にずれたところに、風池はあります。くぼみになっているためすぐにわかるでしょう。後頭部と首をつないでいる部分であり、顔全体の血流量にも影響していきます。顔色がどうしても良くならないといった悩みがあるときにも良いでしょう。

天柱:首や肩のこり解消・抜け毛予防

天柱は風池の内側にあるツボですが、血圧安定に良いとされています。めまいや頭痛、目の疲れといったことにも刺激するといいとされており、非常に広い範囲に使えるツボです。慢性鼻炎といった鼻づまりにも良く、首や肩の凝りを解消しながら、抜け毛の予防にも使われている万能なツボといっていいでしょう。わかりやすいツボのひとつでもあり、簡単に刺激することができるのもポイントです。

百会:ストレス解消・抜け毛予防・血行促進

ツボとしてよく知られているのが百会です。頭の頂点にあるツボのひとつで、耳と鼻を延長戦で結んだところにあります。血圧を安定させるツボとして知られていますが、全身に症状のあることに対していいといわれています。自律神経にも有効で、耳鳴りにも良く、リラックス効果もあるとされているツボです。抜け毛予防にも使われますし、頭皮マッサージで血行促進の中心的なツボにもなってくるでしょう。ゆっくりともみほぐしていくことで、ストレス解消にも使われています。自律神経にも影響してきますし、寝違えによる首の痛みや予防といったこともできるツボです。

頭皮マッサージの注意点

 

やるタイミングは朝と夜がよい

頭皮マッサージは、いつやってもいいというわけではありません。血行を良くするということでは、朝と夜の両方でおこなうのが良いとされています。夜の血流が悪化してしまってむくんでしまうことはよくあるでしょう。この状態を改善していくことができるため、朝のマッサージは有効といえます。頭皮を柔らかくしていくことがポイントになってきますが、朝はとても効果的です。時間があまりないと思うかもしれませんが、そこまで長い時間を必要とはしていません。わずかな時間でもおこなっておけば、改善していくことがわかるようになるでしょう。

夜のマッサージは、リラックスするために、お風呂に入っているときがいいでしょう。頭を洗うのと同時におこなっても問題はありません。血行が促進されている状況ですので、頭皮に負担を掛けにくいところも重要です。発毛促進などを考えているときにも、お風呂での頭皮マッサージは血行とストレス発散という意味でも有効になってきます。

頭皮のマッサージがなかなかできないといったときには、くしをうまく使っていくのもポイントです。くしで頭皮をこするようにするだけでも、ツボを刺激します。髪をとかすときに少し意識してみるといいでしょう。朝などの時間がないときでも、有効に使えます。

5~10分程度やること


頭皮マッサージは長くすればいいというわけではありません。ツボを刺激していくという意味では長くても10分でいいでしょう。これ以上長くすると、もともと皮膚の薄い頭皮に負担を掛けることにもつながっていきます。何でも長ければいいというわけではありませんので、効果的な時間をうまく使っていくことがポイントです。擦れてしまって怪我につながってしまうこともあるのですから、これ以上の時間はやめておくのも、毎日続けるためのポイントになるでしょう。

マッサージをするときは力を入れすぎない

頭皮に対する負担という意味でも、あまり力を入れておこなう必要はありません。軽く優しく、柔らかくマッサージしていく必要がありますので、力は抜いておこなうといいでしょう。それでも、ツボの刺激には十分ですので心配はいりません。指をできるだけ開いて、頭皮を包み込むようにしながらおこなうと、余計な力を籠めることがなくなります。やわらかにしていくと、非常に快適な気持ちになっていくのを実感できるでしょう。

清潔な手で行う

頭皮のマッサージをするときには、手は清潔にしてからおこないます。しっかりと洗ってからおこなうことで、雑菌などを繁殖させたりする心配もなくなるでしょう。もしも傷をつけてしまったときでも、清潔にした手でおこなっていれば、心配事が減っていくことになるはずです。ケアという部分でも、頭皮を清潔にするという部分でも、まずは手を清潔にするところからスタートするといいでしょう。

まとめ

頭皮マッサージは、リフトアップや発毛促進をはじめ、さまざまな意味が出てきます。血行を促進させていくことができますし、多くのツボを刺激することにもなってくるでしょう。健康という意味でも使われることが多いツボがありますので、朝と夜の2回おこなっていくことが大切です。発毛という意味では、どうしてもやりすぎてしまう人もいますが、頭皮は非常に薄い部分でもあるため、優しく適度な力で、適度な回数おこなっていくことを心がけましょう。傷をつけたりすることなくおこなっていくことも必要になるため、十分に注意しておいてください。