脈なし診断!男性がする脈なしサインと脈ありに逆転するテク

気になっている男性が自分に気を持っているかどうか、というのは気になるところだと思います。脈がまったくない男性にいつまでも気持ちを持ち続けるのも何だかなという感じですし、できれば脈ありの男性にアプローチしたいですよね。そこで、ここでは男性がアピールする脈なしのサインやそこから脈ありに転じるためのテクニックなどをお伝えしたいと思います。

脈なし男性がアピールする脈なしサイン15選


片想いしている男性が実は全然脈なしとなるとちょっと哀しい気持ちになってしまいますね。逆に脈ありだと判断すればアプローチもできますし、もっと親しい関係になれるかもしれません。男性の多くはまったく興味のない女性、脈なしの女性に何かしらのサインを出しています。ここでは、脈なし男性がアピールしている脈なしのサインをまず覚えましょう。

二人きりでは会わない

好きな人とはできるだけ二人きりで会いたいものですし、さりげなく意中の人に二人きりで食事などに出かけたいと伝えたことがある方もおられるのではないでしょうか。女性のほうから二人きりの食事に誘うというだけでもかなり勇気のいることですが、彼からは2人きりはちょっと、と無理っぽい返事をもらった経験のある方もいるでしょう。このようなケースだと脈なしのサインだと考えられます。2人きりでは会わないというのは脈がないことを示していることが多いです。

LINEの返信が遅い

好きな人からLINEが来た場合、アナタならどうしますか?恐らく多くの方はすぐにでも返信をしてしまうのではないでしょうか。わざわざ自分にLINEを送ってくれているのだから早く返さないと、もっとたくさんお話したい、などいろいろな理由があるでしょうが、とにかく速く返信したいと思うでしょう。逆に興味がない異性、どちらかといと苦手な男性などからLINEが来たときには返信が遅くなると思います。これからも分かるように、LINEの返信が遅いのはアナタに対して脈なしと暗に伝えています。

好きな人がいるアピールをしてくる


別に聴いてもいないのに好きな人がいることをアピールしてくる男性はいませんか?何となく周りに言いたいだけということも考えられますが、このようなケースも脈なしサインだと考えられます。アナタから発せられる好きオーラを男性が察知し、脈なしだということを暗に伝えるためにこのような行動に出てしまうのです。好きな人がほかにいることをアピールすれば諦めてくれるだろう、と思っての行動です。

話題を広げる気がない

気になる異性との会話ならなるべく話題を広げたいと思うはずです。もっとたくさんお話したい、もっと仲良くなりたいと思うはずですし、話題をもっと広げようとするでしょう。しかし、その女性に対してまったく興味がない男性だと話題を広げることはありません。話題を広げようともしませんし、逆に早く話を切り上げようとすることもあります。このような場合はほぼ間違いなく脈なしだと考えられるでしょう。

そっけない態度を取る

自分が気になっている異性や好きな人に対してそっけいない態度を取ることができる人はそういません。よほど強靭かつひねくれた性格の持ち主ならあり得るかもしれませんが、ほとんどの方は好きな人には愛想のいい対応をするはずです。そっけいない態度をとるのはその人に興味がないということですし、脈がないといことです。

男性からは連絡をしてこない

LINEでやり取りすることはあるものの、いつも最初に送るのは自分ばかり、というケースだと脈なしである可能性が高いです。相手の男性があなたに興味を持っているのなら向こうからも連絡をしてくるのではないでしょうか。それがまったくなく、いつもやり取りのきっかけを作るのは自分だという場合だとまったく脈なしだと考えられるでしょう。

次の予定をぼかす


デートに誘うのに成功したものの、次の予定を決めようとしてもぼかしてはっきり答えてくれないということもあります。この場合もやはり脈なしだと考えられるでしょう。もしアナタとまたデートしたい、もっとお近づきになりたいと思っているのなら次の予定をぼかすようなことはありません。スケジュールを調整して教えてくれるでしょうし、この日にしようと積極的に日取りの提案もしてくれるのではないでしょうか。それがないのは脈がない証拠です。

目を合わせてくれない

もうここまでくれば脈なしとかいう問題ではなくどちらかというと嫌われているのではないでしょうか。状況にもよりますが、目も合わせてくれないようなケースだとアナタのことを一ミリも想っていないと考えられます。

二人の関係は友達と何度も確認する

「俺たちって最高に仲のいい友だちだよね」といった具合に二人の関係が友だちであることをやたらと強調してくるような男性も脈なしです。これはアナタとは友だち以上の関係になる気がありません、ということです。それゆえに二人の関係は友だちであるということを念押ししているのです。ここから進展させるのはちょっと難しいかもしれませんね。

ボディタッチが少ない

気になる異性にはボディタッチなどスキンシップをしたいものです。もちろん、あまりやりすぎてしまうとただのセクハラ、痴漢行為になってしまいますが、多少のスキンシップを交えたコミュニケーションは好きな人にはしてしまうものですよね。男性からアナタに対してまったくボディタッチがない、という状況だと脈なしだと考えられます。

以前の会話を覚えていない


「この前してた〇〇の話だけどさ~」と聞いても以前した話をまったく覚えていないこともありますよね。覚えているのは自分だけとなるとそれだけで哀しい気持ちになってしまいますが、これも脈なしだからです。アナタのことが少しでも好き、気になっているのなら以前した会話についてもある程度は覚えているでしょう。完全に記憶から抹消されているというのはつまりそういうことです。

約束をドタキャンする事が多い

よほどの理由があるのならともかく、ドタキャンは人としてやってはいけないことですよね。土壇場になって約束をキャンセルするドタキャンは友だちを無くしてしまいますし、褒められることではありません。にも関わらずドタキャンすることが多いということはアナタのことをまったく大切だと思っていないということです。嫌われても離れていってもどうでもいい、と思われている可能性が高いですね。

距離を縮めようとすると離れる


頑張って距離を詰めようとしても離れようとする男性もいます。追いすがるも必死に離れようとする方もいますが、この場合も脈なしだと考えましょう。このような状況だといくら追いかけようが無駄でしょうし、追いかければ追いかけるだけ離れていってしまいます。

女性扱いをしてくれない

女性扱いをしてくれないのも脈なしの証拠です。少しでも気になっているのなら女性扱いしないということは考えにくいですし、きちんと女性として対応してくれるはずです。それをしてくれないということはアナタのことを女性として見ていないということですし、見るつもりもないということです。

自分とは真逆の女の子が好みだと言う

アナタのことを目の前にして真逆のタイプの女性が好みだと口にするような場合、アナタに対する好意などはまずないと考えられます。敢えてそのようなことを言う必要はないのですが、それでも口にするということはつまりそういうことです。

脈なし男性を脈ありに逆転するテクニック


脈なし男性に恋をしていても成就させるのは難しいですし、どうするべきか悩んでいる方もいるかもしれません。しかし、そもそも脈なし男性はいつまでも脈なしのままなのでしょうか。ここでは、脈なしの男性を脈ありに逆転してしまうテクニックについていくつかご紹介しますから、脈なし男性を落としたい方はぜひチェックしてくださいね。

他の異性と比べて特別に扱う

ちょっと特別扱いしてみるというのは効果的なテクニックの一つです。ほかの異性と同じように扱うのではなく、ちょっと違った対応をしてみると男性の心の満足度を高めることができるでしょう。男性でも女性でも特別扱いされることに嫌な気持ちを抱くことはないでしょうし、自分が特別な存在であることが確認できれば嬉しくなるはずです。また、そこからアナタのことを見る目が変わってしまうかもしれません。恋に発展する可能性は十分あるでしょう。

ただ、このテクニックには注意点もあります。ほかの異性と明らかに差をつけた扱いをするわけですから、もしかするとほかの男性から顰蹙を買ってしまうかもしれません。どんな理由があろうとあからさまに差をつけた対応をされてしまうと気分がイイものではありませんし、腹立たしく思ってしまう方もいるのではないでしょうか。男性だけでなく周りの女性からも白い目で見られてしまう可能性もありますからそこは注意してください。

他の異性とも遊んでみる


ほかの異性と遊んでみるという手もあります。ほかの異性と遊ぶことによって気になる男性の気を引くことができるかもしれませんし、それによって二人の関係性が変わるということは十分考えられることでしょう。脈なしの男性であってももしかすると嫉妬の気持ちが芽生えてくるかもしれませんし、今まで自分に気があると思っていた女性がほかの男性と遊ぶことによってイライラしてしまうということは十分あり得ることです。

ただ、このテクニックも注意点があります。今まで自分に気があるような態度を取っていた女性が突然ほかの男性とよく遊ぶようになると完全に自分のことは諦めたと思ってしまうかもしれません。そうなるともう二人の関係が縮まることは考えづらいですから、このテクニックは諸刃の剣でもあります。うまくいく可能性もありますが、これから先の可能性が完全になくなってしまうリスクも背負ってしまいますからそこは覚えておきましょう。

これまで見せていないギャップを見せる

ギャップに弱い男性は多いです。ギャップ萌えという言葉もあるように、普段の姿とは想像がつかないような姿や態度を見たときに人の評価は大きく変わってしまうものです。これまでに見せていないギャップを見せることによって脈なしの男性を脈ありに変えてしまうということも十分可能でしょう。もちろん、見せられるだけのギャップがあるかどうかによりますが、ないのなら自分でギャップを演出してみるということも考えてみてください。

押してもだめなら引いてみる

押してもダメなら引いてみるというのも一つの手です。押し続けるばかりが手ではありませんし、時には引いてみることも必要です。それで案外うまくいってしまうこともありますから、ずっと押し続けてきたという方はここで一旦引いてみてはいかがでしょうか。それによって二人の関係性が大きく変わるということは十分考えられることです。アタックし続けてきた女性が一転してまったく自分を見なくなった、となると男性は気になってしまうものです。押してもダメなら引いてみる、これを実践してみましょう。

相手の好みを把握して勉強する


相手の好みを把握して勉強することで脈なしから脈ありに変わることは考えられます。相手の好みを勉強することで話題が増えますし、楽しく会話できるようにもなるかもしれません。まずは相手の趣味や好みをリサーチすることから始めてみましょう。直接本人に聞くのもイイですが、素直に教えてくれるとは限りません。こっそりと周りの人に聞いて回るのもイイですが、彼の耳に入ってしまうと自分の周りを嗅ぎまわっていると思われてしまいます。これも注意が必要ですね。

告白して振られたら距離と時間を置く

告白してフラれてもアタックし続けていると危ない女性、ストーカーだと思われてしまうかもしれません。こうなると余計に相手は離れていってしまいますから、告白してフラれたら一度距離と時間を置くようにしましょう。距離と時間を置いてしばらく経ってからまた告白するのはアリです。その前に以前とは違う関係性にしておく必要がありますから、適度に距離を詰める努力はしておきましょう。

自分磨きに精を出す

彼が付き合いたいと思えるような女性になるための努力もしなくてはなりません。いろいろと自分磨きをして素敵な女性になれるよう努めてください。自分磨きというと外見だけに捉われる方が多いですが、外見だけでなく内面もしっかりと磨くようにしましょう。

まとめ

男性の脈なしサインと脈なし男性を脈ありに変える方法などについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。脈なしの男性を脈ありに変えるというのは簡単なことではありませんが、無理なことでもありません。ここでご紹介したことを参考に頑張ればこっちを振り向いてくれる可能性は十分ありますから、ぜひこの記事を参考に脈なし男性を振り返らせてみましょう。