量産型女子とは?あるある8つと量産型を卒業する方法

日本中にあふれかえっているといわれる量産型女子は、異性の目からどのように見られているのでしょうか。実は、男子からは賛否両論の量産型女子。量産型という言葉からもわかるようにあまりいい意味では使われていないこともしばしばあるようなのです。

今回は、

  • 量産型女子のあるある
  • 量産型女子を卒業する方法

などについてご紹介します。

量産型女子のあるある8つ

まずは、量産型女子のあるあるについて、8つのポイントを紹介します。いわれてみると、自分にもあるあると頷いてしまうところがあるかもしれません。そんな方は、気づかないうちに量産型女子になっている可能性があります。自分の行動やファッションについて、チェックしてみてください。

流行りものに目が無い


量産型女子は、常に流行りものを意識しています。ファッションから出かける場所、食べ物に至るまで、ライフスタイルすべてにおいて流行に乗っていないと不安です。それが没個性となっていてもお構いなしで、世の中が右を向いていれば右、左を向いていれば左を向くのが特徴です。自分が気に入ったからではなく、流行についていけているかどうかを最重視しています。

同じ量産型女子で群れる

量産型女子が個性をなくしても流行りに懸けたいのは、同じ量産型女子仲間と一緒にいるからです。お互いに共感しあえる量産型女子は、異なる意見を出してぶつかり合うことがないため傷つく心配がありません。個性を出すために一人で悩んだり思考する必要もなく、気楽なのもやめられません。量産型女子を一人でやるのは不安でも、みんながいれば大丈夫。だから、いつも似た人と群れることで安心できる環境に身を落ち着けています

何でもかわいいと言う

かわいいものを見れば、かわいいと感じるのが人情です。しかし、量産型女子の場合は心からかわいいと思っていなくても「かわいい」のセリフが出てしまいます。「かわいい」と表現すれば誰も攻撃せずに済むし、誰かが共感してくれる可能性が高いです

SNSの写真がいつも同じポーズ


量産型女子は、自撮りが大好きです。目的は、SNSでアップすること。ネタ探しに余念がない量産型女子にとって、自分は格好の被写体です。流行りのお店やスポットに行く必要もなく、ヘアメイクやファッションに自己投資しながらネタを提供できることから、自撮りに夢中になります。自撮りのカメラ目線ポーズは、いつもお決まりになってしまいがちです。

噂話が好き

鏡を見て顔や髪をいじっているか、自撮りをしているか、噂話をしているかしかないというくらい、量産型女子は噂話好きです。他愛のない会話で共感を深めたいため、最初は毒のない話から始めても次第に悪意の混じった噂話へと進行しがちになります。没個性から脱け出そうとする人が許せず、日頃の不満を共感することで量産型女子同士の絆を深めるのが噂話をする目的です

こだわりが少ない

量産型女子に、こだわりはほとんどありません。強いてあげれば、周囲の真似をすることがこだわりです。ただ、それを量産型女子は人真似だとは思っていません。まわりに協調しているだけで、こだわりを持って個性を発揮している人のほうが協調性がない人のように見えています。こだわりを持たないことこそが、量産型女子のこだわりです。

流行りのメイクやファッションを選ぶ


流行りのファッションやメイクを追うのは、量産型女子の生きがいです。モデルが着ていた、ブログで紹介されていたというアイテムやコーディネートにいち早く目をつけて、追随します。ただ、周囲の量産型女子仲間が真似していなければ、その流行には価値がありません。みんなで同じファッションをすることが、量産型女子にとって大事なことなのです

量産型女子は、ヘアスタイルにも共通ポイントがあります。簡単にいえば、ゆるふわの茶髪です。前髪の長さが多少異なることで、かろうじて個人の区別はつきます。ただ遠目から見たり後ろ姿だけでは、誰が誰だか区別がつかないほど似ているのが量産型女子の集団です。ゆるくカールしたふんわり感のある茶髪は、男子ウケもよさそうです。おしゃれに気を遣っている感じもあって、量産型女子のヘアスタイルをしていることを誇りに思っている人もいるでしょう。

雑誌そのままの服装

流行に乗っていておしゃれに見える量産型女子のファッションやは、奇抜で外れるようなことはありません。ファッション雑誌に掲載されているままのコーディネートですから、おしゃれに決まっています。しかし独自のアレンジをすることもなくファッション雑誌の真似をしているだけですから、他の量産型女子との区別はつきません。周囲や流行に合わせることこそがこだわりで、自分の個性を表現しようという気はさらさらないのです。

雑誌の真似をすることは、流行への共感だと無意識に思っています。そんな量産型女子の興味を引くために、雑誌のほうが量産型コーディネートに合わせてきているようです。高級ブランド品への憬れはあるものの、量産型女子にとってはブランド品で身を固めるおしゃれは手が届かないと同時に個性的な少数派に映ってしまいます。ブランド品に似たデザインのプチプラファッションでいかに安くコーディネートするかも、量産型女子の自慢です。

量産型女子を卒業する方法

量産型女子の特徴に少しでも疑問を感じ始めたら、卒業どきかもしれません。しかし、これまで周囲に合わせることが生活の中心だった量産型女子にとって、卒業してどんな世界が待っているのか不安があるかもしれません。上手に量産型女子を卒業する方法について、見ていきましょう。

派手な色のファッションにしてみる


まずは、ファッションのカラーにこだわるところから始めてみるのもいいかもしれません。自分の好きな色を中心にコーディネートすればよいのですが、ついつい流行りが気になってしまうかもしれません。色にも流行がありますから参考にしてもよいのですが、中でも派手めな色のファッションにしてみるのは一つのアイディアです。いきなりハードルが高いと思うかもしれませんが、敢えて他の人が選ばなさそうな色を選べば、量産型女子から脱け出すのは簡単です。

海外のファッションを参考にする

日本には量産型女子があふれ過ぎていて個性的なファッションの模範がないと思ったら、海外のファッションを参考にするのもよいでしょう。雑誌でもインターネットでも、海外にはまだまだ個性的なファッションを楽しむ人が紹介されています。アパレルメーカーの広告を参考にするよりは、ストリートファッションを参考にしてみると、より個性的なおしゃれに出会えそうです

ただし、量産型女子のファッションを否定する人の中から、海外ファッションに目を向けて真似する人が多い点には気を付けましょう。今度は海外ファッションの量産型女子になりかねません。どこか一つでも、独創的な個性のあるファッションをすることが海外の女性が量産型女子にならない特徴です。海外ファッションのヒントを取り入れるときは、自分なりの工夫を活かすようにしてみてください。

万人に好かれる必要がないことを理解する

量産型女子にとって、他人から攻撃されるなど絶対に避けたいことです。そのため、万人に好かれるようなファッションやヘアスタイルをしています。しかし本来は、人それぞれに個性があるほうが自然です。奇抜さを売りにする必要はありませんが、すべての人に好かれる必要もありません。周囲にウケることばかり考えて過ごしていては、我慢することも増えててくるでしょう。それでは、自分なりの人生を充実させることになりません。自分がしたいファッションやメイク、ヘアスタイルをすることから、自分だけの人生を見つけましょう。

自分が欲しいかどうかを基準にする


自分の個性を活かしたファッションって何だろうと、考えても思いつかない人もいるかもしれません。実は、答えは単純なのです。自分が欲しいかどうかを基準にしてみてください。他人がどう思うかは除外して、自分の心に忠実になることで本当に欲しいものや必要なものがわかります。自分らしいスタイルを発見するには、自分のやりたいことを貫くのが一番です。

中には、量産型女子の生き方こそが自分のやりたいことと信じ切っている方もいそうです。量産型女子のライフスタイルは、決して悪いものではありません。ただし、没個性になることで大勢の中の一人にしかなれないことも理解しておきましょう。人間関係を深めていくこともできず、表面的に合わせるだけの集団の中で埋もれたままで終わる可能性は大ありです。

まとめ

自分がまさか量産型女子とは思っていなかった方にも、あるあるをチェックして共通点を発見したかもしれません。量産型女子そのものという方も、量産型女子に近づいてきていると感じたに素直になってみることで新しい自分を見つけてみませんか?