彼女を傷つけた!彼が取るべき対応とは?

男性の中には、これまでに何気ない一言で彼女を傷つけてしまったことがあるのではないでしょうか。口論になった拍子につい言ってしまうこともあるでしょう。傷つけるつもりで言ったわけではないかもしれませんが、受け取る側は、受けた言葉で深く傷ついてしまいます。

ここでは、彼女を傷つけたときに行う彼の対応の仕方をいくつか紹介していきますので、傷つけてしまったときの参考にされると良いでしょう。

彼女を傷つけたことありますか?


口から出た言葉を無かったことにはできません。彼女と仲直りしたい、だけど心から謝るにはどうしたらよいのかわからないという経験がある方もいらっしゃるでしょう。また、思わず口に出てしまった言葉だけでなく、普段通りにしていたはずなのになぜか、彼女が怒ってしまった、悲しんでしまったなんてケースもあると思います。この場合一体どんなことが起きてしまっているのでしょうか?

彼女を傷つけた理由:態度編

好きな相手を傷つけてしまったことを、彼女の態度で気がつくはずですが、どんな悪いことをしてしまったのか、原因がわからないこともあるのではないでしょうか。そこで、彼女を傷つけた理由の中から、彼の態度に注目して、どんなことで彼女が傷ついてしまうのかポイントをいくつか挙げていきますので、自分は果たして彼女を傷つけていないかどうか、確認していきましょう。

スマホに夢中で話半分


彼女は、彼と一緒に何かをしたり、共感したり、一緒に居る空間を楽しもうとしているはずです。なのに、彼女よりもスマホばかりいじっていては、一緒にいる意味がありません。彼女に向き合っていない彼に幻滅するでしょうし、彼女を悲しませてしまうでしょう。

彼女を大切に思うのなら、一緒に居るときは、スマホの電源を切るなどして、極力使わないようにしましょう。

デート中に他の女の子をチラ見

歩いていて、すれ違う女性が美しかったら、つい、目で追ってしまいたくなります。それは仕方の無いことです。ですが、彼女と一緒に過ごしている時に、他の女性に目移りしてしまっては、彼女が怒るのも無理ありません。

女性は、いつでもどんな時でも、自分を見ていてほしい、彼の愛情を感じていたいと思っています。彼女を悲しませないためにも、彼女と一緒にいる時だけは、まっすぐ彼女を見つめていましょう。

なかなか会わない

仕事が立て込んでいる、友人や同僚との付き合いにも参加しなければならないなど、男性は様々な形で忙しい時があります。自分が忙しいとどうしても彼女の方まで手が回らなくなり、会おうとすることや、デートの計画さえ億劫になってしまうことでしょう。

そのような状態が続くと、彼女の寂しさが増して、けんかや別れに発展してしまうかもしれません。ほんの少しでも会えれば、声が聞ければ、彼女は安心するのではないでしょうか。

彼女を傷つけた理由:言葉編


彼女は、彼が大好きだからこそ、彼の一挙一動を敏感に感じ取ります。彼女を悲しませることは、彼の言動行動にかかっています。もしも、悲しませてしまったのなら、どういう理由かを自分なりに探り、謝らねばなりません。ここでは、彼女を傷つけてしまった理由のうち、言葉に注目して、確認していきましょう。

「髪の毛切ったの?前の方が似合っていたね。」

彼女のちょっとした変化を感じ取ることはとても大事なことです。そして、彼女に伝えることで愛を深めることにつながります。ですが、変化がマイナスと受け取れる言動は、確実に相手を傷つけます。そんな時は、無難に言葉にしないことも一つの選択ですが、変化があったことに気がついてた、ということを伝える程度にしましょう。

「最近、太ったんじゃない?」

顔色が悪いや、急にすごく痩せたなど、病気に関わりそうなことであれば、心配になり調子を伺いたくなります。しかし、基本的に女性にとって、身体のことを言うのはタブーです。チャームポイントと自覚していれば別ですが、顔と体は、女性が一番気にする部分であり、ウィークポイントとなることがほとんどです。

お互いの中がどんなに仲良しであったとしても、顔と体については言わない方が良いでしょう。

「元カノの料理は美味しかったよ。」


恋愛中であれば、現在進行形の彼女、彼がベストパートナーなはずです。彼女も彼に寄り添って、頑張って家庭的なことを行って愛を表現します。ですが、過去の彼女と比較してしまっては、今の彼女はどうにもできません。ただ悲しませるだけです。例えそう思ったとしても、相手に伝えるのはやめて、心の奥にしまっておきましょう。

「僕のお母さんならね……」

彼女に甘えてしまい、彼女に母を重ねて、つい、自分の母親と比較した言動をしてしまうことがあります。彼女は、赤の他人であり、彼に同調した素敵なパートナーです。母性愛あふれる方でしょうが、自分の母親ではありません。彼女に甘えることも愛情表現の一つですが、甘えから自分の母親と比較する言動はやめましょう。

彼女を傷つけた時の対処の仕方は?

彼女を傷つけてしまったとき、気が動転して、もしくは、傷つけたことに気がつくのが遅くなり、瞬時にどうしたらよいのかわからなくなることがあります。彼女と仲直りして、関係を修復したいと考えているなら、的確に対処する必要があります。しかしながら、どんなことをしたら良いのでしょうか。体的に対処方法をいくつか挙げていきますので、参考にしてみてください。

すぐに謝る


どんな理由であれ、相手を悲しませたなら、すぐに謝りましょう。あれこれ考えて、いたずらに時間を過ごせば、どんどん彼女との溝は深くなります。理由が分かるなら、詳しく説明して謝り、理由が分からないのなら、謝って直接相手に理由を聞いてみるのも良いかもしれません。彼女に向かって、まっすぐに謝って気持ちを伝えてみましょう。

責任転嫁しない

相手を傷つけたことに対して責任を逃れたくなり、別の何かに責任を押しつけるような言い方をしたくなります。しかし、自分の犯した行動の結果であり、すべて自分で拭わなければなりません。そうした言動は、ただ、彼女の中のあなたの評価を落とすだけです。相手との溝を一層深めてしまいます。そうならないためにも、誰かに責任を押しつける言い方はやめて、心から謝りましょう。

非を素直に認める

相手を傷つけたと思ったら、即座に自分が悪いことを認め、素直に謝ることが大切です。自分が悪くないんだと主張したり、言い訳することは、相手との仲を一層悪化させます。傷つけたのなら、色々考えずすべてを飲み込み、悪かったと認めましょう。

誠意を見せる

傷ついた彼女は、なかなかあなたに向き直る気持ちになれないでしょう。また、口先だけの詫びは、相手にも伝わるものです。本当に相手と仲直りをしたいなら、一挙手一投足すべてに気持ちを込めて、彼女に接してみてはどうでしょうか。心の底から一心に詫びるあなたの思いが、彼女にも伝わり、少しずつかもしれませんが、気持ちをあなたに向けてくれるかも知れません。

反省して同じことはしないように気をつける

あなたによって深く傷つけられた彼女は、仲が戻ったら、再び彼から同じように傷つけられると思っているかもしれません。彼女の不安を取り除くためにも、彼女に対して同じことを二度としない、ということを確約しましょう。不安が解消されたと思ったなら、もしかしたら、気持ちが振り向いてくれるかもしれません。

彼女の気持ちを考える

相手を傷つけた自分は、果たして彼女に寄り添っていたのでしょうか。今一度彼女の立場に立って、あなたの言動行動で彼女がどんな思いがしたのか、今どんな気持ちでいるのかを考えてみましょう。そうすることで、自分の、今彼女に対する行動が自ずと見えてくるはずです。

お詫びのプレゼントを贈る


傷つけられた彼女の心は、拠り所のない気持ちでいっぱいになってることでしょう。そんな時、彼の心のこもったささやかなプレゼントが、気持ちを少しでも溶かせることができるかもしれません。物をあげればよいということではなく、彼女の気持ちに寄り添った何かでなあることが一番大切です。

プレゼントを選ぶときも、彼女の立場に立って考え抜いた物をあげましょう。温かみのあるさりげないプレゼントは、彼女の心を少し彼に傾けさせることができるかもしれません。

日頃からの対応が大切!

恋人同士の関係を長く続けたいなら、一緒にいる時間は楽しむ気持ちを忘れないようにすることが大切です。彼女がそばにいることを当たり前に思ったり、長く付き合っていると、気の緩みから相手を傷つけるようなことをしてしまいかねません。そうならないために、日頃の彼女との付き合い方にも自分なりに様々な工夫をした方が良いでしょう。

ここでは、どんなことに注意しながら接していくのが良いか、ポイントを挙げていきますので、参考にしてみましょう。

適度にマメな連絡を!


もしも、自分が忙しくて会う暇がないとしたなら、今自分の置かれている状況を彼女にきちんと伝えましょう。会えないのなら、頻繁に連絡を取るようにすれば、彼女のあなたに会えない寂しい気持ちも紛れますし、安心感を与えます。

いつも態度や言葉で大切に接する

彼女への付き合い方、接し方を疎かにしてはいけません。女性は恋人同士になると、彼を懸命に愛そうして、または、彼からの愛を確かめようと、様々な角度から深くあなたを見ようとします。そして、いつでもどんな時でも、あなたからの優しさを待っています。どこまでも尽くし、寄り添ってくれる彼女に、温かく接してあげましょう。

彼女との会話を楽しむ

男性は、あまり話すことに興味が無く、常にそばにいれば、話さなくてもわかるだろうと思いがちです。しかし女性は、彼と共感したり、共通の趣味を持ち、彼のすべてを知りたいと考えているため、どんな些細なことでも会話をとても楽しみます。

会話は、お互いを知る上でとても重要なツールです。相手を傷つけないようにするためにも、彼女を理解するためにも、彼女との会話を楽しみましょう。

まとめ

お付き合いしていく仲で、互いに傷つけてしまうことが全くない人はいないかもしれません。ですが、そうした出来事は、捉え方によっては、相手を深く知ることのチャンスとなるでしょう。彼女の考えていること、感じていることに触れ、好みや興味などを知ることで、仲直りのきっかけを生みます。

そして、彼女の立場に立って考えついた誠実な行いを実践してみましょう。元に戻れるかどうかは彼女の気持ち次第ですが、彼がこれまでと変わったことが分かれば、もう一度振り向いてくれるかもしれません。

彼女とそうしたヤマを乗り越えれば、きっと、これまで以上に素敵な関係を築いて行くことができるのではないでしょうか。また、相手への思いやりと寄り添う気持ちを忘れなければ、末永くお付き合いしていくことができるでしょう。