本当の優しさって何?女性に好かれる優しい男の特徴12個

私たちは日常的に優しさという言葉を使いますが、本当の優しさを理解しているでしょうか?あの人は優しい人、優しくしてもらったなど、人から人への行為として優しさを感じることがあります。しかし、優しさを漠然と理解していて、深く考えることは少ないかもしれません。優しさとは何なのか解説していきます。

本当の優しさとは?

「優しさ」の辞書的な意味は?

辞書で優しさを調べてみると、心温かい、思いやりがあることと記載されています。優しいという形容詞に、「さ」という接尾語を付けたものです。または、穏やかでおとなしいことを示す場合もあります。

「優しさ」とは「他人への思いやり」にも近い

優しさとは人への思いやりがあることです。困っている人を見かけたら声をかけずにはいられません。自分のことより他人の気持ちを優先するような人です。人はついつい自分優先で考えてしまい、自己中心的になってしまいます。本当に優しい人は他人の気持ちの変化に敏感で、その人のためになる言動や行動ができる人です。

自分の中のプライドや維持などを捨てることも優しさに繋がるかも

本当に優しい人になりたいと考えているなら、自分のプライドを捨てる覚悟も必要です。なぜなら優しさを持っている人は、他人からの評価の高さには拘っていないからです。自分が他人より優れている、他人より偉いとは考えていません。本当の優しさを持っている人は、過去に痛みを経験した人が多くなっています。人より優れていてもそれは勝手に周りが評価したものであって、何者でも平等に扱う気持ちを持っているのが特徴です。

優しい人の特徴

大切な人を守るために自分を捨てられる

優しい人は大切な人のためなら自分を捨てる覚悟があります。本来人間は誰もが自己中心的で、自分を守ろうとする本能があります。それは生きるために必要なことだからです。自分の身が危ないときでも自分を犠牲にできる、自分が損してでも相手を守ろうとすることができる人は、本当の優しさを持っている人だといえます。たとえば深い愛情を注ぐことができる家族が困っているなら、自分が損しても苦労してでも助けてあげたいと考えるものです。そういった考えを持つことができる人が本当の優しさがある人です。

ほんの少しの体調の変化に気付く


本当に優しい人は、周りのほんの少しの体調の変化にも気が付く特徴があります。それは常に人の気持ちの変化を感じ取っているためです。いつもよりも元気がないように見える、どこか辛そうな症状をしているなど、ちょっとした変化にも気が付くことができます。たとえ本人が体調の悪さを隠していても、優しさがある方にとって見抜くことができるのです。普段と違うその人の変化を読み取る力は、とくに女性が優れている能力です。男性でも周りの人の気持ちを優先する習慣が付いていれば、体調の変化に気が付く人もいます。

相手の好意に行動で返す事ができる

優しい人は誰かに何かをしてもらったら、躊躇せずにお礼の言葉を返します。助けてもらったらありがとうと返し、プレゼントをもらったら素直に喜びます。優しい人は素直な性格を持っているため、相手の行為に対し行動で返すことができるのです。そのとき感じた気持ちをストレートに伝えるため、周りの人からも好かれる傾向にあります。そういったことを普通にできる人は人望が厚く、誰からも頼りにされていることでしょう。

相手の立場になって考えられる

相手の立場になって考えられるのも、優しい人の特徴です。たまにいますが、相手のことを思って行動したつもりでも、逆に有難迷惑になってしまうことがあります。優しい人はそういった相手の気持ちを敏感に感じ取れる能力を持っているため、他人と近づきすぎず、遠すぎずの関係を築くのが上手いです。それは人にされて嫌な思いをしたことがあって、自分はそういう行動をしないと決めているからです。

さまざまな痛みを知っている


人に優しい人は経験豊富で、それを活かすことができている人です。今までたくさんの人たちと出会ってきたからこそ、人の痛みを知ることができています。そのような人は人に対しての興味が高く、積極的に人と関わろうとしています。たくさんの人と関わることで、いろいろな人間がいることを知り、ときには傷つき悩んでいる人と出会うこともあります。そういった痛みに触れることで、本当に優しい人へ変わることができるのです。

性別や年齢、立場によって態度を変えない

優しい人は他人からの評価にも拘りませんが、相手の地位や立場にも拘っていません。そのため、性別や年齢に限らず、誰とでも平等に接することができています。世の中の価値観は誰かが勝手に決めたことで、才能がない人間などいないと思っているからです。肩書があってもその人の価値を決めることはできないことを知っているため、立場によって相手への態度を変えたりしません。

優しい人は人に対して態度を変えることがないため、そういった面に敏感な子どもに好かれる傾向があります。子どもは本当に自分のことが好きで接しているのか、周りの評価を高めようとして接しているのか敏感に感じ取ります。人によって態度を変えない人は、自分から話しかけなくても周りの子どもたちが自然と集まってくる傾向にあります。

困っている人に手を差し伸べられる

優しい人は困っている人を見かけたら、素直に手を差し伸べることができます。その行為は自分の価値を高めるためにやっているのではなく、本当に助けてあげたいという純粋な気持ちからです。周りに困っている人がいれば真っ先に駆けつけ、問題を一緒に解決しようとします。その行動はたまにではなく、いつもであるため、周りの人からの信頼を得ています。

家族や友達を大事にできる


優しい人は家族や友達のことを考えて行動しています。そのため、周りの人が間違っていることをすれば、それは違うとはっきり言うことができる人です。本当にその人のことを考えているからこそ、指摘する言葉も出てきます。ときには人の欠点を指摘することもありますが、それは家族や友人の成長を考えてのことなのです。一見優しいように見えて欠点を指摘できない人は、自分が傷つくのを恐れているだけだといえるでしょう。

コミュ力がある

優しい人は誰とでも隔てなく接することができ、コミュニケーション能力に優れています。他人の良い部分が目につき、肯定することができるからです。優しい人は周りの人の良い部分を相手に伝えることができるため、人に好かれます。誰でも自分の良い部分を褒められて嫌な気分になる人はいないでしょう。優しい人のコミュニケーション力の高さは、誰に対しても良い部分を引き出す能力からきています。

少し優柔不断だが独善的すぎない

優しい人は少し優柔不断なところがありますが、自分勝手な行動に出ることはありません。言っていることと行動が一致しており、周りに対し嘘がないのが特徴です。人に優しくするのが当たり前だと感じているため、とっさの行動にも人柄が出ています。

友達が多い


本当に優しい人は周りからの評判も良く、友達が多い特徴があります。その人といて楽しい、前向きになれると感じることができるからこそ、多くの人が集まってきます。優しい人は他人に期待し過ぎることがなく、一緒にいても楽なのです。過度な期待がなく、心に余裕があるため、一緒にいて楽しい人だと感じることができます。

人に見られていなくても手を抜かない

優しい人は仕事にも厳しい傾向があります。なぜなら自分の責任で周りに迷惑をかけてしまうことを知っているからです。仕事では周りにも自分にも厳しくなってしまいますが、それは本当に周りの人を思っているからの行動です。ときどき厳しすぎて嫌われ役になる人もいます。甘やかすだけだとその人のためにならないことを知っているため、仕事でも手を抜かないのが特徴です。

まとめ

優しい人にもいろいろなタイプがいます。本当に優しい人になりたいと考えている方は、紹介した人の特徴を見直してみましょう。自分のことより他人のことを優先して考えているため、人からの信頼も厚くポジティブな考えを持っている特徴があります。自分に欠けている部分を見つめ直し、優しさを手に入れてみましょう。