フードコーディネーターになりたい!食の専門家になるための資格

食は生活していくうえで、外すことができない資格です。衣食住とも言われる中で、健康ということに直結していくことになるでしょう。単なる栄養補給というだけではなく、さまざまな楽しみもありますし、ビジネスとしての展開も広がっていくのが食です。その間を取り持ち、得意分野を強みとしながら活躍していくのが、フードコーディネーターといえるでしょう。活躍の幅の広い調理関係の資格といえます。

食のスペシャリストとして活躍するフードコーディネーターの魅力とは?

食の楽しさを伝える役割を持つフードコーディネーター

食は、なにも食べるだけで終わりではありません。さまざまな楽しみがあり、それをどうやって伝えるのかが重要な意味を持ってきています。特に企業から見ると、どんなものを作ったとしても、おいしさだけではなく、楽しさの面も伝えていくことができなければ、集客につながらなくなってきました。その役割を担っているのが、フードコーディネーターであり、なくてはならない存在へと昇華してきたといえるでしょう。

食品メーカーや飲食店など活躍できる場が豊富

非常に多くの場所で活躍してきたフードコーディネーターですが、飲食店だけが活躍の場ではありません。知識をいろいろと組み合わせていくことによって、各業界と連携も図れるようになっていきます。レシピも作りながら、テーブルコーディネートなどの提案もしていくことになるため、食品メーカーでも頼りにされる存在となるでしょう。マーケティングなどの知識もあれば、さらに活躍の場が広がっていきます。

独立してフリーランスとして働いている人も多い

企業に属していくだけではなく、フリーランスとしても活躍できるのが、フードコーディネーターの特徴といえるでしょう。実際に多くのフリーランスが活躍しており、多くの能力を生かしていくことができます。単に料理といった世界にこだわらず、経営といったところにも力を入れていけるのですから、食からさまざまなところへ派生できるのも、資格としての強みといえます。逆に言えば、総合力が重要といえるでしょう。

総合的な食のプロデューサーとして仕事の幅を広げることができる

仕事の幅というところで考えた時に、料理という単一の世界にとどまらないことは確かです。もっと多くの世界とのつながりがあり、総合プロデューサーとしての活躍が求められるようになりました。そのため、これしかわからないといった限定的な領域ではなく、総合的に多くの力を持っていることが求められます。さらに、役割としても、多くのことが求められます。今では、フードコーディネーターしかできないといったことでは、仕事は広がってはいかないでしょう。確実に応用力がなければ活躍できない世界となってきているといえます。

フードコーディネーターに向いているのはどんな人?

 

食に関する専門知識を深めたい人

食の知識というところでは、相当な世界が広がっていくことになるでしょう。専門知識という意味でも、かなりの量になっていきます。何を専門とするのかといったところにもよりますが、幅広く知識を身につけていきたいと思う人にとっては、フードコーディネーターの世界は、魅力があふれているはずです。食に関心があり、感覚もどんどんと広がっていくことになるため、自分から世界を広げ知識を深めたいという思いは、大きな力になっていくでしょう。

食を通じて周りの人を楽しませたい人

さまざまな人に色を紹介することによって、多くの楽しみが出てくるようになります。レシピひとつを紹介するとしても、ただ言葉を読み上げたり、まとめたりするのは、だれでもできることでしょう。これは何も楽しみとは言えません。そこに、多くの表現方法やテーブルコーディネートなども組み合わせ、食の楽しみということをもっと幅広く伝えたいという人は、フードコーディネーターに見ているといえるでしょう。

食を通じて発想力や創造力を活かしたい人

食を通じて様々な発信もしていくことになりますが、そこには発想力や創造力が必要になってきます。多くの知識を持って対応することが必要であり、さまざまな力を持って対応していかなければいけないでしょう。発想という面では、多くの知識が必要になりますし、想像していくためにも経験がなければいけません。ひとつの能力ではなく、さまざまな能力を持って、食というところで仕事をしてみたいという人には、フードコーディネーターは天職となるはずです。

フードコーディネーターは資格がなくてもできる?

お肉 料理

民間資格のため必ずしも必要というわけではない

資格には民間と国家資格、公的資格がありますが、フードコーディネーターは、民間の資格です。他に存在はしないため、なにか専門の教育を受けなければならないといったこともありません。フードコーディネーターとして働くことを考えた時にも、資格は絶対必要というわけではないため、なくても活躍することはできます。ですが、実際問題として、さまざまな能力が問われることになるため、多くの知識と経験が必要になるでしょう。

フードコーディネーター資格認定試験を取得すると活躍の場が広がる可能性も

資格の有効性には、いろいろな部分があります。資格取得のために勉強することになりますが、それが知識にもなっていくでしょう。フードコーディネーターの知名度の上昇もあるでしょう。知名度が上がってきたことによって、資格を持っていることが、大きなメリットにもなってきています。それだけの内容を学んできたことがわかるようになり、活躍もしてくれると考えられるからです。年齢制限も存在しませんが、一定の知識は有しているといえるのですから、フードコーディネーターの資格取得は大きな価値になってきているといえます。

フードコーディネーター資格認定試験の概要

 

試験は年に一回実施されている

資格試験は、常におこなわれているわけではありません。年に1回の実施になっているところが重要です。級によっても実施日が異なのは、内容も全く違うレベルになるところが大きいでしょう。試験内容も異なりますし、求められる能力のレベルも違います。非常に高い内容を求められるようにステップアップもしていくため、試験日は見逃さないようにすることが重要です。

フードコーディネーター3級のレベルと試験内容

3級のフードコーディネーターの試験は、入門といえるレベルです。フードコーディネーターとして考えても、本当に初めて覚えていくような知識のところからスタートしていきます。認定校で一定の時間履修することができれば、3級の資格は取得できるため、基礎的な脳力を問われるといえるでしょう。

フードコーディネーター2級のレベルと試験内容

2級はフードコーディネーターとしても、アシスタントレベルを想定しています。受験資格としては、3級に合格していることが求められますが、想定しているレベルを考えれば、3級取得ということは、そこまで難しいというレベルではありません。レストランプロデュースや食の商品開発、食のイベントメディアの3分野から選ぶことになってきますが、各分野で合格率に差が出てくるところも重要でしょう。

フードコーディネーター1級のレベルと試験内容

1級はプロレベルのフードコーディネーターとしての活躍が期待されているレベルが想定されています。かなりの難易度になってくるのも、活躍の場がプロというレベルで想定されているところからもわかるでしょう。レストランプロデュース、商品開発、生産・流通・消費、ホスピタリティ&ライフサポート、イベント・メディアの5科目を受験することになりますが、2次試験として面接試験もあります。各分野のスペシャリストであり、的確な指示もできるレベルですので、面接も大切な内容となってくるといえるのです。

フードコーディネーターの資格取得方法

 

認定校なら卒業時に3級を得ることができる

資格取得の方法を考えた場合、3級は認定校が安全であることは確かです。現実的なことを考えれば、知識としても2級にならなければ実践には耐えられるレベルとは言えません。かなりの知識をつけていかなければいけないことを考えても、認定校は役立つといっていいでしょう。

養成スクールに通う場合

養成スクールは、フードコーディネーターを目指すための道筋のひとつです。勉強方法として考えた場合、独学というのはかなり難しいといってもいいでしょう。養成スクールは、資格取得を目指しての勉強ができるところが重要であり、現場の実習もできるようになっています。現役のフードコーディネーターが講師をしていることも多いため、規模もいろいろとありますし、内容も違います。入学金や授業料にも差があるため、自分でいろいろと情報を集めて選択する必要があるでしょう。

通信講座を利用する場合

だれでも通っていけるわけではないため、通信講座を利用するというのは有効な方法となってくるでしょう。仕事があっても、通信講座であれば、うまく時間を使うことができるようになっていきます。自分のペースで進められるところもメリットですが、モチベーションというところでは、スクールよりも劣ってしまうでしょう。それでも、独学よりも多くのことを学べるようになっています。

独学で学ぶことは可能なのか?

独学の場合、市販のテキストを購入して勉強することになります。通信講座にも近いレベルですが、合格のためのノウハウといったところはありません。あくまでも、知識としてのレベルであり、どうしても独学は難しい部分を持っています。何よりも、モチベーションの維持も難しい上に、毎年の試験対策なども甘くなりますし、生の声も聴くことができません。不利な材料はいろいろとありますが、3級までであれば可能であるといえます。

フードコーディネーターとして活躍している有名人

SHIORIさん

SHIORIレシピseasons. (e-MOOK)
彼ごはんや花嫁レシピで有名なのがSHIORIさんでしょう。フードコーディネータとして、作ってあげたい彼ごはんを出版し、一躍有名となりました。手軽に作れるレシピが中心であり、ベストセラーになったのも、あまり難しいことではなく、美味しい料理を彼にプレゼントできるという手軽さが大きな反響を得たといえるでしょう。

北嶋佳奈さん

GINGERカフェごはん―簡単・かわいい・キレイ (Town Mook)
管理栄養士であり、フードコーディネーターとして活躍していますが、飲食店のキッチンスタッフからスタートしています。現在は本の出版や雑誌の連載でも活動されるようになってきており、デパ地下みたいなごちそうおかずや21時からのからだにやさしいウチごはんといった、少し違った目線のレシピが有名となりました。

浜田陽子さん

子どもと一緒に楽しく料理をつくれる魔法の声かけクッキング
フードコーディネーターとしてだけではなく、料理研究家、栄養士、食コンサルタントとして知られています。株式会社Studio coodyの代表でもあり、クッキングスクールも主宰しているため、高い知名度を持っているといえるでしょう。調理器具の実演販売もしているため、さまざまなメディアでの活躍を目にしているはずです。

まとめ

フードコーディネーターは、これから先、活躍の場はどんどんと広がっていくことは間違いありません。食というだけではなく、いろいろなこととつなげながら、広めていくことができるからです。資格として考えてもステップアップもできることから、将来を見据えて取得も考えていくといいでしょう。