自分に自信が無い人の特徴はコレ!自信をつける方法とは

誰でも自分に自信を持てない部分は1つや2つはあるかと思います。自信がない時に、ネガティブなことばかり考えてしまうと余計に気分が沈んでしまうので注意しましょう。今回は自信がない人の特徴や自信の付け方について紹介します。

自分に自信が無い人の特徴


自分に自信がない人は共通した特徴を持っていることがほとんどです。一見するとどれも関係ないように見えるかもしれません。しかし、これから紹介する特徴には「周囲の目が気になる」という共通した特徴を持っているのです。

自分の短所ばかり考えてしまう

自分の長所をすぐさま言える人は意外と少ないです。逆に自分の短所は次から次に出てくる人もいるのではないでしょうか。自分に自信がない人の特徴として、自分の短所ばかリ考えてしまうというものがあります。過剰に自分を褒める必要はありませんが、短所だけではなく長所も見つけましょう。

自分の良いところを見つけることによって、自分で自分を認めてあげることになります。例え自分であっても、誰かから認められているとなればそれが自信になります。周囲が認めてくれないからこそ、自分が自分を信じてあげるのもいいでしょう。

周りの意見に過剰に反応してしまう

周囲の意見に過剰に反応してしまう人は、自分に自信がない人の典型的な特徴と言えます。自信がないからこそ、周囲の意見に頼ってしまうのです。周囲の意見にばかり頼るのではなく、自分の意見と合わせて取り入れてみるようにしてください。

周囲の意見に過剰反応を見せることで「周囲にとって都合のいい人」とみなされることがあります。自分で自分の価値を下げる行為になるのでやめましょう。

ネガティブ思考


どんなに良いことがあっても、ついついネガティブなことを考えてしまう人はいませんか? ネガティブな思考はその人から自信を奪ってしまいます。慎重になることとネガティブになることは違います。ネガティブなことばかり考えるようになったら、少しでも気持ちが明るくなるようなことを考えましょう。

ネガティブ思考は良い?悪い?ネガティブ思考から卒業するには

他人のことが常に気になる

他人のことが常に気になっている人はいませんか? 友達、ライバル、その人たちが今何をしているのか、何を考えているのか知りたいという人もいるでしょう。それは自分に自信がないからこそ、周囲にいる人のことが気になって仕方ないのです。他の人と外れたことをしないか気になるのは、自分自身の行動や言葉に自信がないからこそ起こりえることと言っても過言ではありません。

自分の意見をはっきりと言えない


自分が「A」と考えていても、周囲が「B」と言えば、自分の意見を押し殺して周囲に合わせる人がいます。自分の意見をはっきりと言えないのは、自分自身に自信がないことの現れです。

コミュ力が低い

人付き合いが上手くいかない人もいるかと思います。特に近年はネット社会になっているため、実際に人を前にすると話せないという人も少なくありません。コミュニケーション能力が低いのは、自分に自信がない人が多いという説もあります。

極度な心配性

多少の心配性は問題ありませんが、過剰な心配性の人はいませんか? 例えば今さっき鍵を閉めたのに、出掛けた直後から鍵を閉めたか心配になる人もいます。基本的に心配性な人は自分自身の行動を疑ってかかる傾向があり、自信を持てません。心配性の度合いがどれだけ自分に自信がないかを表しているのです。

イジメなどのトラウマを持っている

人からイジメを受けた人の場合、自分に自信を持てない人が多いようです。その理由として「自分がダメな人間だからいじめられたんだ」という考えが心の奥底に刻まれてしまっているのです。しかも、これは結構根っこの深い問題であり、改善するのもなかなか難しいものです。

自分に自信が無い人の自信のつけ方


自分に自信をつけると聞くと、簡単そうに見えながらもかなり難しいことです。大人しい人に対して、いきなり騒ぐような性格になれと言っているのも同じなのです。しかし、日常生活の中でちょっとやり方を工夫するだけで自分に自信を持てる第一歩となります。

まずは目の前の事を集中してすすめる

自信がない人は目の前のことから逃げるクセを持っています。頑張ろうと思っても、大小問わず障害を感じたらそのことから逃げてしまうのです。そのため、集中力がない人になりがちです。子供の頃は逃げることが許されたとしても、大人になれば違います。

むしろ、目の前のことに集中出来ない人は周囲からの信用も得られなくなる可能性が高いのです。そのため、自信をつけるためにはまず目の前のことに集中出来る強さを持つようにしましょう。

今の自分を表現できる環境を整える

自分に自信がない人は、基本的に自分を上手く表現できない環境にあります。そのため、自分自身を飾らずに表現出来る環境を整えることで自信を持つことに繋がる場合もあります。

まずは、自分を表現するために必要なことを自分自身の中で明確にしておきましょう。自分らしさを表現するために何が必要かを知ることで、自分への自信に繋がります。

あまり他の人と比較しない


自分に自信がない人は、些細なことでも他人と比較するクセを持っています。それはファッションセンス、仕事、プライベート、普通であれば他人と比較しないようなことも目に留まってしまうのです。

誰かと比較することで、自分自身が余計に「何も出来ない人」という印象が強くなってしまいます。そのため、誰かから褒められたとしても「どうせお世辞でしょ」という卑屈な考えを持つようになってしまうのです。

他人と比較するクセがある人は「人は人、自分は自分」という考えを持つようにしましょう。人と自分を一緒にして比較するのではなく、他人がどうであっても自分は自分の好きなようにすればいいという考えを持てるようになれば、少しずつ自分にも自信が持てるようになります。

小さな成功を積み重ねる

自分に自信がない人の中には、過去の挫折や失敗からそうなってしまった人もいます。特にそれまで挫折や失敗なく過ごしてきた人にとっては、初めての挫折や失敗は心に強く残ります。

そういった原因で自信を無くしている人は、まずは小さな成功を積み重ねる努力をしましょう。大きな成功を狙っていても、いつ成功するのか分からないからです。小さな成功を積み重ねて「成功する自分」をいくつも作ることで、失っていた自信を取り戻せる場合があります。

大きな成功でも自信は取り戻せるでしょうが、その人を支える経験としては少ないのです。大きな成功を1つするよりも、小さな成功を3つ、4つした方がその人の心を成長させてくれます。

自分を過大評価をするのを辞める


自信を無くす原因として「思っていた自分と違うから」というものがあります。つまり、自分を過大評価していたということで、仕事やプライベートで失敗をすると「これは自分じゃない」「調子が悪かっただけ」と逃げの方向に走ってしまう場合があるのです。

逃げることで自分の心は守られますが、人としての成長は望めません。特に一度逃げてしまうことで、次も、その次も逃げてしまう可能性が高くなります。過大評価することで、自分の失敗を認められず、それが続くことによって自信喪失に繋がります。

自分を過大評価している自覚がある人は客観的に自分を見つめ直してみましょう。すべてを否定する必要はありませんが、すべてを肯定することで自分の自信を奪うことにもなるのだと覚えておきましょう。

まとめ

自分に自信が持てない人は珍しくありません。むしろどんなにポジティブに見える人であっても、実際は自信がない人だったということも珍しくないのです。自分に自信がない人は共通する特徴を持っているので紹介したものに当てはまる人は少し考えた方がいいかもしれません。自分に自信がない人は、自分で「変えたい」という気持ちを持つことで自信を持てることも夢ではありません。自分に自信が持てるようになりたい人は、ネガティブな言動を避けるようにしましょう。