わがまま女に対する男の本音!付き合い方に対する4つの考え方

わがままな女性とは、自分の思い通りに物事を運ばせようと画策をするような女性のことをよく言ったりします。多少のわがままであれば愛嬌で通ることもありますが、度を超えると周囲に不快感しか与えません。今回はわがまま女の特徴や印象、付き合い方について紹介します。

わがまま女の特徴

わがまま女の特徴として、先述したように「自分勝手な女性」というイメージがあるでしょう。しかし、それは「わがまま女」の特徴のひとつに過ぎません。他にもどのような特徴を持つ女性を「わがまま女」と呼ぶのか紹介します。

相手の立場を考えない


相手の立場を考えず、自分主体の考えを持つ女性を「わがまま女」に分類します。自分が得をすることであれば積極的に動く傾向があり、損得勘定でしか物事を見ないという特徴があります。

仕事を押し付けるというのも相手の立場を考えないわがまま女の特徴です。仕事は押し付ける割に、周囲から評価がもらえそうなことは率先して行うのです。どう動けば自分が得をするのか、これをすればどういうリスクがあるかなどが常に頭の中で計算されているのでしょう。

とにかく自分が大好き

自分大好きと聞くと、ナルシストと考える人もいますが「わがまま女」に分類してください。頻繁に鏡で自分の状態をチェックしている、可愛いポーズで男性に媚を売る、自分さえ良ければ周囲からどう思われても構わないという特徴を持っています。

そのため、自分に甘くなる傾向があり、その甘さが仕事面で周囲と大きな差をつけてしまいます。仕事が遅かったり、ミスが多かったりなども「可愛い仕草」で乗り切ろうとするため、タチが悪く、女性ウケは最悪と言っても過言ではありません。

自己PRが激しい

職場の飲み会や合コンなどで自己PRが激しい人もいるでしょう。これも「わがまま女」の特徴のひとつと言われています。こういった女性はたとえ彼氏がいても、大勢が集まる場で他の人が注目されることが気に食わないという意識を持っています。そのため、自分が注目されるために、周囲の出会いさえも壊しかねません。

いつも上から目線


常に上から目線の女性に心当たりはありませんか? 冗談で上から目線になるならともかく、普段の態度が上から目線になってしまうと人は離れていくものです。誰だって自分を見下す相手と一緒にいたいとは思いません。

わがまま女に対する男性の印象は?

わがまま女に対して、男性はどのような印象を持っているのでしょうか。こちらでは、わがまま女に対して持った男性の印象を一部紹介していきます。

甘え方が可愛い!甘えるのに慣れている

わがまま女は男性に対して甘え上手な一面を持っています。そのため、嫌悪感ではなく好感を抱く日ともいるようです。甘えることに慣れている女性は、男性が持つ女性への理想をくすぐるコツを持っているため、男性に嫌悪感を与えない甘え方をする傾向があります。

いつも話題の中心にいるので目立つ存在

わがままな女と聞くと、マイナスなイメージも強いのですがみんなの中心にいて目立つ存在という印象を持つ男性もいるようです。こちらは「わがまま女」の特徴がプラス面で働いているのでしょう。内気な男性ほど、わがまま女の持つカリスマ性に惹かれる傾向があります。

わがまま女には妹・末っ子タイプが多そう


わがままというと、妹や末っ子タイプが多いと感じる男性がいるようです。実際に甘え上手な女性の場合、男兄弟の中にひとりだけの妹、女兄弟はいても末っ子だったりと両親から甘やかされて育ったという環境の人が多いようです。

環境によって性格は作られていくものですが、人間関係によって自分の性格が良いかどうかはある程度分かるようになってきます。自分の周りから離れる人が多い場合、自分の性格に問題があるのかもしれないと考えましょう。わがまま本位で許されるのは子供の時だけです。大人になってからは周囲に配慮出来るような心遣いも必要となってきます。

度が過ぎた甘え方にはうんざりすることもある

男性は甘え上手な女性を好む傾向がありますが、度を過ぎた甘え方には不快感しかありません。多少の甘えならともかく、男性がすべてお金を払うのが当たり前、という甘え方をする女性も珍しくはありません。そのような状況になると、男性は自分が「財布代わりにされている」と感じることもあるので注意しましょう。

何事も度を超えたことは相手にとって不快感しか与えないので、男性に甘えがちな女性は少しだけ控えてみるといいでしょう。

わがまま女とどう付き合う?

実際に親しくなる前は、相手がわがままかそうではないかなんてわかりません。友人、恋人、これらの付き合いが始まってから気づくことがほとんどでしょう。わがまま女は付き合い方が大変と言いますが、こちらではどのような付き合い方が適しているのかについて紹介します。

段々激しくなるわがままぶりに距離を置く


わがまま女の場合、線引きが甘くなってどんどん酷くなる傾向があります。最初はわがままも可愛いと思っていた男性も、どんどんうんざりするようになるでしょう。わがままが酷くなった後、多少の指摘をしても変わらない場合は距離を置くしかありません。

わがまま女は接していた相手が離れていくことで、少し考えを変える傾向があります。もちろん、指摘を受け入れて改善する女性もいますがわがままが当たり前になっている人は「何が悪いのか」が分かりません。そうなった場合は、もう距離を置くしかないでしょう。振り回されることは精神上良くありませんし、その人の日常生活にも悪影響を及ぼしかねません。

わがまま女を直してもらうように頼むこともある

一番良い方法は、わがままな部分を指摘して直してもらうことです。自分の性格や行動などは、意外とどこが悪いのか自分自身では分かりません。そのため、わがままっぷりも無自覚で行っている場合があります。無自覚で行っている場合、そのわがままで周囲を不快にしていると分かれば改善されることもあります。

わがまま女に我慢しきれず別れを選ぶ

わがまま女に我慢出来なくなった場合、男性は女性に別れを切りだします。しかし、この状態になるまでにはいくつかの兆候があります。わがままを直すように言われることから始まります。最初は遠まわしだったものが、ストレートに言われるようになり、その後も男性側が注意をしても聞き入れられなかった場合は残念ながら別れを切り出される可能性が高くなります。

この場合、悪いのはわがまま女です。男性側はわがままを改善しようと努力を続けていて、結果としてその努力が女性側に届かなかったため別れを切り出すという最終手段に出るのでしょう。

わがまま女とは結婚できない!


あまりにも女性がわがままぶりを見せていると、将来にも大きな影響を与えます。交際をしていて、結婚を意識したとしても結婚後にずっとわがままに振り回されるのかと考えれば、男性側も怖くなるのは当然です。

せっかく恋人が出来ても、自分の態度で結婚を遠のかせている場合があります。男性としては、わがまま女に振り回される結婚生活よりも、男性をいたわってくれる優しい女性と結婚をしたいと考えるのは当たり前なのでしょう。

女性側も、もし逆の立場だったらと考えてみてください。わがままな男性に振り回される結婚生活を誰が好むのでしょうか。自分主体ではなく、もし自分のような相手と交際、友人関係を築けるかどうかも客観的に見つめ直してみましょう。

まとめ

わがまま女にはさまざまな特徴がありますが、自分で気を付けることで改善出来ることも多いのです。これが自分の性格だから、と恋人や友人に性格を押し付けるのではなく不快感を与えないようにどのような態度で接すればいいのかも考えましょう。自分を見つめ直して性格改善をすることで、結婚に繋がったり、彼氏が出来たりなど、新しい人生が開ける場合があります。