諦めない心とは?なりたい自分になれる人の特徴と諦めずに続ける方法

子供の頃から「諦めてはいけない」と親や学校の先生から教えられてきたりしましたよね。諦めない心というものは、どうやって作られていくかを知っていますか? 単純に「諦めない」と考えるだけでは、諦めない心というものは手に入りません。今回は諦めない心の手に入れ方や特徴などについて紹介します。

諦めない心とは?


諦めない心とは、名前の通り何にでも最後まで取り組む心を持つということです。こちらでは、どのようなものを「諦めない心」と呼ぶのか紹介します。

目標をやり遂げる力を持つ心

先述したように、目標を最後までやり遂げる力を持つ人は「諦めない心」を持っていると言えます。目標は難易度が高ければ高いほど、諦める心は手に入れにくくなります。その理由として、目標に向かって何かをするということは、心身共に大きな疲労を伴うからです。

そのため、目標に向かって何かをしている時は「もうやめちゃいなよ」「そこまで頑張る必要ある?」など誘惑されます。その誘惑に打ち勝つ力が「諦めない心」なのです。

なりたい自分になるべく努力できる心

諦めない心を持っている人は「なりたい自分」のビジョンが明確に出来ている人です。なりたい自分になるためには努力は必要不可欠です。だからこそ、途中で嫌なことがあっても、挫折しそうになっても「諦めない心」を持って努力出来るのでしょう。

壁にぶつかったときに打ち勝てる心


人間は壁にぶつかった時、挫折をした時、自分にとって思わぬことが起こった時に「諦めない心」を持てているか判断出来ます。その壁を乗り越えようと考えられるかどうかで諦めない心が自分の中にあるかどうか分かるのです。ある意味、壁にぶつかった時こそ目標への本気度が試されると言っても過言ではありません。

諦めない心を持つ人の特徴とは?

諦めない心を持つ人には、共通する特徴があります。最初からその共通点を持っている人もいれば、今まで積み重ねてきた努力によって得た人もいます。では、その特徴とは何なのでしょうか。

細かいことは気にしない楽観的な人

楽観的な人と聞くと、考えの甘い人と感じるかもしれません。しかし、細かいことを気にしないという楽観的さを持っている人は多少のことでは諦めない強さを持っています。楽観的ということがマイナス方面ではなく、プラスに働いているからです。

自分を褒めて大切にできる人

自分を褒めて大切に出来る人は、他人も大切にすることが出来ます。自分自身を褒められるということは、自分の可能性を信じているからです。そのため、壁を感じたとしても自分の可能性を信じているからこそ立ち止まることはしません。

失敗した経験も持つ経験豊かな人


失敗経験を持つ人は「諦めない心」を持てるようになります。失敗経験がないからこそ、大きなショックを受けて、そこから動けなくなります。しかし、失敗経験を持つ経験豊かな人はショックを受けた後にどうすれば立ち上がることが出来るかを知っているからです。

何でも楽しめる人

どんなことでも素直に楽しめる人は、諦めない心を持っていると言われています。その理由は、何でも楽しめるということで知識や経験が豊富だからです。積み重ねてきた経験や知識が目標に進むための力を貸してくれます。

すぐに諦めてしまう人に伝えたいこと

諦めない心を持ちたいと思っている人の中には、すぐに諦めてしまう人もいます。諦めるということがクセになっている人もいるのではないでしょうか。そこで、こちらではすぐに諦めてしまう人に伝えたいことを紹介します。

頑張るときと休むときの切り替えをすること

すぐに諦めてしまう人が勘違いしがちなのは、諦めない心=無理をすることではありません。目標に向けて頑張る時と、身体を休める時の切り替えはとても重要です。諦めない心を持っている人は、頑張る時と休む時のスイッチを上手く切り替えているということを忘れないでください。

ずっと頑張り続けると、心身共に疲弊して倒れてしまいかねません。同じ「頑張り続ける」でも、1日に出来る量を増やすのではなく、自分に出来る量を把握して毎日継続出来るようにすることが大切です。

慎重になりすぎず思い切った行動力を持つこと


諦めない心を持つことは、慎重になりすぎないことも重要です。慎重になりすぎることで、思い切った行動をすることが出来ず、その結果自分の可能性を狭めていることがあります。思い切った行動ばかりをするのも良くありませんが、慎重になりすぎるのも良くないのです。

目標を明確にしよう

諦めるクセがついてしまっている人は、明確な目標を持っていない可能性があります。自分がやりたいこと、成し遂げたいことは何なのかしっかりと目標を持つことで諦めない心を持てるようになる場合もあります。いきなり諦めない心を持とうとするのではなく、どのようなことをしたいのか、ということからはっきりと考えてみてはいかがでしょうか。そうすることで、今まで見えなかったものも見えてくるかもしれません。

諦めない心を育てる方法

諦めない心を育てる方法と言っても、難しそうで実践出来ないと考える人もいるのではないでしょうか。実際に難しい方法もありますが、こちらで紹介するのは誰にでも出来る簡単な方法ばかりです。効果は高いけど難しくて実践しづらい方法より、時間はかかっても諦めない心をゆっくり育てられる方法を試してみましょう。

自分の成果を毎日・週ごと・月ごとに確認する


諦めない心が育たない理由として、自分の成果が目に見えないというものがあります。自分がしていることは、本当に目標に近づいているのか、どれだけ頑張れているのかということが目に見えるようになれば、自然と「頑張ろう」という気持ちが増えて行きます。この「頑張ろう」という気持ちが諦めない心を育ててくれるのです。

前向きな気持ちを持ち続けるよう努力する

目標に向かって頑張っていても、挫折を味わうことがあると思います。しかし、どんな時でも前向きな気持ちを持ち続けるように努力することが諦めない心を育ててくれるのです。後ろ向きな気持ちでいても、状況は好転しません。

それより、前向きに「どうすれば状況を好転出来るか」という考えを持った方が良いと思いませんか。後ろ向きな考えを持つことで、そこで歩みを止めてしまう可能性がありますが、前向きに考えることで歩みを止めることはありません。前向きな気持ちを持ち続ける理由として、歩みを止めずに歩き続けるためというものがあります。逆を言えば、後ろ向きな考えを持った時点で諦めクセの第一歩を踏みだしていると考えましょう。

なぜ諦めたくないのかを考える

諦めない心を育てるためには、なぜ諦めたくないのかを考える必要があります。諦められない理由を知らないままだと、目的地が分からないまま走ることと同じです。諦めたくない理由が、諦めない心を育てるために必要不可欠と言っても過言ではありません。

諦めたくない理由を知ることで、自分の心を奮い立たせることも可能です。やる気と言ったら陳腐に聞こえるかもしれませんが、諦めない心を育てるためには「やる気」も必要です。諦めクセがついてしまっている人は、諦めたくない理由を明確にして、自分の目標にしましょう。

まとめ

諦めない心を持つことは難しいと考える人もいますが、実際はそうでもありません。多くの人の場合、頑張ることに疲れてしまっている傾向があります。諦めた方が楽だからと言って、頑張ることをやめてしまうのです。特に目標に向けて頑張っていたけど壁にぶつかったという人が諦める傾向があります。諦めない心は誰でも持っているものであり、現時点で失くしていても決して手に入らないものではありません。自分を見つめ直すことから始めて、再び諦めない心を手に入れましょう。