話し方であなたの第一印象は決まる!人に好かれる10Tips

話し方ひとつでその人の印象は大きく左右されるといいます。話し方でその人の第一印象が決まると言われているほどです。では、どのような話し方であれば良い印象を持たれるのでしょうか?人に好かれる話し方を紹介します。

話し方は人を印象付ける

仕事・プライベートを問わず話し方は大切

なんとなく感じが良かったり、仕事を頼みたかったりと、印象が良い人というの皆さんの周りにもいるかと思います。職場でもプライベートでも、そのような人は好感度が上がりがちなものです。そういった人たちは話し方に特徴的なものがあるという声もあるようです。話し方によって好感度が変化するというのはどのようなものなのでしょうか。また、その話し方を変化させることによって、ビジネスや恋愛、家庭内環境にどのような働きをもたらすのでしょうか。

ビジネスシーンでは話し方で商談の成否が変わる

ビジネスシーンのおいて、第一印象は重要なものです。そのため、社会人はとにかく身だしなみに気を付けて、だらしない人間に見えないように心がけます。また、立ち振る舞いにも気を配る人もいるようです。しかし、外見だけではなく、話し方も商談に影響するという意見もあります。これは、話し方によって会話が弾んだり、その話の内容に説得力が増したりするテクニックが存在するからです。このことを踏まえた上で商談に望むことで、その結果が変わる可能性があります。ビジネスシーンで活躍する人たちには必須のテクニックと言えるのかもしれません。

家族とのコミュニケーションも話し方が重要

家族間では特に顕著に見られると言われるというのが人を「落とす」コミュニケーション。身近な存在だからこそ、ついトゲのある言い方をしてしまう人もいるかもしれません。しかし、これは家族間の人間関係に影を落としてしまうかもしれません。この背景には、その人の育ってきた家庭環境やテレビバラエティなどの影響。また、日本の男尊女卑的な古い文化が関わっているという意見もあります。家族間でも尊厳を認め、相手の意見を汲み取り、その中で自分の意見を言えるような関係性を構築できるように心がけたいものです。

異性からモテる人も話し方がよい


正直モテそうに見えないのに、何故か異性にモテるという人の特徴には話し方が影響していると聞きます。逆を返せば、持てない理由には話し方が関係していると言えるようです。異性に好かれる話し方の特徴としては、まず聴く姿勢を持っているということが大切になります。「話し方」というと、どうしても「何を話そうか」という気持ちになってしまうがちですが、そうではなく、相手の話をきちんと聞き、相槌をしっかりと打つことで相手のことをきちんと認めているという意思表示になります。また、実際に話すときもハキハキとリズム良く、トーンに気を付けて話すことが大切です。場合によってはボイスレコーダーなどで自分の話し方を録音してチェックするのも良いかもしれません。

人に好かれる上手な話し方10選

目を合わせて話す

「目は口ほどにものを言う」という言葉が存在するくらい、目は石を表すと言われています。そのため、コミュニケーションを取る上では、目をそらしては相手に本質的なものを伝えにくくなってしまうのです。そのため、しっかりと相手と目を合わせて話すことが重要になってきます。しかし、ここで気をつけたいのがその目線のやり場です。ずっと相手の目ばかり見ていると、相手に威圧感を感じさせてしまうかもしれません。こういったことを避けるためにオンとオフを付けて目線を外すことによってメリハリをつけましょう。上手に相手の目を見ることができないと言う人は相手の鼻あたりを見るのも1つの手段です。

身振りや手振りを使う

人前で話すときは話す内容だけでは相手にその内容を上手く伝えられないことがよくあります。そのため、言葉で不足している情報を身振り手振りで表現することでより一層深くコミュニケーションを取れると言う声もあるのです。動きはその話の雰囲気を表現することになります。ジェスチャー自体に意味があるものもあれば、その話に相手を引きつけると言う性質を持つジェスチャーもあります。自分の動きが他人にどう映っているかをしっかりと把握することで、1ランク上の話し方を目指すことが出来るでしょう。

明るい表情で話す


話し方において、表情というのは非常に大切な意味を持つポイントの1つです。明るい表情の特徴に口角を上げるというものがありますが、こちらは声のトーンを明るくする材料でもあります。これは、上顎の奥にある軟口蓋が口角を上げることによって引き上げられるからです。そのことにより、共鳴腔という声が反響する体の部位が広がり、声がより一層響きやすくなります。また、表情も笑顔に近くなり、相手に与える印象もポジティブなものになるため、会話も弾む傾向にあるようです。笑顔の力は相手に柔らかな空気感を与えるだけでなく、自分の声質にも深く影響を与える傾向にあります。

内容に応じて声のトーンを変える

声のトーンはその内容によって使い分ける必要があります。声の高さや低さ、さらには話すすピートやテンポ、声の大きさまでを総称することがあるトーンという言葉ですが、このトーンを使い分けることによって会話を上手に続けることが出来るようです。たとえば、相手に誠実さや自信を伝えたりという場合には声のトーンを高くして話すようにしましょう。その逆に、相手に安心感や冷静さを促したいときには声のトーンを落としましょう。そのことで相手に対して分かりやすく説明をすることができ、落ち着いた状況を作り出せるようです。

声のボリュームは大きすぎず小さすぎずを心がける

声の大きさは、一般的には自信を表します。その上、小さい声というのは聞き取りにくいのでコミュニケーションを取る上では不向きです。しかし、ずっと大きな声で話せば良いというわけではありません。大きな声というのは時として人を疲れさせるばかりか、自分の話でどこが重要なのかを分かりにくくさせてしまう可能性もあります。人に伝わる話し方を会得したいのであれば、自分の声の大きさをコントロールすることが重要です。プレゼンテーションなどでさらに相手を惹きつけたいというときには、あえて小さな声で話すというのも有効でしょう。しかし、そのときにはしっかりと相手に聞き取れるように腹式呼吸を会得してから話すようにしましょう。

結論から先に話す

相手につまらない印象を与えてしまう話し方というのは、ついダラダラと余計なことまで話してしまうことで無駄に話が長くなってしまうことが原因の1つとして挙げられます。話が脱線して本筋を見失ってしまうという人は、結局その話でなにが1番大切なのか伝わりにくくなってしまうのです。そういった人はまず結論から話して見ると良いでしょう。結論から話してしまうことで、その話に引きが生まれます。結果、話の概要として結末に向かって話していきやすい流れが生まれます。このことにより、聞き手を飽きさせない話し方が生まれるのです。

簡潔に伝える


話し方を上手にする上で大切なのは会話の要約力です。その会話の要点を自分でハッキリと押さえておくことで、どこが必要なのかを知っておく必要があります。その逆で、会話に要らない部分を繰り返し、相手に話すことで、無駄に話の長いつまらない印象を与えてしまうことになるでしょう。話を簡潔にするためには、まず時系列にはこだわらず、話の要点を先に伝えて全体像を相手と共有することが重要でしょう。相手に聞く態勢を取ってもらうことで、自分も話しやすい環境を作ることができます。

相手が答えやすい質問で会話を終える

話を続けるテクニックも大切ですが、社会で生きていく中では話を終わらせるテクニックも非常に大切になります。会話をぶつ切りにしてしまっては何となく空気が悪くなりますし、相手に気を使ってしまうことにも繋がります。そうしたことを避けるためには、相手の意思で会話を終わらせることを促してみましょう。具体的には、質問を相手にぶつけて、その質問で会話が終わるようにしましょう。相手に良い印象を残せるように、感謝の気持ちを最後に伝えるのも良いかもしれません。

時にはユーモアを織り交ぜる

会話の中でユーモアは欠かせないもの。楽しい空気を作り出すことでコミュニケーションは重要なものですし、相手との関係性をグッと近づけることにも繋がります。このことを活かすために、時折会話にユーモアを織り交ぜてみましょう。しかし、注意したいのは、ユーモアは人それぞれポイントが違うということを念頭に置いてください。TPOに合わせたユーモアを心がけましょう

相手の話を否定しない

こんな話し方はNG

相手が何に興味を持っているか知ろうとしない

自分の話ばかりしようとしてしまう人は要注意です。会話というのは人と人とがコミュニケーションを取って初めて成立するもの。自分ばかりが話をして、相手に興味を持たなければ信頼関係を構築することが出来ません。まず相手に興味を持ってみることから会話を初めてみましょう。

自己アピールや自慢話が多い

自分の自慢話をするのは楽しいものですが、人にとっては不快に感じるかもしれませんので気を付けましょう。また、愚痴に見せかけた隠れ自慢も要注意です。十分痩せているのに「ダイエットしなきゃ」、高級外車に買い換えて「ローンが大変」など、相手によっては嫌味に聞こえるかもしれないという想像力を持つようにしましょう。

畳みかけるように早口

話し方において、そのスピードをコントロールすることは大切です。相手のことも考えずにずっと早口で畳み掛けるのは圧迫感にも繋がりますし、余裕のなさを表してしまいます。それを避けるためにはまず深呼吸をして、目の前の相手と同じくらいのスピードで話すように心がけるようにしましょう。

聞かれたことではなく自分が話したいことを話す

コミュニケーションを取るうえでは相手との協調性が大切です。そのためには自分だけが話したいことを一方的に話すことは避けましょう。相手の答えやすいような話題を適度に振ってあげることで、会話にリズムが生まれます。そのことで親密性が増していくのです。

中身のない話を繰り返す


雑談というのは時に中身のない内容になりがちです。それ自体はコミュニケーションを円滑に回すために必要なものですが、そればかりを繰り返してしまったら、相手につまらないというイメージを持たれても仕方ありません。そういったことを避けるためにも会話を繰り返すのは避けましょう。

まとめ

プライベートやビジネスシーンにおいても話し方というのは大切になります。会話をする上ではまず、人とのリズムを合わせることを心がけましょう。そして、ハキハキと物を言うことを意識して、テンポ良く自分の意見が言えるような環境を構築しましょう。また、自分ばかり楽しくなるような話し方は絶対にNGです。自分と相手で共にコミュニケーションを高め合うイメージが重要なのです。