結婚資金の相場と負担の割合はどれくらい?結婚資金を安くする方法も紹介!

結婚をする場合、それなりのお金が必要になります。女性は結婚資金として、若い世代から貯金を始める人もいるでしょう。しかし、結婚資金とは一体どれくらいが必要になるのでしょうか。意外と知らない結婚資金の相場や負担割合について紹介します。

結婚資金の相場


結婚資金の相場について、どのような結婚式を挙げたいかによっても異なってきます。親族だけで内輪の結婚式にしたいのか、友人を多く招いて盛大に行いたいのか、これだけでも随分と資金が変動するのです。結婚資金の相場を調べる前に、まず「自分がどんな結婚式をしたいのか」ということをはっきりさせることで、ある程度の費用相場も見えてきます。

結婚全体にかかる総資金はご祝儀を引いた金額

結婚全体にかかる総資金は、ご祝儀を引いた金額とも言われています。新郎・新婦、それぞれがどれだけの貯金をしているかにもよりますが、ある程度ご祝儀の金額を計算しながら損がないように工夫していきましょう。

昔の世代であれば、結婚式は挙げるたびにプラスが出るという噂もありました。しかし、実際そんなことはないのであまり過剰にご祝儀に頼るのも良くありません。

婚約指輪の相場は30万円

男性が女性にプロポーズをする時に贈る婚約指輪は、大体費用相場が30万円と言われています。もちろん各人の収入によって費用変動はありますが、一般的な金額は30万円という認識があります。婚約指輪はジュエリーブランドによっても費用相場が異なるため、30万円を大幅に超えることもあれば、意外と費用を抑えた指輪にすることも可能です。

結婚指輪の相場は25万円

指輪
婚約指輪よりも高価になるイメージがある結婚指輪ですが、費用相場は25万円と婚約指輪よりも低い傾向があります。最近は婚約指輪はいらないから、その分結婚指輪や新婚旅行を豪華にしたいという女性も増えてきているので、そういった場合は25万円の費用相場には当てはまりません。

海外ヘの新婚旅行なら約50万円

新婚旅行は国内と海外、どちらを選んだかで大きく異なります。海外を選んだ場合は50万円ほどが費用相場と言われていますし、国内であればその半分くらいが妥当であると考えられています。

結婚後初の旅行になるのですから、費用面を大きく考えずにふたりにとって行きたい場所を選ぶようにしましょう。

結婚式と披露宴は300万円が相場

一番気になるのが結婚式と披露宴の費用です。一般的には300万円が費用相場となっていて、貯金から捻出する人もいればブライダルローンを利用して毎月返済していくという形を取る人もいます。

予想以上に高額な費用がかかってしまうため、結婚式自体を諦めてしまう人もいるようです。結婚式が必ず良いというわけではありませんが、新しい人生を彩るイベントではあるので、後から後悔しない結論を出すようにしましょう。

結納時の両家の食事会に6万円ほど

結婚式前の結納時は、両家の食事会に6万円ほどが相場だと言われています。そのため、普段は気軽に行き来しないようなちょっと贅沢なお店を選んで予約することをおすすめします。新郎・新婦のふたりで決めてもいいですし、両家の両親が好みそうな場所を選ぶのもいいのではないでしょうか。

結婚資金の負担割合


結婚資金について考え始めると、ちょっと頭を掠めるのが負担割合です。結婚はふたりのイベントなので、お互いが納得出来る割合で結婚資金を出すのが当たり前なのですが、女性の中には「男性が払うもの」という認識をしている場合もあるようです。

2人で同額負担

一般的な負担割は、やはり同額を負担することです。300万円必要だった場合は、お互いで150万円ずつ支払うというのが後々トラブルにもならない理想的割合ではないかと思われます。折半以外で考えられている割合としては男性が7割、女性が3割というものです。折半よりは考えている人も少ないのですが、男女共に第2位の考えになっているようです。

女性側が5割でも3割でも大きなお金がかかることは間違いありません。そのため、パートナーとなる男性としっかり話し合うことが大切です。

2人のうち片方が負担する

これは不公平になりますが、片方がすべてを負担するというものもあります。これは後々トラブルになる場合もあるので、あまりおすすめは出来ません。よほど相手が裕福な家庭に生まれているということではない限り、男女共に結婚資金は負担するようにしましょう。

その理由は「結婚式費用を出してやった」という想いが出かねないからです。普段はそんなことは考えなくても、長い人生を歩む中でケンカをすることもあるでしょう。思っていないこともつい口を突いて出てしまう場合があります。売り言葉に買い言葉というものがあるように、気が高ぶっている時に言われた言葉は意外と心に残り、溝を作りだしかねません。

両方の両親に負担してもらう

何歳にとっても、子供は子供という考えの親もいます。最後に息子や娘に出来ることとして結婚式の費用を両方の両親で負担するというやり方もあります。しかし、これは両親にとって大きな負担になりますが、両親から申し出てくれた時は言葉に甘えてもいいのかもしれません。

片方の両親に負担してもらう

両方の両親が負担するのではなく、片方の両親が負担を申し出てくれる場合があります。しかし、これ後からトラブルに繋がることがあります。特に旦那さんの両親が負担したのであれば、妻となる女性は頻繁とは言わなくても必ず会う機会があります。その時にイヤミを言われるなど「じゃあ自分たちで負担したのに」と言いたくなるようなことを言ってくる場合があるのです。

結婚資金を安くする方法

ウェディング
比較的高額費用がかかる結婚式ですが、誰でも結婚資金を安くすませたいと考えているはずです。こちらでは、結婚資金を安くするためのちょっとしたコツを紹介します。

結婚式の規模を縮小する

結婚式の規模を縮小するだけでも、数十万単位で費用を抑えることが出来ます。会場の広さ、料理、引き出物、人数が多ければ多いほど費用は大きくかかってしまいます。そこで、親族だけの結婚式などにすることで結婚式の費用を可能な限り抑えることが出来るのです。

婚約指輪を買わない

先述したように、最近は婚約指輪を買わない人も増えています。その理由として、結婚指輪のように普段使いが出来るものが少ないからです。セットリングのように、婚約指輪と結婚指輪を重ねて華やかに見せるものもありますが、基本的に婚約指輪を日常的に身に付ける人はまだまだ少数派です。そのため、実用性を考えて「婚約指輪はいらない」という人も出てくるのでしょう。

新婚旅行を国内にする


新婚旅行は海外という風潮がありますが、国内にすることで随分と費用を軽減することが出来ます。海外となるとどうしても費用が高くなりがちですが、国内にすることで交通費も抑えられますし、海外旅行に行くよりもグレードをアップして快適さを感じることも出来ます。海外に思い入れがない場合は、新婚旅行を国内にすることで費用を大幅に削減することが出来るのです。

結納をしない

結婚式の費用を抑える方法として、結納をしないという方法もあります。結納=絶対にするべき、という意見もありますが、特別なこだわりがない場合はしなくてもいいのです。

新居の家具をオークションなどで安く揃える

結婚後はふたりで新居にて暮らすことになりますが、新居の家具を安くすませることで費用を抑えることも可能です。オークションなどでは、素材などは問題ないけれど些細な傷や古さによって安く販売されていることもあります。そういったものを買い求めることで、費用をかけずに新居作りが出来るのです。

結婚資金の貯め方!計画が大切!


結婚式には高額な費用がかかることが分かりましたが、どうやって結婚資金を貯めていくのでしょうか。結婚資金を貯める上で大切なこと、それは計画性です。毎月決まった金額を貯めるなどすることで普段は貯金出来ない人でもスムーズに結婚資金を貯めることが出来ます。

毎月決まった金額を貯金

理想的な貯め方としては、毎月決まった金額を貯金することです。例えば最低でも1万円は貯金をするというように決めていて、収入が多かった月、あまりお金を使わなかった時は余分に貯めることでいつの間にか目標金額を達成していたということもあるのです。

ボーナスや臨時収入の時にまとめて貯金する

一番お金を貯めやすい時期、それはボーナスです。普段以上の金額が振り込まれるので、それを最初から「なかったもの」として、すべて貯金をする人もいます。お金は手元に置いておけば置くほど使いたくなってしまうものです。そのため「使いたい」という欲求が出る前に、銀行から降ろさない、もしくはすぐに貯金に回すなど迅速な行動をしましょう。

買い物はクレジットカードで購入しお金の流れを把握する

お金の流れを把握するには、クレジットカードが便利です。クレジットカードというと、お金を使っている感覚がないため、次から次に利用してしまうという怖い噂を持っている人もいるでしょう。実際にそのような使い方をしている人もいますが、買い物をクレジットカードですることで明細書によってお金の流れを把握することが出来ます。

お金の流れを把握することで、自分に不必要なものを買っている場合は反省が出来るのです。その時は「欲しい」という気持ちが先行するため、本当に必要かどうかの判断が鈍ってしまいます。しかし、明細書という何に使ったのかが分かるものがあれば、自分の無駄遣いを反省して、同じことを繰り返さないように、と自分の心に言い聞かせることが出来ます。

まとめ

女性にとって結婚式は憧れそのものです。男性にとっても愛しい人と誓いを交わす儀式なので、特別だと感じている人はいるでしょう。しかし、結婚式については男性よりも女性の方が貪欲になりやすいと言われています。そのため、結婚資金を積極的に貯めようとするのも女性の方が多いのです。一生に一度だからこそ、お金関係なく自分の望む結婚式を挙げたいと思うのは当然です。そのために女性だけではなく男性も協力してお金を出し合い、素敵な結婚式を挙げてください。ちょっとした工夫で費用を抑えることが出来るので、本当に自分たちに必要なオプションや規模の結婚式を選びましょう。