30代の貯金額の平均は?目標金額と貯蓄テクニック

いきていく上で大切なものはお金です。お金の有り無しでその人の人格すら決められる可能性があるのが現代社会です。ことさら、大人として一人前になることが義務付けられることが多い30代では、人前で恥をかかないくらいのお金は最低限でも持っておきたいところです。この記事ではそんな大切なお金の話をしていきたいと思います。30代で貯めておきたい貯金額とはどのようになるのでしょうか。また、貯金を有効にしていく方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

30代の平均的な貯金

30代の独身世帯の貯金額が500万円(金融資産含む)

30代の独身世帯の場合、その貯金額は500万円程になると言いますが、これはあくまで金融資産を含んだ場合の数字です。実際に現金だけで換算したらもっと少なくなるとも言われています。男性の場合中央値が259万円、女性が165万円です。また、全体のうちの23%ほどが1000万円以上の貯蓄をしているとも言われています。

30代2人以上世帯の平均貯金額は約400万円

30代以上2人以上世帯の場合の平均貯金額はどのようになるのでしょうか。金融資産の平均値でいうと、その額は1182万円になります。しかし、これはあくまでも平均値です。極端に大きい数字が混じった場合には平均値は大きい数字に引っ張られてしまう傾向があります。実際の平均貯金額である中央値で換算してみると、30代2人以上世帯の平均貯金額は400万円となります。

純粋な貯金額は230万円程度

数字上は金額が多くなっていても、実際の30代の平均貯金額は230万円程度だと言われています。これは、実際に持っている他の資産が関係していたり、データ上にある大きな数字によってブレが生じてしまうためとも言われています。この数字を多いとみるか少ないと見るかは人それぞれでしょうが、貯金額は多い方が良いです。油断せずにまとまったお金を貯めておく必要があるでしょう。

既婚・子供なし世帯の貯金が多い

子どもが居ない夫婦は貯金額が多いと言われています。これは、子育てのための時間を仕事に充てられるため、共働きが可能になるからです。そのため、世帯収入で換算すると額面上は1000万円を超えているという世帯も珍しくありません。そのうえ、育児にかかる出費も無いため、その分を貯蓄に回す余裕が生まれます。しかし、このようなゆとりには大きな落とし穴があることを知っておきましょう。生活水準が高く設定されがちな子無し夫婦世帯は、年金生活を始めた途端に貧困層に落ちやすいというデータがあります。そのため、現役世代の時に生活水準を見直す必要があるのです。

30代で1,000万円貯められれば安心

1,000万円の貯金=子育てに必要な資金

日々の生活に追われてついつい後回しになりがちな貯蓄ですが、30代のうちに1000万円貯めておく必要があると言われています。それは、子育てに必要な資金を働き盛りのうちに貯めておくことによって、ある程度のゆとりが生まれて、病気や怪我などのリスクに備えられるからです。子育てには生活費の他の進学のための学費を貯めておかなくてはなりません。大学までの教育資金を考えれば1000万円を最低ラインとして貯蓄しておくことを念頭に置いてみましょう。

老後に備えた貯金も始めよう

30代に必要な貯金額と言われている1000万円という額ですが、これはあくまで最低ラインです。この他にも老後のための貯金もしておく必要があります。国民年金に加入している人は自分で老後の資金を貯めておく必要が必要になりますし、厚生年金に入っているという人も油断は禁物です。現代の日本社会において、最早安心した老後は幻の神話となってしまいました。そのことを加味した上で、元気に体が動くうちにしっかりと貯金を貯めておく必要があります。そのためにも、30代で出来るだけ貯金額を増やしておく必要があるのです。

ライフプランの変更にも対応できる

20代のうちに決めていた人生設計が30代になってから突然変わりだすというのも、よくある話だと言います。「絶対に独身で生き抜く」と決めていた人が結婚したり、「夫婦共働きで子どもは作らない」と決めていた人が妊娠をしたり、ライフプランが変更されることは当たり前に存在します。そのような事態になっても、貯金額が十分にあれば臨機応変に対応出来るのです。自分らしく生きていくためにはある程度の貯金額が必要になります。そして、理想の未来を掴むためにも貯金額が必要になります。30代で貯金額1000万円は、幸福へのパスポートとも言えるかもしれません。

30代で貯金がない世帯

 

30代貯金ゼロの割合は約3割

2013年の調査では、貯金ゼロの30代が全体のおよそ3割に達したと言われています。また、単身での貯金ゼロ世帯は37%というデータもあります。それだけ、現在の30代は貯金をしていない傾向の人が増えていると言えそうです。本来働き盛りのはずである30代に貯金ゼロということは、この先、体が衰えてきたときには、さらに貯金をすることが厳しいことが予想されます。貯金を始めるのは出来るだけ早い方が良さそうです。

引用:All About ※日本銀行「家計の金融行動に関する世論調査」

貯金スタートは35歳までに始めること

働いているうちは、お金を借りても働いて返せば生活をしていきます。しかし、定年をして引退してしまったらそうはいきません。途端に生活が困窮して破綻していくのが予想されます。現役時代の金銭感覚が抜けず、全てローンでやりくりする生活は一刻も早く抜け出す必要があります。そのため、貯金体質を作るための限界年齢は35歳とも言われています。35歳から毎月3万円貯めていけば、定年までに1000万円の貯蓄を作り出すことが可能です。利回りの高いところで積み立てをしていけば、さらに大きな額を目指すことができるでしょう。毎月コツコツと貯めていくことで、まとまった資金は作り出せます。だからこそ、35歳までには貯金をスタートさせておくべきなのです。

30代で貯蓄をするテクニック

普段の生活で浪費をなくす

30代で貯金を初めて行うという人は、まずその生活水準を下げるということが難しいと感じるでしょう。いつもはブランド品を購入して、旅行にも好きに出掛けて、好きな時に好きなだけお酒を飲んでいた生活が急に制限されることでストレスを感じる人もいるようです。また、ついついクレジットカードや携帯電話を使いすぎてしまっているときには、その利用を控えることによって生活のリズムすら変わってしまうことでしょう。そのため、まず必要なもの以外は買わないということを意識づけるようにしましょう。そして、ネットを最大限に活用して、出来るだけ安いものを探す癖をつけてください。また、その他にも料理の食材を減らしてみたり、子持ちの家庭は子どものおもちゃにかける金額を減らしてみるのも効果的だそうです。

収入が低い場合は共働きを視野に考える

節制をして工夫を凝らしても貯金が出来ないという人は、根本的に収入が足りていません。夫婦で暮らしている場合であれば共働きを検討してみましょう。共働きをすることで、単純計算で収入は2倍になりますし、普段の生活は夫の収入から、貯蓄は妻の収入からといったように分担をすることも可能になります。しかし、子どもがいたり親の介護などで働くことが出来ないということになるかもしれませんので、そうならないためにも、早めにまとまった貯金を作っておくことが大切です。

家・車・スマホなど高い固定費を見直す

家計を圧迫する原因として、自動車と住宅が挙げられます。生活に余裕がない場合にはこちらを見直してみましょう。例えば、自動車は自動車税が毎年かかる上に車検代もかかります。そしてガソリン代も含めたらまとまったお金が飛んでいくことが分かるでしょう。こういったことを避けるために、車を何台も持っているという場合は思い切って1台にしてみるというのも1つの手段です。車が必要な場合というのは、2人以上で出かけるときというルールを決めて、それ以外は自転車や原付などを使ってみるのも良いでしょう。また、都会に住む人はカーシェアリングに切り替えてみるという選択もあります。これは月額使用料を支払うことで使うことができます。使った分だけしかお金がかからないため自動車にかかる固定費が軽減されます。また、住宅の固定費につきましては多くても手取りの3割程度にとどめておくようにしてください。家賃補助がある市町村もあるため、もしも必要であれば有効に使用してみるようにしましょう。

少しずつ資産運用を始める

今や資産は貯めるのではなく増やすという選択肢が珍しくない時代です。今後の人生の出費を踏まえた上で少しずつ資産運用をスタートさせてみる攻めの貯金をしてみるのも悪くないでしょう。資産運用をしていくうえで30代から始めるというのは、長いスパンを見込んだ運用が可能になります。単純に値段の上げ下げだけではなく、その利息も含めた利益も考慮できるため、大変有利です。また、投資に対する知識を付ける時間も出来るため、早いうちから資産運用を始めることに意義があるという人もいます。また、少ない額から目標金額を目指せるというのも魅力的です。リスクをなるべく低くして投資をスタートさせて、高齢になったときにまとまった貯蓄を手にすることが目指してみるのも良いかもしれません。

ファイナンシャルプランナーなど専門家に相談する

お金のことは素人の生兵法が命取りになりがちです。やはり的確なプロの意見を参考にして貯蓄をしていきたいという人もいるようです。そのような人たちにはファイナンシャルプランナーに相談してみるのもよいでしょう。ファイナンシャルプランナーとは、人生における総合的な資金計画を、経済的な側面から実現へと導くスペシャリストです。ファイナンシャルプランナーは金融だけに留まらず、税金や不動産、年金制度や教育資金、保険といった幅広い知識を持っています。そのため、現在から老後までを客観的に見つめて、必要な対策を立ててくれることでしょう。今後の貯蓄に迷ったら、まずファイナンシャルプランナーに相談してみるという人も存在します。

まとめ

人生における転換期とも言われる30代。結婚や子育てなどの大きなイベントが起きる一方で、親の介護や自身の老後、子どもの教育資金など様々な問題が降りかかることが予想されます。そのため、30代からの貯蓄は非常に大切な意味を持っています。現在の自身の収入と支出を振り返り、どのような生活をしていくのかをしっかりと見定める必要があります。人生100年時代とも言われる現代日本を生き抜くために、30代の貯蓄事情について詳しく知っていきましょう。