同棲にかかる費用はどれくらい?同棲費用の内訳と上手なやりくり法

恋人同士で一緒に暮らし始める人もいるでしょう。ただ一緒に暮らすと言っても気になるのはやはり費用面です。せっかくの同棲生活をお金で苦労したくないと考える人は多くいます。そこで、同棲を始めるまでに必要な費用、同棲中の費用などについて紹介します。

同棲を始めるまでにかかる費用 は約50万円!


同棲を始めるまでにかかる費用は、約50万円と言われています。その理由は賃貸契約の初期費用や引っ越し費用、家電や日用品の購入などさまざまな理由があるようです。

賃貸契約の初期費用

同棲をする場合、最初の1ヶ月がもっとも費用がかかるのだと覚えておきましょう。その理由として、一緒に生活をするための賃貸契約が一番費用のかさんでしまう原因だと言われています。

近年は敷金や仲介料が低めの物件もありますが、一般的には敷金や礼金は必須と考えておきましょう。おおよその目安として、家賃の5ヶ月分~6ヶ月分と言われています。敷金や礼金がない、もしくは少ない物件が悪いというわけではありませんが、初めて同棲するのであれば利便性なども重視すべきなので、必然と敷金や礼金の高い物件になるでしょう。

引っ越し費用

同棲をする場合、実家にあるもので必要なものは新居に運ばなければいけません。しかし、引っ越し費用は業者に頼まずに自分で引っ越すことで費用節約に繋がります。初めての同棲であれば、大きな家電などは購入することの方が多いでしょう。

そのため、持っていくものと言えば服や本、日常生活に必要な棚などです。もしかしたら、こういった棚も新しく買う人たちもいるかもしれません。そうなれば大きい荷物はないので自力で荷物を運ぶことも不可能ではありません。

引っ越し費用は距離や時期によって費用変動はありますが、最低でも5万円はかかります。しかし、時間と手間はかかりますが自力で荷物を運ぶことでこの5万円を浮かせることが出来るのです。

家具家電の購入費


同棲生活を始める上で、もっともお金がかかるのは家具や家電の購入費用です。元々住んでいた場所で使っていたものをそのまま使える場合もあれば、せっかくの同棲なのだからと新しく買い替える人もいるでしょう。

冷蔵庫、洗濯機、その他諸々の家電などは便利になった分だけ費用も高くなりました。一緒に暮らすのですからそういった費用も分けて支払えば負担も減ります。しかし、それでも初期費用として予想以上にお金がかかったと感じる人も少なくはないでしょう。

日用品の購入費

日用品の購入費についてですが、最初から必要なものすべてを揃えてしまうとお金がいくらあっても足りません。そのため、最初はなるべく最低限のものだけを用意して、少しずつ買い足していくようにしましょう。

初めての同棲であれば、あれもこれもと用意したくなるのは分かります。しかし、足りないものは後で買い足すことも出来るので、まずは手元にお金を残すことを考えながら用意しましょう。

同棲中の月々の生活費用!約25万円のカップルが最も多い


同棲中の月々の生活費用はどの程度かかるのでしょうか。もっとも多いカップルで25万円という人たちがいます。家賃や娯楽費などで大きく変わってきますが生活費用として必要なものを一部紹介していきます。

家賃

家賃は絶対に外せないものです。二人暮らしであれば2DKほどの間取りで十分ではないかと思いますが、その辺は彼氏と一緒に相談しながら物件を決めましょう。部屋数や立地条件が良いところほど家賃も高額になるので、多少妥協するところはお互いに決めておいた方がいいです。

食費

節約をしようと思っても、意外とかかってしまうのが食費です。夏場になると食材も痛みやすくなるので買い置きが出来ずに毎日買い物をする人もいるでしょう。食費はある程度工夫をしておかないと、無限にお金がかかってしまうので要注意です。

水道光熱費

水道光熱費についても、高額にならないためにある程度の節約は心がけましょう。特に実家暮らしで親が水道光熱費を支払っていた場合、自分ではどの程度請求が来るのか分からない時もあります。電気もガスも水道も無限に使えるわけではないので、最初の月は普通に使って高額だと感じたら無駄のないように生活をしていくことを心がけてみましょう。

娯楽費・交際費


若い世代であれば友人同士で遊びに行くこともあれば、飲みに誘われることもあるでしょう。実家暮らしだった場合、自分のお金は自分の交際費として使うことが出来た人も多いはずです。しかし、パートナーと同棲を始めると給料からやりくりをしなければいけません。

そのため、同棲をすることで今までは気軽に遊びに行けていた人も少し考えさせられるようになります。外で遊ぶのではなく自宅で飲み会をするなど、あまりお金のかからない遊びを提案するといいかもしれません。

スマホ・通信費

意外とお金がかかってしまうのが、スマホやパソコンの通信費用です。特にスマホで遊べるゲームなどをしていれば課金としてついつい使ってしまう人もいるのではないでしょうか。

生活がかかっている場合、こういったものも「好きなだけ使う」というのではなく、一定の金額を決めておきましょう。なるべくなら少ない金額の方がいいです。

衣類・日用品の購入費

毎日買い足すわけではありませんが、衣類や下着、日用品の購入費用はある程度いつでも使えるように避けて置くようにしましょう。これもすべて買い直してしまうとかなりの費用がかかるので、ある程度住んでいた場所から持ってきた方がいいです。

同棲は初期費用が多くかかる!


最初の1ヶ月を過ごすと「同棲はお金がかかるもの」という認識が出てくるかもしれません。しかし、初期費用が多くかかるだけであり、毎月同じ金額が必要なわけではありません。引っ越しが落ち着けば、一般的な生活に戻れます。

敷金:家賃1ヶ月分

敷金は大体家賃1ヶ月分が相場となっています。物件によっては3ヶ月分などもありえるので、不動産会社できちんと聞いておくことをおすすめします。

礼金:家賃1ヶ月分

礼金も敷金同様に家賃1ヶ月分がほとんどです。中には敷金が2ヶ月分~3ヶ月分必要な代わりに礼金がゼロだったり、家賃の半額だったりすることもあるようです。

仲介手数料:家賃1ヶ月分+税

仲介手数料も基本的に家賃1ヶ月分+税金は覚悟しておきましょう。物件を紹介してもらう以上、どうしても仲介手数料はかかってしまいます。

前家賃:家賃1ヶ月分


物件によりますが、基本的には前家賃形式のところがほとんどなので家賃1ヶ月分を先に支払わなくてはいけません。

火災保険料:15,000円前後

集合住宅地、貸家一戸建てに関わらず火災保険には加入しなければいけないのでその費用が請求されます。これは2年更新などがほとんどなので2年に1度支払うという考えでいいでしょう。

鍵交換費用:15,000円前後

以前住んでいた住人が合鍵を作っていたら、と考えると怖くなる人もいるでしょう。そのために入居前には鍵交換をしておくことをおすすめします。基本的には自分で交換するのが当たり前になっていますが、交渉次第では大家さんに交換してもらえる場合もあるのでダメ元で交渉してみるのもひとつの方法です。

同棲の費用のやりくり法

計算
同棲を成功させるためには、費用のやりくりが必須です。同棲をするのですから、既に周囲からは「大人」として認識されています。そのため、生活のためにどうやってやりくりをするかということも強いられるのです。

食料品は休日にまとめ買い

毎日買い物に出かけてしまえば、その都度余計なものも買ってしまう可能性が高くなります。今は必要ないけど安ければつい買ってしまうというものはありませんか? それは人間にとっておかしいことではなく、そういった「つい」でお金を使ってしまう部分は多くあります。

そのため、食料品は休日に1週間分まとめ買いをするようにしましょう。彼氏と時間が合えば、一緒に買い物に行くことでコミュニケーションを取る時間も得られます。

家計簿アプリを使い二人でお金の流れを把握

家計簿をつけるのは難しそう、という理由からお金の流れをまったく把握していない人もいるでしょう。そこでおすすめしたいのは、スマートフォンなどで簡単に使える家計簿アプリです。使った金額を打ち込むだけで、お金の流れを把握出来るので難しさも何もありません。

オークションやリサイクルショップを有効活用する


必要なものはオークションやリサイクルショップを有効活用することでお金が過剰に出ていくのを防ぐことが出来ます。特にオークションなどは想像以上に安く購入出来る場合もあるので、定期的に覗いてみるといいかもしれません。

自宅から家電や家具を持ちより全てを新しく買い替える必要はない

新しい生活=新しいもので揃えたいという気持ちも分からなくはありません。しかし。新しく買い替えるということはそれだけお金がかかってしまうということです。買い替えるのは余裕が出来てからでも遅くはないので、自宅から家電や家具を持ち込んで、少しでも引っ越し時にかかる費用を抑えるようにしましょう。

敷金、礼金がない賃貸物件を探す

引っ越し費用を抑えるコツとして、敷金や礼金がない賃貸物件を探すのもひとつの方法です。先述したように、便利な場所などは敷金や礼金も高い傾向にあります。そういったところに人は集中するため、敷金や礼金が高くても入居希望者は多くいます。

しかし、少し不便なところは何らかのメリットがないと入居希望者も少ないのが現状です。そのため、敷金や礼金が必要ない物件もあるのです。

引越し繁盛期を避け引っ越し代を節約


引っ越しをする場合、繁盛期を避けて引っ越し代を節約することも有効です。繁盛期はどうしても普段の引っ越し代金より高くなりがちです。逆に依頼が少ない時期であれば、思わぬサービスを受けられたり、予想以上に費用が安かったりとメリットもあります。

外食を辞め自炊する

同棲が始まったら、なるべく自炊生活を続けましょう。外食は美味しいですし、楽しいですがそれだけ費用も高くなりがちです。せっかく同棲しているのですから、彼氏と一緒に料理をしたりと同棲だからこそ出来ることをしていきましょう。

事前にお金のルールを決める

同棲前にしておきたいことで、お金のルールを決めるというものです。同棲開始後にお金のルールを決めようとすると、思うように話がまとまらない場合がほとんどです。だからこそ、同棲の話が出た時、実際に実行する前にお金のルールを決めておくようにしてください。

まとめ

彼氏との同棲は女性にとっても、結婚リハーサルのようなもので楽しみにする人が多いようです。だからこそ失敗のないようにしっかりとルールなどを決めておく必要があります。