お見合い結婚ってどうなの?実は多いお見合い結婚のメリット

お見合い結婚なんて考えたこともない、という人もいると思いますが、最近では、出会いの少ない人や適齢期を過ぎても結婚していない人たちが、お見合いパーティなどに出席をして、めでたくゴールインするというケースも増えてきました。お見合いにはけっこうメリットがあるのです。お見合い結婚のメリットについて知っておくといいでしょう。

お見合い結婚の実態

お見合い結婚率は10%弱と少ない

周りを見回してみても分かるように、恋愛結婚に比べてお見合い結婚をする人は少ないです。お見合い結婚の割合は10%弱と言われています。昔は今よりも多かったお見合い結婚ですが、無理に結婚をしなければならない社会ではなくなったことや、男性と肩を並べて働く女性が増え、結婚をしない女性が増えていることなども、お見合い結婚が少ない理由でしょう。現在では結婚の際の仲人を立てることが少なくなり、お見合いをセッティングする人も減ったという点も、昔と違っている点です。

離婚率は恋愛結婚40%、お見合い結婚10%

幸せな結婚をしたつもりでも、恋愛結婚の離婚率は40%となっています。その点お見合いの離婚率は10%と低いことをご存知でしょうか?好きで結婚をした恋愛結婚よりも、よく知らない人同士が結婚をした方が、離婚しないということです。不思議に感じる人もいるでしょう。しかし、考えてみると、恋愛結婚の場合、好きな気持ちがMAXで結婚するのですから、結婚後はイヤなところや嫌いなところが目につき、好感度は下がることが多いです。お見合い結婚はゼロからのスタートなので、イヤな点だけでなく好感度も上がるため、そう簡単に離婚には至らないのです。

お見合い結婚のメリット

出会うまでの過程を飛ばせる

お見合い結婚は出会ってすぐに結婚に進みますが、恋愛結婚の場合、まずは相手探しから始めなければなりません。職場で出会いがなければ、友達に知り合いを紹介してもらったり、親戚などから紹介してもらったりしなければなりません。しかし、周りに独身者を紹介してくれる知り合いがいなければ、紹介をしてもらうこともできません。職場では出会いがない、という場合は出会いのある場所を探すなどといった行動が必要になります。

相手も結婚願望を持っているので話が早い

お見合い結婚は、結婚を前提に出会うため、お互いに了承すればすぐに結婚することになります。恋愛結婚の場合は、出会い、交際をスタートさせ、お互いを知り、そのうえで結婚に至らないというケースもあります。結婚を前提としたお見合い結婚は、早く結婚できるという点がメリットです。

パーティのようなお見合いもあるので自由度が高い

お見合いというと、堅苦しいイメージがありますが、近年ではお見合いは以前よりも身近なものになっています。合コンのように、独身者が集まってパーティをするお見合いパーティなどが頻繁に開催されているので、気軽に参加することができます。親戚のおばさんや近所の人に紹介された場合、好きになれないと思っても断りにくいというストレスもありません。気軽にお見合いができる場が増えています。数多く人が集まる場であれば、より多くの出会いが期待できるでしょう。

自分の好きなタイプを紹介してもらえる


結婚相談所などに登録すれば、自分の好きなタイプを探してくれます。年収や職業、慎重や体重、趣味、結婚観などさまざまなデータをもとにマッチングしてくれるので、自分の希望にかなった相手と出会うことができるのです。回り道をしなくてすむ分、早く結婚できる可能性も高くなるでしょう。

結婚に至るまでの時間が短い

お互いが結婚を前提として出会うのですから、タイプや条件が合い、フィーリングが合えば結婚できます。お互いの家柄や家族構成なども了承済みなので、結婚に反対されるということもほとんどないでしょう。結婚をした男女がお見合いをするのですから、お互いお異性関係でトラブルになり、結婚ができなくなったり、遅くなったりするといったこともほとんどないでしょう。結婚には短時間で至ります。

気持ちの駆け引きが必要無い

恋愛中の場合、なかなかプロポーズしてもらえないと、プロポーズをしてもらうために、さまざまな駆け引きをしなければならないことがあります。特に男性は結婚に踏み切れない場合も多いので、女性はやきもきしてしまうのです。精神的にもストレスが溜まるものです。しかし、お見合い結婚の場合はそういった駆け引きは必要ありません。最初から結婚相手として見ているので、気持ちが楽です。

仲人さんにお願いすればお断りも簡単

結婚できない、別れたい、という場合、相手を傷つけないよう、別れ方に苦労をすることがあります。恋人に結婚を申し込まれても、受けたくない場合、友達に言ってもらうなんてことは、相手に失礼になってしまいます。しかし、お見合い結婚の場合仲人さんを通して返事をすればいいので、断るにしても気持ちが楽です。

相手の方の身元が信頼できる


結婚相談所などでは、相手の身元をしっかり確認してあります。中には巧妙な手口で、結婚している人が結婚相談所に潜り込んでいる、というトラブルもないわけではありませんが、そういったことは滅多にありません。恋愛では最初から身元を確認できないこともあり、嘘をつかれることもありますが、お見合いではそういった心配がないので安心です。

親族間のストレスが少ない

結婚は家同士のことなので、家族や親戚からも祝福されて結婚することが大切です。恋愛の場合、さまざまな理由で家族に反対されることがあります。無理をして結婚を貫き通した場合でも、その後、家族や親戚づきあいがスムーズにいくとは限りません。お見合い結婚の場合は、家族など家のことも知り、納得したうえで結婚するので、結婚後の付き合いもスムーズでしょう。家族や親族に関するストレスは軽減できます。

どうしたらお見合いができる?

結婚相談所に依頼

結婚相談所に登録すると、好みのタイプをはじめ、さまざまな希望や条件を伝えて、相手を見つけてもらえます。自分の理想に見合った人がいれば、お見合いをセッティングしてもらえます。しかも、条件や希望に合った人とのお見合いができるのです。合コンや飲み会で自分の希望の人と出会う確率は低いですが、結婚相談所では、自分の希望に合った相手を見つけられる可能性も高くなります。結婚相談所や、結婚を目的としたお見合いサイトなども数多くありますので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

信頼できる上司や友人に依頼

結婚相談所は費用もかかりますし、中には独身できない人が登録するという印象があるので抵抗がある、という人もいるでしょう。そういった場合は、上司や友人にお願いするといいでしょう。ただし、信頼できる人に依頼することが大事です。また、断ってもその後のわだかまりができない人に依頼するようにしましょう。

家族に依頼

家族に相談するのも一つの方法です。適齢期を過ぎた子どもが独身でいるのは、家族としては心配なものです。本人がお見合いをしたがれば、親戚や知り合い、友人などから、お見合い相手を見つけてくれるでしょう。親なので、子どものことを理解しているものですから、自分の子どもに似合いの相手を紹介してくれる可能性も高いです。断るとしても、自分の直属の上司や友達よりも気にしなくていい点もメリットでしょう。

まとめ

結婚はしたいけれどお見合いは抵抗がある、と思っている人も多いでしょう。しかし、お見合いも出会いの方法の一つです。結婚を前提に出会うので、恋愛から始める必要もなく、短時間で結婚ができるのもメリットです。身元も明らかなので、安心できます。知らない人と結婚するなんて考えられないと言う人もいますが、恋愛結婚も、相手をすべて知り尽くして結婚するわけではありません。結婚後に豹変する人もいます。何といっても、恋愛結婚よりお見合い結婚の方が、離婚率は低いのです。まずはお見合いから交際を始めてみてもいいでしょう。