結婚費用の平均的な内訳と目指すべき貯金額!少ない予算で結婚する方法

結婚はしたい気持ちはあるものの、式や新居な結婚することでかかる費用が不安で結婚を踏みとどまっている、という恋人同士もいるのではないでしょうか?結婚式にはどれくらいの費用がかかるものなのでしょうか?結婚式の費用は方法や式場などによってさまざまです。もちろん費用を抑えることもできます。結婚費用をできるだけ抑える方法について、解説します。

結婚費用の平均的な内訳

婚約指輪約35万円

結婚するとなると最初に男性が用意しなければならないものに、婚約指輪があります。法律で決まっているわけではないので、婚約指輪は買わないという人もいますが、女性としてはもらえるとうれしいものでしょう。給料の3ヵ月分、などと言われる婚約指輪の費用ですが、現在ではそこまでではないようです。平均としては給与の1ヵ月、35万円程度が相場です。婚約指輪にはダイヤモンドが入っているものが一般的なので、結婚指輪よりも高額になるのです。

本格的な結納をするなら約200万円

最近では省略するカップルも多い結納ですが、地方や家によっては省略しないこともあります。結納には彼から彼女に贈る結納金、彼女から彼に贈る結納返し、結納を行う場所にかかる費用、食事代などで、約200万円程度が必要とされています。結納は3~9品目まで幅広くあり、多いのは5~7品目です。結納を行う場所も、ホテルや料亭、家などさまざまで、行う場所によっても費用が異なります。

結婚指輪がふたりで約25万円


婚約指輪は高額な指輪を購入する一方で、結婚指輪はそこまで費用をかけないケースが多いです。相場としては、ふたりで約25万円です。10万円台の結婚指輪も多く、デザインも豊富です。毎日身につける人も多く、年齢に関係なくつけられるデザインのもの、という基準で選ぶのでシンプルなものを選ぶカップルが多いです。

挙式と披露宴費用が約350万円

挙式はチャペルやホテル、結婚式場、レストランなどさまざまな場所で行われています。どういった結婚式を行いたいか、という希望によって場所選びも変わってきます。場所によって挙式にかかる費用も異なります。また、披露宴も招待する人数や、場所、ホテルや式場ではオプションなどによって費用が変わります。挙式と披露宴費用は約350万円程度が相場です。

新婚旅行費用が約60万円

新婚旅行は一生の思い出となるものです。場所にもこだわりたいし、長期で楽しみたい、という新婚夫婦も少なくないでしょう。新婚旅行にかかる費用は、国内、国外、日数などにもよりますが、平均では約60万円程度です。内訳としては、交通費、宿泊費、現地での食事代や海外であれば海外旅行保険代、旅行代理店に支払う費用などがあります。また、費用はシーズンによっても差が出ます。

新婚旅行のお土産代が約10万円

新婚旅行費用として忘れてはいけないのが、お土産代です。みんなに祝福されて出発する新婚旅行は、家族や親族、会社関係、友達など数多くの人にお土産が必要です。一つひとつにお金をかけなくても、頭数が多いので、費用もかさみます。思い出として二人のお土産もいろいろ買うことが多く、出費もそれだけ多くなります。

結婚にあたっての貯金額!2人で230万円目指そう!

 

結婚式関連で約150万円

挙式や披露宴、新婚旅行費用などにかかる結婚式関連費用として、約150万円程度を目標にしましょう。結婚式に300~400万円程度かかったとして、ご祝儀でかえってくるのは約半分程度です。その差額分が必要です。親から援助をしてもらえる人もいると思いますが、まずは自分たちで貯金するとしたら一人150万円程度は持っておきたいものです。

新しい居住環境を整えるために約50万円

新居に必要なものは数多くあります。リビングやダイニングに必要なテーブル、ソファ、キッチンに必要な食器棚や炊飯器、フライパン、エアコン、照明、ベッド、さらにはインテリア用品など、さまざまな費用がかかります。今まで一人暮らしだった、親と同居するなど、今までやこれからの生活環境によって購入するものやかかる費用は異なりますが、一人50万円程度は貯金しておくと安心でしょう。

予備費として約30万円

結婚式や新婚旅行、新居の準備など、さまざまなものに費用がかかります。どれも予定通りにいくとは限らず、思わず出費がある可能性もあります。そういったことも考え、約30万円程度は予備費として用意しておきたいものです。

少ない予算で結婚する為には

式場の挙式を諦めレストランウェディングにする

結婚式場やホテルでの結婚式よりも、レストランウェディングにすると、割安になります。レストランウェディングは、新郎新婦との距離が近く、アットホームな雰囲気でできる式です。招待状や席次表などもオリジナルで作ることで、費用を抑えることができるでしょう。料理なども、お店側と相談し、工夫を凝らしたメニューにするとともに、費用を相談しながらできるので、安くできることもおいです。どうしても式場で行いたい場合は、シーズンや曜日を検討するといいでしょう。オフシーズンや仏滅、平日などは費用が安くなります。

結納を交わさない

結納には、彼が彼女に贈る結納品や結納返し、結納をする場所の費用や食事代などがかかります。近年では結納をしないケースも増えています。費用を抑えるなら、結納品などを用意せず、結納金もなしにして、記念品だけ贈る、両家の顔合わせとして食事だけをする、という方法がおすすめです。近年では金額の問題ではなく、堅苦しい結納はしない、というカップルも増えています。

婚約指輪は買わない

婚約指輪は必ずしも必要なものではありません。ダイヤモンドなどの指輪は、普段は滅多に使わないもので、しまっておくことも多いです。そういった指輪は必要ない、と考えるカップルも多く、婚約指輪を買わないケースもあります。彼女の気持ちの問題でもあるので、二人で話し合うといいでしょう。どうしても購入する場合は、ブランドにこだわらないなど、割り切って購入するのも手段の一つです。

新婚旅行は国内旅行にする


海外旅行は結婚後も行く機会はあるでしょう。国内でもまだ行ったことのない地域はあるはずです。国内でのんびり過ごす旅行もおすすめです。結婚式の疲れを癒せて、費用も安い国内旅行にすれば、旅行代も節約できるでしょう。交通費や宿泊費、食事などがセットになったツアーなどを選ぶと、より費用を抑えることが可能です。むやみにオプションなどをつけずに、自分たちで計画するのもいいでしょう。国内旅行であれば、計画も立てやすいです。また、旅行の時期をずらし、金銭的に余裕ができたときに、改めて旅行をするのもおすすめです。

新居の家具や電化製品を持ち寄る

一人暮らしをしていた場合は、使える家具や電化製品はそれを使うといいでしょう。新婚だからといってすべてを新品でそろえる必要はありません。使える家具や電化製品などは、買わずに持ち寄るとその分が節約になります。どうしても欲しいものは、一気に買わずに一つずつ買いそろえていくといいでしょう。最初からあれもこれも買わずに、必要最低限のものを買うようにしましょう。予算を決めて、必要なものから購入していきましょう。ムダなものを買わずにすみ、引っ越しも楽になります。

専業主婦希望でも最初のうちは共働き

寿退社をして、専業主婦になりたい、と希望する女性もいます。しかし、結婚式や新居にはいろいろとお金がかかるものです。子どもが生まれれば、その分の費用も貯金していかなければなりません。最初のうちは、妻も仕事をするといいでしょう。数年経てば、夫の給与が上がり、生活も少し楽になるかもしれません。子どもが生まれるまでなど、期間を決めて共働きをするのも一つのおすすめです。

それぞれの両親にお金を出してもらう

子どもの結婚資金にと、親がお金を用意しているケースも多いです。すべてを親に出してもらうのは気が引けますが、援助をしてもらえるなら少しだけでも助けてもらうといいでしょう。

結婚費用関連で多いトラブル

 

負担の割合

地域性などの違いで、負担額の考え方の違いやご祝儀費用に差が出てしまうことがあります。お嫁さんをもらうのだから新郎側がすべてを負担する、と言われても新婦側はそれは気持ちの負担になる、という食い違いもあります。

結婚式のグレードで希望がズレる

ホテルで豪華な式を挙げたいという新婦、親しい友達だけを招待してシンプルに式をしたいという新郎、などといった二人の意見が合わないことがあります。さらに、家族や親族の意向で結婚式のグレードで希望が異なると、トラブルになります。

婚約指輪の有無

ダイヤモンドの婚約指輪をもらい、プロポーズを受ける、というのは女性にとっての憧れです。しかし、結婚後に身につける機会はほとんどなく、記念にしかならない婚約指輪は、男性にとって無意味では?と考える人もいます。二人の意見の違いがトラブルの原因になります。

結婚指輪の値段


毎日身につけるものだし、二人の永遠の愛を誓うものなので、値段にこだわらずいいものを購入したい、仕事柄指輪をつけられないし、シンプルなものがいい、など意見の相違でトラブルになることがあります。

どちらかが期限までに約束の金額を貯める事が出来なかった

結婚式の費用が溜まったら結婚しよう、という約束だと、どちらかが貯金できないといつまでたっても結婚できません。また、期日を決めてその日までにどちらかが貯金できなければ、一方の負担額が増えてしまいます。

借金が発覚した

結婚には大きな費用が必要であり、金銭感覚や現在の貯金やお金の使い方などをお互いに知る機会も出てきます。その際に、借金が発覚することがあります。その借金をどうするか、といった不安とともに、お金の価値観が異なることに気づき不安になり結婚を考えてしまう、といったこともあります。

まとめ

結婚をする際、一般的には挙式や披露宴、新婚旅行、新居などに多額のお金が必要になります。結婚式の内容などは、二人だけの問題ではなく、家族の意向もあり、二人の計画通りに進むとは限りません。余裕を持って貯金をすることも大事です。結婚をする際にかかる費用を一つずつ確認し、お互いに妥協できる点を見つけ、予算内でできるようにしましょう。