結婚相手選びで確認しておきたいチェックポイント15個

女性にとって結婚は人生の中でもっとも大きなイベントですよね。結婚して幸せな家庭を築きたい、愛する夫と素晴らしい人生を歩みたいと夢見る女性は大勢います。誰もが羨むような素晴らしい人生を送るためにはそれが可能となるだけのパートナーを選ばなくてはなりませんし、結婚相手次第で人生が大きく変わってしまうことも。ここでは結婚相手を選ぶ上で確認しておきたいチェックポイントについてアドバイスしましょう。

価値観の不一致は離婚原因の上位

かつての日本だと一度結婚すると離婚することは難しいものでした。男性の立場が圧倒的に強かったですし、女性の意志で簡単に離婚するようなことは難しかったのです。しかし、現在ではそのようなこともありませんし、ちょっとしたことでもすぐに離婚するというケースも増えています。さまざまな離婚の理由がありますが、離婚原因のトップは価値観の不一致です。価値観が異なってしまうと一緒に生活することは難しいでしょうし、ケンカが絶えなくなることもあります。離婚原因の上位にランクインしていますし実際に多くの方が価値観の不一致を離婚の原因として挙げていますから、結婚相手を選ぶときには価値観が合うかどうかという部分が大切になってきますね。

結婚相手に選びたい人のチェックポイント15個

とりあえず好きだから結婚した、という方もおられるでしょうし、愛しているから結婚するのは当たり前、と考える方もおられるでしょう。しかし、お付き合いするだけならともかく結婚となるともう少し思慮深くなる必要があります。生涯一緒に暮らす可能性がありますし、家同士のことでもありますから結婚相手を選ぶときにはいくつもの部分をチェックする必要があります。ここでは結婚相手選びにおけるチェックポイントをご紹介します。

一緒に居て安心する


一緒にいて安心するというのは大事なポイントです。一緒にいていつも気が休まらない、ピリピリしてしまうというような状態だと結婚相手には向いていませんよね。やはり一緒にいて落ち着ける、安心できるという相手を選ぶことが基本になります。

失敗を笑いあえる

失敗したとしてもそれを笑い合えるような相手だと結婚してもうまくやっていける可能性があります。結婚すると毎日夫婦で一緒にいるわけですし、さまざまな失敗を経験することもあるでしょう。そのようなときに失敗を笑い合えるような関係だとどんなにイイことでしょうか。その都度大ゲンカになってしまう、大変な騒ぎになってしまうという関係だと先が思いやられてしまいます。

自分のことを守ってくれる


自分のことをしっかり守ってくれそうな男性と結婚しなくてはなりません。自分が危機に陥ったときも身を挺して守ってくれる、妻と子どもを守ってくれるような人を選ぶべきですね。いざという時にどのような行動をするのかはその時になってみないと分かりませんが、普段の言動や行動から理解できる部分があると思います。

長く信じられる

長く信じられるような男性を結婚相手に選ぶべきです。結婚というのは信頼の証でもありますし、信頼しているからこそ婚姻を結びます。これから先長い人生を家族で歩んでいくのですから、長く信じられそうな人を選ぶというのは基本ではないでしょうか。

一途に想ってくれる


男性は浮気をするもの、とよく言われますがそれも人によります。できれば浮気などを一切せず一途な人と結婚したいですよね。そのような方も実際いますから、自分のことを一途に思ってくれるような人と結婚するべきです。一途な人と結婚できれば結婚生活においても泣かされるようなことはないでしょう。

死ぬまで愛してくれそう

死ぬまで自分のことを愛してくれるかどうかというのもポイントですね。もちろん、先のことは誰にも分かりませんからそれを結婚前に判断することは難しいかもしれませんが、死ぬまで愛してくれそうな雰囲気のある人と結婚したほうが後悔も少ないと思います。

思いやりがある


思いやりがある人なら一緒に暮らすのも安心ですね。奥さんや子供のことをきちんと思いやった発言、行動をしてくれますから安心できます。

懐が深い

懐の深さについても確認しておきましょう。あまりにも懐が狭い、器が小さいとなると一緒に居て疲れてしまいます。

共通の趣味がある

共通の趣味があると良い関係を長く続けることができます。結婚相手にも向いていますから、共通の趣味がある人と結婚するのはおススメです。話題に困ることもありません。

精神的に自立している


親元を離れて暮らしている方でも精神的に自立できていない人はいます。他力本願だったり何をするにも人任せだったりする人もいますから注意しましょう。

相手の両親との相性も良い

結婚は本人同士だけのことではなく家同士のことでもあります。そのため、相手の両親との相性も考えなくてはなりません。これから先ずっとお付き合いしていくことになるのですから、あまりにも相性が悪いとなると結婚を急いでしまうのは早計です。

お互いの価値観に理解がある


お互いの価値観に理解があるかどうかも重要なポイントです。離婚してしまう原因の多くは価値観の不一致と言われていますし、お互いの価値観に理解があるかどうかはとても大切な部分ですね。また、価値観が多少違くても許容できるだけの間柄であれば、離婚という選択肢はなくなっていくのではないでしょうか。

生活に困らないだけの年収がある

愛があればお金なんて、という方もいるかもしれませんが、お金はとても大切です。愛と同じくらいお金は大切ですし、それは実際に結婚生活を送るようになるとよく分かるでしょう。結婚生活を送る上で必要になるお金はたくさんありますから、生活に困らないだけの年収がある男性と結婚しなくてはなりません。

金銭感覚が同じ

金銭感覚がずれすぎているとうまくいきません。女性ならオシャレをしたりメイクにお金をかけたりしたいものですが、そういったことに口うるさく言ってくるような相手では、感覚のズレを感じてしまうかもしれません。最初は我慢できても必ずどこかでしわ寄せがやってきますし、うまくいかなくなることもあるでしょう。

結婚しても幸せになれなさそうな男性の特徴

人によって幸せの基準は異なるでしょうが、ここではこのような男性と結婚してしまうと幸せになれなさそうといった男性のタイプについてご紹介します。このような男性との結婚はなるべく控えたほうが良いかもしれませんね。

ギャンブルが好き

ギャンブルがすべて悪いとは言いませんし、嗜む程度に楽しめるならストレス解消やリフレッシュにも効果的でしょう。しかし、ギャンブルにのめり込みすぎているような男性だと問題です。女性よりも男性のほうがギャンブルに狂いやすいと言われていますし、実際にギャンブルで身を持ち崩す方もたくさんいます。このような男性と結婚してしまうと生活費を入れてくれなかったり、借金を作ってしまう可能性もありますから注意が必要です。

暴力をふるう

これはもう問題外ですが、女性に暴力をふるうような男性と結婚するのはダメです。結婚したら改善するということはあまり考えられませんし、いずれ暴力が子供にもふるわれるようになるでしょう。暴力をふるうような男性と生活していると自分だけでなく子供やほかの家族に危害が加えられることも考えられますから思いなおしてください。

両親とソリが合わない

両親とソリが合わないのも考えものです。多少考え方などの違いがあったとしてもそれを表に出さずお付き合いできるのが大人です。しかし、いつも顔を合わせると険悪な空気になってしまう、うまくいかないとなると問題ですし、結婚生活にもさまざまな影を落としてしまうことになるでしょう。結婚というのは家同士のものですから、自分の両親とソリが合わない場合は考え直したほうがいいかもしれません。

浮気癖がある

浮気癖のある男性もやめておいたほうがイイでしょう。浮気癖は治らないと言われていますし、結婚したからといって治るものではありません。そのうち生活費も浮気相手に使うようになるかもしれませんし、家庭を疎かにしてしまうことも考えられます。浮気をしても家にお金さえ入れてくれればいい、と考える女性もいるかもしれませんが、やはり子どもは可哀相です。付き合っている段階で浮気癖があることが発覚したら別れも視野に入れておきましょう。

お金の使い方が派手

お金の使い方が派手で浪費癖があるような男性もいますが、こうした男性もあまり結婚相手としてはおススメできません。結婚してそれが治るという保証はありませんし、結婚しても湯水のようにお金を使ってしまう恐れがあります。自分の趣味にはバカみたいにお金を使うのに家にはほとんど入れてくれない、ということも考えられます。

子供が嫌い

2人とも子供があまり好きではない、どちらかというと嫌いというケースだとまだしも、女性が子供好きで男性が子供嫌いという場合だと結婚は難しいのではないでしょうか。これだと男性も積極的に子作りしようとしないでしょうし、もし子供ができたとしても可愛がってくれない可能性があります。子供にとっても可哀相ですから、どうしても子供が欲しいのならこのような男性は選ばないほうが無難です。

家事スキルが低い


家事はすべて女性である自分がやる、と決めているのならともかく、そうでないのなら家事スキルが低い男性はやめておいたほうがイイと思います。また、普段は奥さんが家事をするかもしれませんが奥さんの体調が悪いとき、家事ができないときなどは旦那さんに頼むと思います。その時にあまりにも家事スキルが低いとなると問題ですよね。また、家事があまりできないということは精神的に自立できていない可能性も高いですからそちらのほうが問題です。

お金のかかる趣味がある

趣味に生きる男性は少なくありませんし、少年とオトナの男性の違いはおもちゃの値段だけ、という言葉もあります。人によってはかなりお金のかかる趣味に没頭しているケースもありますが、このような男性だと結婚しても同じようなお金の使い方をされてしまう恐れがあります。あまりにもお金のかかる趣味にハマっている男性はやめておきましょう。

車の運転が荒い


車の運転が荒い人、ハンドルを握ると人格が変わってしまうような人はいろいろな意味で危険ですから避けたほうが良いでしょう。トラブルや交通事故を起こしてしまう可能性があります。

店員さんに横柄な態度を取る

店員さんに横柄な態度をとるような男性もやめておくべきです。このような男性は自分よりも格下と思った人に対しては徹底的に上から目線で接しますが、自分より強い相手に対してはへりくだるものです。人間としての器が小さいですし、今後さまざまなトラブルを引き起こす可能性もありますから結婚相手にはおススメできません。

マイナス思考で卑屈な性格

マイナス思考で卑屈な性格の人と一緒にいると疲れてしまいますし、自分までネガティブな気持ちになってしまいます。結婚したとなると毎日一緒にいるわけですし、さすがにいつもネガティブなことを聞かされているとしんどいですよね。このような相手もちょっとどうなのでしょうか。

若い女性が好き

ほとんどの男性は若い女性が好きだと思いますし、いくつになっても若い女性に興味を示すものです。これは仕方のない部分もあるのですが、あまりにもそれが過ぎる場合だと結婚は考え直したほうがいいかもしれません。いつか若い女性と浮気されてしまう恐れがありますし、今は自分を愛していると口にしていても年を重ねたときに気持ちが変わってしまうかもしれません。

酒癖が悪い


酒癖が悪い男性もやめておいたほうがイイです。どの程度酒癖が悪いのかにもよりますが、お酒を飲んで豹変してしまうような人はやめたほうが良いでしょう。あちこちでトラブルを引き起こす可能性がありますし、酔っ払って女性に暴力をふるうようならなおさらやめたほうがイイです。お酒を飲んでいないときはとてもいい人なのに、お酒を飲んだら人が変わってしまうという男性もいますから、付き合っている段階から確認しておいたほうがイイですね。あまりにも酒癖が悪いようだと結婚は考え直したほうがいいかもしれません。

まとめ

結婚相手次第で今後の人生が大きく変わってしまう可能性がありますから、結婚相手を選ぶときは相当慎重になる必要があります。付き合ってみないと分からない部分なども当然ありますが、付き合っているときにいろいろな部分をチェックしておきましょう。ここでは結婚相手に選ばないほうがイイ人についてもご紹介しましたから、こちらもぜひ参考にしてほしいですね。結婚相手選びに失敗してしまったばかりに不幸な人生を送るはめになった女性などもたくさんいますから、そんなことにならないようくれぐれも慎重に結婚相手を選んでください。この記事が皆さんのお役に立てることを願っています。